• ベストアンサー
  • 困ってます

基礎巾の厚みについて

初めて質問します。 私は建築の仕事をしているのですが、私の会社では建築する家によって基礎巾を120mmと150mmに使い分けます。一般的にどこの工務店でも基礎巾150mmが標準のようです。そこで質問ですが、基礎巾120mmで問題はないのでしょうか?なにかデメリットになる部分があるのならばおしえて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1858
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#96725
noname#96725

こんにちは。 ご質問は鉄筋のかぶり厚さに関係する事です。 建築基準法の施工令第79条にこれに関する規定があります。 ご質問の基礎立ち上がり部分で言うなら法律では鉄筋はコンクリートの表面から4センチ以上は中になければならないというものです。その意味はコンクリートが表面から劣化してゆけば中の鉄筋は腐食を起こして基礎は崩壊しますが、それがしっかりコンクリートの中に埋まっていれば腐食しない、そのぎりぎりの限度が4センチというほどのものです。 仮に鉄筋自身の太さが13ミリあれば、ちょうど基礎のセンターに鉄筋が埋まっているという理想状態であるなら基礎の厚さは9センチ3ミリあれば上記の法律を守ったことになりますが、現実の現場はご質問者さんが日々経験しておられるように鉄筋は曲がって立っていることがほとんどですし鉄筋は組むものですから現実の鉄筋太さは倍の26ミリになりますよね。計算をすれば判りますが、12センチの厚さで仕上げる場合は型枠センターから7ミリ以上外れるともうアウトです、でも15センチの厚さなら鉄筋がセンターから2センチブレていても安全圏内だ、ということです。 これでお分かりのように基礎幅12センチならよっぽど型枠のセンターに鉄筋が埋まっていて、それがどの部分の鉄筋でも真っ直ぐ立っていないと法律を犯しかねません。 基礎幅12センチは工事の原価がそれだけ安くなるという以外のメリットがありません。 要するにお施主さんに向かって、「この家は安く建ててあげます、しかしその分壊れやすい恐れがありますけど、それはお客さんのリスクですからね」と言うのと同じです。もちろん客にそんな事は言えませんから黙っているのでしょうけど。 基礎幅12センチのデメリットと言えばもうお分かりですよね。私だったら自分の家の基礎幅を12センチで工事させる勇気はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。強度や基準法でみれば基礎巾120mmは良くないということが改めてわかりました。一度、上司に言って全棟150mmで統一することを提案してみようと思います。

関連するQ&A

  • 注文住宅の契約違反

    地元の工務店で一軒家を建てましたが、出来上がった家と 図面と違う箇所がありました。 具体的には、基礎の幅を150mmで依頼していたが、 出来た家の基礎は120mmでした。 契約した図面は、150mmと記入されています。 これって、契約違反と思うのですが、法的には問題ないんでしょうか? 補足:工務店の人は、図面のミスなので契約内容と違っても     問題ないと言ってます。

  • 基礎建築中

    はじめまして、現在、基礎工事中なのですが 現場に行ってみると、かけている場所がありました。 業者の説明では大丈夫との事ですが、 心配しています。一応写真は撮ってあります。 如何でしょうか? 回答としては ”型枠外しの時か土台伏せの時に、欠けてしまった時期が、コンクリート流し込み後時間経過が短かったのが主な原因と思われます。 その準備作業時は、まだ少し柔らかい状態であったかと思います。 よって、現在において、欠けた時と現在の強度とは違いますので、同じ衝撃で欠ける心配も、柔らかいのではないか?との心配もありません。 正確に言えば、流し込みから一週間後型枠を外せば、良かったかも知れませんが、工期上お盆前上棟に向けた段取りでしたので、上棟時に必要強度になる逆計算にて、型枠を外しました。補足として、建築基準法の標準仕様は基礎立上り巾は120mmで良いところ、150mm巾で施工していますので、標準以上の仕様となっています。

  • 新築時の基礎

    いつもお世話になっております。 やっと工務店と契約できそうなのですが、住宅基礎の問題ななのですが工務店は布基礎標準にての感じなのですが(地盤調査で問題なければ) 私は問題がなくてもあってもべた基礎を考えておりましたが地盤調査後問題が無い場合は工務店の言う様に布基礎でも良いのでしょうか? 私自身は詳しくわかりませんが、今までHMとお話してきた過程でべた基礎が一般的と思い込んでいる為。ご指導お願い致します。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • di_ib
  • ベストアンサー率0% (0/8)

1#の方と同意見です。 それに基礎配筋の他に引き寄せ金物もありますよね。 そうなると、かぶりがますますきびしくなると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。お二人の回答を参考にして自分なりに会社へ説明をしてみようと思います。これからもよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • ベタ基礎の立ち上がり部分の厚みについて

    現在新築中です。 我が家のベタ基礎の立ち上がり部分の厚みは120mmです。 一方、となりの家は150mmで、やや頑丈そうに見えます。 120mmと150mmの差はどれくらいあるのでしょうか。 どなたか定量的に説明して頂けませんか。 また、基礎の表面に気泡のようなものが無数にありますが、強度的には大丈夫なのでしょうか。

  • 断熱材と基礎の仕様について教えてください。

    建築条件付で家を購入して現在打ち合わせ中なのですが、標準仕様書というものに「断熱材として(全てグラスウール)小屋裏(天井)10K・種別A・厚さ100、外壁24K・種別A・厚さ50、1F床下32K・種別A・厚さ42」と書かれています。 また基礎として、「ベタ基礎 耐圧盤150mm、立上り幅150(120)mm、基礎高400mm」と書かれていますが、これで問題ないのか気になっています。 住まいは、埼玉県川口市で2Fの天井は勾配天井になっています。 工務店は標準で問題ないようなことを言っているのですが、どなたかアドバイスをください。 宜しくお願いします。

  • 店舗の基礎工事で建築確認申請とは違うものを

    作られてしまいました。 この場合、基礎のやり直しは請求できるのでしょうか? 2009年、ある店舗の設計施工を、 茨城県の某●●●工務店に依頼しました。 茨城県の南東部なので、 今回の東日本大震災では、 大規模半壊判定という大きな被害を受けました。 建物がかなり沈んで傾いてしまったのです。 基礎も割れてしまいました。 お客様用と従業員用のトイレが使えない状態ということと、 従業員の半分以上が体調の不調を訴えたのもあり、 早く引き上げ工事をしなければいけない状況でした。 建物の四隅の沈下が 5cm、7cm、10cm、34cmとなりました。 ベタ基礎なのに落ち方がおかしいと、 建物の引き上げ業者さんが不審がっていました。 いざ、工事の順番がまわってきて、 開始されると、 厨房部分だけが上がりません。 それでも、ジャッキアップを続けたら、 シンクや冷蔵庫が壁から離れてくるではありませんか。 あわてて、ストップをかけて中断しました。 その時すぐ、再び図面を確認しました。 建築確認の提出した書類には、 厨房の断面図には確かに“150mmの基礎”が入っています。 厨房に勝手口がある間どりになっている建物なので、 勝手口(厨房の入口)の下を外から掘り起こしてみると、 表面にコンクリートを流し込んであるだけで、 そのコンクリートをはつると、 すぐ内側に湿った土が入っていました。 図面ではその場所を含め、150mmの基礎が 建物全体に入っていますが、 実際には、コンクリートの基礎がそこだけ抜けていて、 土になっています。 その部分は、建築確認申請とは明らかに違います。 という訳で今回の地震で、 工務店のおかしな施工が発覚しました。 “工事請負契約書”と“建築確認申請”には そのどちらにも、基礎の欄には “鉄筋コンクリート造 ベタ基礎(基礎巾120mm ベース厚150mm 立上GLより300mm 主筋13ミリ)” と書いてあります。(それ以外の言葉は書いてありません。) しかし、厨房部分、その隣のビア場、更に女子トイレと男子トイレを入れますと、 建物全体約55坪の3割弱くらいの面積が、土になっています。 質問は・・・ (1)建築確認申請や施主を欺いたことに対する、ペナルティとかはあるのですか? (2)基礎をやり直してもらう請求を、法律で出来るのかということと、  やり直してもらうにしても、もう信用できないので、  他の業者さんに依頼することはできるのでしょうか? 工務店の責任者に連絡したのですが、 “5分くらいなら時間作れないことはない”と言われ、 さらに、 “会う会わない以前に、そんな必要がないですよね”と 拒否されました。 以上ですが、相手が専門の方の意見をお聞きしたいと思います。

  • 住宅の基礎と構造について教えてください。

    このたび検討中の工務店さんの標準仕様をもらいましたが、基礎や土台の部分の数字がどう判断してよいのか良くわかりません。 聞いてもあまり都合の悪いことはあえて言わない気がしてこちらに質問させていただきます。以下のような基礎と構造は耐震性などを考えて問題はないのでしょうか? 建築条件付の土地で建物にかける予算がそれほどないため大手ハウスメーカーのような豪華な仕様を期待しているわけではありませんが、最低限、大地震がきても耐えられるような基礎にしておきたいのですが。。。 他にも注意すべきことがありましたらアドバイスよろしくお願いいたします。 構造: 鉄筋コンクリート造ベタ基礎(防湿シート) 配筋: D13 200mmピッチ(主筋、ベース筋) 耐圧盤: 厚み150mm 立ち上がり: 巾120mm 高さGL+400 床下換気: 樹脂製基礎パッキン(Joto)  蟻害賠償責任補償10年付 土台: 米栂(防腐注入材)105mm角 通し柱: ホワイトウッド集成材 120mm角 管柱(一般): ホワイトウッド集成材 105mm角 管柱(角柱): ホワイトウッド集成材 120mm角 2階梁: 米松KD(一部集成材) 巾105mm 小屋梁: 米松KD 巾105mm 外部耐力壁: 構造用パネル 厚9mm 内部耐力壁: 米栂筋交い 90mm×45mm 野地板: 構造用合板 厚12mm 1階床下地:根太工法(45×45) 下地合板 厚12mm 2階床下地:剛床工法(根太なし) 下地合板 厚24mm

  • 基礎の仕様について

    木造在来工法2階建てで、外壁サイディング、屋根ガルバの建物で 基礎の標準仕様が 構造: 鉄筋コンクリート造ベタ基礎(防湿シート) 配筋: D13 200mmピッチ(主筋、ベース筋) 耐圧盤: 厚み150mm 立ち上がり: 巾120mm 高さGL+400 最大スパン4m以下 地盤が5t以上としてこの基礎でOKでしょうか?

  • 専門家の方にお聞きしたいです。 身内に大工がいます。

    家を建てる事を検討しています。 そして、半分、引退している大工だった義父がいます。 現在、建築士の方にお願いするか、ハウスメーカーにお願いするか、工務店にお願いするかは、決まっていません。 この父に大工部分をお願いして、コストダウンを計る事は可能でしょうか? たとえば、材木の購入でコストがかかるので、結果的に安くならないだとかで、余り考えない方がよいのでしょうか? 建築士の方にお願いをして、大工部分以外の事だけをお願いする事はできるのでしょうか? ちょっと質問の仕方が悪いように思うのですが、何も判らない上に、父に色々と聞くのは、もう少し、一般的な概況?を知ってからにしたいので、よろしくご指導下さい。 費用の事の他に、手抜きをされない、丁寧な仕事をしてくれるだろう。 という点も考慮したいです。 ただ、親戚が工務店なのですが、その工務店で頼むとリクエストやクレームがしにくいだろうし、身内にお願いしてのトラブルも一般的に聞くので、親戚の工務店にお願いすることは考えていません。 どうなのでしょうか?

  • 住宅の基礎について 

    初めて質問いたします、この度家を建て直す計画をしているのですが 相談したい内容ですが、以前有った家を壊し新しく家を建て替えるのですが、前面道路が傾斜が有り土地も傾斜しており、家を新しくする時は高い方に合わせて基礎を高くする予定です。そこで気になった事ですが 工務店の基礎図面によると今ある地盤から 1m60cmの基礎をする予定ですが(基礎の上まで) 鉄筋のピッチコンクリートの厚さが気になります。図面では立ち上りの幅150mm 鉄筋ピッチ D13 横 200ピッチ 縦D10 200ピッチ べた基礎なので 下の部分 厚さ150 D13 250ピッチとありますこのような基礎で問題は無いのでしょうか? 担当の方に尋ねると以前もこのような基礎をしたことが有るようですが 本当に大丈夫なのか気になります 地盤検査の結果 3t ?有るみたいです 当方初めての新築になり シビアになりすぎでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 基礎の穴あけ工事

    床下に湿気がたまって困ってます.基礎の通風口を確認したところ,建築基準法の半分以下の量でしかありません.対策としてまず,通風口の数を増やそうと思うのですが,基礎の強度のことが心配です.補強が必要なのか,料金,工務店にどのように注文すればいいかなど,どなたかご存知の方教えてください.家は築26年の木造注文建築です.

  • 地表からの基礎の高さについて(長文すいません)

    はじめまして。現在戸建を建築中の者です。いつも勉強させて頂いています。 地面から出ている基礎の高さについて、少し心配になりましたので投稿します。 ご存知の方がおられましたらご教授願います。 現在私の家は、お隣の方を含め同じ工務店で下記のような配置で建築中です。 お隣の方の通路が私の家の右側を走る予定になっています。 ・お隣の通路は、お隣の家から道路に向けて、下るように傾斜をつけたものとなる予定です。 ・私の家(基礎の立ち上がり)は、お隣の通路との敷地上の境界から30cm位まで接近している為か、工務店では、私の敷地(境界からの30cm)までを含めて、この通路に傾斜を作る為の盛り土をするよう計画しています。 ・この傾斜(盛り土)の為、私の家では、奥に行くに従い、地表から出ている基礎の高さが小さくなっています(一番奥で10cm程度しか地表に出ていない) ・雨が降った際には、雨の跳ね返りが容易に壁にまで届くような状態です ・このような状況では、今後の家の耐久性にも影響を与えるようで心配です。 そこで質問なのですが、このような状況(基礎の立ち上がりが30cmも地表から出ていない)は何かの基準に抵触するということはないのでしょうか。 また、私の土地の部分(30cm)だけでも盛り土をしないよう工務店に申し入れをしようかと思うのですが、何か決め手となるような交渉方法はありませんでしょうか。よろしくお願いします。  +-----------+  |お隣の家 |  |--------+ |  |私の家 |通|  |    |路| --+--------+--+---    道路 ------------------

  • 布基礎のサイズ、鉄筋の太さについて

    布基礎のサイズは最低限以下を満たす必要があるとありますが 実際はどれぐらいで工事されているのでしょうか。 土台部分の高さは150mm以上 立ち上がり部分の高さはG.Lから300mm以上 土台下端よりG.Lまでは240mm以上 立ち上がり部分の幅は120mm以上 一般的に鉄筋は太い方が良いでしょうか? 立ち上がり中央の主筋が太い(D16以上)方がいいとありますが 実際はどれぐらいの太さが使われているのか知りたいです。

専門家に質問してみよう