• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

チョコレート革命とは何でしょうか?

俵万智さんの短歌、 男ではなくて大人の返事する君にチョコレート革命起こす ここで歌われている「チョコレート革命」とは何でしょうか? チョコはバレンタインデーに関係あるんでしょうか? できれば、この短歌を意訳してください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1556
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

歌はもたらされました。 あとはわれわれがどう受けとめるか。これで作品が完成します。 われわれの数だけある、ひとつの作品のさまざまな相貌。 チョコレートで区切るか革命まで続けるか、 こうした話題がすでに心楽しい鑑賞のしかたそのものではないかと嬉しくなりますが、 私としては「チョコレート革命」とワンセットにしたほうが面白いかな、と思います。 「チョコレート」と「革命」という、まったく異質なことばが結びつき イメージが衝突することで、新鮮な驚きが生まれるからです。 チョコレートという甘くとろける平和なお菓子と 革命という、社会の仕組みが根底から覆される現象・事態との組み合わせ。 そのギャップ、落差、おかしみ。 日常のややありふれた正面切って強調されることのないささやかなことが 急に鮮やかさをもって立ち上がってきます。 「日ごろよそよそしいあなたへバレンタインデーに私の心をチョコレートに託して差し上げることにした」 この気持ちをそのまま歌っても一向に構わないでしょうが、 これでは平凡に落ち着くと見た歌い手は、発想を転換し、 「これは私にとって小さな革命と言ってもいいくらいの決意だ。受け取るあなたも、それほどの衝撃的な出来事とならないとも限らない」 そう思って「革命」という言葉がひらめいたのかもしれません。 えっ、それだけのこと? ええ、それだけのことです。深い内容を背景に秘めた短歌ではないかもしれません。けれども、たった一言異質なものを放り込むことによって、なんと日常が生き生きと輝いてくるでしょう。 以上、私なりの「鑑賞?」を綴ってみました。 参考に供するところあれば参考にしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 【吾】あ、は男が使ってもいいの?

    【吾】あ、は男が使ってもいいの? 最近、短歌にはまりました。 僕は男なのですが、自分のことを【吾】あ、と言ってもいいのでしょうか。 俵万智さんが自分のことをあ、あ、とよく言っているのですが。

  • 俵万智さんの

    俵万智さんの723(なにさ) から724(なによ)に変わるデジタルの時計見ながら快速を待つっていう短歌があるんですが 7月24日から始まる地デジと何か関係があるのでしょうか?

  • 俳句、短歌の本

    今とても俳句や短歌に興味があって、 俵万智さんの「サラダ記念日」を読んでみたら、とても面白かったです。 でもちょっと昔で分かりづらいところがあったので、 中学3年生の私でも楽しめる短歌の本があったら紹介してください。 でも、いろんなのを読んでみたいなーと思うので、お勧めのがあったらぜひ紹介してください。 お願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • meen36
  • ベストアンサー率35% (27/76)

私の意訳です。 まず、「チョコレート革命」  と、続けるのではなくて 「君にチョコレート。 革命起こす」 と、読みたいですね。 同僚(友達、同級生とか、、)程度にしか私の事を見てくれていない彼に、ただの同僚じゃなくて、あなたの事を好きな女の子だよって気付いてもらうためにチョコを渡す。 彼には思いも掛けないだろう、その行為が革命みたいでしょ?と彼女は言ってるんじゃないかな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

「チョコレート革命」という歌集に収録されているくらいですから、 やっぱり「チョコレート革命」なんでしょうね。 まず、俵万智さんは「サラダ記念日」や カンチューハイという単語を使った歌で有名になったように、 軽いフィーリングの単語と、少し重い漢字の熟語を組み合わせて、 そのミスマッチ感を短歌で上手に使うのは、彼女の常套手段です。 さて、そのうえで勝手に意味を解釈すれば……。 詠み手としては、異性を意識してアプローチしている男性だけど、 相手の男性は詠み手を異性としてじゃなくて、 大人対大人という、つれない扱いをしてくる。 それに対して不満をもつ詠み手が、 チョコレートという手段を使って蜂起して、 お互いの間に異性関係という革命を起こす、 (#1さんも書いているように、この場合、バレンタインデーと解釈するのが自然かと) そんな意味合いなんじゃないかと、個人的には解釈しています。 そして、チョコレートを使った革命を、 この場合「チョコレート革命」と命名したかのように読める歌ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

「チョコレート革命」ではなく「チョコレート、革命起こす」ということだと思います。バレンタインデーには関係あるでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 短歌の鑑賞文

    俵万智さんの「はなび花火~」という短歌の 鑑賞文を探しています。 少しでもそういうページ心当たりのある方 または専門家の方、 至急宜しくお願いします。

  • 誰の作品の短歌なのかを探しています。

    昔感銘をうけた短歌が誰の作品かを探しています。 はっきりとした言葉を覚えていないのですが 「『元気ないね』と君に言われてはじめて元気がないことに気づく」 というような内容だったと思います。 中学生のとき(10年前)に教科書か資料集等で拝見したことかと推測しています。雰囲気的に俵万智さんかとも思っておりますが、ご存知の方、教えていただきますようお願いいたします。

  • 短歌の意味を教えてください

    お世話になります。俵万智さんの歌で「さかさまのあなたを愛す夜の淵二人のメビウスの輪となれるまで」そして「一枚のタオルケットを分けあえばつぼみの中の雌しべになった」というのが有るのですが意味を教えてください。私なりの感性でこの短歌の情景や心情をこうかなと一度は解釈したのですが・・・・。よろしくお願い致します。

  • 早稲田一文の出身者

    この春から早稲田の一文に行くことになりました。 知り合いから、「あそこは有名な人も結構でてるよ」って言われたんですけど、誰がいるんですか? 俵万智さんしか知らなかったです。 知りたいので少しでも教えてください。

  • 大事にしている記念日は?

    俵万智さんの短歌に・・・ 『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日 ・・・というのがありますが、みなさんは特別な記念日はありますか? ◆結婚記念日 ◆大切な人の誕生日 ◆恋人と初めて出会った日     ◆大好きなケーキに初めて出会ったケーキ記念日 ◆肉が大好きだから毎月29日は肉記念日(笑) ・・・等々、 あなたが大切にしている記念日がありましたら教えてください。

  • 短歌の訳を教えてください

    俵万智さんの 『サ行音ふるわすように降る雨の中遠ざかりゆく君の傘』 の訳を参考程度でかまいませんので教えてください(>_<) 私は 片思いの歌なのかな?と 思ったのですが… 明日提出のものがあるので急いでます(´;ω;`)

  • 短歌の解釈

    島木赤彦、与謝野晶子、馬場あき子、近藤芳美、李正子、俵万智、石川啄木、若山牧水等の短歌の解釈例を探しているのですが、詳しく書かれたサイトがあればどなたか教えていただけませんか? 近くの図書館が閉館中のため参考文献に当たれなくて困っています。 よろしくお願いします。

  • おすすめの詩人・歌人をお教え下さい。

     こんにちは。近頃、詩や短歌を詠んだり、詩歌集を図書館から借りてきて読んだりといったことを好き好んでやっております。ただ、一口に詩人と申しましても、たくさんおられますので、どの方の作品を借りようか迷ってしまいます。  そこで、「この詩人・歌人はオススメ!」であるとか「この詩集・歌集は読むべきだ!」というのをお教えいただきたいと思います。  私の好みとしましては(と申しましても、詩歌については始めたばかりで何も知らないのですが)、歌人では「俵万智」さん、詩人では「金子みすゞ」さんです。  純粋でほのぼのとした、だけれども深みのある作品に多く触れていきたいと思っています。御回答お待ちしております。

  • 品詞・表現技法についての質問です。

    中学2年生です。明日提出予定の宿題ですので、かなり急いでおります。 その宿題とは、「1つの短歌に注目して、作品についてのまとめを行なう」と いうものなのですが...いまいち表現技法などがわかりません。 その短歌とは、俵万智さんの「思い出の 一つのようで そのままに しておく麦わら 帽子のへこみ」 なのですが...「へこみ」で終わる場合、それは表現技法の*体言止め*といえますか? 今、自分なりに分かったのは ・句切れなし ・口語がなめらかに流れるように結句まで続く ・「へこみ」を使用することによって、楽しさだけではなく切なさや悲しさも表現している という3つのみです。 その他、この短歌に使われている表現技法やリズムの工夫などがありましたら 教えていただきたいです。よろしくお願いします。

  • 「サラダ記念日」の女心は?

    俵万智さんの有名な短歌、 この味がいいねと君が言ったから七月六日はサラダ記念日 これはどういう女性心を表現しているのでしょうか? 最初に思ったのは、これは実際のことではないのでは?という疑問です。 恋人に褒められたという理由で、料理に記念日をつける人がいるとは思えません。 もしいるとすればこれは「純情」「純愛」ということになります。 これが短歌上の虚構とすれば、「純愛を演じてみせる女心」のように思われます。 それが「したたか」なのか、「かわいい」のはわかりませんが。 また、この短歌が恋人に見せるために詠んだのなら、一種の恋文でしょう。 しかし全くの虚構で、発表するために作ったとしたら、どういう心理が作用しているのでしょうか? 教科書にも載っている有名な短歌ですが、とても含蓄のあるように思えます。 どなたかこの短歌の女心を読み解いてください。 それとも質問者の深読みでしょうか。 よろしくお願いします。