• 締切済み
  • 暇なときにでも

宇宙人や宇宙空間について

(1)宇宙人や地球外知的生命体がいてほしいのですが、いるなら宇宙が誕生した辺りの恒星系などの方がいる確立が高そうに思えるのですが、宇宙の誕生地点はどの辺りでしょうか?現在いそうとされる星や星系などはある程度特定されているのでしょうか?あと、宇宙人にも未来宇宙人や古代宇宙人などがありえる可能性はあるのでしょうか? (2)宇宙空間から亜空間や異次元空間に移れること自体ありえますか?そもそも亜空間や異次元空間は存在するのでしょうか? 宇宙に関して全くわかりません!教えてください(--;)

noname#18286
noname#18286

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数234
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.9
  • mazeran
  • ベストアンサー率42% (221/518)

生命体があったとしても、ほとんどが原始的な生命体であり、我々の地球のような高度な文明を持つ星は、ほとんど0(ゼロ)に等しいと思います。 地球上に知的生命体が誕生したのは、とんでもなく低い確率のもとに起こった、とんでもない「偶然」が幾つも重なって誕生しています。 一例を書くと、まず太陽の大きさ。これは「恒星の寿命」を意味し、原始生命が誕生してから多細胞生命体になるまでに、約30億年程度地球ではかかっています。 それからさらに高等な生命体になるためには、少なくとも太陽に当たる恒星の寿命は、50億年は変わらずに輝いていなくてはなりません。 それから恒星と惑星の距離。これは寒すぎても熱すぎてもいけないと言う意味です。 他にもたくさんの「必要条件」がありますが、惑星上の生命体が、知的生命体に変化するのに、非常に重要な要因の一つに、「適度な絶滅」と言うのがあります。 最近よく耳にするのが、「恐竜の絶滅」です。原因は隕石の衝突と言うのが現在では有力です。 地球上の生物の進化の過程で、何度も異常な進化をしていると考えられている年代が多々あります。 ほとんどが天体現象、隕石の衝突などで環境の激変があり、そのたびに生き延びた生命が次の地球を育んできているのです。つまり「突然変異」を繰り返しているのです。 と言うことは、適度に「絶滅」が繰り返されなければ、高度な生命体への進化は考えることができません。 つまり、適度に「隕石」が衝突しなければならない。と言うことです。 太陽系を例に取ると、地球軌道の内外にある金星や木星や土星などの惑星の大きさや軌道、そして数が大変関係しています。 長くなったので簡単に書くと、木星が今より小さかったり、惑星が1個でも多かったりなど、現在のバランスを崩す何かが過去にあったら、地球は存在していないと言うことです。 それぞれの「引力」のバランスが崩れ、太陽系ができてから数億年と言う時間が経過した後、地球は太陽系から弾き出されるか、太陽に落下していたと言われています。 こんな「偶然」が、あっちでもこっちでも起きているとは到底考えられません。 「地球型生命体」が存在するのは、地球だけと考えるのが合理的と言えると思います。 あくまでも「地球型生命体」です。もっと他の形で、我々人間には想像も付かないような形での生命体はあってもおかしくはないと思います。 ただその生命体を、我々が見て、「知的」だとか「高度」であるとかの判断ができるものなのかはわかりません。我々人間を基準にしてでは、考えられないことはたくさん存在するはずです。 ですから、以降の質問の答えも、人間が考えることのできる事柄ですので、「ある」とも「ない」とも言えないですし、仮に似たようなものが本当に存在しているとしても、人間が果たして理解できるものでしょうか。 ほんとに長くなってしまいましたが、「宇宙の誕生地点」について。 膨らんだ風船の表面に、たくさんの「点」を描き、次にその風船の空気を徐々に抜いて、小さくしていくところを想像してください。 風船の表面に描いた点を仮に「銀河系」としましょう。 風船は萎んでいきますが、どこを中心に萎んで行くでしょうか。 風船の表面に銀河系を描いたので、その表面が我々の「3次元」の世界なのですが、その「点」は、どこを中心という形ではなく、どの「点」を取ってもその「点」が中心となります。 つまり、宇宙の誕生の「地点」と言う考え方は、人間的な考え方であり、現実は人間には想像もできないものなのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆さん回答ありがとうございました! 色々な意見があって勉強になります。 無限に広がる大宇宙は素晴らしいですね☆

関連するQ&A

  • 宇宙人がいそうな・・・

    宇宙人、地球外知的生命体存在すると仮定して「いそうな」恒星系や銀河系ってだいたいの目星はついているのでしょうか?現時点で地球・太陽系から近いところ遠いところ含めてどこ辺りはいそうって言われてますか?教えて下さい!また最新の宇宙人、地球外知的生命体に関する情報を教えて下さい!

  • 宇宙空間について

    宇宙空間が誕生したのは137億年前ですが、その137億年前の宇宙空間が誕生する前の空間はあるのでしょうか? イメージでは箱の中に風船を入れて、その風船が宇宙空間だとしてその風船と箱の隙間の部分みたいなイメージです。

  • 宇宙空間で生身の生命体は存在できるか?

    先ず、宇宙空間は太陽などの恒星の影響を受けない空間と仮定します。われわれ人間の場合だと、宇宙服を着ないと当然外に出れないわけですが、果たして、たんぱく質構造を基本とした生命体が、宇宙空間そのもので、生身のまま、生きていくことは可能でしょうか。そして、その可能性はあるでしょうか?宇宙人がいたとして、やはりUFOなどの乗り物に乗らないと、宇宙空間では存在できないのでしょうか・・・宇宙空間というのが、どんな世界?暑いのか、寒いのか、気圧は?などの点も含めて、簡単にご意見を聞かせていただければと思います。宇宙空間で存在しうる生命体とは・・・についてもよろしければ。

  • 回答No.8

この広い宇宙で地球だけに生物がいるというのはおかしいと思います。 しかし、未確認飛行物体(UFO)などと地球外生命体が必ずしも結びつくとは限らないのではないでしょうか? 異次元空間…あるかもしれませんが、その存在をどう証明するのかがわかりません。 (1)にしても(2)にしても、根拠に基づく有力な仮説をたてることは可能ですが、それを証明することはとても難しいのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • Scull
  • ベストアンサー率26% (248/951)

1.宇宙の誕生地点はありません。地球外知的生命については「まだ全然判っていない」のが現状です。宇宙の年齢と地球の年齢、地球生命の歴史を鑑みると、我々地球生命が「すべての最先端」を行っているのではないかと考えています。 2.「亜空間」だの「異次元空間」だのの存在が現時点では「戯言」です。 3.「古代宇宙」や「未来宇宙」などは何ともいえません。あり得るともあり得ないともいえるだけの情報がありません。好きに想像してよい部分だと思います。 4.宇宙の次があったとしても、地球生命には今、観測手段がない。あるともないともいえない。どちらにしても「明言する事は科学的ではない」と考えます。 以上。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • sekisei
  • ベストアンサー率38% (94/246)

(3)についてですが、親子宇宙論(仮説)というものがあります。 質問者さんの想像されている数珠繋ぎ状ではないのですが似たような考えです。 ただ遡って考えると最初の宇宙がありそれが生まれる前についてはこの仮説は説明できません。 また、膜宇宙論というのもあります。この場合私たちの宇宙は高次元空間にあり、私たちの宇宙と対になるもう一つの宇宙と定期的に衝突しそのたびにビッグバンを起こしているという仮説(ちょっと自信ないです)があります。 この場合は質問者さんの想像に近いかもしれません。 (4)は(3)で書いてしまいましたが、宇宙は高次元空間に(超空間)にあるという考え方もあるようです。 しかし私たちは3次元と時間しか感知できないのでそんな空間があっても感知できません。 いずれにしても全部仮説でまだ検証すらされていません。 興味があられれば日経サイエンス(やそのHP)やKEKのHPなど読まれると時々宇宙論についての記事が載りますので面白いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • daidou
  • ベストアンサー率29% (491/1686)

こんにちは 宇宙人・地球外知的生命・エイリアン・ET… 呼び方は色々ですが、間違いなくいる。と思います。 この広大な宇宙で、生命が発生し知的生物にまで進化したのが地球だけ、と考える方が不自然ですよね? (だからといってUFOに乗って地球に来ているかは疑問ですが) 宇宙の発生地点、という考え方はどうでしょうか? 別にどこかに中心があって、そこから新しく宇宙空間が生まれているわけではなく、うんと小さかった宇宙がドンドン引き伸ばされているという事です。 (ほとんど点まで縮小した画像を拡大しているイメージかな?) 言って見れば、この地球もアンドロメダ星雲も、どこでも宇宙発生地点と言えるでしょう。 未来宇宙人というイメージはちょっとわかりませんけど 古代に星間文明を築いていた先史宇宙生命というモチーフはよくSFで取り上げられますね。 (古代宇宙文明の遺跡、とか) 亜空間、異次元空間についてはどのようなイメージをお持ちか判りませんが、4次元というものは時空連続体と呼ばれ、ある程度認知されている概念です パラレルワールド(平行宇宙)とかになると、それは仮想理論になりますので存在の証明は無理。でも存在しないとも証明できない。という事になるかな

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆さん、質問に追加です!(書き忘れてました!) (3)宇宙について 今の宇宙は1??億年前にできたらしいと聞いたことがありますが、では宇宙にも未来宇宙や古代宇宙などがありえるのでしょうか?今の宇宙は第?代目宇宙とかありえますか? (4)宇宙の次 私のスケールは自分が住んでる町(市や都道府県も含む)→日本(国)→世界→地球→太陽系→銀河系など→宇宙という風に宇宙が限界と思ってましたが、色々過去の質問などをみていると宇宙の先というか次にも「何か」があるかもしれない論もあるみたいですが、それが何か全く想像がつかなくて困ってます。宇宙の次は何があると思われますか?

  • 回答No.4
noname#31697
noname#31697

宇宙人は存在すると思いますよ。私たちが住んでいるこの銀河には一千億個の恒星があり、銀河の数もさらに一千億個あります。ただ我々の太陽系のように惑星系を構成しているものがどれほどあるかはわかっていないようです。というのは恒星が明るすぎて惑星まで見えないからです。ただし探す方法がないわけではなく、大きな惑星(太陽系でいえば木星)の公転における引力で太陽のぶれが起きるそうで、そういう動きをしている恒星には惑星がある可能性があります。 あと異次元に移れるかどうかは、ワームホールや、ブラックホールに突入するとかいろいろですが、説明していると長くなるのでこの辺で。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#37852
noname#37852

#2です。 ごめんなさい、補足します。 >宇宙の誕生地点は分かりませんが、 って、私が分からない、という意味です(^^; 世の中でどういう研究がなされているのかは存じません。 亜空間は、オカルト的な話なら昔、『ムー』で読みましたけど。 ご興味があれば「フィラデルフィア実験」でネット検索してみてください。 「フィラデルフィア・エクスペリメント」で検索すると、映画もあるようで、映画タイトルがヒットします。 科学的には・・・ タイムマシンができるかも?と言われているらしいのが、「ワームホール」という概念です。 これもまた名前を見たことがあるぐらいで、私は詳しく知りません・・・・。 ホーキング博士は「無理」と言ってるみたいです。

参考URL:
http://spaceinfo.jaxa.jp/note/shikumi/j/shi104_warmhole.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#37852
noname#37852

>宇宙の誕生地点はどの辺りでしょうか? 宇宙の誕生地点は分かりませんが、われわれのいる銀河系の中心は、いて座の方向と言われております。 >現在いそうとされる星や星系などはある程度特定されているのでしょうか? どうでしょうか・・・ 私たちの太陽系から近い恒星ということで関心を持たれていたのは、ケンタウルス座アルファ星(アルファ・ケンタウリ)、バーナード星などの名前を聞いたことがありますが。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E7%B3%BB

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • tom0120
  • ベストアンサー率26% (367/1390)

興味があるので・・・(^^; (1)地球人も、ようは、地球という星にすむ、宇宙人ということですから、 どっか、別の星にいても、不思議じゃないでしょうね。 (2)どうでしょうね。 異次元空間・・・があつたとしても、それをどう、認識できるか?でしょうね。 空気ですら、まあ、風が吹くから、あるんだろうな~程度で、認識できますが・・・ 異次元空間があったとしても、どう、認識できるのか? そこが、むずかしそうですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 宇宙空間は無音?

    DVDで「アルマゲドン」を久しぶりに鑑賞していてふと思ったのですが、宇宙空間は真空の状態ですよね? 確か音は空気を伝わると習ったような気がします。 ということは、実際の宇宙空間では映画のように迫力のある爆発音や話す声などは聞こえないということですか? 天体同士がぶつかったり、恒星が爆発したりしても、音は一切しないのですか?

  • 宇宙人についての疑問

    宇宙人が居るとして、人類に出会うには、 (1)宇宙人が光の速さの何倍で宇宙空間を移動することが必要とおもいますか? (2)その移動速度は可能ですか? よろしくお願いします。

  • 宇宙空間に充満する物質は何なんでしょう?

    宇宙空間にある物質が何か分からないので教えてください。 地球上では窒素と酸素が混ざった酸素があるように、 真空と言われる?宇宙空間に何が満ち溢れ膨張をしているのか、 また酸素の無い?宇宙空間で恒星(太陽)は何と融合してコロナを発するのか教えてください。 初歩すぎる事なのか、どの資料にも載っていないのでお願いします。

  • 宇宙人による空間距離の測り方

    地球人は、宇宙空間の距離を、光年で測ります。 それには、理由があるでしょう。 それは、なぜですか。 また、地球外生命体(高度な宇宙人)なら、何で測定するでしょう

  • 宇宙空間の広がり方

    天文学の全くの素人ですが教えて下さい。 20年ほど前に読んだ天文学の本に、この宇宙空間は「3次元空間が4次元方向に広がっている」と説明されていました(カールセーガン博士のTV番組「コスモス」にも同じ説明がありました)。この「3次元空間が4次元方向に広がっている」という考え方は、膨張する風船の表面が「2次元空間が3次元方向に広がっている」のと同様であるというもので、よくわかりやすいものでした。 この考え方からは以下のようなことがとてもわかりやすく理解できました。例えば、 ・「この宇宙空間は果てはないが有限である」(風船の表面に果てはないが有限である)、 ・「ずっと真っ直ぐ進んでいくとやがて同じ地点(自分の背中)に戻ってくる」(風船の表面を真っ直ぐ進んでいくと円を描いて戻ってくる)、 ・「宇宙の中心はあるが、その中心点はこの宇宙空間にはない」(膨張する風船の中心は風船内にあるが、風船の表面上にはない) しかし、最近の天文学の本を見ると、この「3次元空間が4次元方向に膨張している」という説明を全く見ることがありません。最新の天文学ではこのような考え方は否定されているのでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • 太陽系を出た宇宙空間は真っ暗闇ですか

    地球の周りの宇宙空間は太陽が近くから照らしてくれてるので光と闇の両方が有りますが、恒星間の宇宙空間ではサーチライトが無いと何も見えないのですか?丁度、新月の夜に人里離れた山奥に居るみたいに、天上には満天の星が輝くが自分の掌も見えない真っ暗闇。ですよね。

  • 宇宙空間無限説

    NHKのサイエンス・ゼロを観ておりましたら、宇宙空間(の容積)が有限であることは、大半の宇宙物理学者が支持する仮説であるが、ごく一部には「宇宙空間(の容積)が無限である」という仮説を支持する学者も存在する、と話しておりました。 数学や物理学と縁のない市中のおっちゃんあたりが「宇宙空間は無限である!」と主張しても、別に驚かないのですが、正式な数学と物理学の教育を受けた宇宙物理学者の中にも宇宙空間無限仮説を支持する者がいるというのは新鮮な驚きでございました。 宇宙空間無限仮説を支持する学者たちは、一般に支持されているビッグバン仮説をも否定するのでしょうか? 質問1:宇宙空間(の容積)無限仮説支持者はビッグバンを否定し、宇宙の誕生をどのように考えているのでしょうか? 質問2:宇宙空間(の容積)無限仮説支持者は宇宙背景放射の赤方偏移の原因をどのように説明するのでしょうか? 宇宙物理学者の少数が主張する宇宙空間(の容積)無限仮説をご存じの方より、素人向けにご説明いただけたら有り難いです。 なお、この質問は、この宇宙、すなわちThe Universeに関する質問でございますので、Mutiverseに関する投稿はご遠慮ください。

  • 宇宙人は四次元空間にいる?

    こんにちは。どのカテゴリーで質問したらいいか分からなかったのでとりあいずこのカテゴリーで質問させてもらっています。 数学の先生が授業中に次元のことについて雑談をしていました。それは宇宙人と次元の話です。 例えば人間は3次元空間に住んでいます。本当は10次元だか11次元だか良く分からないですが、とりあいず人間は3次元空間に住んでいると仮定します。 それと比較してアリは2次元空間に住んでいます。もちろん人間と同じ3次元空間に住んでいますが話を簡素化するために2次元空間に住んでいると仮定します。 地面を移動しているアリにとっては縦と横しかなく、高さという概念はありません。しかし、人間は縦と横という次元に高さという次元があります。アリにとっては2次元しかないので3次元空間に人間が住んでいることが分かりません。人間を確認するための高さという次元が足りないからです。 しかし、3次元空間に住んでいる人間から2次元空間にアリが住んでいることは確認できます。人間が生きている空間のほうが次元が1つ高いからです。 同様にして4次元空間があるとしてそこに宇宙人がいるとしたら、3次元空間の人間が2次元空間のアリを見るように、4次元空間の宇宙人も3次元空間の人間を見ているかもしれません。 それより高い次元で5次元空間宇宙人や6次元空間宇宙人なんかもいるかもしれません。 ただ人間は3次元空間に住んでいるので彼らと会うことはないとおもいます。 僕の疑問は生きている生命はそれぞれ違う次元に生きているのではないかな~。ということです。 そうであれば宇宙人が4次元空間に住んでいてもおかしくないと考えました。 皆さんはそんなことがあるとおもいますか? 長文になりましたがご回答よろしくお願いします! ちょっとしたことでも投稿してくれるとうれしいです。(^^)

  • 宇宙人がなぜ来ないのか本気で考えてみました

    最近ニュートンを買って読んでいます。図解で素人の私にもとても分かりやすくて読んでいてとても楽しいです。  さて、この宇宙でなぜ宇宙人及び・未来人が存在しないのか(少なくとも人間が認識できないのか)まじめに考えてみたことを書きますのでもし間違っていたらどうして間違っているのか教えてください。  観測ではまず現在人間の知りうる範囲で地球外生命の痕跡は発見されていないようです。あと、上記の宇宙人ともう一つの未来人とは、時間軸上を自由に移動できる人間および人間外生物のことです。つまり未来から来た人間も含みます。  こういったまったく観測事実のない事を考えるときはどうしても抽象的な可能性を消去法などで消していくしかないのでありえる可能性を考えて見ます。  常識感から言えば宇宙人なんていないでしょー!?とかって思いますが、宇宙の広さを知っている人から見れば何でこないんだよーって逆に思いますよね?(宇宙の広さを知っている人って誰だよ 笑)  でも私自身は空間的にも時間軸上からも(我々の認識する範囲で)人間が孤立しているのは逆に不自然に思うのです。つまりどういうことかというと、今現在未来から人が来ていないということは未来に少なくとも過去に行ける技術(タイムマシン等)が存在しないことを意味しています。もちろん、未来人も因果律が壊れるから法律で過去へのトラベルは禁止されているかも知れませんが、人間の好奇心は絶対に禁止してもやるでしょう。それでも来ないところを見ると過去へのトラベルはおそらくいくら技術があっても不可能なのでしょう。そもそも、未来人が過去を壊せるような宇宙は人間原理的にも人間は存在できないともいえます。    では、宇宙人は何で来ないのか?ですが、一説には宇宙は我々の宇宙のみでなく無数の別の物理法則が働く宇宙があるそうです。また我々とは次元が違う宇宙もあるようです。そもそも我々の宇宙も過去に数十回のビッグクランチを繰り返してきたという話もニュートンに書いてありました。(そんな観測事実もあるそうです)  そんな無限個数の宇宙の無限の大きさの中では、確率的に我々と同等の生物または、はるかに優秀な生物が居て当然で、逆に居ないほうが不自然です。すくなくとも人間の存在が我々の宇宙では生命が誕生できる可能性が有ることのなによりの証明です。それがいかに小さな可能性であろうとも分母となる星の数もほぼ無限ですので分子の数もほぼ無限に近くなるのではないでしょうか。そうすると宇宙には優秀な宇宙人が無数に生息しているはずなのです。我々より数億年前の文明や別宇宙の文明は中には技術の極地に到達しているものも存在するはずでしょう。恒星間移動はもちろん銀河間移動も可能な技術をもち、もしかしたら、時間軸も自由に移動できるかも知れません。そのような文明にもはや空間上の遠い近いなどの概念は存在しないと考えられます。(今の我々には光の速度の壁云々と言っていますが)中には時空を切り裂いて宇宙間移動もしているかもしれません。ビッグクランチ前の宇宙からの移民が移動しているかもしれません。それなのに、なぜ我々に会いにこないのか? 仮説 1.全次元、全時間・空間的に我々は本当に唯一の存在で生物の誕生はこの宇宙で前代未聞の出来事だからそもそも我々以外存在しない。 2.宇宙の諸法則による制限で科学力に制限がかかっているために最高技術の上限が決まっている。よって我々に会いにこれない。 3.宇宙連合が先進文明間で結ばれており、発展途上文明への接触が硬く禁じられている。 4.すでに来ているが完全な擬態をしているので人間は気がつかない。または一つ上の次元の宇宙人からは認識されている。  なんだか長くなってしまいましたが私の妄想を書きました。もし更に宇宙人に関して良い考えがあったら教えてくださいよろしくお願いします。

  •  円周の長さを宇宙人はどのように求めるか

     天文学のカテゴリでなくて、数学のカテゴリにします。  宇宙人は、宇宙空間を飛行できるほどになっている文明と、アメーバや 猿のような状態の文明もあるかもしれません。アメーバがどれほどに円周率を意識して生存活動をしているのか知らないので、ここでは宇宙空間を飛行できる文明のレベルを前提とします。  体ひとつで飛行能力がなければ宇宙船の中に身を隠し、その宇宙船は、引力に逆らい飛行するために、なんらかの推進能力を備えているとします。  恐らくは、その推進能力の計算の中で円周率もでてくるでしょう。  さて、地球人は、円周率を あのようにして(記載省略)もとめてきたのですが、もっと斬新な求め方をするかもしれません。 可能性として、簡単に言えば、どのようなものがあるでしょうか。 きっと立体的な、動的なものかと想像します。