• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

染色体と交配可能性について

当方、全くの素人です。 ヒトとチンパンジーは染色体の数が違うため、交配はできないと聞きました。 一方で、馬とロバのように、染色体数が違うのに交配できる例もありますよね? 結局のところ、染色体と交配ができる・できないの関係ってどうなんでしょうか? あらゆる生物は共通の祖先を持つはずですが、染色体数がそれほど重要であれば、進化の過程において、どうやって分岐できたのでしょうか。 また、マンモス再生計画なるものがあるそうですが、マンモスとゾウの染色体数は同じなのでしょうか。 以上、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数3448
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • ruehas
  • ベストアンサー率68% (816/1194)

こんにちは。 進化というのは、減数分裂時に起きる生殖細胞の突然変異が子孫に受継がれ、隔離・固定されるものですよね。 突然変異には「遺伝子突然変異」と「染色体突然変異」があります。前者はDNAなどの遺伝子情報が変異してしまうことで、後者は染色体の欠落や分裂などにより、その数が増減してしまう変異です。生物の進化の過程で染色体数の異なった種を分岐させたのは、こちらの「染色体突然変異」です。 異種間の動物は染色体数が違うから混血はできないと良くいわれますが、必ずしも染色体の数が違うからといって交配できないということはありません。さもなくば、染色体突然変異による染色体数の変化は起こらないということになってしまいます。ですが実際には、現在の生物は同じ系統から分岐し、染色体数の違いという進化を遂げています。 では、染色体数が違っても交配が可能であるならば、どんな合いの子でも作れるのかといえば、そんなことはありませんよね。それがより近縁で、お互いの染色体がだいたい同様の機能を持っていなければならないという条件を除くわけにはゆきません。空を飛ぶ動物と陸上を走る動物では染色体の機能が違いますから、幾らその数が同じだからといって、そのようなキメラを交配することはどうやってもできませんよね。 染色体数の違いは奇形や死産などの危険を孕んでいます。ですが、もともと突然変異というのは必ずしも種の存続に有利に働くというものではありませんよね。それがたまたま正常な機能として備わり、上手くその環境に適応するといった偶然が重ならなければ、むしろそれは障害でしかありません。 染色体数に異常を持つ精子や卵子は染色体突然変異によって幾らでも作られます。本来でしたらそれは不良品なのですが、守備良く受精して障害を乗り越えることができたならば、同種の個体群に染色体数異常の多型が出現することになります。恐らく近縁の亜種、強いては同種の変異体であるならその可能性が更に高くなるはずです。そして、それがそのときの環境に上手く適応するといった好運を得るならば、やがてマジョリティーを獲得し、新たな種が確立されるということになるのだと思います。 あと、マンモスに就いては、私にはちょっと分りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ダウン症候群の患者について

    馬の染色体は64本 ロバの染色体は62本 馬とロバを交配して出来たラバの染色体は中間の63本 そしてオスのラバに 生殖能力は無いです チンパンジーやオラウータンの染色体は48本 普通の人間の染色体は46本 ダウン症の染色体は47本 理論上は普通の人間とチンパンジーの子供は必ずダウン症候群? そして男のダウン症に生殖能力は無いです -個人的見解- 染色体の本数が問題なのではなく、遺伝子の内容が問題です。 ダウン症の方はヒトの遺伝子のすべてを持っています。 したがって当然、人間です。 染色体数にこだわりすぎてしまうのは 高校生物の教科書の記述に問題があります。 だいたい昔は「ヒトは48本」と書いてあった程です。 ダウン症候群患者の差別に疑問を感じ質問があります ダウン症候群患者を差別する輩は人として、おかしいし恥ずべき行為だと思うのですが 皆様は、どう、お考えでしょうか?

  • ダウン症候群の患者について

    馬の染色体は64本 ロバの染色体は62本 馬とロバを交配して出来たラバの染色体は中間の63本 そしてオスのラバに 生殖能力は無いです チンパンジーやオラウータンの染色体は48本 普通の人間の染色体は46本 ダウン症の染色体は47本 理論上は普通の人間とチンパンジーの子供は必ずダウン症候群? そして男のダウン症に生殖能力は無いです -個人的見解- 染色体の本数が問題なのではなく、遺伝子の内容が問題です。 ダウン症の方はヒトの遺伝子のすべてを持っています。 したがって当然、人間です。 染色体数にこだわりすぎてしまうのは 高校生物の教科書の記述に問題があります。 だいたい昔は「ヒトは48本」と書いてあった程です。 ダウン症候群患者の差別に疑問を感じ質問があります ダウン症候群患者を差別する輩は人として、おかしいし恥ずべき行為だと思うのですが 皆様は、どう、お考えでしょうか?

  • 進化の過程での染色体の差について

    人間の染色体数は46で、類人猿は48です。共通の祖先を持つとすれば、その過程で染色体数の異なる個体が発生したと思いますが、通常染色体数が異なると、子孫を作ることができませんし、奇数となった次世代は、それを保持することができません。 このような不都合はどう解釈したらよいのでしょうか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

染色体数の違いだけが交配の成否を決めているわけではありません。 ヒトとチンパンジーの雑種が誕生しない理由は染色体数だけの問題ではなく、生物が持っている“種の独自性”を守るための様々な防御機構によって裏打ちされています。 そういう仕組みは、染色体レベルであったり、遺伝子レベルであったり、細胞レベルであったり、色々です。詳細を書き出すとキリが無いので、ここでは「交配できる・できないの関係は、必ずしも染色体数だけでは説明できない」という回答ではいかがでしょうか。 御興味があれば詳細を調べてみると面白いと思いますので、キーワードだけ御紹介しておきます。「種の独自性」「雑種」「対立遺伝子」「ホモ接合」「ヘテロ接合」「ゲノムインプリンティング」「相同染色体の対合不全」等々。 4輪自動車と2輪バイクを組み合わせたら3輪車ができた、というように単純な事では無いようです。 > 進化の過程において、どうやって分岐できたのでしょうか。 これも理由は多岐に渡ります。突然変異、雑種、倍数化、雑種発生など。 生物の複雑な仕組みや偶然的な事件が長い地球の歴史で繰り返された結果、生命の進化や分岐が起こっています。 > マンモスとゾウの染色体数は同じなのでしょうか。 ゾウにも色んな種類がいます。 マンモスとインドゾウの遺伝的な差は、インドゾウとアフリカゾウの差よりも大きい、と聞いた事があります。どの程度の差まで許容されるのかについては、明確な方程式があるわけではなく、実際にやってみないと分からない、というのが現在のレベルのようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >「交配できる・できないの関係は、必ずしも染色体数だけでは説明できない」という回答ではいかがでしょうか。 ちょっとスッキリしました。生物と進化については、まだまだ未知の部分が多く、交配親和性についてもキッチリ線を引けないということですね。 ご紹介いただいたキーワードについては、ちょっとずつ調べています。

  • 回答No.3

染色体数の違いは、雑種が生まれないことの主要な理由ではありません(雑種ができた場合、不妊であることの理由のひとつではありますが)。 異種間で受精が起こった場合、致死になるのが種間の壁になっているのを、交尾後生殖隔離(post-mating reproductive isolation)と総称しますが、そのメカニズムは種によっていろいろで、遺伝子レベル、分子レベルできっちり解明されている例はほとんど(全く?)ないと思います。 はっきりしていることは、染色体の不一致だけがその理由ではないということで、たとえば 近縁種AとBの交雑で、AのメスとBのオスを交雑すると雑種が生じるが、逆だと生じないというような例があります。どっちの交雑も染色体の構成は変わらないわけですが、こういうことがおこる、ということは卵の細胞質と精子の染色体の不和合がかかわっているということを示唆します(もうひとつ、性染色体の違いのみがかかわっている可能性もあります)。 雑種は産仔数の現象や不妊を招くので、頻繁に生じるようだと種の衰退を招きます。進化の上で雑種が頻繁に起こるような集団は淘汰されてきたと考えられます。 逆に言うと、現存種はあの手この手で雑種ができないような機構を進化させてきたわけで、染色体の不一致というひとつの理由に帰着しないのは当然といえましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 単純に自分のコピーを残すわけでもなく、遠すぎる種と交わるわけにもいかず・・・というのは進化のジレンマなのかもしれませんね。

  • 回答No.1
  • 1fan9
  • ベストアンサー率33% (209/622)

遺伝情報が大体同じなら、染色体数が異なっても交配可能となります。 染色体数が異なっていても、2種生物間の遺伝子の種類がほとんど違わない場合、交配可能ということです。 逆に遺伝情報がだいぶ違ったら染色体数が同じでも交配不可能となります。 当然ヒトと同じ染色体をもつ他の現存する生物間で交配なんてできませんよね。 極端な話、まったく同じ遺伝子をもっている生物がいたとして、その染色体の数が異なっている場合、遺伝子はほぼ同様に機能するかもしれません。つまり、染色体というものには、ただたくさんある遺伝子群を区切るだけのものという意味合いが多いかもしれません。 ある生物のゲノムとか見る場合、染色体を全部つなげたようにしてみる訳ですよね…? ただしたとえ2種生物間で染色体の情報が似ていてうまく雑種第1代ができたとしてもそいつはうまく減数分裂を起こせませんので、それ以上子孫は残せません(雑種第二代ができたらそれは親が同種であるでしょう)。 チンパンジーとヒトは交配可能な可能性が高いですが、実験すること自体タブー視されているだけでしょう(ヒトとチンパンジーは「科」レベルまで違いますが、人為的な分類なのでそこまで遺伝的差異はないでしょう)。マンモスと今いるゾウの染色体に関しては存じてませんすいません。 染色体の数が異なるのは、多分ある生物の祖先種が減数分裂などで失敗して違う染色体数のものができたのではないでしょうか。染色体は突然変異が起こる過程では、くっついたり離れたりするものでしょうから。 まとまってなくてすいません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございます。 子孫が残せないというのも、確率的にはできることもあるから、進化の過程で染色体がくっついたり離れたりしてきたことも説明できる、と解釈していいんでしょうか?

関連するQ&A

  • 染色体数の変化の起因は

    ヒトの染色体数は23対ですが、類人猿は24対。植物ははるかに多いようです。当然少ない生物もいます。 どのような場合に染色体数は変化するのですか。突然変異とは無関係と思いますが、何か関係がありますか。

  • 進化の過程で染色体数が変化する時

     我々人間を含めあらゆる生物が世代を重ねる度に少しずつ形態を変化させてゆき、いつしか新しい種に進化するとして、  いくら少しずつ形態を変化していってもいつしか染色体数に変更がされる 世代と世代の境があると思うのです。  例えば2n=30の染色体数をの生物はいくら世代を重ねても基本的にその数は変わらないですが、でも進化の過程で染色体数がが変化する場合があるはずですからその時は ・・(2n=30)→(2n=30)→(2n=30)→(2n=30)→(2n=30)→(2n=32)→(2n=32)→(2n=32)→(2n=32)→・・・ となると思うのですが、  どうもその時のイメージがうまく出来ません。 (1)ある時、一組の番いから子供が産ま。その子供が両親と染色体数が違っていた。しかしその子には立派に繁殖能力が備わっていた。 (2) でも、いくらその子に繁殖能力があるとはいえ、その子の配偶者はいったい どこから現れるのか (1)と(2)が私にとっての謎ですが、(1)のような事はありえるのか?(2)その子の配偶者はどうやって見つけるのか? 生物学ではどのように考えられているのでしょうか? ご存知の方よろしくお願いいたします。

  • ショウジョウバエの染色体の現象について

    ヒトは、性染色体として、女性は2本のX染色体を、男性はX染色体とY染色体を1本ずつ持っている。X染色体上には細胞の生存にとって重要な遺伝子が多く存在するが、女性の場合、X染色体の1本が強く凝縮された状態をとる。一方、ショウジョウバエは、メスは2本のX染色体を、オスはX染色体とY染色体を一本ずつ持っているが、オスのX染色体は、メスのX染色体と比較して、より脱凝縮した状態となっている。これらの現象が、どのような生物学的意義を持っていると考えられますか? 推測でもかまいません。 よろしくお願いします。

  • ゲノム・染色体・核相・・・わからないです

    長くなるのですが、回答お願いいたします。 今高校2年生で生物を習っています。 「ヒトのゲノムサイズは染色体が23種類あるのでn=23と表す。 これが1セットで、ゲノムは2セットあるため2n=46となる。」 と書かれた文章を読みました。 染色体数は23であって、ゲノムはn=23? 染色体数はn=23ではないということでしょうか。 今一番分からないのが核相で、 核相もセットのことだと参考書に書いてありました。 (ゲノムとの違いを分かりやすくするため、核相はnではなくNを使っていました) ゲノムと核相の違いがいまいち分かりません。 その違いを説明している部分で (体細胞分裂のところに書いてありました。n=2の場合だと思います) ・G2期になったとき  ゲノムはn=2が2セットあるから2n=4  核相は染色体が2本あり、染色体1セットだからN=2 このとき、核相において染色体は1セットとあるのですが 染色体は2セットではないのですか? ゲノムは2セットあるのに核相は1セットしかないのですか? また、次に  ゲノムn=2が4セットあるから4n=8  染色体のセットN=2が2セットあるので2N=4 と書いてあります。 ゲノムは細胞内で4セットになることはあるのでしょうか。 G2期のあとは前期であって、4セットになるのはおかしくないですか? また、体細胞分裂において 間期のときに染色体はまだ1本ですよね? 前期のときに染色分体となりますが、まだ染色体は1本。 後期のときにやっと染色体が2本になる・・・ 減数分裂のときは違うのでしょうか。 「減数分裂では、間期の間に染色体が複製され4n=8になり 後期で相同染色体が分離する」 と書かれていました。 間期のときに既に染色体は複製されている=染色体が2本になる という解釈をしていいのでしょうか。 参考書には G1 ゲノム:2n=4、染色体数:4、核相:2N G2 ゲノム:4n=8、染色体数:4、核相:2N と書かれています。 染色体数が変わらないのに、なぜゲノムが変わっているのか・・・ ゲノムと核相のところにも書いているのですが、 4n=8は一体どこでどうなっているのでしょうか? 分かりにくい上に長い文章で申し訳ありませんが、 回答お願いいたします。

  • 突然変異→進化?

    チンパンジーってヒトと遺伝的に近いって言われていますよね?チンパンジーが染色体48本でヒトが46本。確か、転座が起こって46本になったと考えられていたと思いますが、、 同じように染色体突然変異が進化の要因になる可能性や条件ってどんなのがありますか?漠然としていてすいません。。

  • 大進化と染色体数について

     サルとヒトとでは染色体数が異なっていますが、それは既存の進化諸説によって、説明できるのでしょうか?(トリソミーや倍数体の理屈で考えることが出来るのでしょうか) サルからヒトへの進化に関して、染色体数のことを考えてみると、ネオテニー説やホモ・アクエリアス説はそれのみでは違いを説明できないと思うのです。 それと、ツングースカ大爆発と突然変異の関連について何か述べている書籍がありましたらお願いします。 (私は『21世紀知の挑戦』(立花隆)でそれを知ったのですが、それ以外では皆目見当たりません。) こちらもおそらく進化に関係があると思うのですが、いかがでしょうか。

  • 「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」、何れが強者?

    「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」、何れが強者? 「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」は共通で、サルだったといいます。 また、アフリカの森林の後退が原因となって平原に降りたサルがヒトに進化したのだとも言います。 さて、私見です。 一般に、野生にあっては環境が悪化したとき、既得権を強者は保持できますが弱者は放棄させられるのだと思います。この考えからすると強者は森林に残り、弱者は平原に追放されたことになります。よって、ヒトの祖先となったサルの群れはチンパンジーの祖先となったサルの群れより非力だったことになります。 また、こうも考えます。非力で軟弱な群れは閉じ込められる形で森林に残り、積極果敢で豪胆な群れは森林を見限る形で平原へ降りたと。こちらの考えによればヒトの祖先となったサルの群れはチンパンジーの祖先となったサルの群れより優勢だったことになります。 生物学の見地からすると何れの推理が妥当ですか。どちらも的外れですか。 よろしくお願いします。

  • 人間とチンパンジーの間に子供はできるか。

    人間とゴリラやチンパンジーとハーフはできますか。 ただし染色体の数が違うタンパク質のアミノ酸配列が違うや論理的に無理という答えはなしにしてください。 理由ロバは染色体が62本ウマは染色体が64本と本数が違うのにラバという雑種ができます。 タンパク質のアミノ酸配列を比較するという方法でそれぞれの類縁の近さを推定してみると、何と! ロバとウマの関係よりも、人間とチンパンジーの関係の方が、はるかに近いということがわかるのです。 それだけでなく、人間とゴリラの関係も、ロバとウマの関係よりも近い……。 ちなみに、調べられたのは以下の5種類のタンパク質です。 チトクロームC、ヘモグロビンα鎖、ヘモグロビンβ、フィブリノペプチドA、フィブリノペプチドB。いずれも呼吸や血液中の酸素の運搬などに関係するものです 以上の事柄から染色体とタンパク質のアミノ酸配列意外の理由で答えてください。

  • ヒトの誕生について

    人間とサルの祖先は共通だと思いますが、 何が原因でヒトに分岐したんでしょうか。 この先、いつまで経っても、サルが人間に 進化することはありません。サルの祖先も 人間の祖先も元をたどれば同じなのに。 何が運命を分けてしまったんでしょうか。

  • ヒト染色体の縞模様について教えてください

    ヒト染色体の縞模様について教えてください。 初期流産3回経験で、3回目流産について絨毛染色体検査を行ったところ、正常女性の核型でした。 このため、胎児が真に正常女児であったのか、絨毛の洗浄不足により母体血液が混入して培養で母体細胞が生存競争に勝った結果なのか判別できないと主治医に言われました。 夫婦染色体検査は行い、現在結果待ちです。 この場合、母親の染色体検査結果と絨毛染色体検査結果を突き合わせれば、同一者のものか、別のものか容易に区別できるのでしょうか。 染色体の縞模様は一人一人全員違うのでしょうか。それとも縞模様レベルでは鑑別できないのでしょうか。 胎児が正常であったのか、不明なのかは、不育症の原因を調べる過程で重要な意味を持っており、母体に今のところ原因が見つからないからと言って、絨毛染色体検査が正しくなかったのだろう、と推測することに疑問を感じています。