• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ネダレスにした場合の床について

在来工法で木造3階建ての住宅を建てようとしています。 2,3階の床をネダレス工法で作ると、通常の根太ありの床と違いが出るのでしょうか? 揺れたり、たわんだり、音が響いたりしますか? 根太ありと、ネダレス、どっちが良いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#188679
noname#188679

♯2です。 根太レスにした場合、構造用合板の板厚の大きいものを採用したり梁と梁のピッチ(間隔)を狭めたりして対応するのでたわみについては心配ないと思います。 振動、音の響きについては根太ありよりもフトコロ(下階の天井から上階の床まで間)が少ない分音の伝わりがあるかもしれませんので断熱材等を充填して防音、吸音の措置をすると安心かもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度も書き込みしていただき、申し訳ありませんでした。 振動や音についても、具体的な対応策を教えていただき、ありがとうございます。 皆さんの回答から、総合的にネダレスの方が優れているようなので、ネダレスで進めようと思います。 まとめてで申し訳ありませんが、皆さんありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

木造3階建てということなので強度の点から言って 剛床ではないでしょうか。 また、2.3階だけではなく1階の床も剛床をお奨めします。 根太組みですと壁と床面の通気止め処理がなされていない事が多く 断熱面での施工不良の原因にもなります。 その点でも根太レスのほうが欠損にならずに済みます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 「通気止め」についても聞いてみます。

  • 回答No.2
noname#188679
noname#188679

根太レス工法ですと梁同士を直接構造用合板で固める為、No.1の回答者さんの言われるように剛床になり強度は上がります。 根太ありの場合ですと、梁の上に根太を敷いてその上に構造用合板等を打ち付ける為、根太の分だけ構造用合板が浮いてしまいその分強度は落ちます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 専門家さんのようなので、もう少し教えてください。 ネダレスだと板が大きくなるのですよね? たわまないのですか?

  • 回答No.1
  • yiwt
  • ベストアンサー率36% (250/694)

単純に根太を省いたら弱くなるでしょうけど、普及してきた根太レス工法の多くは、厚い(24mmから30mm)構造合板を床組みにがちがちに打ち付けるもので、剛床構造と同義に使われているようです。 大抵は強い床になるはずですから、問題ないと思います。工務店に聞いてみては?

参考URL:
http://blog.livedoor.jp/hariki/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速回答いただき、ありがとうございます。 参考URLの写真を見て、視覚的に理解することができました。(ブログも面白いです) 工務店にも確認してみます。

関連するQ&A

  • 戸建て新築の床構造について

    よろしくお願いいたします。 在来で新築予定なのですが、設計途中で元々根太工法だったものを根太レスに換えさせて欲しいと設計士から言われました。 「コスト的には根太レスの方が高いし、個人的にも根太工法の方が好きなんですけど、営業からの要望がありまして・・・」と言っています。 どうしてもというなら今のまま(根太工法)でいいと言っているのですがどっちがいいのでしょうか? 今の仕様は 【2階床(2階面から)】 フローリング合板貼り:(ア)12 構造用合板:(ア)12 根太:105x40@303 PB下地:(ア)9.5 ビニールクロス 【1階床(1階面から)】 フローリング合板貼り:(ア)12 構造用合板:(ア)12 根太:60x45@303 断熱材:押出法ポリスチレンフォーム保温板3種(ア)30 となっていますがこれを1階2階とも28ミリ合板を使った根太レスにするとのことです。 どっちがいいでしょうか???

  • 床の構造用合板がびしょ濡れです。

    在来工法で木造住宅を建築中です。(近畿地方です) 一昨日、棟上をし、昨日は筋交いを取り付けていました。 (外壁等はまだできていません) 3階のベランダに当たる部分には屋根がないため、ブルーシートで 養生がしてありましたが、不十分だったのか雪がかなり入り込んで、 1,2,3階すべての床の構造用合板に大きな水溜りができていました。 3階から2階、2階から1階へと雨漏りしている状態です。 この時期、すぐに乾くとは思えないのですが、半乾きのまま工事を 進めるのはまずいでしょうか?(床が腐るなど) 雨が吹き込むことはあると考えると、たいした問題ではないのかな とも思っていますが、不安です。 ちなみに根太無しタイプで、「ネダノン」という構造用合板を直接、 土台、大引きに固定するようになっています。 どなたか、ご回答をよろしくお願いします。

  • 床補強について

    在来木造住宅1階に書庫を設置する場合の床補強について、質問です。書庫の重量は1段当たりの耐荷重も計算するとMAXで2800kgになります。980kg/m2になります。その場合の補強方法を考えていますが、基準法では木造の床の耐荷重は180kg/m2とありますが、これは、束、大引き900ピッチ、根太(?角)300ピッチ、構造用合板1枚張りの場合の耐荷重ということでしょうか?根太のピッチを倍にした場合、耐荷重は倍になるのでしょうか?980kg/m2の場合の床補強の計算はどのように考えればいいのうでしょうか?

  • タイル張り床

    根太の上に28ミリ構造合板を張りその上にタイルを張る工法は有るのでしょうか。 或いは在来軸組み工法家屋の床にタイルを張りたい場合どの様な工法を取るのでしょうか。どなたか教えてください。

  • フローリングのきしみ・たわみ

    築17~8年の中古物件です。(現状渡しです。) 2階の床のきしみが気になります。 根太に直接フローリング(16mm)してあるそうで、素人目にもたわみが分かります。(根太の位置が分かるぐらいたわんでいます) 所々踏むとキュッキュッと言います。たまにパキッと折れたような音がするので気になります。 音がなること自体はあんまり気にしないんですが、2階なので床が抜けてしまうと怖いです。ベッドや本棚などの重い家具も置きますし。 床を修理した方がいいのですか? (床が壊れさえしなければ現状でもいいと思ってるのですが。) 木造在来工法・和風のがっしりした感じじゃなく、洋風の一般的な家です。

  • 木造2階建の2階への積載加重は360kgあります。どうしたら良いでしょうか?

    住宅でも、2階を集会室にも使うお宅で、ピアノなども置きたいご希望です。 通常住宅は180kg/m2ですが、補強というよりも、ネダレス工法で、 90*90角を@909で入れ、ア32構造用合板+ア9コンビボード+ア15フローリングではどうなのかと思案中です ネダレス工法では、どのくらいまで積載荷重が持つのか、 実績のある工務店の方や設計の方にご意見を賜りたいと思います。 計算式があるとは思いますが、私の調べた文献は古いのか、 根太工法のものなのでご存知の方がありましたら、よろしくお願いいたします。

  • 戸建て住宅の床構造

    単に”根太レス工法”と”剛床構造の根太レス工法”とはどのような違いがあるのか教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 根太レス工法の場合の床の気密シートの位置

    根太レス工法の場合の床の気密シートの位置 「在来工法+根太レス工法」で、気密住宅の場合の質問です。 気密シートを部屋に覆う場合、床の気密シートの位置は24mm厚合板の下に 施工するのが一般的ですか? 断熱材(GW)の内側に貼る気密シートとどうやって気密テープで気密する のでしょうか? 24mm厚合板の上に気密シートを施工した方が、気密テープで気密しやすいと 思うのですが、いかがですか?

  • 1階の床組みについて

    根太床工法、根太レス工法、根太レス工法(剛床)、 の3つの床工法についてご教授願います。 建物は木造2階建て、軸組工法〔基礎断熱〕 一般的には 剛床の事を根太レス工法と言っているのでしょうが、剛床でない根太レス工法はあまり意味がないものでしょうか? そもそも、時々目にする1階の根太レス工法とは剛床の事をさしているのでしょうか? 建築関係の書籍をみていますと、1階の床組みの事例として、剛床にしている場合も見かけます。 1階床は根太床にすべき、といった表記もありました。 剛床にする、しないの判断として、構造の他に考慮すべき部分があるのでしょうか? 2階からの水平力、垂直荷重は土台⇒基礎⇒地盤へと伝わるため、床は根太床とするのが一般的解釈かと思いますが、あえて剛床にする場合、どのような理由が考えられるのでしょうか? 根太レス工法のメリット・デメリットとしてよく目にしますのは、施工性がUPするとか、床下懐が高くなる事、逆に床鳴りの問題が生じるとか、配線、配管の立ち上げの問題など、いろいろあるようですが・・・? 仮に構造的な理由ではなく、上記のような理由であれば、剛床ではない根太レス工法でも良い気がします。どちらにしても、24mm以上の厚物構造用合板を使う事になるでしょうから、あまり違いはないのかもしれませんが・・・・。 せいぜい、釘ピッチ、受け材のありなしくらいでしょうか? ただ、剛床として、それなりの水平構面としての耐力(床倍率)を確保にするには、制約が多いですが、単なる根太レスでよければ、穴あけ等、自由にできますし・・・そんなレベルの発想ですが・・・・。 剛床にする構造的な理由は無いとした場合、コスト、作業性(コストにも関係) その他理由を総合的に判断した場合、必然的に、一般的な根太床工法にするのが常識的な判断となるのでしょうか? 以上よろしくお願いします。

  • 築30年の建物で床の強度が気になります。

    築30年の木造在来工法の建物ですが、2階の寝室にタンスを 置きたいのですが床がしなって重量に耐えることが 出来るのか心配になっています。 この年代の建物で床の耐荷重(kg/m2)はいくらでしょうか? よろしくお願いします。