• 締切済み
  • 暇なときにでも

特許について。

特許と言うものはどういうものに対して取得できるのか教えていただけないでしょうか。インターネットでのシステム(例えば、新しい形のチャット、掲示板等)や、アイディアとアイディアを組み合わせた概念等で取る事ができるのでしょうか。質問自体がわかりにくいですが、特許関係の事をわかりやすく説明してくれる方、どうかよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数107
  • ありがとう数42

みんなの回答

  • 回答No.1
  • kamuy
  • ベストアンサー率32% (51/156)

前例がなく、公開されているものでなく、社会の役に立つもの。 だったと思います。 以下、ご参考 (出典は、日経のBizTechだったかな?) ( http://biztech.nikkeibp.co.jp/biztech/topics.shtml ) ■特許庁 http://www.jpo-miti.go.jp/indexj.htm  出願番号等による公報の検索や関連法律等のマニュアル等が入手できる。 日本の特許がなんなのかはここで調べることが先決だろう。 ■特許電子図書館 http://www.ipdl.jpo-miti.go.jp/homepg.ipdl  特許・実用新案、商標、国内、海外の文献等が検索できる。 ■日本特許情報機構 http://www.japio.or.jp/  日本及び世界各国の特許情報がオンラインで検索できるシステムあり(有料)。 ■特許出願のススメ http://www.jade.dti.ne.jp/~isokane/  特許出願や特許制度について情報提供しているページ。 特許の詳細や出願するときのフローが掲載されていてわかりやすい。 ■特許と技術の情報集 http://www.net-b.co.jp/jbox/C2/jbox_C2.htm  特許と技術に関する情報を提供するサイト

参考URL:
http://www.jpo-miti.go.jp/indexj.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 特許取得について

    インターネットビジネスをやっておりまして、ユニークなコミュニティ運営システムをもっているのですが特許が取れるものなのかどうか調べております。アメリカのpriceline.comなどは技術というよりもほとんどアイディアだけで特許を取得したことが有名ですが、日本ではそのような事例はあるのでしょうか?また、インターネット系に強い特許申請を代行して頂ける弁護士さんなどいらっしゃればご紹介いただけませんでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

  • 特許申請について

    特許等について全くの素人で不躾な質問をお許し下さい。 飲食関係の特許についてでございます。 多分どこの店舗もおこなっていない方法(システム)がございます。 そこで3つの質問がございます。 (1)飲食関係の方法(システム)等で特許申請ってできるのでしょうか? (2)飲食関係の方法(システム)等の特許申請から特許がとれるまで、どれくらいの期間がかかるのでしょか? (3)今までに飲食関係で特許となった例を何点か教えていただければ幸いです。 以上でございます。 何卒宜しくお願い致します。

  • 特許の取得について

    現在服飾関係の会社に勤めております。 既製品を扱っているのですが先日アイデアが浮かびこれまでの既製品とは違う新しい商品を考えました。 (これまでの既製品に比べ利便性に長けるものです) そこでインターネットで既に開発されていないか調べてみたところ調べる限りでは未だ開発されていないようでした。 そこでこの上記のアイテムを作ったもので特許取得したいと考えているのですが、 実際に特許を取得されていないか確認する方法や、 特許の取得に必要な料金、手続き等もわかりません。 自分で調べてはみたのですが難しい言葉を陳列されており理解に至らなかったので、 どなたかわかりやすく教えていただければと思い質問させていただきました。 以前テレビで主婦さん達が沢山アイデアを生み出し特許を取得、 それを100円均一などで陳列していたのを拝見したことがあるのですが、 そんなに簡単に特許取得から開発、商品化できるようなものなのでしょうか? 質問ばかりで大変おこがましいとは思いますが、 よろしくお願い致します。

  • 自分のアイディアで特許をとるには?

    特許についてほとんど知識がないのですが、ふと「こんな製品があればすごく便利なんじゃないか!?」というアイディアが2つ程浮かんだのですが、どのようにして特許をとれば良いのでしょうか? 現実にあればきっと人様の役に立つ物だと思うので、是非特許を取り、企業等に売り込んでみたいなーと思うのですが・・・。 どちらのアイディアも製品として作られて初めて活かせるものなのですが、そういった物で特許をとる場合には、現物を自分で用意しないといけないと人から聞いたことがあるような記憶があるのですが、これは本当でしょうか? 作るにしてもどのようにすれば良いのか今のところわからないので、もし私のアイディアを文書にするだけでも特許がとれればそれが一番嬉しいのですが・・・。 どなたか特許取得にお詳しい方、是非アドバイスをお願い致します。

  • 特許

    特許 申請してから特許取得まで総額でいくらかかりますか?(タダかと思っていました……w) 特許庁HPをみても、難しくて分かりませんでした。やはり数十万円掛かったりしますか? また、生活雑貨のアイディア商品を企業に売り込む場合、会社にどう売り込めばいいのですか? 突然電話をかけて『商品を提案したいのですが』と言うのはマナー違反ですか? 経験のある方、宜しくお願いします。

  • splumeの特許について

    仮想空間サービスのsplume(スプリューム)の特許に関して質問です。 「仮想空間をシームレスにつなぐ技術(特許取得済)」とありますが、これは空間をシームレスにつなぐというアイディアが特許なのでしょうか?それとも、空間をシームレスにつなぐことのできる、ある1つの技術が特許なのでしょうか? 後者であるならば、スプリュームの技術以外を用いての空間をシームレスにつなぐサービスを第2者が展開することは可能なのでしょうか?

  • スマートフォンアプリの特許取得できますでしょうか?

    ソフトウエアの特許取得は難しいと聞きます。 このような場合、特許を申請しても取得は厳しいでしょうか? マインドマップのような、ビジネスや生活面等での問題を解決する為のアプリです。 問題解決の手法としては際立った独創性は無いものの その効果は高くマインドマップやKJ法などと引けを取らないのではと思っています。 現在同じ発想にたって問題を解決するようなソフトウエアは存在していません。 ですが、プログラム部分には複雑な構造や独自の概念等は一切ありません プログラム自体シンプルなものなので簡単に真似たアプリができてしまいます。 開発期間も1日でできるようなボリュームです。 そこで普通にリリースしても直ぐにコピーされそうなので、 その保護として特許取得を考えています。

  • 特許って簡単に取れるものなのですか??

    その道の専門知識も何も無い、ド素人からの質問です(失礼します)。 「特許って、簡単に取れるものなのですか?」 「簡単に」とは取得手続きの煩雑さ云々ではなく 技術的にそれほど高度なものでなくても、とにかく 申請すれば特許を取得できてしまうものなのか? それとも産業発展に著しく貢献するような技術的に優れた 発明でなければ容易には特許を取得できないのか? .......という意味の質問です。 つまり、「特許」の価値を知りたいのです。 何故こんな質問をするのかと申しますと、最近とある特許製品を 見せてもらったところ、あまりその技術的な凄さを感じなかった からなのです。大学の講義などで聞きかじった知識で、私の中では 特許とはハイレベルな技術を申請しなければ取得できないもの、 という印象があったのですが...... そんな訳でして、特許に対する価値観が揺らぎ気味なのです。 実際のところ、特許の価値ってどのくらいのものなのでしょう? その道にお詳しい方、ご回答よろしくお願い致します。

  • 特許の内容

    ある会社に商品についての質問をしたのですが 特許を取得しているので回答できないといわれました。 特許というのは他人が無断でその技術を利用出来ないようにするものだと 思っていたのですが、内容自体も非公開に出来るものなのでしょうか?

  • 特許の基本を教えてください

    特許庁の電子図書館を見たのですが、ものすごく細かいというか、 どうでもいいような特許が多くてびっくりしました。 特許が物ではなく、構造、回路、ソフトアルゴリズムなど細かすぎて 絶対チェックできないのではないかと思いました。 物作りをする人たちは、これを全部チェックして違反していないことを確認してから製品を作っているのでしょうか? また、世の中で目につかない特許が多く、これはもしかして、 取得者が許可もしくは自分で使わない限り、特許技術が期限まで世の中に出ることはないのでしょうか? どうしても知りたいことはここからで、これを逆手にとって、 特許製品を百万で売りに出し、誰かが特許チェックの漏れで、特許侵害するのを待ち、その特許違反部分のある別製品を他者が1000円で1万人に既に売っていた場合、 その別製品を買った人が1千万の特許取得者の製品を買う機会を失ったとして、100億円などの損害賠償が成立してしまうのでしょうか。 もしそうだとしたら、この特許、経済発展から考えてもどうしようもないシステムだと思い、質問に来ました。 人口から考えて、エジソンも100人いると思うと、早いもの勝ちのシステムもどうなんだろうと思ってしまいます。 そんな馬鹿システムでは無いとは思うのですが、自力で納得できるように調べきれません。このあたりどうなっているのか教えてください。