• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

懸賞トラブル

角川書店出版のとある雑誌の当選物の価値を知りたかったので、友人にいくら出してでも落札者になってもらうようにお願いした上で、ネットオークションに出品しました。 すると、オークション終了の翌日、角川書店から『誌上で、第三者への譲渡をおこなうのを禁止するということを明示したはずなのに、ネットオークションに出品するなんて契約違反だ。すぐに、当選を無効にするので、商品を返品して欲しい。従わなければ、顧問弁護士に相談のうえ、しかるべき処理を行う。』というメールがきました。 その雑誌の応募ページを見直してみると確かに小さな文字で『読者プレゼント賞品につきましては、第三者への譲渡を禁止とさせていただくことを、応募の条件とさせていただきます。何卒ご了解の上でご応募くださいますよう、お願い申し上げます。プレゼントに応募いただいた段階で、条件に同意していただいたものとさせていただきます。』と書かれていました。 ここで、まず一つ疑問が生じます。もし、仮に私が第三者への譲渡を行っていた場合、たった、これだけの注意書きで、角川書店がいうように、契約違反になり、契約解除をされて、原状回復義務にもとづいて賞品を返却する義務が発生するのでしょうか? さらに、先にも述べたように、私の出品は商品価値を計るために行ったことであり、落札者(第三者)への譲渡は行っておりませんし、もちろん落札金額も受け取っておりません。当然、その旨を、メールにて角川書店に返信したのですが、あちらの返信は『仮に事実がそうであっても、そのような事情はこのオークションを見ている第三者にわかることでもなく、言い訳にもなりません。』と、全く私の言い分を聞き入れてはもらえませんでした。 私は、どうすればよいのでしょうか?角川書店のいう条件に従わなければ罪になってしまうのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数305
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#27375
noname#27375

#1です。 >第三者への譲渡もおこなっていません 譲渡していないこと自体は問題ありません。ここでは、TAN2005さんの譲渡する、あるいはしないの意思とは関係なく、オークションに出品したことそのものに問題があるのです。「オークション出品そのものに対する規制は一切かけられておりませんでした。」とのことですが、これが注意書きの言う「第三者への譲渡」にあたるかどうかです。 ネットオークションを閲覧する多くの方は、売る側は「自分が所有している物を誰か買ってくれませんか?」という意思を持って、買う側は「自分がほしい物を誰か売ってくれませんか?」という意思に基づいて閲覧しています。これが、商品価値を計るための出品であるということは閲覧者にとって予測不可能です。友人は知っていたとのことですが、知っているのはあくまで「友人」だけで、不特定多数の閲覧者はあなたには譲渡する目的があって出品していると考えますよね。つまり「知らない」のです。 以上のことを踏まえ、注意書きの「第三者への譲渡」について考えると、「オークション出品そのものに対する規制」はなくても「第三者への譲渡」に含まれると考えられます。譲渡という行為は手渡しだけに限らないからです。わざわざ注意書きに譲渡の方法を記載していたらキリがないです。 >民事で訴えられた場合どういう罰則が与えられるのでしょうか? 民事において「罰則」はありません。しかし、契約違反による損害賠償請求が考えられます。当選した商品がどのような商品かはわかりませんが、契約に違反してしまった以上、返還義務は当然に発生します。訴えられたときのことをお考えという事はすなわち、争いの場を裁判所に移すということですよね。あなたが勝訴する可能性は極めて低いです。 納得がいかない気持ちはよくわかりますが、ここは返還するのが最善だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 懸賞と著作権

    懸賞でプレゼントする賞品に関わる法律などを教えて下さい。ゲームや家電などのメーカー物を第三者を募って当選者を選ぶ方法です。 これに関わる法律、過去の事例、対処方法、処罰なんでもいいです。よろしくお願いします。

  • 九条キヨ先生のZONE-00について

    先日九条キヨ先生のマンガZONE-00が角川書店から3冊同時発売になりました。しかしどこの書店に行っても3巻しか売っていません。 キャンペーン応募のためどうしても1巻と2巻が欲しいのですが書店でも取り寄せるとかなり時間がかかると言われました…。 角川書店自体も在庫無しという状況みたいらしいです。キャンペーンの締め切りは6月末です。それまでに増刷はされるのでしょうか…? 増刷とは一体どのくらいの期間でされるものなんでしょう?何かご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。宜しくお願いします。

  • 「転売禁止」が条件のプレゼントは転売できない?

    先日、とある懸賞の応募条件に 「賞品の転売、譲渡を禁じます」 という但し書きがあるのを見つけました。 そこで質問です。 この賞品(電気製品)が当選した場合、転売、譲渡を行うと何らかの法的な問題が発生するのでしょうか? 私の感覚では、当選した場合、賞品の所有権は自身に移るわけですから、どうしようとそれは自由である気がします。 回答に、根拠となる法律も示していただけると非常に助かります。 よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

なんかうさんくさい話ですね。そのメールには「角川書店」の住所や名前等の記載はありましたか?これだけの大手なのですから、必ずメールに「角川書店」送信となる表記があります。まずはそれらを調べてみましょう。合致しなければイタズラメールの可能性有りですね。オークションのメアドに返信されただけなのだから、当選者が誰なのかってたどり着くこと出来るのかな?まさか当選者1名の景品をオークションに出したとかじゃないですよね。もし住所等の表記があって「角川書店」送信のものとなった場合は景品発行元である「角川書店」の言い分が正しく当選無効となり景品を返却しなくてはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

あの・・・・・。 単純に、なぜあなたとわかったのでしょうか???? 1名限りの当選ならまだしも、悪質ないたずらの可能性はないでしょうか? 罪にならないと思うのですが、家人が勝手に価値を判断するために 出品したのでは???と通してはいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#27375
noname#27375

条件に従わなければならないと思います。 「たったこれだけの注意書きで」とおっしゃっていますが、たかが注意書き、されど注意書きです。読んでいなかったあなたに過失があるものと言わざるを得ません。この場合「注意書きを読んでいなかったから譲渡が禁止されていたことを知らなかった」という言い訳は法律上できません。 『応募の段階で同意したものとさせていただきます』という文言からわかるとおり、あなたが応募した時点で譲渡禁止に同意していることがわかります。 にもかかわらず、あなたはネットオークションに出品しました。 出品は商品価値を計るためとのことですが、出品そのものは第三者への譲渡を目的とした行為であり、商品価値を計ることを目的とするものではありません。外観上、あなたの「出品」の目的は第三者への譲渡であり、商品価値を計るという目的をもって出品していることはあなた以外はわからないと思います。言い分を受け入れてもらえないのは当然ではないでしょうか。 最後に、罪に問われることはありませんが、民事で訴えられる可能性はあります。もめ事を回避したければすぐにでも角川書店に商品を返却すべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早急の返信ありがとうございます。 puppetC様のおっしゃる意味は理解できます。しかし、もういくつかだけ補足で質問させてもらえますでしょうか? 誌上では、オークション出品そのものに対する規制は一切かけられておりませんでした。あくまで、第三者への譲渡のみを禁止されていました。私は、第三者への譲渡もおこなっていません。商品価値を計るための出品であるということは、私以外に落札者(友人)も知っていました。 以上のことを考慮しても、やはり私が一方的に悪いのでしょうか? また、民事で訴えられた場合どういう罰則が与えられるのでしょうか?

関連するQ&A

  • オークショントラブル しつこい落札者…(2)

    先日こちらで皆様からのご意見・ご指導をいただきました。 ありがとうございますm(u_u)m そのまま相手にせず、ほおっておいたのですが、 弁護士と名乗る人物か連絡絡掲示板に書き込みがありました。 先日も記載しましたが、全額返金しておりますが、 返品はしていただいていません。 その商品を第三者へ譲渡したと言うのです。 (元々そのような主旨で落札したのだとか?) 本人の意思で返金を受けながら、返品もせず、第三者へ譲渡しても良いものなのでしょうか?

  • オークションについて

    最近よく、ポカリスエットのキャンペーン(ポルノグラフィティのライブ)の当選権利や、24時間テレビの観覧ハガキ(抽選で当選したもの)がネットオークションに出品され、高値で落札されています。どちらも主催者が、売買禁止 譲渡禁止 としているものです。売買や譲渡した事実がばれると、当選権利は無効になるみたいなんですが、そもそも法律には触れないのでしょうか? また、譲渡禁止であるにもかかわらず、オークションページで「譲渡書を書いてもらえませんか?」と質問しているかたをよく見受けますが、譲渡禁止なのに譲渡書なんておかしくないですか?

  • 菅野 彰さんのCDブック

     菅野 彰さんのCDブックについて ご存知の方教えて下さい。「負け犬の食卓」と「負け犬のなんでも屋」ご本人のホームページでは入手可能となっておりますが、角川書店のホームページでは見つけられずオークションでは定価より高値で落札されているのですがひょっとしてもう入手不可なのでしょうか?

  • メルカリでのトラブル

    メルカリというフリマアプリでのトラブル。 どうするのが良いでしょうか?私は購入者なのですが、出品者から一方的に「値段を間違えたのでキャンセルしたい」と言われました。 購入してから会話のやり取りが終わった2時間後です。 お支払いも終わっているので、私の住所や名前と言った個人情報は、向こうに開示されています。 メルカリの利用規約では 第11条 支払及び取引の実行 1.売買契約の成立 購入者が出品された特定の商品の購入完了手続をした時をもって当該商品の売買契約が成立するものとします。出品者及び購入者は、売買契約に基づき発生した権利・義務を第三者に譲渡、担保提供その他の処分することはできないものとします。 5.キャンセル及び商品の瑕疵 本サービスの利用にあたり、出品後、及び商品の注文後のキャンセルはできないものとします。 となっています。 その後、出品者が他にも出品している商品のコメント欄に、「送らなければキャンセルになるので送らないほうがいいですよ!」というコメントがありました。 とても唖然としてしまいました。 購入者をバカにしているようで、憤りさえ感じます。 このような場合、運営側に問い合わせる以外、何もできないのでしょうか? どうぞ宜しくお願い致します。

  • 懸賞の結果についての法律相談

    質問がございます。よろしくお願いいたします。 お店やネットで様々な懸賞が行われております。 当選の結果については「発送をもってかえさせていただきます」など、当選者以外には知らされない形も多いかと思います。 最悪の場合、主催側の都合しだいで当選者の選定や、当選数の調整など、不正をいくらでも可能な状態なのではないかと思います。 (1)「100名様に当たる」などの内容の懸賞において、実際に本当に不正なき抽選の上で100名に当選させている事の情報の開示の義務は主催側にありますか?顧客側への個別の開示ではなく、専門機関への開示で構いません。第三者による公平性の確認が可能であれば十分です。 (2)「100名様に当たる」とに懸賞において、応募者数がそれ以上であった上で、最終的に当選数が100を満たさなかった懸賞があれば、その懸賞の主催側に法的問題はありますか? どうぞよろしくお願いいたします。

  • 懸賞の転売について質問です。

    友人が困っています。 友人がある商品を当選し、手に入れました。 そこには、当選通知書がはいっており、中の一文に 「当選品をオークションで転売などしないでください」 という様な一文があったそうです。 ですが、友人は不要なものだったのでオークションで転売しました。 すると、商品の送付元から商品取引後ベストタイミングで 郵送で手紙が来て、 「オークションで転売するなと書いてあるにもかかわらず、あなたはした。すぐに当選品を送り返せ。要求に応じないと弁護士を立てる」 というような文章が送られてきました。 これって、契約違反になるんでしょうか? 数百人もの当選者がいる当選品を転売したら罪になるんでしょうか? よく、行列の出来る法律相談所で言われている 「譲渡契約」にはならないのですか? もしかして、落札者の詐欺の可能性もあるんじゃと考えています。 (理由を話して商品を返してもらう約束をしました。返金が先ですが、商品を送って返さないとか・・・) 教えてください!

  • 角コミ 図書カード抽選

    角コミの図書カード抽選(http://www.kadokawa.co.jp/kadokomi/)に応募したいのですが、切手はいくら分貼ればよいのでしょうか。あと、宛先が"株式会社 角川書店 メディア局「角★コミ 2009 夏」特製図書カードプレゼント係"となっているのですが、葉書のどこに書けばよいのでしょうか。

  • 第三者に債権譲渡する場合

    取引先が当社に対して3ヶ月分の支払を滞納しており、 「然るべきところに債権譲渡する旨」の書面を送付したいと考えております。 (あくまでも支払を促す為で、現時点で譲渡する予定はない。) 当社と取引先間の契約書内に、権利を譲渡する場合は事前に書面による 合意が必要との記載がありますが、上記のように、金銭債務を第三者に 譲渡する場合、取引先の合意が必要となりますか。 (権利の譲渡) 甲および乙は、事前に書面による合意がない限り、本契約に基づく自己の 権利義務について、第三者に譲渡、承継、または担保に供してはならない。

  • 友人の名前を勝手に使って懸賞に

    ”友人の名前を勝手に使って”、懸賞に応募して当選した場合、懸賞商品は誰のものになりますか? 応募した人?それとも友人? 理屈の上では、 応募した人は、友人の無権代理ということで?、懸賞の会社に応募(契約・・・条件付き贈与契約?を結んだ)した。 そして友人の追認が無ければ(自分の名前を勝手に使われたことを知らなくて)、 普通に応募した人と懸賞の会社との間の応募(贈与契約)が有効に成立して、応募した人の物になると考えていいのでしょうか? 無権代理契約は無効ですが、誰も何も言わなければ、無権代理人と相手方との普通の契約に・・・? 懸賞の会社に勝手に友人の名前使用したことがばれて「無権代理で無効」だと訴えられたら、所有権は懸賞の会社に戻りえる可能性はありますが。(実際ないでしょう)

  • 土地譲渡契約における契約内容の有効性

    業者間あるいは個人間で土地を譲渡する際、当事者間の契約内容として「同土地を譲受人(相続人含む)が永年保有することとし、第三者に譲渡しない」との条件を設定した場合、将来、それが無効とされる恐れはあるでしょうか?

専門家に質問してみよう