• 締切済み
  • 暇なときにでも

特許取得について

インターネットビジネスをやっておりまして、ユニークなコミュニティ運営システムをもっているのですが特許が取れるものなのかどうか調べております。アメリカのpriceline.comなどは技術というよりもほとんどアイディアだけで特許を取得したことが有名ですが、日本ではそのような事例はあるのでしょうか?また、インターネット系に強い特許申請を代行して頂ける弁護士さんなどいらっしゃればご紹介いただけませんでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数416
  • ありがとう数59

みんなの回答

  • 回答No.7
  • iwappa
  • ベストアンサー率54% (6/11)

弁護士・弁理士の資格を有するものとして、ご回答します。 私の実感では、「インターネット系に強い特許申請を代行」すると自信をもって言える弁護士というのは、日本では極少ないです。いないかもしれません。 特に弁護士の世界では、未だにパソコンが入っていないところもあるのですから、なおさらです。 ただ、私に関していえば、内の事務所は、特許事務所も兼ねていますから(もともと特許事務所でした)、「特許申請を代行する」弁護士とはいえます。 また、最近では、ちらほらインターネット関係の特許やビジネス方法特許に関するものもやっています。 その意味で、「インターネット関係の特許申請を代行する」弁護士とは言えるかもしれません。 弁護士がこんなにノンキでいいのかという疑問があるかもしれませんが、現状報告の意味で報告します。 弁護士のシリを叩く依頼者と依頼者からみればインターネット系に強いとは言えないがやる気はある弁護士がガッシリ組むことができればいいのですけどね。訴訟事件にしろ、特許にしろ、依頼者が弁護士に任せきりというのも、弁護士が俺に全て任せろというのも、良い効果は生まないというのが素直な実感です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アメリカでPricelineなどのホテル予約サイトについて

    アメリカでPricelineなどのホテル予約サイトを利用されたことのある方に質問です。また、経験談や注意点・アドバイスなどもお聞きしたいです。 現在アメリカ在住です。 来月、アメリカ国内で旅行するにあたり、ホテルを予約することになりました。 Pricelineというホテルを安くで引き当てるサイトがあると聞きました。 サイトを何度も見ているのですが、利用したことがないだけに、メリットが感じられず予約できずにいます。 以下のことを教えていただきたいです。 ・都市名・エリア・金額を決めて、なにか一つでもホテルがヒットすれば、もう取り消すことはできないのでしょうか。 ・わりと高級なホテルを格安で引き当てるコツがあったら教えてください。 ・Priceline以外にもお勧めのサイトがあれば教えてください。 ・注意をしておいたほうがいいことや経験談、失敗談、アドバイス等ありましたら、そちらもあわせて教えてください。 よろしくお願いします。

  • 旅行サイト Priciline.com について教えて!

    Priceline.com にて、アメリカ国内旅行の航空券を購入しようと思っているのですが、いくつか疑問があるので質問させてください。 「逆オークション」の方法にて、自分が希望する金額を提示したところ、アメリカ国内の航空券が100ドルで購入可能とのことでした。しかし、オークションの形でなく、通常の予約方法で購入しようとすると大体600~700ドルくらいかかります。Priceline.comは、以前ホテルの予約で使ったことがあり、そのときは特に問題もなくスムーズにとまれたのですが、今回は航空券ということもあり、しかも通常価格との差額がかなりあるので心配です。 提示した金額が承認されたら、それからプラスで発生するチャージなどはありますでしょうか?また、本当にこんなに安い金額で航空券が取れるのが少し疑ってしまうのですが・・・。 実際にPricelineで航空券を逆オークションで購入した方がいましたら、質問に答えて下さると助かります。よろしくお願いいたします。

  • 特許について。

    特許と言うものはどういうものに対して取得できるのか教えていただけないでしょうか。インターネットでのシステム(例えば、新しい形のチャット、掲示板等)や、アイディアとアイディアを組み合わせた概念等で取る事ができるのでしょうか。質問自体がわかりにくいですが、特許関係の事をわかりやすく説明してくれる方、どうかよろしくお願いします。

  • 回答No.6

特許がとれるためには、まず新規性と進歩性が必要です。たとえば、米国特許公報として公開されている発明と同じ内容であれば、日本でも特許はとれません。インターネットビジネス特許は、米国では分類符号705を付与されています。分類定義の詳細は、以下を参照下さい。 http://www.uspto.gov/web/offices/ac/ido/oeip/taf/def/705.htm 上記の分類符号を用いて、下記の米国特許庁の検索サイトで検索して、あなたの発明と類似技術があるかどうかを調査してみてください。 http://patents.cnidr.org/access/search-bool.html また、すでに運営をされているシステムに関する発明をこれから出願されるということですが、システムの運営によって発明内容が知られ得る状態になっていなければ、特許出願は可能ですので、頑張ってみてください。 また、日本におけるインターネットビジネスパテントの事例集は、特許庁が作成しており、下記のページで見れます。 http://www.jpo-miti.go.jp/ryutu/map/denki19/frame.htm インターネット系に強い弁理士は、弁理士会のソフトウェア委員会の委員長や副委員長(有名どころは、牛久弁理士、古谷弁理士、松井弁理士)です。他にも、特許庁の下記の検索サイトで、キーワード「インターネット」で検索して出力される公開公報の情報に含まれる代理人弁理士を参照することでもわかります。 http://www.ipdl.jpo-miti.go.jp/Tokujitu/tjktb.ipdl

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

特許申請をする専門家は弁理士です。 どうしても紹介をお望みでしたから、メールをいただければ、ご紹介させていただきますが、現在、弁理士会のホームページで専門表示をやっていますので、そちらで探すこともできます。 URLは、http://www.jpaa.or.jp/list/benkensaku.htmです。 また、書店に行けば、ソフト特許に関する書籍があると思いますが、著者に連絡を取るというのも考えられます。 あと、既に回答されていましたが、既に運用しているシステム自体は特許化できません。既に世の中に知られているからです。ただ、これも来年1月1日以降は例外規定が緩和されるので、その点も含めて専門家に相談されたらどうでしょうか?

参考URL:
http://www.jpaa.or.jp/list/benkensaku.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • tashio
  • ベストアンサー率0% (0/0)

都内に特許コンサルティングと言う会社があります。 当社も概念特許で申請をしています。 気を付けなければいけない点 新聞記事等で申請前の段階で取り上げられるていると無効になるそうです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • usami
  • ベストアンサー率0% (0/0)

http://www.netpreneur.ne.jp/ 最近見つけたこのサイトは、まさにぴったりかも。 インベンションユニットなる共同でアメリカに特許申請をやろうとするプロジェクトもやってるみたいです。

参考URL:
http://www.netpreneur.ne.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

気になるのですが,そのコミュニティ運営システムが公開されている場合, 新規性がなくなってしまう(特許が取れない)のでは? つまり公開する前に特許を取得する必要があると思います. ビジネスモデル特許は,アメリカに比べ日本は弱いので,がんばってください.

参考URL:
会社の特許教育

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • usami
  • ベストアンサー率0% (0/0)

一応僕もネット関係のビジネスの立ち上げをやっているので、その気持ち判ります。 いわゆるビジネスモデル特許ですが、NTT特開平11-66168、NTTデータ特開平10-320470、日立製作所特開平10-240823などがそれに該当するようです。 詳細は、こちらを http://www.jpo-miti.go.jp/info/tyuukai.htm この辺も参考になるかも。 「特許戦略強化する日立、ソニーの思惑」 http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/show/leaf?CID=onair/biztech/biz/78045 インターネット系に強い弁理士さん、弁護士さんというのは僕も聞いたことがありません。今現在、そんな人がいるんでしょうかね・・・。 すいません。答えになってなくて。

参考URL:
特許庁資料(http://www.jpo-miti.go.jp/info/tyuukai.htm,http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/show/leaf?CID=onair/biztech/biz/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 特許アイディアがあっても図面が書けない場合

    もし仮に現在「携帯カメラ」というものが発明されていなかったとします そこで僕が携帯にカメラをつけたらどうだろうか? とアイディアが浮かんだとします 当然特許を取りたいと思いますが 携帯とカメラを繋げる図面など、専門的な知識も必要かと思います 機械的な知識はなくてもアイディアがあるという場合、 どのように特許申請できるのでしょうか? 代行業者等に相談して何とかなるのでしょうか? ただこういった分野の代行業者は詐欺的な物が多いということで どうしてよいのかわからない状態でもあります 何かアドバイスなどありましたら教えてください よろしくお願いします

  • ビジネスモデル特許の取得について

    はじめまして。よろしくお願いします。 当方、業務の一端として今度、新規に展開するビジネスについて ビジネスモデル特許を取得せよという命令を受けたのですが、 私に特許についての知識が無く困っております。 業務の内容の詳細は明かせないのですが、 ある業務でネットを使った課金システムを構築し、それを基にビジネスを展開していく というものです。(抽象的すぎて申し訳ないのですが…) 私なりに色々と調べてみましたが、ネット上での大体の行き着く先が 弁理士のサイトというのが殆どで、詳しく調べる事ができませんでした。 (特許庁のサイトや個人のブログ等も見ました) そこで下記の点をご質問させていただけますでしょうか。 1)ビジネスモデル特許は、普通(?)の特許(発明)と同じような申請書類を 作成することで、特許庁へ申請することができるのでしょうか。 何かビジネスモデル特許特有の申請書もあるのでしょうか。 2)1)で申請書類が一緒であれば、発明の部分を新しいビジネスのやり方や 自作で作成したシステムの事を記載して、提出すればよろしいのでしょうか。 3)その他、ビジネスモデル特許を取得するにあたり、気をつける点や 普通(?)の特許と異なる点があればお教えください。 4)ビジネスモデル特許を素人が取得するにあたり、参考になる書籍やwebサイトがありましたらお教えください。 一応、普通(?)の特許の取得の仕方の書籍は購入し、目は通しております。 いかに新しく作成した物を言葉で説明するかが、凄く難しいと感じました。 ご経験者や詳しい方がいらっしゃいましたらご教授いただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • システム開発を外注するといくらかかるのでしょうか?

    教えてください。インターネットを使って仕事をしたいと考えています。そのためのビジネスモデルを実現するシステムを外注するといったいどれぐらいが相場なのでしょうか?もちろん中身によって桁がちがってくるぐらいの開きがあることは想像できるのですが、これぐらいのものならいくらぐらいということが知りたいのです。例えばアメリカのサイトのPriceline.comのビジネスモデルのように、ユーザーのリクエストを参加業者に一斉に通知して回答を得て、その最安値をユーザーに通知して決済するといった感じのビジネスモデルである場合。よろしくお願いします。

  • 特許権の遡及について

    特許申請中の技術に近いやりかたで製品を作っていました。(一応、触れないつもりではいるんですが) このたび、特許を取得したらしいのです(IPDLでも確認できないのですが、そうらしいのです)。 文書で、警告は無かったんですが、過去にさかのぼって損害賠償されることもあるのでしょうか。

  • 特許の効力

    特許権や商標権などの産業財産権の効力は、権利を取得した国の領域内においてのみ有効であり、その領域を越えた他の国にまでは及びません。(下記参照) http://www.kitamura-pat.com/application.html 上記の内容だと、 海外の特許は日本に申請されないとその効力は日本国内ではない。 と思い込んでいるのですが、どうなんでしょう? 他国で先に特許申請されたものは、先行技術として効力を持ちますよね?だから他国の特許を真似して申請しても拒絶される。 でも、申請しなければその他国の特許を利用して商売してもいいのでしょうか? 今アメリカで特許申請しようと考えています。(処理が早い為) でも、特許を使った事業は最初日本で活動するので、時間が掛かっても日本で取るべきなのか、 それともアメリカで申請後日本で申請するべきなのか、 困っています。詳しく教えてもらいたいです。よろしくお願いします。

  • 特許取得する為には?

    特許関連に詳しい方色々な説明や特許取得する為の手続きや知識をお教え下さい。本題なのですが、私は本業職では、電気工事職をしてますが、業界内では景気低迷将来的に有望なわけでもないので…一獲千金を狙い、色々な角度視野を広げ、発明や発想でお金を稼ぎ、特許商品を開発し、今の生活の起死回生を狙いたいと思い、只今模索している状態です。そこで皆様に特許所得の事を聞いて見たいと考えてます。 私が考えている発案は、通信と広告分野を融合化した内容なのですが、商品や作品が有るわけでもなく、資本がない為に…そのようなシステムが出来てはなく、現状では企画構想段階に留まってます。また、今の私の発案内容は、ここでは伏せて置かなければならないのですが、少しだけ話して見ますと、今現在は、通信事業大手三社とも広告収益を兼ねての本業に、まだまだ開拓余地が有るはずなのに、どこの企業も、手をつけてない部分が有りますね。そこの部分に私は目を付け、通信事業会社の最先端技術で、もっともっと収益が出せるようなシステムを構築し、私の知恵を買って貰いたいのですが…ちなみにその私の案は商品など作ってませんが、企画、設計、構図、具体的なシステム案だけでも特許取得は出来るのか?申請する事は可能なのか?そして費用がどの位掛かるのか知りたいのです。宜しくお願いします。

  • 海外で特許を取得した商品の輸入

    海外で製造・販売・特許を取得している商品を 日本国内で輸入・販売(もちろん日本では、類似品を含め 製造・販売していません)をする場合、どの様な手続きを踏んだら 良いのでしょうか?(ちなみに、日本で製造・技術に関しての 特許を申請中) 商品は、自転車です。

  • アイディアだけでも”特許”になりますか?

    全くの素人なんで教えてください。 今ある技術を組み合わせて、新しいシステムを構築する、なんていうアイディアも特許を取れるのでしょうか?それとも、それを具現化する技術的裏づけが無ければ、特許は取れないのでしょうか? 例えば、現在ハイブリッド車の特許はトヨタが多数所有し、それをホンダが避けた技術を開発するか、対価を払って活用していると思います。”ガソリンエンジン”と”電気モーター+発電+バッテリー”の組み合わせがハイブリッド車ですが、それぞれの技術は例えば50年前にもありました。当然50年前は、それを具現化するだけの技術が無かったと(特に現在のように効率のよい制御技術)推察されますが、50年前に思いついた人がいれば、それは特許と成りえたのでしょうか? 私が今”思いついて”いるのは、それぞれは既に”実用品”として世の中で販売されていますが、電機メーカー・建設・電力会社・住宅設備を巻きこんで、一つの”規格”のようなものを制定し、初めて具現化するものなんですが、私自身は何一つそれらを具現化する技術を有しておりません。 アイディアレベルでもOKなのか、技術の裏づけが必要なのか?後者の場合、どの程度の技術レベルか(トヨタもまだ具体的に商品化できない勅許も持っていると思います)、教えていただけると助かります。

  • 特許の届け出順優先について

    特許を与えるのは特許申請の届出が早い方が優先されると周知していますが、アメリカでも基本的には届け出順ながら、先に考案していた事を証明するために色々と工夫する人もいると聞きました。 そこで質問なのですが、 と言うことは、先に考案していたことを証明して裁判でもすると特許の差し止めなり優先権をこちらに移したりと言うことが可能なのでしょうか。 日本でのケース、海外での現状を知りたいです。 例えば会員制のコミュニティサイトで不特定多数の人々の間で話し合われていたことを、誰かが盗み見又は抜け駆けをして特許申請をしてしまう、と言ったケースを想定しています。 (現状はそんな場で特許ネタを話す人はいないでしょうが…) あるいはアイディア募集サイトでサイト上に掲載されていたアイディア(グランプリも没ネタも掲載されている)を勝手に使う場合です。 僕はそういうサイトに参加しているので、せっかくのアイディアを有効に活用したいもので…

  • アメリカと日本の特許法の違いについて

    医療関係特許でPCT出願を考えています。 日本とアメリカでは医療特許について差があり、手術の方法について日本では未だ特許として認められていないようですが、アメリカでは手術の方法を特許として認めているようです。アメリカでの特許取得を踏まえ、手術道具と手術方法の申請をしたいと考えています。 例えば、手術道具と手術方法の申請を 請求項1 手術道具(物の発明) 請求項2 手術方法(方法の発明) として申請をした場合  日本では申請自体出来ないのでしょうか? 日本では請求項1、もしくは、請求項2を、請求項から外さなければ申請出来ないという事? なのでしょうか

専門家に質問してみよう