• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

[can do]と[can be done]の違い?

NHKテレビ英会話講座より Interesting idea, but sorry. That can't be done with these ropes. 面白い考えだけど、残念。このロープはそれができないんだ。 (質問) [That can't be done.]についてお尋ねします。 (1)done は受動態でしょうか?それとも形容詞としての機能でしょうか? (2)「それができない」をThat can't be done.で表現していますが、 That can do.とthat can be done.の違いがわかりません。初級者にも解る、易しい説明をお願いいたします。以上

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数4
  • 閲覧数3887
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

こんにちは。いつもご丁寧なお返事を有難うございます。 ご質問1: <done は受動態でしょうか?それとも形容詞としての機能でしょうか?> ここは、受動態になります。 1.確かにbe doneは特殊な用法で、形容詞的な用法がありますが、それは「結果としての完了の状態」を表し、「~し終わっている状態である」という、完了の状態で使われています。 2.ところが、この例文では、「このロープで、それをすることができない」という「する」という動作にポイントが置かれています。何をするというアイディアなのか、ここでは推察できませんが、何らかの動作であることは明瞭です。 3.それは、with these ropesという手段を表すwithの使い方によってもわかります。「ローブを手段に使って」というわけですから、何か動作をするのです。 4.従って、このdoneは「動作がなされる」という意味の、受身となります。 ご質問2: <「それができない」をThat can't be done.で表現していますが、 That can do.とthat can be done.の違いがわかりません。> (1)これらのdoは代動詞ではなく、動詞です。 (2)That can do: このdoは「うまくいく」という意味の自動詞になります。 意味は「それはうまくことができるよ」→「うまくいくよ」となります。 (3)that can be done.: このdoは「~をする」という意味の他動詞になります。 目的語が主語になって受身になっているのです。 例: You can do that. That can be done (by you). 動作の主体である人(you)が、特に訳す必要がない場合は、by youが省略されることがあります。 (4)ここでは、主語が誰と特定しているのではなく、「そんなことは、誰もできない」と言いたいので、主体は誰であってもいいのす。 そのため、主語に焦点をあてた能動態ではなく、目的語thatに焦点をあてた受身の文になっているのです。この文のポイントはThat「そんなこと」=「そのアイディアの困難さ」を強調した否定文となっており、そのために使われた便宜上の受動態なのです。 (5)受動態によって、能動態より強調を表す表現はいくらかあります。 例: The typhoon damaged the village so much. The village was so much damaged by the typhoon. 「台風の被害を沢山受けた」 など、被害を強調する時なども、受動態の方が能動態より効果があります。 以上ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもご回答有難うございます。初歩的な質問で回答者の皆様にはご迷惑かと思っていましたが、とてもいい結果となりました。とても得るところがありました。受動態/能動態を置き換えてみたり、by youを添えてみたりするととてもよく解ります。受動態で強調を表現もするんですね。「うまくいく」という意味の自動詞、「~をする」という意味の他動詞、・・、自動詞/他動詞はもう少し時間がかかりそうですが・・。素晴らしい企画と、回答者の皆様です。感謝と尊敬を持ってお礼の言葉と致します。今後ともよろしくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

Gです。 こんにちは!! 私なりに書いてみますね。 (1)done は受動態でしょうか?それとも形容詞としての機能でしょうか? 受動態と言うよりも受身のフィーリングを含んだ、他動詞のdoの~に役立つ、と言うフィーリングを受身にした表現なのです。 That can't be done with these ropes.はふたつの表現に、ニュアンスのフィーリングこそ違いますが、変えることが出来ます。 We can't do/will not be able to do that with these ropes.とそれらのロープではそれには役立てることは出来ない、 These ropes will not do that.それらのロープでは役に立たない。 と言う表現です。 これらの文章をthatを主語にして表現するとご質問の文になるわけです。 (2)「それができない」をThat can't be done.で表現していますが、That can do.とthat can be done.の違いがわかりません。 このふたつの表現のthatは同じ物を指していません。 あくまでも、A can doとB can be done.と言う事で、A can doの方はdoを自動詞として使っているわけで、その理由は、成し遂げると言うフィーリングをこの3単語で表現したいわけです。 Aで出来るさ、Aでいいさ、と言う表現なのです。  何を使ったら出来るかな、と言う質問の返事のひとつとして、Aなら適切だ、Aでいいよ、Aで出来るよ、と言いたいときにA can/will do. 軽なんですが、潤滑油でそんなに値段の高いものでなくていいものはありませんか?とオートセンターの店員に聞いたときに、それじゃ、これでいいでしょう、そんな高くないし品質もいいし、と言う返事の中のこれでいいでしょう、がA can/will doなのです。 ですから、フィーリングとして最小限の条件は十分満たしている、ということであり、can doの学校文法的な意味の、その能力がある(十分以上)、と言うわけではないわけですね。 B can be doneはやるもの(上のAのような)ではなく、なり遂げたいこと、目的・目標を示します。 素人なんですが自分でガレージを作ることは出来ますか?と言う質問に対し、B(ガレージを作ること)は出来ますよ、と言うフィーリングを出せる表現なのです。 つまり、これらの表現のネックは、学校文法的説明で日本語訳から、状況からではなく、別々に説明するからこれらの違いがわかるように、わかったような気持ちにはさせますが、説明できないわけです。 上の表現で、Aが出来ますよ、Bは出来ますよ、となってしまい、この「が」と「は」の違いを説明してくれないのですね。 両方ともAもBも出来ますよの主語なんですから。 Aを使って出来ますよ、Bをすることは出来ますよ、なのですね。 予習です。 Aを使ってBが出来ますよ、はB can be done with AないしA will do Bなのですね。 (潤滑油を使ってガレージを作ることは出来ませんが。 <g> G式日本語遊びを続けると、頭の使ってガレージは作れますが、潤滑油を使って頭の動きを滑らかにすることは出来ません。 <g>) これでいかがでしょうか? 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

毎回のようにご回答いただき有難うございます。今回のご説明よく理解できました。初歩的な質問で躊躇しましたが結果として売るところが沢山ありました。説明文が毎回楽しいです。ポイントについてはいつも頭を痛めます。皆様から遍く回答をいただきたいこともあり・・。その折はご容赦ください。素晴らしい企画と、回答者の皆様です。感謝と尊敬を持ってお礼の言葉と致します。今後ともよろしくお願いいたします。

  • 回答No.2
  • tjhiroko
  • ベストアンサー率52% (2281/4352)

受動態ですので、これを能動態にしたら分かりやすいですね。 That can't be done with these ropes. →You can't do that with these ropes. つまり「このロープでは(「あなた」など「人」は)それをすることができないんだ」というわけで、by you なりby them なりの、動作をする人が示されていない受動態の文だと思います。もっと分かりやすく直訳すると「それはこのロープを用いてなされ得ないんだ」ということになると思います。 ですので、thatは「(人によって)なされること」つまりdoの目的語ですから、That can do. は今回の場合は不適当なわけです。 あー、説明下手ですね・・・自分で読み返しても非常に分かりづらい説明です。才能ないので、とりあえずはこんなところで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもご回答有難うございます。皆様から同じ趣旨のご回答をいただきました。tjhiroko様のご回答も簡潔でとってもよく理解できました。まだはいはいの状態ですが、両足で歩けるようになるのを楽しみに、英語を聞き続けます。今後ともよろしくお願いいたします。まづは御礼まで。

  • 回答No.1

>(1)done は受動態でしょうか?それとも形容詞として・・・ 受動態です。 >(2)That can do.とthat can be done.の違いがわかりません。 can doのdoは自動詞、can be doneのdoは他動詞です。 doは代動詞ですから、元の動詞が自・他どちらかによって、 この2つのどちらかが決まります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもご回答有難うございます。大変参考になりました。代動詞という言葉も始めて知りましたが、自動詞、他動詞をはっきり理解するのはもう少し努力が必要なようです。皆様のお陰で少しずつ前に進んでいます。今後ともよろしくお願いいたします。まづは御礼まで。

関連するQ&A

  • there's nothing you can do that can't be done

    there's nothing you can do that can't be done.て、 1.できないことをやろうとしたって無理、 2・君に出来きることで、他の人に出来ないことはない: のどちらですか、教えてください

  • be doneの訳について質問します。

    be doneの訳について質問します。 「A good deal of damage was done to the crops. 」の訳が「かなりの被害が農作物にあった。」となっています。 こう訳せますが、なぜこうなるのかわかりません。 「was done」は受動態ですが、「damage」はどう受動している(何を受けている)のでしょうか? 私には「crops」が「damage」を受けたとしか思えないので、なぜこのような受動態を使った文になるのかわかりません。 わかる方がいらっしゃれば回答よろしくお願いします。

  • can be ~ed と can be ~ing

    助動詞の受動態( can be ~ed )と、助動詞の進行形( can be ~ing )についての質問です。 (1) “ can ” と “ can be ~ed ” どちらも「~することができる。」と訳して良いのでしょうか?    日本語にしたときの違いがわかりません。 (2) “ can be ~ing ” は何と訳すのでしょうか? ご回答をよろしくお願いします。m(_ _)m

  • will be gone

    教科書に Open the windows. The bad smell will be gone soon. という文があります。 このwill be goneは,何でしょうか。 (1)goneは過去分詞で,will + 受動態 でしょうか? (2)goneは形容詞「去った」で,will + be + 形容詞(叙述) でしょうか?

  • 分詞形容詞について教えてください。

    先日分詞についてお尋ねしました。今回は「BE動詞 + 動詞のING形/動詞のEN形」の分詞形容詞に限定してお尋ねします。どうしても「進行形/受動態」の考えが先行し混乱しています。 (質問):「分詞形容詞」か「進行形/受動態」かの判断(形容詞か動詞か)はどのようにするのでしょうか? (1)文脈から? (2)自動詞、他動詞で判断? (3)分詞形容詞と進行形/受動態で使う動詞は別物?分詞形容詞は進行形/受動態では使わない? 何か判り易いヒントをいただければあり難いのですが、よろしくお願いいたします。  OB様の参考例を下記に拝借します。説明に使っていただきたく・・・ 形容詞として使われる現在分詞  The game is interesting.   The game was exciting. 形容詞として使われる過去分詞  We are interested.   We were excited. 上手く質問がまとめられずすみません。  以上

  • I am doneは完了?

    授業が終わったときや、何か書き終わったりした時 we are done や I am done と聞きますが これは終わった事を言ってるので I have doneのような気がするのですが どうしてbe動詞で受動態のようになってるのでしょうか この状況にI have doneは使えないのですか?

  • 「Let it be done」という表現について

    英語の文法・語法問題集(『英語頻出問題総演習』)で、 Do it at once. という命令文の受動態を書け、という問題があったのですが、答えは Let it be done at once. でした。 これって文法的におかしくありませんか? 使役動詞「let」って、「let + O + V(原形)」または「let + O + p.p.(過去完了)」という形をとるはずですよね。 だったらこの場合、 Let it done at once. のように、「be」は不要だと思うのですが、どうでしょう?

  • canとcouldの違い

    canとcouldの現在の可能性についての違いが理解できません。 辞書には can:used to say that something is possible could:used to say that something is possible or might happen と書かれていました。 ほとんど同じ意味ですよね? 違いは何なのでしょうか? よくある熟語でThat couldn't be better! というようなものがありますが、 That can't be better.は聞いたことがありません。もやもやしているので、どうかよろしくお願いします。

  • ..we can be sure of.

    NHKラジオ英会話講座より Mr Martin, There are very few things in life that we can be sure of. マーチンさん、人生においてはっきっりしてるこっとて殆どありません。 (質問) (1)[...we can be sure of.]のof は「・・について、関して」と考えていいですか? (2)of+(抽象)名詞=形容詞に分類されますか? (3)ofに関して、同類の易しい例文を幾つか教えていただけませんか? (4)thatは関係代名詞の目的格ですね? sure of (life)ということですね?  これからは、同じような質問を繰り返すと思いますが、お許しください。よろしくお願いいたします。以上

  • Let it beの訳

    ご存じBeatlesで有名なLet it be ですが文法的な解釈が今1つスッキリしません。 過去の質問もみてみましたが、まだわだかまりがあります。 そこで質問内容を以下の3点にまとめましたので回答を頂けるとありがたいです。 質問1 実はbeは要らないのではないかと推測してみました。 Let it.でも放っておけという意味になって、beは副詞的な役割を持つのではないか。 こう推理しましたが、Let itで検索すると会社名まで出てきたしまいました。 さすがに会社名で放っておけはあり得ません。Let it は実際はどのように訳されるのでしょう。 質問2 次に実はdoneが省略されていると考えてみました。正しいのはLet it be done.である。 これはLet+受動態ですからかなり文法的にはスッキリしています。 この考え方は正しいのでしょうか。 質問3 上記で受動態の例を出しました。私もit beの部分は受動態かなと思っているのですが、 文法的にはどのようになるのでしょうか。