• 締切済み

特許って簡単に取れるものなのですか??

その道の専門知識も何も無い、ド素人からの質問です(失礼します)。 「特許って、簡単に取れるものなのですか?」 「簡単に」とは取得手続きの煩雑さ云々ではなく 技術的にそれほど高度なものでなくても、とにかく 申請すれば特許を取得できてしまうものなのか? それとも産業発展に著しく貢献するような技術的に優れた 発明でなければ容易には特許を取得できないのか? .......という意味の質問です。 つまり、「特許」の価値を知りたいのです。 何故こんな質問をするのかと申しますと、最近とある特許製品を 見せてもらったところ、あまりその技術的な凄さを感じなかった からなのです。大学の講義などで聞きかじった知識で、私の中では 特許とはハイレベルな技術を申請しなければ取得できないもの、 という印象があったのですが...... そんな訳でして、特許に対する価値観が揺らぎ気味なのです。 実際のところ、特許の価値ってどのくらいのものなのでしょう? その道にお詳しい方、ご回答よろしくお願い致します。

みんなの回答

noname#116235
noname#116235
回答No.5

>>特許って、簡単に取れるものなのですか? >>技術的に優れた発明でなければ容易には特許を取得できないのか? 結論から言いますと、逆に役に立たない発明であればあるほど、簡単に特許が取れます。 たとえば、「抜いた鼻毛の数を自動的に数える機械」とか「家庭のトイレの使用回数を数え近所に大音量で知らせる機械」とか「おならを回収してお風呂を沸かす装置」等という役立たずで、経費のみ掛かるような発明は、簡単に特許が取れます。 なぜなら、そんなばかげた物を、お金を掛けて誰も出願しないので、いまだ登録されていないからです。 世の中の役に立ちそうな発明は、似たような物が沢山登録(発明)されていますし、また、似たような特許を持っている方からの異議申し立てなどがありますので、特許が許可され難くなります。 また、似ていなくとも、すでに商売をしている業界の邪魔になれば、そちらからの異議申し立てもあり、特許が許可されにくくなります。 という事で、おバカ発明ほど簡単に特許が取れるというのが結論です。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • banakona
  • ベストアンサー率45% (222/489)
回答No.4

遅レスで失礼します。 まず、それが本当に特許(特許庁の審査をパスして登録されたもの)であることを確認してください。ときどき公開公報や、商品につけられた出願番号だけを示して「特許だ」という人がいます。またメジャーな週刊誌でも、実用新案を「特許」と表現することがあります。これらは、(出願費用をドブに捨てても構わないなら)どんな発明・考案にも付与されるものあり、大した価値はありません。 以下、ソレが本当に特許だったとします。 >あまりその技術的な凄さを感じなかった その特許がいつ出願されかにより、凄く思えるか否かは変ってくるでしょう。 #2さんのご回答の追加っぽいですが、その発明に進歩性があるかどうかは、その「出願時以前」の公知技術と比較することにより審査官等が判断します。 例えば、ある人が発明を出願し、審査請求されたので審査をしたところ、出願以前に同じような発明がなく、その出願時にはなかった素晴らしい効果があるなら登録される可能性が高いです。(仮に、その登録まで3年かかったとします) その後、その発明者などがその発明を商品化したところ、大ヒットをしたとします。(ここまで更に2年を要したとします) 他社にもライセンスをし、その発明品がごくありふれたものになったとしましょう。(ここまで更に3年かかったとします。この時点で出願から3+2+3で8年かかっている) 今、その特許を見ても「なぁんだ、そこらへんにあるモノじゃないか」という印象を抱くのではないでしょうか? また、珍奇な発明は登録さやすいです。なにしろ誰も商品化していないし、出願もしていないでしょうから。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.3

私は、自分の考えたものがすばらしいので 簡単に特許になると思って出願しました。 特にアメリカは2,3年で特許になるだろうと思っていましたが なんと、7年もかかりました。  結局、アメリカとヨーロッパで特許が取れたのですが 期間は7年、金額は約900万円でした。 製品は自分で作っていますが、さらに100万円必要です。 7年間特許庁と論争が続きます。 とっても疲れました。 最初にその大変さが分かっていたら出願しなかったでしょう。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • trytobe
  • ベストアンサー率36% (3457/9591)
回答No.2

特許するかどうかのポイントは、主に ・これまで公になっていないか(新規性) ・これまで公になった技術情報から類推できるか(進歩性) という2点です。逆にいえば、簡単に類推できない(想到しない)程度であれば特許申請されたものを拒絶できないのです。 ここは匙加減というか、書籍や論文、過去の出願に書かれている技術を使っていても、組み合わせて使って書かれていない用途に使ってみたら書かれていない効果があった、というだけで類推では思い至らないレベルの飛躍があった、とされるものです。 同じ手段で同じ用途で同じ効果を生むだけでは当然ダメですが、全く想像つかない手段(構造など)にしたり、全く関連が思いつかない用途に使ったり、全く思いつかない効果が見られると、その飛躍が認められて特許査定される、というわけです。 余談ですが、冒頭のような判断ポイントがあるため、非常に画期的な大発明でも、特許出願前に不特定多数の人が見られるところに出してしまうと、それだけで特許を受けられなくなります。これまで知られていなかった技術を公開してくれた代償として限られた期間だけ特許という特権を与える、というのが趣旨なのです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • sachi0423
  • ベストアンサー率40% (10/25)
回答No.1
全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 特許の申請者と発明者が異なる場合の発明者の権利について

    特許について質問です。特許には申請者と発明者がありますが、私の場合会社が申請者、私を含め数人が発明者になっています。会社が報奨金等支払う気がない場合、発明者は何も受け取ることができないのでしょうか?事前に会社と契約などおこなっておらず、会社の規則にも特許についての規約はありません。もし受け取れるなら、発明者の特許に対する貢献度が明らかに異なる場合はその割合もかわるのでしょうか?

  • 特許の査請求料について

    こんにちは、 初歩的な質問で申し訳ございません。特許の査請求料(印紙代)19万円程度は、アイデアを特許庁に申請して、「屁」みたいなアイデアで、没になった場合でも必要なのでしょうか? ◆特許◆ 「産業上利用することが出来る発明、新規な発明、進歩性を有する発明」 発明とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度な物 出願費用(印紙代) 16,000円 特許の査請求料(印紙代)19万円程度 3年分の登録料(印紙代)1万円弱                  合計 約22万円

  • 特許を受ける事が出来る発明とは、

    『特許を受ける事が出来る発明とは』というレポートを書いたのですが、自信が無いので、添削をお願いします!! 特許を受ける事が出来る発明とは、様々な要件を満たしている必要がある。  まず、特許法上の発明である事が必要であり、法上の発明とは、自然法則を利用した技術的思想のうち高度のもの(特許法2条1項)とされている。  次に、特に主要な要件とは、産業上の利用性がある事、新規性を有する事、進歩性を有する事、先願の発明(先願主義)である事の4項目である。  産業上の利用性がある事とは、産業(工業、農業、鉱業、水産業など)にとって有用な発明である事である。それから、新規性とは、その発明が客観的に新しい事を云い、特許出願前に公然に知らされていない発明、公然に実施されていない発明または、頒布されていない刊行物に記載されていない発明である事である。次に、進歩性とは、特許出願時の技術水準から容易に考え出す事ができない発明である事である。 最後に、先願の発明(先願主義)とは、以上の要件を満たした発明について、その発明を最初に特許出願した者に特許権が付与されるという事である。

  • 同じ内容の特許が2つ

    同じ発明をAさんとBさんが考案したとき、Aさんが先に特許を取っていれば、後からBさんが特許申請してもボツになります。早い者勝ちの原理です。 さて、特許庁スタッフのミスで、Aさんの発明を見落として、Bさんが特許を取得してしまう事はよくある事でしょうか?何といっても、過去の申請は膨大です。Bさんの発明と同じものが過去にあったかを、膨大なデータベースからシラミツブシに照合するのはキツいと思います。発明の内容は同じでも、考案者の表現技法は違うでしょうし、考案書の体裁も変わります。なので、Aさんの発明とBさんの発明は異なる、そう特許庁スタッフが誤認したり見落としてしまうのは必然だし、逆に言えば、過去に同じ申請があったかの照合はチャランポランで良さそうな気がします。 仮に、同じ内容の2つの発明が両方とも特許を取ってしまう事があるとすれば、後出しのBさんが特許を取っても、特許権剥奪の危機感を持つべきでしょうか?「君の考えた発明を先に考えたのはオレだ!オレが真の特許権者だ!オレの発明を使いたければ、オレに1億円を支払え!」とAさんは攻撃してくるかもしれません。あるいは、更にZさんという先人がいて、「君たち2人よりも私が先に特許を取った」と言ってくるのかもしれません。 特許権も著作権も知的財産権ですが、著作権の取得は随分と簡単です。手続きや審査などは皆無で、単に自己主張すればいいです。こんなに簡単なのは何故でしょう?(質問が脱線しますが)今の著作権制度だと、2つの小説があって、読み比べると似ていて、真の作者はどっちか、先にこの小説を書いたのは誰だという話になれば、揉めるのでは?逆に言うと、特許の手続きや審査は簡略化できるのでは?考案書を申請すれば即合格、過去申請との照合はスキップ、これで良いのでは?

  • 特許申請について

    特許の件について教えて下さい。 (1)特許出願をする前に、発明を公開してしまった場合で、新規性喪失の例外規定を受けられる期間を過ぎてしまった場合、特許申請は絶対に無理なのでしょうか?どうにかして発明について特許取得したい場合、何かいい方法はありますか? (2)もし特許取得が無理な場合、発明を保全するために、他にいい方法はありませんか?他の知的財産法等で保護する方法はありますか? (3)色々とインターネットで調べたところ、製造特許というものを見つけました。これは、普通の特許出願とは違うものなのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 特許と発明の概念について

    特許と発明の概念について質問があります。 特許出願後に審査を受ける際、審査の基準(一部分を特許庁のHPから引用)によりますと、 1 自然法則を利用した技術思想か 2 産業上利用できるか 3 出願前にその技術思想はなかったか 4 いわゆる当業者(その技術分野のことを理解している人)が容易に発明をすることができたものでないか ア・イという2つの既存のシステム(プログラム含む)があって、アをイに組み込むアイデアは今までになく、このアイデアについて請求項として、特許申請を見越した出願を考えておりますが、ただ既存のアとイの組み合わせのアイデアに過ぎず、たとえ、前項4の当業者が思いつかなかったとしても、アイデアを思いつくものだと見なされて、審査出願の段階で拒絶をくらうか、技術水準は高くないと理由で拒絶をくらうものなのでしょうか?? よろしくご教授お願い申し上げます。

  • 特許が公開される前に、特許ではなく特許の情報を売れるでしょうか?

    特許を出願しました。この特許は一年半後ネットで公開され誰でも見ることができますが、公開されてから、企業に売り込んだ方が良いでしょうか?企業はその発明が価値あるものなら、一日でも早くその情報を欲しいでしょうから、特許ではなく、特許の情報を一万円位で売れないでしょうか?特許が価値有るものであるかどうかは、特許を取得できるかどうかで決めるものとします。つまり、企業はたとえ情報を受け取ったとしても、その特許情報が特許にならなければ情報料を払わなくて良いわけです。これなら企業も納得して話に乗ってくれるのではないでしょうか?

  • 特許について

    例えば、Aさんが全く新発想な機械を思いついたとします。 しかしAさんにはそれを製品化する技術がないので、B社に売り込みました。(この時点では特許取得なし) それで製品化が実現した時、発売に際して特許権を取得する場合はAさんのものになるのでしょうか? Aさんが発明したと証明できれば特許権がB社のものになることはありませんか? その際どのようなものがあれば証明出来るでしょうか? その製品を実現する際にB社が新しい回路などを作った場合、その回路の特許権がB社のものになるだけですよね? ちなみに契約によるでしょうが、その製品が売れたら大体何割くらい発明した人に報酬があるでしょうか? ちなみに法律的に知りたいだけなので、発明を生み出したわけではありません。

  • 特許権の行使について

    産業分野によって違うかもしれませんが、 現在、以下のような場合、実際にどのように取り扱われているのでしょうか。 1.タイヤ(部品)にのみ特許性がある場合において、タイヤ(部品)の特許権Aと、タイヤを装着した自動車(完成品)の特許権Bとが存在するとき、特許権A、Bは別々の権利として行使(クロスライセンスなど)できますか。 2.基礎発明の出願をした後、その出願公開されるまでの間(29条の2)に基礎発明を少しだけ改良した改良発明の出願をし、それぞれ特許権A、Bとして取得できた場合、特許権A、Bは別々の権利として行使できますか。(改良発明は29条の2の対象とならなければ、基礎発明を引例として進歩性が認められない可能性があるとする。) 3.「2」の場合で、特許権A、Bは1件分の権利としてしか取り扱われないと回答された方に対しての質問  基礎発明と改良発明とが別々の権利として行使が認められるための条件はなんでしょうか。また、その条件が成立しているかどうかは、どのように判断するのでしょうか。 4.「1」、「2」の場合にはおいて、別々の権利として行使可能であると回答された方に対しての質問  部品や、基礎発明をもとに、ほぼ無限大の数の特許権が取得できてしまうと思うのですが、これによる弊害は発生していないですか。

  • 特許の発明者の権利について

    今回、あるもので特許を取得しました。 申請者は会社、発明者は社長と私とほか2名です。 実際はすべて私が製作したのですが、勝手に申請されてました。 会社の就業規則には特許についての記載はありません。 また、会社はそれを改良して新たに特許を申請するといってます。 そこで、わたしは次の事を求めようと考えています。 1情報の開示 特許品に関するすべての情報。特許品により得られる助成金、補助金、売上等 2相応の対価 3他の発明者の対価の情報 4改良して申請する場合発明者となれ、同等に対価を得られるのか? 5退職後も同様に対価を得られるのか? 特許については全く分かりません。 どなたがご鞭撻お願いいたします。

このQ&Aのポイント
  • 学生時代友だちがいなくて毎日一人無言で机に座っていていじめに遭った経験もあります。
  • 周りの人の会話を真似したり笑顔の練習をすることで友だちが出来たけれど、急に静まり返ることが続きました。
  • バイトでも人間関係が上手くいかず、最近は専門も行かなくなってしまいましたが、生活のために働かなければなりません。どうしたらいいでしょうか?
回答を見る