• 締切
  • 暇なときにでも

ビートルズの歌詞の和訳

  • 質問No.2573129
  • 閲覧数1693
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 26% (19/73)

ビートルズの歌で、「All you need is love」というタイトルがあります

その歌のはじめに、以下の文章があります
There's nothing you can do that can't be done

うまく、訳すことができません
否定が多すぎて、訳のイメージもできない状態です

この文章にあるthatの文法の方法も、よくわかりません
おそらく、関係詞として使われていないと思うのですが、
自信がないです。

この文章の和訳と、できれば、文法上の構造も教えてください

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 39% (119/303)

 はじめまして。この曲は私も大好きで、中学校の頃(30年前)から口ずさむ練習をしてきたものです。

 さてこれは nothing と can't be done で二重否定を構成していて、「~できないものはない」つまり、すべて可能だと John 君が切々と謳いあげていると思います。また that は関係代名詞で、先行詞が nothing です。「君にやれることで、実現不可能なことはない」と歌っているんですね。

 この曲は、博愛精神の象徴のようなフランス国歌でイントロが始まり、曲の最後には「グリーン・スリーブス」そして自分達の過去のヒット曲「シーラブズ・ユー」まで織り込んで、「愛さえあれば何もかもうまくいく、愛こそはすべて」というテーマの曲ですから、おのずと歌詞もそういう内容なのです。また、当時の東芝EMI 製のシングル・レコードの邦題も「愛こそはすべて」というタイトルで、当時は「だっせー」って思いましたが、今考えると「なるほど」と思います。
 
 ちなみにこの曲と、"Hey Jude" のライブ映像が、1968年に全世界に同時中継され、日本では朝の四時にオンエアされたそうです。ただそのときは私は、小2で、物心もついてないときでしたが…。
 
 BEATLES をいまだに毎日聴く男より(^_-)-☆
お礼コメント
mjigmho

お礼率 26% (19/73)

ご回答、ありがとうございました

nothingって、辞書で調べるたところ、代名詞になるんですね
関係詞の先行詞は、名詞か代名詞なので、nothingが、代名詞にあたることを、理解してませんでした

文法の用法が、関係詞の二重否定になっているのが、理解できました
これで、文法の参考書で、たいへん調べやすくなりました

訳に関しても、理解できました

この場をかりて、ご回答者のみなさまに感謝します
投稿日時:2006/12/01 23:15
  • 回答No.3

ベストアンサー率 39% (863/2160)

「無理なことは無理だ」

there is nothing you can do =「あなたに出来ることはない」= 「無理だ」

that cannot be done =「無理なこと」
  • 回答No.2

ベストアンサー率 39% (379/960)

 こんにちは。この歌の歌詞は全編こんな調子ですね。「そもそも、できないものはできない。歌えない唄は歌えない・・・」という意味でしょう。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 44% (41/92)

君にできることで出来ないものはない。みたいな感じですかね。

"that" は"nothing"を先行詞とする主格の関係代名詞。
だから、"you can do"の部分と"that can't be done" の両方が"nothing"にかかる関係詞節ということになります。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ