家電修理を教わるには?

家電屋さんは当然家電の修理も出来ると思いますが、大量の新作家電が出てくる近年です。 古いのから新しい物まで修理方法は様...

OkadaRikuj さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2005-10-15 21:13:01
  • 回答No.5
OkadaRikuj レベル12

ベストアンサー率 22% (127/569)

メーカーの下請け会社でデジタル機器メンテナンスの仕事をしていたことがあります。入社して3ヶ月ほどメーカーのサービス部門に研修に行かされて、いきなり修理の仕事をやらされました。どうすればいいのか、聞けば教えてくれましたが、ちゃんとした講習はほとんど受けませんでした。

製品ごとのサービスマニュアルには分解の仕方と、回路図、部品の型番程度は書いてありましたが、修理の仕方は書いてありません。

電気製品の修理は簡単に言うと、
 1.壊さずに分解する。
 2.故障している箇所を見つける。
 3.故障している部品を取り替える。
 4.正確に元通りに組み立てる。
というもので、基本的には故障した部品の交換になります。

1,2,4はある程度、経験を積めば一般の人でもできるようになりますが、問題になるのは3で、基盤に直接ハンダ付けされているICを交換するような場合には、それ様の道具と技術が必要です。またメーカーは一般消費者には交換部品を売ってくれないのが普通なので、ジャンク品などから部品取りしたりする必要があるので、一般の消費者には家電製品の修理というのは敷居が高いです。

プロのサービスマンでも難しい故障の場合には、1台直すのに1時間以上かかったり、どうしても原因がわからないことがあります。1台直すのに1日かかっていては仕事にならないので、サービス会社ではそういうときのために『初期不良品』や『要修品』という部品取りのための在庫品を持っていたり、最近では難しい故障の場合などには、基盤を丸ごと取り替えたりすることも多いようです。

大抵のメーカーは消費者に製品を勝手に分解されるのを嫌がりますので、一般の人が家電修理の知識を得ようとすれば、やはり本やネットで提供されている情報からということになるでしょう。amazonなどで『家電 修理』というキーワードで検索すれば、いくつか家電修理に関する本が見つかるでしょう。またヤフオクでも『修理ガイド』『分解マニュアル』『サービスマニュアル』といったキーワードで検索すると、いくつかヒットすると思います。実は修理に関する情報が豊富なのはアメリカのサイトで、英語を読むのが苦にならないなら、eBayで"repair guide"というキーワードで検索すると、車やPS2、家、ハードディスク、洗濯機、PC、ゲーム機、プリンタ、デジカメなどの修理ガイドがたくさん見つかると思います。またlenovo Japan(旧IBM)は一般の消費者にも部品を販売してくれるようです。

ちなみに家電製品の故障原因で最も多いのは『広い意味での接触不良』でおそらく半分近くを占めると思います。
お礼コメント
syuitilwo

お礼率 90% (110/121)

OkadaRikujさん回答ありがとうございます。
やはりその手のお店に就職するとなんらかの講義を受ける事が出来るのですね。
しかし、いきなり三ヶ月の研修とはすごいですね。
三ヶ月みっちり仕込めばそれなりの事は出来るようになるという事なんですね。
修理の段取り、大まかな流れも詳しく回答頂きありがとうございます。
またプロの人なら、メーカーとしては…と言う点で教えて下さいましてありがとうございます。
情報入手の方法も沢山教えて頂き本当に参考になりました。
しかし、故障原因の大半が接触不良とは… あんまり難しく考えすぎてはイカンという事ですね。
この度は本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2005-10-16 02:15:37
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-
ページ先頭へ