-PR-
締切済み

自然科学の分野です。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.202807
  • 閲覧数136
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 0% (0/3)

日本人とヨーロッパ人の自然観の違いについて教えて下さい。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 39% (292/737)

日本人は自然と言うとやさしく人間を守ってくれるものと考える。

これに対し英語で言うnature 反意語は人工であり、人間に対して厳しい。

こんな感じでしょうか?「森のイングランド」(川崎 寿彦)を読んでそう思いました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582762026/qid=1011616937/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-5277745-8172245


  • 回答No.2

日本人の自然感は「共生」「畏敬」「神の宿る所」
ヨーロッパ人の自然観は「障害」「一方的利用」「征服」などのキーワードで表されるでしょう。

しかし、ヨーロッパでもローマ進出以前は日本と同じであり、日本人の自然観は地球上のあらゆる民族が持っていた(いる)といって過言ではないでしょう。誤解を恐れずにいえば、多神教の国々では、万物に神(霊)が宿ると考え自然を大事にします。アメリカ・インディアン、中南米のインディオは今日でも(表面的にはキリスト教徒ながら)先祖の多神教の影響を受けヨーロッパ人より日本人に近い自然観を持っています。一神教の国々に自然破壊の歴史があるように思えます。
  • 回答No.3

西洋の自然に対する(ふるい)伝統的な考え方では『色々な自然現象は連結した事象』ではなく『それぞれが個別に存在する事象』であり、有利なものはとことん使う、不利なものは改造して使うという「作り変えることの出来る道具のひとつに過ぎない」というものです。最近ではかなり違いますが・・・
一方東洋の自然に対する伝統的な考え方は『全ての自然現象は有形無形に関わらず連動した存在である』というものです。
図形で書き示すと、西洋的には自然は色々な図形がたくさん存在している・・のに対して、東洋的には同心円が波紋上に存在している・・こんな感じです。

その典型が西洋の屋敷にある庭(ヒドコート・マナー・ガーデンなど)にみられる人工様式美です。またプラントハンターのような感覚にも通じます。
一方日本の盆栽は『小宇宙』というように自然の形を矮小化したもの(=同心円)だったり、「借景」のように自然と溶け込む形のものが特徴的にみられます。つまり利用するというよりも溶け込む、使わせてもらうというような感覚に近いのだと思います。

先ほどの事例は極端な例ですが、こうした感覚の差異は17・8世紀以降の文化の交流で失われてしまったものも多いですが、いまだに根強く残っているように思います。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ