解決済み

出品者のキャンセルは違法?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.298923
  • 閲覧数87
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 92% (51/55)

オークションなどで落札があれば、それは売買契約が成立したことになり、出品者には売る義務が生じ、落札者は買う義務が生じるとのことですが、出品者が重要な欠陥を知らせていなかった場合などは契約は無効となるようですね。
では、出品者の売る義務はどういった時に免除となるのでしょう?

よくオンラインショップなどでもいったんオーダー注文しているにもかかわらず品切れで変えない場合があります。
これは売買契約の不履行にはならないのですか?

オークションでも落札後の発注を謳っている出品者があり(かくいう私がそうですが)、その結果、品切れとなって買えない(売れない)場合があります。
これは法律に違反しているのでしょうか?
違反しているとしたらどの法律のどの条項でしょうか?
オークションの規約との関連は結構です。
法的にどうなのかが知りたいです。
法律に明るい方にご意見頂けると幸いです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 47% (309/649)

特定商取引法に違反していなければ問題はありません。
ネットで商品を売る場合に説明をキチンとしなければいけません。

>オンラインショップなどでもいったんオーダー注文しているにもかかわらず品切れで変えない場合があります。

よくありますね。ちゃんとしたお店であれば品切れの時のことも表示しています。
しかし、お店の場合は商品の注文が殺到してしまえば、商品が品切れになるのは当然のことなので、不可抗力については違反にはなりません。

>オークションでも落札後の発注を謳っている出品者があり(かくいう私がそうですが)、その結果、品切れとなって買えない(売れない)場合があります。
これは法律に違反しているのでしょうか?

オクーションでそのことを明記してあれば違反にはなりません。
出品してる業者、個人ともにみなさんキチンと明記しておられます。
これは出品者の義務です。

●他でも出品しておりますので、やむ負えず落札後にキャンセルする場合が
御座います。

上記のように明記されていれば、入札する側もキャンセルされる可能性がある
ということで、キャンセルされることを合意の上で入札するのですから、
落札者側がキャンセルされたとクレームをつける権利はありません。
お礼コメント
neo_gigantes

お礼率 92% (51/55)

ありがとうございます!!
ちょっとご回答を頂くまでに間があったので、自力で調べてみたのですが、民法の中に売主がキャンセルする権利について触れた条項がありました。民法562条で売主の「解除権」というものに触れていまして、どうも事前に売主に売却する権利がないことを買主が知っていた場合は、売却出来ない旨を通知することで契約を解除できるそうで・・・。
落札後の発注、仕入れなどの場合は、落札時点ではまだ売主にはそれを買主に売却する権利がない訳で、それを事前に断っておけば、買主はそれを知っていたことになり、562条で言うところの「契約の解除」ができるのかなと・・・。
解釈が間違っていたら、ご指摘頂けると幸いです。
投稿日時 - 2002-06-28 22:36:16
感謝経済、優待交換9月20日スタート
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ