• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

秋雨と紅葉を題材にした、ある短歌/俳句を思い出したい。

ある短歌、もしくは俳句を思い出すのを手伝ってください。 この短歌/俳句は、秋の頃に、木の葉が紅葉していく様子を、 降り続く秋雨が葉っぱを次第に染めていっているのだ、 と詠ったものだったと記憶しています。 小学生か中学生の頃、国語の教科書で読んで気に入ったものです。 教科書に載っているほどなので、有名な作品なのではないかと 思います。私が小学生や中学生だったのは10年ほど前で、 中学生の時には光村図書の教科書を使っていたと思います。 この作品をご存知の方がいらっしゃれば、作者の名前と、 全文を教えていただけませんか。 (もし著作権が存続していて全文を引用することができない 場合には、作品を特定する何らかの情報を教えてください。) よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

古今和歌集のこの歌だと思います。 竜田川 錦おりかく神無月 しぐれの雨をたてぬきにして http://www.milord-club.com/Kokin/uta0314.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 この歌は初めて聞く歌で、私の思っていたものとは違いましたが、 お教えいただいたリンク先で、古今和歌集の他の歌を眺めていた所、 探していた歌を見つけることができました。 古今和歌集 巻五 これさだのみこの家の歌合せによめる      藤原敏行 白露の 色はひとつを いかにして 秋の木の葉を ちぢに染むらむ http://www.milord-club.com/Kokin/uta0257.htm 私が「秋雨」と思っていたものは、実は「白露」の記憶違いでした。 申し訳ありません。 ところで、このweb pageの解説によると、「白露が木の葉を 染める」というのは、慣用的な表現だったのですね。中学生当 時から理系人間であった私は、このような幻想的な見方を新鮮 に感じたのですが。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#226252
noname#226252

百人一首・・・? いまいち自信がないのですが 秋雨と紅葉で思い出した短歌を。 むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに きりたちのぼる あきのゆふぐれ 村雨の 露もまだ干ぬ 槇の葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%82%E8%93%AE 違ったら申し訳ない・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

質問者からの補足

早速の回答ありがとうございます。 ただ、残念ながら、私の思っていたものとは違いました。 「雨が葉を赤や黄色に染めていく」というものの見方を、 もっと直接的に詠ったものだったと記憶しています。

関連するQ&A

  • 国語の教科書に掲載されている俳句

    俳句について勉強しているのですが、教材として取り扱われる俳句を探しています。中学3年のときに、教科書に俳句が載っていたように記憶しています。残念ながら、大分以前のことなので、教科書をなくしてしまいました。現在使われている教科書、あるいは過去のものでもかまいません、ご存知の方がいらっしゃったら、是非教えて下さい。お手数だとは思いますが、教科書の出版会社も併せて、お願いします。光村出版の教科書をお持ちの方、是非お願いします。

  • 教書に載っていた短歌、俳句もしくは詩に関して

    中学か高校か思い出せないのですが、国語(or現国)の教科書に載っていた短歌、俳句もしくは詩を探しています。内容は「幼い我が子に先立たれたものの、その地域には親より先に逝くこどもは親不孝だからという理由で父親が葬儀に参加できないしきたりがあり、こどもの葬儀のあいだ、家に残された父親」を詠んだ歌だったと記憶しています。(かなりあいまいですが、こどものくつした?のようなアイテムも出てきたような気がします) タイトルも断片的な文章も覚えておらず、いろいろな語句で検索をかけてみましたが、探すことができませんでした。 もしお分かりになる方がいらっしゃいましたら、作品名もしくは作家名を教えていただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

  • これから俳句を始めたい人に勧めたい句集は、どなたのもの?

    <新○○ラギ>のサイトに「これから短歌を始めたい」という人に啄木の『一握の砂』『悲しき玩具』を勧めている指導者がおられ「ほんまかいな!」とチト吃驚したのですが、啄木の作品は小学生クラスでも鑑賞できそうですので、一つの考え方だとおもいます。 他、「これから始めたい」人に参考になりそうなのは自由律俳句では山頭火の句集でしょうが俳句では誰の作品集が該当するでしょうか?  MKさんなど心あたりがないわけではないのですが、アナタ様がこれから俳句を始めたい人にお勧めしたいのは、どなたの句集でしょうか。お教えいただければ幸いでございます。 (アナタさまの俳句歴を添えていただけますと実感として参考になります)。

  • 誰の作品の短歌なのかを探しています。

    昔感銘をうけた短歌が誰の作品かを探しています。 はっきりとした言葉を覚えていないのですが 「『元気ないね』と君に言われてはじめて元気がないことに気づく」 というような内容だったと思います。 中学生のとき(10年前)に教科書か資料集等で拝見したことかと推測しています。雰囲気的に俵万智さんかとも思っておりますが、ご存知の方、教えていただきますようお願いいたします。

  • 俳句の閉鎖性について。

    俳句の季語を歳時記などで共有するのは仲間意識によるものですよね。 歳時記がどういうものか見当つかない門外漢ですが歳時記を手に入れる過程でお金を払うなど代償を要求されるのが味噌でしょうか。 季語を歳時記で指定する俳句の閉鎖性についてご教示ください。 短歌には季語がないが、昔の和歌に季語はあったという事ですか。和歌がカジュアル化する方向で俳句が誕生したと思うのですがその俳句が和歌よりも開放的でないのはイメージに反します。 閉鎖性については季語に留まるものではありません。それは和歌にも共通しますが、たった17文字で豊かな表現や描写を達成すると宣伝されている俳句はそうあってはならないと思うのです。 例えば芭蕉の句であるらしい「この槌のむかし椿か梅の木か」(杵折賛)は、解説文を読めばなるほど印象深い名句に感じますが、この句の解説文を読まなければ、貴人の活け花を挿す筒になっている事まで想像できません。その解説などの諸情報が内輪ネタであるならば575で勝負している作品にならないと思います。教科書その他で575だけ見せて良いと通ぶって勧めるやり方はおかしくないですか。 また、槌と詠い、杵と題していますが、当時の用語として、槌=杵でいいのでしょうか。俳句は言葉を大切にし、言葉に五月蝿いはずですが。素人が同じ事をしたらピシャリではありませんか。 以上、宜しくお願いします。

  • 小説やエッセイ、短歌に“解答”はありますか?

    こんにちは。久々に質問させてもらいます。 ぼくが学生時代から引きずっている疑問です。 教科書に載っている小説やエッセイ、短歌、詩・・・などの文学作品のことなんですが。 みなさんは先生から、あるいは試験で「この作者はこの作品で何を言いたいのか?」とか「この表現は何を意味するのか?」なんて質問されませんでしたか。 それには「○○ということを言いたかったのだ。」という解答が用意されてたと思うのですが、みなさんの時はどうでしたか。 そこで質問なんですが・・・ 文学に決まった答えはあるものなんでしょうか? 作者が「この作品は○○ということを伝えたかったのだ。」とハッキリ言っていたのでしょうか。 後世において、評論家などが話し合って導き出した答えなのでしょうか。 絵画や音楽や舞踊などの芸術作品は“感性”のものですよね。 文学も読み手の“感性”で個人個人の答えは違って来ると思うんです。 最近の中学、高校でどのようになっているのか全くわからないので現役の学生さんの意見も聞けたらと思います。 どうぞよろしく!

  • 石川啄木の「ふるさとの歌」について

    中学の教科書に 「馬鈴薯のうす紫の花に降る 雨を思へり 都の雨に」 という石川啄木の短歌がでてきました。 父にそれを解釈してもらったところ、 下記の様なものになりました。 時代背景も有り、大多数の人間が馬鈴薯の花を見た体験もあり、 決して恵まれた環境ではない都会に出て雨に打たれたときに この詩を見たときに、自分の体験と重ね合わせると言う事が 技術としての短歌だとしたらいわゆる「つかみ」が上手だという ただこれだけなんですか?下敷き山藤章二の俳句の手練を思う。

  • 学生の時の思い出の品について

    小学生、中学生の時の教科書や作品など、ときめきはわかないからといって捨てるのはどうかと思っています。捨てるべきでしょうか。

  • 【作品名・作者】日本画 漁師 油絵

    今から20年ほど前、小学生か中学生のころの美術の教科書に載っていた油絵が知りたいのです。 若い漁師が船に乗って少し遠くを見ているような構図で確か油絵でした。 多分日本の作品です。 非常にあいまいで申し訳ないのですが、最近非常に気になっていまして、 色々調べても見つからなくて・・・ 有識者の方お願いします。

  • 短歌と俳句

    短歌と俳句の歴史について分かりやすいHP知りませんか??