• ベストアンサー
  • 困ってます

雪止めの取り付け位置

当方千葉県北部在住です。屋根をリフォームしてガルバリウム鋼板の瓦棒葺きにしました。また、省エネで雨水の有効利用(トイレなど)を行っています。今回雪が降りその状態を観察すると雪止めなしでは雨樋を超えて落下します。したがって、雪の融雪水(もったいない)も利用するため、現在雪止めをつけようと思っています。雪自体の積雪量を最大10cmとして、太陽や気温の上昇などの自然融雪を利用し、雨樋に確実に融雪水を取り込むには軒先からどの程度離れた位置に付ければ良いかアドバイス下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2436
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>自然融雪を利用し、雨樋に確実に融雪水を取り込むには… これだけが目的なら、軒の端より数センチも上であればよいでしょう。ただ、千葉県ではそれでよいかもしれませんが、雪国では大問題になります。 一般に屋根は外壁より数十センチでていますが、この外壁よりはみ出した分はとても弱いのです。外壁のいちばん上にある部材を桁と言いますが、雪国での雪止めは桁より上部にしかありません。桁より下側は積もってもすぐ落ちるようにしてあります。 私の地方でも昨年の暮れは大雪でしたが、例年以上に湿って重たい雪であっため、端の雪もなかなか落ちず、軒先を折ってしまった民家、工場、倉庫などがいくつもありました。 質問者さんの地方でも、もし、50年に1度、100年に1度の大雪になるようなことがあるとすると、軒先を折ってしまうことが考えられます。 そんなことは絶対にないとお考えなら、軒先ぎりぎりでよいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答有難うございます。私も当初外壁芯上部に取り付けることを考えていたのですが、冬季、当地域は雨(雪)が少ないため軒先分の積雪も、もったいないのです。参考になりました。

関連するQ&A

  • 雪止めアングル

    昨年夏に引渡しを受けた新築に住んでいます。 雪国に住んでいるため屋根にはボイラー式融雪システムを導入しています。 屋根には雪が落ちてこないようにトンボを90cm間隔で4~5段(今雪が積もっているので曖昧)設置されています。 実は、契約時には、軒先だけ雪止めアングル+数段のトンボという契約だったのですが、HMが間違えて施工してしまったのを先日気づいた次第です。 それでHMに問い合わせたら、HMのミスなので施工しなおしになったのですが、HMから ・軒先1段のトンボを撤去して雪止めアングル設置 ・軒先1段のトンボを増やす(45cm間隔で設置) のどちらがいいかと聞かれました。 HMはどちらでも対応可能ですが、屋根融雪があるのでトンボを増やしたほうがいろいろと雪が落ち難いのでは?とのことでした。 実際どちらのほうが雪が落ち難いのでしょうか?

  • 雪止めアングルの材質による価格差は?

    屋根の融雪アングルがMHのミスによりトンボだったので、今度軒先一段を雪止めアングルに変えてもらおうと思っています。 HMのミスなので、無料交換だと思うのですが、その際にアングルをステンレス製にしてもらおうと思っています。 もしかしたらそこで吹っかけられたら怖いので、雪止めアングルは1本あたり通常のものとステンレス製とではどのくらい価格差があるものなんでしょうか? 1本2000円とかでしょうか? それと設置の幅が8m×2面(両軒先)の16mくらいですと雪止めアングルは何本くらい必要になるんでしょうか? 差額が2万円以下くらいならステンレス製でお願いしようかと思っています。

  • 屋根の融雪 ヒーター

    和風の瓦屋根からの落雪で困っております。お知恵をお貸しください。屋根瓦には瓦自体に雪止めがついているものの、雪止めから下(雨どい)までは止める物が無いので、時間が経つと雪庇となりやがて落下してきます。この落下を防止するために「ルーフヒーター」などの融雪を考えております。雪止めから先に施工した工事写真などで効果を見ると見事に雪が解けておりますが、解けなかった部分とのそそり立った境目の雪はいずれどうなるのでしょうか?雪溶けと共にだんだんとせり出してくるのでしょうか。ご存知の方、アドバイスをお願いいたします。(積雪量は30センチ程度です。)

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • ipa222
  • ベストアンサー率20% (903/4455)

融けた水は雨と同じルートで樋に落ちますので、どこにつけても基本的には同じです。 軒の弱い部分に雪を溜めると、軒先に荷重がかかりますので、下に建物がある範囲がいいでしょうね。 ただし、雪止めの工事費と、雪解け水による水の省エネでは、雪止めの工事費の方が高くなるかもしれませんね。 簡単にやろうと思ったら、ステンレスのワイヤーを一本架け渡すだけでも止まるようですね。 取り付ける位置は、構造材(ケラバ側の母屋)にすべきですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。実は、アルミアングルは用意して有り、取り付け位置だけが疑問でした。貴方のおっしゃる通り、水の省エネは理由(我家の場合隣家、道路への落雪防止及び樋の破損保護)が有り、全て自分で工事を行わなければコストが合いません。雪止めも自分で工事するのでコストは気に成りません。ステンレスのワイヤーも別の事でアイデアがひらめきました。どうも有り難うございます。

関連するQ&A

  • 屋根瓦の雪止め

    現在、新築工事中ですが、隣の家から「雪止めは付いてないんですね」と言われました。 これは、暗に雪止めを付けてくれと言われている気がしますが、雪止めを付けることは、 どの程度効果があるのか良く理解できていません。 拙宅の地域は、雪が降るのは年に2、3回で、積雪は最大でも10cmまではいきません。 屋根は切妻の5寸勾配の平瓦で、最長5m程度勾配が続く場所があります。 また、拙宅と隣の家の境界までは1.2m程度ですが、軒先からだと50cm程度です。 そこで、質問なのですが、この条件で雪止めを付けると、雪は屋根で溶けて殆ど落ちていきませんか? それとも、雪止めを付けることで、かえって雪を堰き止めてしまって、 落ちるときは大量に纏まって落ちてしまうことは無いでしょうか? 経験者の方や、事情に明るい方のご意見をお聞かせ下さい。

  • 雪国の融雪屋根に適した屋根材は?

    新築を検討中です。 それで、雪国なので、電気式の融雪屋根を検討中です。 屋根材は、陶器瓦、ガルバリウムなどありますが、融雪屋根を前提にした場合、ガルバリウム鋼板の方が向いているんでしょうか? それとももっと適した屋根材などがあるようでしたらぜひ教えてください。

  • 屋根の雪止めアングルが注文内容と異なっていることに4ヶ月経ってから気づいた

    昨年の7/31に注文住宅の引渡しを受けました。 最近雪が降り出したので、屋根を注意してみてみたら屋根の雪止めアングルが注文内容と異なっていたことに気づきました。 実は基礎が90cmほどあり、敷地そのものが道路より50cmくらい高くなっている上に、真四角の構造のため、屋根上はかなり離れてみないと見えないので、引渡し当時はトンボが設置されている程度しかチェックしていませんでした。 複写式の打ち合わせ内容を見返すと「雪止めアングル2段を上段部分とんぼ型に変更」と明記してあるのですが、実際は、屋根には全体にとんぼが交互に屋根の中段から軒先まで設置されているだけでした。 途中をとんぼにしたのは屋根融雪を設置したために均等に雪が溶けやすくするためです。 私は雪が落ち難いように、軒先は通常の雪止めアングルを希望していました。 こういった引渡し後4ヶ月経過して気づいた仕様との違いは今更変更可能なんでしょうか? とりあえずHMは年末休暇に入っているので確認できないんですが、今更工事しなおしをさせるのは無理があるんでしょうか? 足場設置を考慮すると数十万円の工事のような気もしますが・・・・

  • 雪止め金具の設置費用

    いつもお世話になっております。 地域は千葉で、雪は年に数回降る程度でして、大して積もらない時もあります。 しかし雪が積もった時、雪がお隣さんの屋根から落ちてきて、軒下(ちょうど敷地の境界あたり)にずらっと雪の塊が出来てしまいます。 屋根に雪止めという金具をつければこの状況は改善されるでしょうか? 実はちょうどその軒下の境界付近にどうしてもフェンスをつけたいと思っておりまして(何のフェンスもなしに2mの距離でちょうど掃き出し窓がお隣と向かい合わせなので、目隠しも兼ねて)、しかし落雪の衝撃でフェンスが壊れる可能性があるのが心配なのですが、雪止めをつければそれは防げるのでしょうか。 また、つけるとしたらだいたいどのくらいの費用がかかるのでしょうか。 昔からある一般的な木造家屋で、屋根は昔ながらの瓦で勾配も普通だと思います。地面から軒先までの高さは目測で大体3.5~4m位かな?と思います。 設置したい長さは4m程です。 費用によっては、こちらで金額負担してお隣の屋根につけさせてもらおうかなと思っています。 (落雪の衝撃で壊れないフェンスをつくる方が費用がかかりそうと思いまして…) どなたかアドバイスいただけましたらありがたいです。よろしくお願いします。

  • 雪国の雨樋:ご経験をお教えください

    冬の朝にはマイナス10度くらいまで気温が下がる積雪地に住んでいる者です。片流れ屋根からテラス側の庭に雨だれが落ちるのを防ぐために雨どいをと考えています。 雪の重みによる雨といの破損は、屋根に雪止めを設置することでかなり防げるものでしょうか。取り付け位置を下げることで、破損を避けることはできるでしょうか。あるいは、雪による破損を予防できるような特殊なタイプの雨樋のご使用経験はいかがでしょうか。 雪国における雨樋についてご意見をお聞かせください。

  • 屋根の一部修繕について

    屋根の修繕について質問です。屋根は瓦なのですが一部銅版を使ってありその銅版に瓦から流れてきた雨水が長年流れてきて、最近気がついたのですが、集中的に雨水が流れていた部分の銅版に穴が開いてしまいました。(銅版は基本的に強いらしいのですが最近の酸性雨には極めて弱いようです。(築23年ですので銅版の寿命は23年未満だということでしょうか) そこで、修繕を考えているのですが、この際銅版をやめて、ガルバリウム鋼板か ステンレスにしようと考えています。業者の方はガルバリウム鋼板で十分だといわれるのですが、耐久性を」考えるとステンレスのほうがよいようですので迷っています。価格はステンレスのほうが高いようですが、修繕する部分はそんなに広くないので、どうしようか迷っています。 ガルバニウム鋼板についてインターネットで調べたのですが、サイトによってその評判がまちまちでわからなくなってしまいました。 そこで質問なのですが、ガルバニウム鋼板で本当に大丈夫でしょうか。希望としては30年持てばよいと考えています。(30年というのは私の寿命が尽きるまでの年数です) よろしくお願いします

  • 樋先から隣地境界線を超えて落雪する恐れはあるか?

    雪は年に数回、積雪量は一日平均10センチ程度しか降らない地域です。 工務店は民法218条を懸念したのか?雪止めを取り付け、 添付画像のような家を増築しました。 【質問】 軒先(雨樋含む)から隣地境界線まで302mmありますが、 隣地(駐車場)に落雪する可能性はありますか? なお、隣地境界線には、高さ120センチ・幅10センチのブロック塀があります。 【参考値】 ※軒高3240mm・3.5寸勾配・ガルバ屋根・棟から樋先まで2635mm 注)確認申請図の軒の出幅は455mmでしたが、実際は約250mmと   無断で短くされたので、隣地境界線まで507mmあります。   ここまで軒を短くする必要があったのか疑問ですが、   意匠的な問題と、軒下換気がとれないという大問題が発生しました。

  • U瓦メインテナンス専用ガルバリウム鋼板について

    コロニアル屋根の上にセキスイU瓦をのせて6年目ですでに塗装がはげています。U瓦のメインテナンス専用のカバーメタルをその上に葺くか塗装をするか迷っています。カバーメタルはガルバリウム鋼板です。鋼板にはなじみがなく耐よ年数や雨音が気になります。

  • 屋根を葺き替えてからケラバから鼻隠しに雨水が流れます

    屋根をガルバリウム鋼板に葺き替えました。 破風板、鼻隠しも塗装がはがれていたのでGL鋼板で巻いてもらいました。 施行後から、雨が降ると屋根の端(ケラバ?)から鼻隠しを伝って、角先から雨水が滴り落ちます。 雨水はGL鋼板の中を通ってはいないようです。 切り妻屋根で、四隅全てがこのような状況です。 これは仕方のないことなのでしょうか。 説明が下手ですみませんが、よろしくお願いします。

  • 陶器瓦とガルバリウム鋼板屋根

    注文住宅で業者と話を進めているのですが、話を進めているグレードの標準屋根は陶器瓦なのですが、雪国なので、瓦は・・・というと、営業の人が差額無しでガルバリウム鋼板屋根にできますよとのこと。 でも、ガルバリウム鋼板屋根は更に下のグレードの標準屋根なので、こっちって多少安くなるのでは?と思ったのですが、実際のところ、両方は同じような値段の屋根なんでしょうか? また、それぞれの特徴はどんな感じなのでしょうか? できれば雪、地震絡みの特徴を教えてもらえると幸いです。