• ベストアンサー
  • 困ってます

無酸素運動のエネルギー源について

無酸素運動(アネロビクス)では、グリコーゲンがエネルギーとして使われます。 体内の貯蔵グリコーゲンが枯れてる状態で、無酸素運動をすると、何がエネルギー源として使われるのでしょうか? 一般的に、体内の筋肉や肝臓に貯蔵されているグリコーゲンの量はそれほど多くなく、半日ほど絶食すればなくなってしまいます。エネルギー源はいったいなんでしょう? 推測1.エネルギー源がないのだから、無酸素運動ができない。 推測2.筋肉が分解され糖新生が行われる(もしそうなら、空腹時に無酸素運動でトレーニングをしたら、逆に筋肉量を減らすことになりかねません)。 推測3.遊離脂肪酸(もしそうなら、無酸素運動もダイエットになりますね)。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数922
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

まず、グリコゲンは、 グルコゲン→グルコースというふうに変化して、 グルコースがさらに分解されることで、エネルギーが発生します。 飢餓状態では、例えおっしゃるような運動をしなくても、 筋肉を分解してグルコースを補います。 脳の活動には大量のグルコースを必要とするからです。 遊離脂肪酸は、むしろ飢餓状態において、肝臓や心筋のエネルギーに使用されます。 無酸素運動をしなくても、例えば絶食をしてダイエットしようとしても、筋肉の量は減りますが、 空腹=貯蔵グリコゲン0とは考えにくいと思います。 半日絶食すれば貯蔵グリコゲンはなくなる、とおっしゃっていますが、 肝臓はともかくとして、筋肉に貯蔵されているグリコゲンは、絶食してもなかなか減りません。空腹時のトレーニングでは、骨格筋に貯蔵されているグリコゲンが使用されるものと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい解説ありがとうございます。 私が調べた限りでも、筋肉に貯蔵されるグリコーゲンの量は600 kcal ~ 2900 kcalとばらつきがありました。majorumaさんは、そう簡単には無くならないという見解をとっておられますね。 一つ、疑問点があります。 >飢餓状態では、例えおっしゃるような運動をしなくても、 筋肉を分解してグルコースを補います。 脳の活動には大量のグルコースを必要とするからです。 脳の活動に、体内に貯蔵されている脂肪をグルコースに分解して使用するということはないでしょうか?

関連するQ&A

  • 無酸素運動のエネルギー源について

    体内の貯蔵グリコーゲンが枯れてる状態で、無酸素運動をすると、何がエネルギー源として使われるのでしょうか? 一般的に、体内の筋肉や肝臓に貯蔵されているグリコーゲンはそれほど多くなく、半日ほど絶食すればなくなってしまいます。エネルギー源はいったいなんでしょう? 推測1.無酸素運動ができない状態になる。 推測2.筋肉が分解され糖新生が行われる(もしそうなら、空腹時に無酸素運動でトレーニングをしたら、逆に筋肉量を減らすことになりかねません)。 推測3.遊離脂肪酸(もしそうなら、無酸素運動もダイエットになりますね)。

  • 有酸素運動のエネルギー源

    現在私は、ダイエットのため有酸素運動を行っています。 有酸素運動を始めて20分ぐらいは血糖や筋肉に貯蔵さているグリコーゲンが主に使われ、20分以降に遊離脂肪酸が使われやすくなります。 ですから、空腹時のような、ある程度低血糖の状態で有酸素運動を行えば、初めから遊離脂肪酸が使われやすくなると思いますが、どうでしょう?しかし、空腹状態は筋肉分解による糖新生が行われやすです。運動の前にタンパク質を摂取すれば、筋肉分解による糖新生を防ぐことができるでしょうか? 有酸素運動に関する私の疑問点をまとめると (1)ある程度空腹時にやると遊離脂肪酸が使われやすいのではないか (2)筋肉分解による糖新生を防ぐには、運動前にタンパク質を摂取すればよいのではないか 以上2点です。よろしくお願いします。

  • 糖新生について

    私は、現在週4~5回ぐらいで有酸素運動をしています。内容は遠泳かウォーキングです。 有酸素運動を始めて20分ぐらいは血糖や筋肉に貯蔵さているグリコーゲンが主に使われ、20分以降に遊離脂肪酸が使われやすくなります。 ですから、空腹時のような、ある程度低血糖の状態で有酸素運動を行えば、遊離脂肪酸を使われやすくなると思います。しかし、空腹状態は筋肉分解による糖新生が行われやすいです。運動の前にタンパク質を摂取すれば、筋肉分解による糖新生を防ぐことができるでしょうか? まとめると、低血糖状態でたんぱく質のみを摂取し、有酸素運動をすることが、最も脂肪を燃焼しやすいと私は思ったのですが、この考えは正解でしょうか。アドバイスお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • aguitar
  • ベストアンサー率28% (13/45)

クレアチンリン酸は(多分。確か)たんぱくです。で、ボーっとしてるときはATPを使って、筋細胞(たしかそう)でせっせこリン酸化されます。いわば充電可能な電池というところですか。 グルコースの嫌気的な分解はめんどくさい上に乳酸が増えて、いずれ筋肉がパンパンになって動かなくなってしまいます。 それにくらべてクレアチンリン酸は一発でADPをATPにリン酸化する上”クリーン”です。 しかも確か一分子でかなりの数のATPを作れるはずです。つまり、エネルギー貯蔵のエリートですな。 なんでクレアチンリン酸だけで、一日中活動できるように進化していないのかは、多分人間がそこまでの運動能力を必要としなかったからでしょう。さらにいったんグルコースからATPにし、再度違う形のエネルギーに置換し、再びATPに戻すので、熱力学的に、エネルギーの無駄が増えるはずです。 糖が枯渇した状態で脂肪の燃焼が活性化されるのは間違いないでしょうが、たんぱく質を原料とした糖新生も活性化されるでしょう。 従って問題は、どのたんぱく質から消費されるかになってくるでしょうが、どうなんでしょう。以下は推測ですが、やっぱり血流中かな?一番アクセスしやすいし。 次はでも筋肉な気が。ほかに余裕があるところなんてなさそうだし...

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。しかっりと考えをまとめてから、ご返事しようと思ったので、遅れてしまいました。 >なんでクレアチンリン酸だけで、一日中活動できるように進化していないのかは、多分人間がそこまでの運動能力を必要としなかったからでしょう。 その通りのようです。クレアチンリン酸を使うATP・CP系といわれるシステムは、ATPの再合成の速度が極めて速く大きな力を出すことができますが、その必要性のある運動も限定されますね。 >糖が枯渇した状態で脂肪の燃焼が活性化されるのは間違いないでしょうが、たんぱく質を原料とした糖新生も活性化されるでしょう。 従って問題は、どのたんぱく質から消費されるかになってくるでしょうが、どうなんでしょう。。以下は推測ですが、やっぱり血流中かな?一番アクセスしやすいし。 次はでも筋肉な気が。ほかに余裕があるところなんてなさそうだし... 結論から言うと、正解です。空腹時にまず無くなるのが肝臓のグリコーゲンです。肝臓のグリコーゲンがなくなると、糖を必要とする各組織に供給できなくなってしまうので、血中にアミノ酸が余っていればこれが肝臓で糖新生に使われます。さらに、筋肉タンパク質がアミノ酸に分解され、やはり肝臓で糖新生に用いられます。 しかし、一般論として、生体というのは様々な刺激(運動など)に対して、適応するためにあらゆる機能が関連して働くので、いわゆるAll or Nonとなることは非常にまれであるといってよいでしょう。線で区切ることができないですよね。 健常な男性成人(体重70kg)のグリコーゲン貯蔵量は、肝臓では最高約 300 kcal そして筋肉では最高約 600 kcal といわれています。 肝臓の貯蔵グリコーゲンはぶどう糖へ分解され、生じたぶどう糖はぶどう糖を必要とする組織へ輸送されます。 肝臓と異なり、筋肉では、貯蔵グリコーゲンは、ぶどう糖 (グルコース) にリン酸が結合した物質 (グルコース 6-リン酸:G6P)へ分解されますが、G6P をぶどう糖とリン酸へ分解する酵素が存在しません。 ですから、G6P は、筋肉中では、ぶどう糖と同じように利用されますが、筋肉から外へ出ることができないので、他の組織のぶとう糖源にはなりません。肝臓のグリコーゲンが枯渇すると、筋グリコーゲンから各組織に補充されるのではなく、筋肉タンパク質が分解され肝臓で糖新生されるという、一見「まわりくどい」ことが起きているのです。 肝臓に貯蔵されているグリコーゲンは、安静な生活でも、 生活に必要なエネルギの 4-5 時間分にしか過ぎません。 さて、以上をふまえて自分の質問の答えを考えてみます。無酸素運動の大きさ・持久性の違いにより、「グルコース」または「クレアチンリン酸」の2通りの答えがあると思います。「グルコース」の場合は、比較的持久性のある無酸素運動の場合で、飢餓時の血中グルコースは継続的な糖新生に由来します。

  • 回答No.3

一般に筋肉の収縮はアデノシン三リン酸(ATP)という物質がリン酸とアデノシン二リン酸(ADP)という二つの物質に分解される反応で生じたエネルギーで起こります。 そしてグルコース(グルコースの集まりがグリコーゲンです)という物質が筋収縮などによって戻ってしまったADPをATPに戻すためのエネルギーを作るために有酸素下でも無酸素下でも利用されます。 本題ですが、無酸素下でグルコースが消費される反応の他にクレアチンリン酸がクレアチンとリン酸に分解される反応で得られるエネルギーでADPがATPに戻されて、 筋肉の収縮に使われてます。その後、筋肉が分解される反応が起こると思います。 なにぶん高校生の知識ですので間違いなどがあるかもしれませんが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。飢餓時にはクレアチンリン酸を分解して得られるエネルギーで筋肉は活動するのですね。とても理論的な説明で、ありがとうございます。 クレアチンはたしかアミノ酸の一種なので、タンパク質の摂取で筋肉に貯えられると予想されます。しかし、飢餓時にクレアチンリン酸が筋肉にあるかどうかと、それが使われるかどうか、さらにどうして人はクレアチンリン酸による第2ののエネルギーシステムを持つ必要があるのか、疑問をもちました。

  • 回答No.2

グルコースが、生命活動のエネルギーのもとで、 脳はほとんどグルコースしか養分にし得ないので、 飢餓状態においては、脂肪を分解して、その活動エネルギーに当てることも あるのではないでしょうか。 脳に限らず、体の養分が足りなくなれば、脂肪や筋肉は分解して補充されると思います。 また、先の回答に対する補足ですが、 私の手元にある資料では、筋に貯蔵されているグリコゲンの量は240グラム(肝臓では80グラム)です。 通常は、骨格筋に貯蔵されたグリコゲンは、筋自身のエネルギーとしてのみ使用されるとのことです。(肝臓のグリコゲンのように、血糖値維持には用いられません)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。筋肉に貯蔵されたグリコーゲンは、筋自身のエネルギーとしてのみ使用されるのですか。そして飢餓時は筋肉を分解して糖を作り、血糖を上げるのですね。だいぶ役割がわかってきました。ありがとうございます。 majorumaさんのご返答を受けて自分でも色々調べてみました。 >飢餓状態においては、脂肪を分解して、その活動エネルギーに当てることも あるのではないでしょうか。 この分解物がケトン体といわれるものらしいです。脳にとってはあまり良くないものらしいです。

関連するQ&A

  • 有酸素運動と無酸素運動の順番について

    44歳男性・172cm・68kgで体脂肪率が23%あってこれを減らしたいと思い、トレーニングを始めることにしました。有酸素運動で脂肪を減らしつつ、無酸素運動で筋肉量を増やして基礎代謝を上げる、というコンセプトです。有酸素運動はステップマシーンを、無酸素運動はダンベルを使った筋トレやダンベルを併用した腹筋・スクワット等を考えています。 そこで疑問なのですが、有酸素運動と無酸素運動はどちらを先にやったほうが、体脂肪を減らすために効果的なのでしょうか。またそのやり方じゃイカンというアドバイスがあればそれもお願いします。

  • 筋トレ後に有酸素運動ってどなんですか?

    筋トレした後に有酸素運動した方が体脂肪は燃えやすいって聞いたんですが、筋トレ(無酸素運動)は筋肉のグリコーゲンを使いますよね。んで有酸素運動はグリコーゲンとセットで体脂肪をエネルギーにするじゃないんですか?そしたら筋トレは走る前にやっても変わらないどころか、筋肉中のグリコーゲンが少ない分長期的には体脂肪が使われにくいんじゃないでしょうか?それとも僕の見当違いでしょうか?

  • 有酸素運動?無酸素運動?

    有酸素運動?無酸素運動? 体を作ろうと思いマンションの階段を1階~13階まで30分間往復してるのですが筋肉痛になってしまいます。 これは有酸素運動になってないということでしょうか? また、腹筋や腕立て、ダンベルカールなどもやっています。 やってる時は10~15回で限界がくる負荷をかけてやってるのですが こちらは筋肉痛になりません。無酸素運動になってないのでしょうか?

  • 有酸素運動と無酸素運動

    筋肉をつけるには、無酸素運動だけして、有酸素運動はしてはいけないと言うのは本当ですか? どういうことなのでしょうか?

  • 体重を維持するなら短時間の無酸素運動だけで良い?

    「減量期」と「維持期」におこなう 運動の違いについてお聞きします。 30代の男で165cm、56kg、体脂肪率15%です。 5年前に3ヶ月かけて13kg減量してから 30分の筋トレを週3回と 1時間のジョギングを毎晩続けて ずっと体重を維持しています。 よく耳にするのは 運動の最初の30分はグリコーゲンが主に使われて、 そのあと脂肪の燃焼が始まる。 また、運動強度が強すぎると、「無酸素運動」に なって、グリコーゲンが主に消費されて、 脂肪が燃えにくくなってしまう、ということです。 自分の場合では、むしろこれ以上は 体脂肪率を下げないほうが良いと思うので(15%) 夕食後に運動をする目的は、「脂肪燃焼」ではなく、 食べたものが消化された後(食事終了2時間後)、 体内に循環し始めたグリコーゲンを燃やして 寝ている間にからだに脂肪が つかないようにする、ことだと考えてきました。 ということは、楽な走行ペースを1時間続けて 「有酸素運動」をおこなうよりも、 短距離の陸上の選手がするように、 かなりキツイペース(例えば1kmを4分ペース)で 短時間(例えば30分以下)走って、 「無酸素運動」にする方が、効率的に カロリー消費ができることになるのでしょうか? 素人かんがえでは、その方が時間が節約でき、 しかも、脚の筋肉を鍛えられるので、 基礎代謝もあがって、太りにくい体質に なれるような気もします。 「減量期」の課題が「体脂肪を減少させること」、 「維持期」の課題が「体脂肪の増加を防ぐこと」、 であるならば、 「減量期」は「有酸素運動」で「脂肪」を燃やし、 「維持期」は「無酸素運動」で「グリコーゲン」を 燃やす方が理論的のような気がするのですが??? こみいった質問でとても恐縮なのですが ダイエット栄養学(そんなのがあれば)に詳しい かたのご意見を頂ければ光栄です。  

  • これは有酸素運動?無酸素運動?!

    自分では筋トレをしているつもりだったのですが、一般的に言う「筋トレ」とは無酸素運動のことですよね?!「無酸素運動」を調べてみたら、”息が切れる程度”という表記がありました。 足の上げ下げ、スクワット等が中心のトータル40分程度の運動です。息が切れることはありません。上げ下げしている途中に使っている筋肉が痛くなり、少し汗ばむ程度です。 これって有酸素運動なのでしょうか、無酸素運動なのでしょうか?それとも混ざっている?! ご回答、宜しくお願いします。

  • 脂肪燃焼は無酸素運動が実は効率的?

    無酸素運動は糖質をエネルギー源とするので脂質は消費されず、足りない糖質は筋肉を分解して作られる。 だから脂質をエネルギー源とする有酸素運動を行うのが脂肪を減らすには効果的。 これが世のダイエッターたちの常識でしたよね。 でも最近、このサイトでも脂肪燃焼=有酸素運動は嘘という話も見かけるようになってきました。 私としては脂肪を減らすにはやっぱり消費カロリーを増やすことで、糖質や脂質を分けるのは意味が無いんじゃないかなと思うんですよね。 単純にカロリーとして考えた場合、無酸素運動も運動である以上、カロリーを消費するはずだし、だとすると筋肉を維持できるダンベルやマシンを使った無酸素運動を中心にする方が、実は一番効率よく痩せるんじゃないでしょうか?

  • ビリーズブートキャンプは有酸素、無酸素運動?

    ビリーズブートキャンプを購入しました。 実際にやってみて、筋トレのイメージを感じました。 それが正解なら無酸素運動であり、脂肪の燃焼効率は悪いと言うことになるのでしょう。 本当のところ、有酸素、無酸素運動、どちらなのでしょうか? またプロテインを併用することでどれくらい筋肉はつきますか? ボディビルダーのようなムキムキは目指していません。 ほどほどのきれいな筋肉の付き方を目指しています。 詳しい方ご教示のほど、よろしくお願いします。

  • 有酸素運動(ウォーキングやランニング)と無酸素運動(筋トレ)について

    有酸素運動(ウォーキングやランニング)と無酸素運動(筋トレ)について 簡単に言うと 有酸素運動は脂肪を燃やす、筋肉はあまりつかない 無酸素運動は筋肉がつく、脂肪はあまり燃えない と思ってるのですがあってますか?

  • 無酸素運動って

    先日の「あるある」で、無酸素運動をしておくと、脂肪がよく燃えるということと、そのためのエクササイズとして、「バービースクワット」を提案していました。さっそくやってみたのですが、スクワット中って口は閉じていても鼻で呼吸しているようなのですが、これぐらいはいいのでしょうか。もし、いいなら、無酸素っぽいならほかの運動でもいいのでしょうか。たとえば、ダンベル運動だと、持ち上げるときに口はしっかり閉じています。いちおう無酸素状態に近いと思います、時間は短いけど。教えてください。