• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

俳句、短歌の本

今とても俳句や短歌に興味があって、 俵万智さんの「サラダ記念日」を読んでみたら、とても面白かったです。 でもちょっと昔で分かりづらいところがあったので、 中学3年生の私でも楽しめる短歌の本があったら紹介してください。 でも、いろんなのを読んでみたいなーと思うので、お勧めのがあったらぜひ紹介してください。 お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数315
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

枡野浩一「てのりくじら」はいかがでしょうか。 ユーモアがたっぷりですし、イラストもとても可愛いです。 「冗談はさておきという一言で気づきましたよ 冗談ですか」等、 とても現代的な感性の短歌が多いです。 また、穂村弘の「世界音痴」もオススメです。 エッセイ本ですが、選ぶ言葉がひねくれていて情況が目に浮かぶような短歌も、たくさん載っています。 この方も現代的な感性の歌人なので、「ちょっと昔で分かりづらい」ということはないと思いますよ。 どちらも、中3なら存分に楽しむことができる作品だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 誰の作品の短歌なのかを探しています。

    昔感銘をうけた短歌が誰の作品かを探しています。 はっきりとした言葉を覚えていないのですが 「『元気ないね』と君に言われてはじめて元気がないことに気づく」 というような内容だったと思います。 中学生のとき(10年前)に教科書か資料集等で拝見したことかと推測しています。雰囲気的に俵万智さんかとも思っておりますが、ご存知の方、教えていただきますようお願いいたします。

  • 短歌の鑑賞文

    俵万智さんの「はなび花火~」という短歌の 鑑賞文を探しています。 少しでもそういうページ心当たりのある方 または専門家の方、 至急宜しくお願いします。

  • 短歌の意味を教えてください

    お世話になります。俵万智さんの歌で「さかさまのあなたを愛す夜の淵二人のメビウスの輪となれるまで」そして「一枚のタオルケットを分けあえばつぼみの中の雌しべになった」というのが有るのですが意味を教えてください。私なりの感性でこの短歌の情景や心情をこうかなと一度は解釈したのですが・・・・。よろしくお願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

笹公人「念力姫」「念力図鑑」 寺山修二「青春歌集」 ちょっとひねくれてて面白いよ。すごくお薦めなんだけど中3には難しいかな…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • iinao
  • ベストアンサー率26% (19/72)

35才のおじさんですが、最近本屋で手にとって買おうかなと思ったのが石川啄木の歌集です。 『啄木のうた』(童話屋、2007年 01月発売、税込1,313円) コンパクト版で通学途中の電車の中でも気軽にポケットから出して読めますよ(勝手に電車通学だと思いこんでいますが…)。 内容は、難しいといえば難しいですが、僕みたいなおじさんが、借金や家族や女性問題、当時の社会のありかたについて、いろいろと悩んだり、悲しんだり、喜んだりしたときに思いついた歌をまとめたものです。 本当に理解するのでしたら、啄木が生きた社会状況をきちんと理解しないと難しいと思いますが、とりあえず、普通のおっさんが思い悩んだ結果うまれた歌だと思って気楽に読んだら、ある程度共感できるかもしれません。 あなたが女性だとしても「サラダ記念日」よりも理解は簡単かもしれませんし、間違いなく啄木は読んでおいて損はないです。中三で読むかどうかは別にして。今のおじさんでも読みたいと思いますので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 短歌の訳を教えてください

    俵万智さんの 『サ行音ふるわすように降る雨の中遠ざかりゆく君の傘』 の訳を参考程度でかまいませんので教えてください(>_<) 私は 片思いの歌なのかな?と 思ったのですが… 明日提出のものがあるので急いでます(´;ω;`)

  • 大事にしている記念日は?

    俵万智さんの短歌に・・・ 『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日 ・・・というのがありますが、みなさんは特別な記念日はありますか? ◆結婚記念日 ◆大切な人の誕生日 ◆恋人と初めて出会った日     ◆大好きなケーキに初めて出会ったケーキ記念日 ◆肉が大好きだから毎月29日は肉記念日(笑) ・・・等々、 あなたが大切にしている記念日がありましたら教えてください。

  • 俵万智さんの

    俵万智さんの723(なにさ) から724(なによ)に変わるデジタルの時計見ながら快速を待つっていう短歌があるんですが 7月24日から始まる地デジと何か関係があるのでしょうか?

  • 短歌の解釈

    島木赤彦、与謝野晶子、馬場あき子、近藤芳美、李正子、俵万智、石川啄木、若山牧水等の短歌の解釈例を探しているのですが、詳しく書かれたサイトがあればどなたか教えていただけませんか? 近くの図書館が閉館中のため参考文献に当たれなくて困っています。 よろしくお願いします。

  • 【吾】あ、は男が使ってもいいの?

    【吾】あ、は男が使ってもいいの? 最近、短歌にはまりました。 僕は男なのですが、自分のことを【吾】あ、と言ってもいいのでしょうか。 俵万智さんが自分のことをあ、あ、とよく言っているのですが。

  • チョコレート革命とは何でしょうか?

    俵万智さんの短歌、 男ではなくて大人の返事する君にチョコレート革命起こす ここで歌われている「チョコレート革命」とは何でしょうか? チョコはバレンタインデーに関係あるんでしょうか? できれば、この短歌を意訳してください。 よろしくお願いします。

  • キーワードから短歌・俳句を探せる本

    たとえば、「花」「月」などのキーワードから、 短歌や俳句を探せる本はないでしょうか? なるべくたくさん載っているものを探しています。

  • 源氏物語の和歌についてお勧めの本は?

    源氏物語の和歌に興味を持っています。 物語自体は現代語訳や原文で読んでいるのですが、 和歌は解釈が難しい(と思った)ため、 和歌の隣に書いてある解説を読んで 「ふーん、こういう意味か」で終わりだったのです。 ところが最近、源氏物語の和歌を きちんと読まなければ、登場人物の教養度(?)が 分からないのではないか、と思い始めました。 そこでご質問なのですが、 源氏物語の和歌についてお勧めの本はありますか? 現代語訳などについてある解説は内容が長くて 和歌を和歌として楽しむことが出来ないような気がして 抵抗があります。 俵万智さんの「愛する源氏物語」のように 現代風の短歌に歌いなおしたようなものがあると 楽しみやすいかなと思っているのですが、 このような内容の本は他にあるでしょうか? また、現代短歌に直していなくとも、 源氏物語の和歌について書いてある本で お勧めのものがあれば教えてください。

  • 「サラダ記念日」の女心は?

    俵万智さんの有名な短歌、 この味がいいねと君が言ったから七月六日はサラダ記念日 これはどういう女性心を表現しているのでしょうか? 最初に思ったのは、これは実際のことではないのでは?という疑問です。 恋人に褒められたという理由で、料理に記念日をつける人がいるとは思えません。 もしいるとすればこれは「純情」「純愛」ということになります。 これが短歌上の虚構とすれば、「純愛を演じてみせる女心」のように思われます。 それが「したたか」なのか、「かわいい」のはわかりませんが。 また、この短歌が恋人に見せるために詠んだのなら、一種の恋文でしょう。 しかし全くの虚構で、発表するために作ったとしたら、どういう心理が作用しているのでしょうか? 教科書にも載っている有名な短歌ですが、とても含蓄のあるように思えます。 どなたかこの短歌の女心を読み解いてください。 それとも質問者の深読みでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 俳句について

    俳句について勉強をしていく中でいろいろな俳句調べて特に恋に関する俳句や短歌に興味を持ちました。 失恋の俳句は多く知ることができたのですが、初恋に関する俳句や短歌は見つからないです。初恋に関した俳句、短歌にはどんなものがあるのかもしよかったら紹介してほしいです。