• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「変に聞こえるのでしょうか」を丁寧に表現すると?

「こんな言い方をしたら、変に聞こえるのでしょうか。」 という文に関して2つ質問させてください。 1、この文を敬語表現、あるいは丁寧に言おうとして、 「こんな言い方をしたら、変に聞こえられるのでしょうか」というのは間違いのように思います。 「聞こえる」の主語は隠れ主語である「こんな表現」という文章自体なので、敬語を使うのは不自然という理由からですが、この考え方は正しいでしょうか。 2、「変に聞こえないか?」と懸念する対象(相手)が目上の人で、「聞こえるのでしょうか」という部分を丁寧に表現したい場合、どのような言い方をするのが適切でしょうか。 「こんな言い方をしたら、変にお聞こえになるのでしょうか。」なども考えましたが、全く自信がありません。 諸賢のお知恵を拝借いたしたく、謹んでお願い申し上げます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数438
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

あまり自信はないのですが,私見を述べさせて戴きます。 1.主語の観点からとらえるよりも,むしろ相手の行為に着目したほうが説明しやすいのではないかと思います。尊敬表現は相手の行為に対する敬意を示すものですが,「聞こえる」が相手の主体的行為を指すとは考えられませんので(『響く』なども同様です),「~られる」を付加して尊敬表現にすることができない,と解釈してはいかがでしょうか。 2.上述のように「聞こえる」の部分で尊敬表現ができないとすると,話者の行為を謙譲表現とすることで相手に対する敬意を示すことが可能かと思います。 「このように申し上げると変に聞こえてしまうでしょうか」 などが考えられます。もっともこの表現では,謙譲の対象が相手に限定された感じではなく,かなり一般化された対象に「聞こえる」感じがあります。 また,「聞こえる」を尊敬表現ではなく丁寧表現にする方法もあるかもしれません。例えば, 「このように申し上げると変に聞こえますでしょうか」(謙譲+丁寧) 「こんな言い方をしたら,変に聞こえますでしょうか」 といった表現です。 さらに,「聞こえる」を別の単語に置き換えてしまう手もあるかと思います。「変に聞こえる」=「聞いたことで変な感じを持つ」とすれば, 「こんな言い方をしたら,妙な感じを持たれるでしょうか」 「こんな言い方をしたら,妙な感じをお持ちになるでしょうか」 という表現も可能でしょう。相手に限定した敬意を示すのであれば,これらの表現がもっともふさわしいと思います。 (『妙な』としたのは,単にこちらの語感のほうがわたくしとしてはしっくり来たためです) ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 1、>「聞こえる」が相手の主体的行為を指すとは考えられません :という観点から説明する道筋もありますね。 2、「ます」という丁寧語を使うことができるのでしたね。基本的なことを忘れていました。 「>こんな言い方をしたら,変に聞こえますでしょうか」は、ピッタリの表現のように思います。 また、 <「このように申し上げると変に聞こえますでしょうか」(謙譲+丁寧)>という謙譲を加えた表現、 及び、 「妙な感じ」という言葉を使った表現も大変参考になりました。 心より御礼申し上げます。

関連するQ&A

  • 「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

    私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。 社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか? 一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。 目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか? また、他に何かいい表現があればご教授ください。

  • 敬語「~しており」という表現について

    先日、ドラマを視聴しているときに、気になる台詞回しを耳にしましたので、 質問させてください。 その台詞はこのようなものでした。 ある男性がある女性に対して、Aという企業の裏実態を説明する台詞です。 「A(企業)は○○を研究しており、○○という薬品を…」 この「~しており」という表現ですが、敬語として間違っているのではないでしょうか。 これは謙譲語ですから、企業が主語の文に使うのは誤用です。ですから、 「研究していて」と表現するのが適切であると思うのです。 しかしながら、「~しており」という表現はよく見かけますし、「~していて」に変えると 何か違和感があります。私のほうが間違っているような気もしまして、自信がありません。 どなたかこの件について、ご存知の方は詳しく教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 比較で表現する英作文

    比較を使って英作文を作るのですが 何か変な具合になってしまいます(汗) 以下の日本語文を英文にしたいのですが、 山国ほど天候の変わりやす所はない。  条件 主語を The weather 変わりやすい changeable 山国 mountain regions 例えば主語を There is nothing にすれば何となくわかるのですが、 これは比較表現になりませんよね? また Nothing is more than 方式を使うと、主語は Nothing に なってしまいますよね? どなたか、お知恵を拝借ください。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

「こんな言い方をしたら、変に聞こえるのでしょうか。」 という会話文では、「こんな」も「言い方」も「したら」も「変に」も「聞こえる」も相手を敬うときには使わないほうが良いのではないかと思います。 ★「こんな」→「このような」 ★「言い方」→「申し上げる」 ★「したら」→「いたします」 ★「変な」→「他の表現」 ★「聞こえる」→?? 私の言い方に問題があるので、正しく伝わるかどうかが心配である。という言い方を考えるべきで、「変に聞こえる」というのは相手の理解力を問題にしていることにもなり避けるべきだと考えます。 また、期待する相手の返事は「いえ、そんなことはありません」「いえ、大丈夫です」ですから、そのへんも考慮した言葉を選択される方が良いと思いました。 「このように申し上げてもおかしくはございませんか」 「このように申し上げてしまうと、正しくお伝えできたかどうか心配ですが」 「私のお伝えの仕方で宜しいのか心配ですが」 「このような申し上げ方で、正しくお伝えできましたでしょうか」 このような感じで捉えましたが・・・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >「こんな」も「言い方」も「したら」も「変に」も「聞こえる」も相手を敬うときには使わないほうが良いのでは。 :今回は「聞こえる」という言葉の変化について知りたかったのですが、文全体の適切な表現という観点からはおっしゃるとおりだと思います。 多くの例文も挙げていただき感謝いたします。大変参考になりました。

  • 回答No.4

「こんな言い方をしたら、変に聞こえるでしょうか」でも、充分丁寧な言い方だと思います。少なくとも相手の気持ちを害することはないでしょう。 「このような言い方をしたら、変に聞こえるでしょうか」にすれば、もう少し丁寧な感じになります。  また、聞く、聞こえると言う場合、「聞いて理解する」「聞いて感じる」と言った意味にも発展することも可能です。そういう意味では 「こんな言い方をしたら、変に思われるでしょうか」 「このような言い方をしたら、変に思われるでしょうか」 としても、充分通じますよ。もっと丁寧にしたいなら 「このような言い方をしたら、変にお思いになるでしょうか」 ともいえますが、前述の 「このような言い方をしたら、変に思われるでしょうか」の方がすっきりした言い方かと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 「>こんな言い方をしたら、変に思われるでしょうか」は、 恐らく最も頻繁に使われる表現かもしれませんね。 「このような言い方をしたら、変にお思いになるでしょうか」 という丁寧表現も合わせ、大変参考になりました。 感謝いたします。

  • 回答No.2

「この言い方は、お気に障りますか?」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 同じ意味にはなりますね。

  • 回答No.1

この言い方でしたら、お気に障るでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 確かに、意味としては同じになりますね。

関連するQ&A

  • あなたが面白いと思う表現の違いを教えて下さい

    What gives you the idea? 何があなたにその考えを与えたのですか? 何でそう思うのですか? (無生物主語) I have no money. 私はないお金を持っている。 私はお金を持っていない。 (no の形容詞用法) のように、言語によって表現の仕方、 考え方が異なるために、直訳できない文ってありますよね。 そんな表現の中で、あなたが面白いと思った表現を教えて下さい。 英語と日本語に限ります。

  • 「ご高名はかねてからAさんから伺っております。」ほど重くない表現

     「ご高名はかねてから伺っております。」は辞書で見つけた表現ですが、以下のような場合で使うとなんだかふさわしくない気がします。  友人Aの紹介で、Aの友達Bさんと初めて会います。平日よくAからBさんのことを聞きます。Aとはすごく仲がいい友達で、初対面の時に、Bさんに「ご高名はかねてからAさんから伺っております。」(「Aさんから」は自分勝手に入れたのです。)と言うと、非常に堅苦しい表現になってしまう恐れがあります。Aもたぶんその場で笑ってしまうと思います。「ご高名はかねてから伺っております。」はなんだか非常に改まった場面しか使わない言葉で、むしろ敬語過剰な感じもします。仲がいい友達の友達と会う時に、「ご高名はかねてからAさんから伺っております。」に近い意味で、そこまで堅苦しくない一般的の言い方は何でしょうか。  日本語を何年間も勉強していますが、まだまだ文章がうまく書けません。質問文の中で不自然な表現がありましたら、それも併せて指摘していただければ助かります。宜しくお願いします。

  • 目上の人への表現方法について。尊敬の内容。

    自分よりもずっと目上の人にお手紙をお書きするのですが・・・。 お手紙の中で、その人に関して尊敬していることなど、お伝えしたいです。 正しい敬語や丁寧語を使った表現方法が分からないのです・・・。 尊敬していることとは、 ・どんなに忙しくても、その忙しさや疲れている表情を出さずにお仕事されていること ・対象者を問わずに謙虚で優しく接していること 対象者=自分の後輩や、関わりはあるけどあまり接点のない人のこと ・いつも誠実で優しさをもっていて温かい方であること 以上の3点を目上の方に対して、失礼のないようにお書きしたいです!上から目線にならないように気をつけたいです。 どうか私にアドバイスを下さい><宜しくお願い致します。

  • 「~ことを検討してみることができます」の敬語は?

    相手に提案する場合、 「(主語はなく、相手を指す意味で)~~ことを検討してみることができます。」、 という言い方は、友達に言っても問題ありませんが、先方会社(お客様)へのビジネスレターでは、なるべく敬語を使った方がいいと思いますので、この文の敬語表現は、どういうふうに書いたらいいでしょうか。 ご教示お願いいたします。似た表現がある場合もお願いいたします。 ◯注:首題の文は、案である以上、先方の検討を願うニュアンスが含まれているのはもちろんですが、「~~のために、こちらの案としてはこれを提案しますが、他のお考えや別案がそちらにある場合は、これを考えなくてもよい」、というニュアンスも含まれています。

  • 「それは~~だからである」という表現について

    理由を説明するときに、 「それは~~だからです」ということがありますが、 これは文法的に正しいのでしょうか? 「会話」ではなく、「書く」場合で、お尋ねします。 この場合の「それは」は、「その理由は」を省略したものかと思いますが、 例えば、 「それは、A氏が不在だったからだ」と言った場合、 一つの文に主語が2つ入るような形になります。 ●これは文法的に正しい日本語なのでしょうか?(また句読点は必須でしょうか?) 「なぜなら、A氏が不在だったからだ」と言えますが、 「なぜなら」を使うと、理由を述べている感じが強くなる気がします。 (個人的な感覚かもしれませんが…。) ●自然に理由を述べたい場合に、よい表現方法があれば、教えていただけますか? 以上の2点、よろしくお願いいたします。

  • 敬語と話し言葉について

    敬語と話し言葉についての質問です。 質問1 友人が海外でライターの仕事をしているのですが、よく、インタビューする目上の相手に対して、「もう何度も講演をやられていますよね」というような言い方をします。私としては、「~なさっていますね」という表現が良いのではないかと感じるのですが、“やられている” という表現に対して、みなさんはどうお感じでしょうか。自然な敬語で違和感はお持ちになりませんでしょうか。 質問2 「アメリカにしょっちゅう来られていますね」という表現はどうでしょうか。違和感はありませんか。 「度々(もしくは頻繁に)お見えになっていますね」という表現と、たいして違わないとお感じでしょうか。 質問3 「自分のこと、覚えてもらってますか」という表現は、もしかしたら地方の方言?のようなものでしょうか。彼の出身は岡山県です。 「覚えて下さっていますか」が正しいでしょうか。 実は、アメリカ生活が非常に長くなり、最近自分の使っている日本語に全く自信が持てなくなってしまい、やはり長年アメリカ暮らしの友人に対しても、話し言葉や敬語などについて何だか違和感があるなと思っても自信がなくて言うことが出来ません。皆さんお忙しいと存じますが、お答えいただけますでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。

  • 丁寧な言い回し教えてください。

    「体調がよくない中、わざわざお越しいただいてありがとうございます」 という言葉を、目上の人にもっと丁寧(敬語)に表現したいのですが、言葉が思い浮かびません。 特に「体調が良くない中」という部分が、他に言い方があるのでは?と思うのですが・・・ 無知で恥ずかしい限りなのですが、教えてください。

  • 敬語 『~させて頂く』?

    敬語 『~させて頂く』? 敬語の表現について質問させて頂きたいです、 という初文からなのですが、自分の行為を丁寧に表現しようとする際に使っていた 『~させていただく』という言葉についてです。 目上の方へ個人的に送る依頼の文面で このような手紙を 送らさせて頂く 郵送させて頂く 送付させて頂く … など様々考えましたが、いまいち適している表現なのか解りかねています。 ・上記の使い方は合っているでしょうか?(失礼は無いでしょうか?) ・使用してもよい、悪い場面など詳しくありますでしょうか? どちらかでも構いませんので、ご意見いただきたいです。

  • 「存じます」と「存じ上げます」について

    先日、結婚式の招待状の文面を考えていたところ、その中の 「~まことに恐縮ではございますが ご出席いただけましたら幸いに存じます。」 という文を、 「~幸いに存じ上げます」に変えた方がいいと、親戚から注意をうけました。 ・「幸いに存じます」という言い方は目上の方に対して失礼なのでしょうか? ・「存じ上げます」は、このような場合にも使用するのでしょうか? お恥ずかしいことですが、正しい敬語がわからず、 質問させていただきました。 ご教授くださいますようお願いいたします。

  • 古文について

    「お詠ませたまふ」は二重敬語ということでいいでしょうか? ノートに二方面の敬語と書いてあって自信がなくなってきました。 「おとどひめをかなしうせさせたまう」という文なんですが、  実質動作主 ひめ  主語    おとど  ということでよろしいでしょうか?    また、この文は  「おとど/ひめ/を/かなしう/せ/させ/たまふ」  「おとど/ひめ/を/かなしうせ/させ/たまふ」  どちらでとればいいんでしょうか?