• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」、何れが強者?

「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」、何れが強者? 「ヒトの祖先」と「チンパンジーの祖先」は共通で、サルだったといいます。 また、アフリカの森林の後退が原因となって平原に降りたサルがヒトに進化したのだとも言います。 さて、私見です。 一般に、野生にあっては環境が悪化したとき、既得権を強者は保持できますが弱者は放棄させられるのだと思います。この考えからすると強者は森林に残り、弱者は平原に追放されたことになります。よって、ヒトの祖先となったサルの群れはチンパンジーの祖先となったサルの群れより非力だったことになります。 また、こうも考えます。非力で軟弱な群れは閉じ込められる形で森林に残り、積極果敢で豪胆な群れは森林を見限る形で平原へ降りたと。こちらの考えによればヒトの祖先となったサルの群れはチンパンジーの祖先となったサルの群れより優勢だったことになります。 生物学の見地からすると何れの推理が妥当ですか。どちらも的外れですか。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数469
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

まあサルの生態からすると、群れの力の弱いほうが追い出されたと考えるのが自然なように思います。 まあ弱い群れというのが何を意味するのかはわかりません。 たまたま森野外側に位置したため、徐々に群れが弱っただけかもしれませんし。 そのなかで平原に適応できたものが生き残ったということでしょう。 森林が全て駄目になるわけではないので、森林を見限るといった考えはちょっと理解できません。 世代交代するときに親の世代が新しい土地を求めて移動する生き物はいます。 ただサルの場合ほとんどの種で、基本的に群れの血統的な主体となるメスは群れを移動しないので、群れが新しい土地を探しに能動的に出て行くといった行動様式はちょっと想像がつかないです。 ナイルワニなどは、数が増えすぎると若い弱い固体が海の沿岸を泳ぎ別の河を探すらしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

森林の後退が関係しているというのですから棲息密度が適正値を超えた瞬間を考えればよい訳で、動物の習性に明るい方は何がしかの見解をおもちなのだと思い質問しました。 非力な群が森林から、はみだす形で平原へ降りるのだろうと推測するものの、肉食を好んでいれば強力な群が狩りのために積極的に平原へ降りるなどという事情がありはしまいかとも考えていました。 第一感としては非力な群が森林から出ると考えるのが妥当なのだと判りました。 何やら説教の好きな人は、弱い者がよりよく進化するという教訓話にでも使えそうです。 有り難うございました。数日待ってNO.5以下が寄せられなければ締め切ろうと思います。

関連するQ&A

  • 人類の祖先の肌色は?

    人類の祖先の肌色は? アフリカを旅立ったヒトがニューギニア界隈に到達したのは今から100万年程前で、この頃は200フィートも海面が低くユーラシア大陸と地続きであったからだとの説があります。この説に従うと、この頃は氷河期の真っ最中です。だとすると、今日のニューギニア界隈の肌の黒い人々の祖先も、現在よりずっと白かったと考えるのが自然に思えます。 また、ヒト誕生の経緯には、こういう説があります。地球寒冷化による森林の後退が樹上生活をしていた人類の祖先に対して平原に降りることを促し、これが二足歩行の切っ掛けになった。この説に従えば、当時のヒトの肌は黒くなかった理屈になります。 衣食住が貧弱なために気候の影響を今日とは比べようもなく大きく受け、しかも医療のない環境では肌の色は大問題だったと思います。今日ですら北欧人の肌の白さを気候で説明しているのですから、氷河期に肌が黒くては骨が成長できなかったと推理します。ニューギニアの人々ばかりでなく、人類は全て肌の白い時代があったと想像するのですが考え違いがありますか。 よろしくお願いします。 

  • 進化論か創造説か?

    以前、世界史の授業で、アウストラロピテクスやクロマニョン人などの化石や発見された場所、発見者などについて学びました。 そして、類人猿→原人→新人→現代人と言う風に進化していったと教わりましたが、アウストラロピテクスはただのチンパンジー(もしくはその祖先か絶滅種)でその真下から人間の(祖先の)骨が見つかった。という話を、テレビか本か忘れましたが、聞いた事があります。 同じように、ジャワ原人や北京原人もただのサルだと言う事でした。って事は、それらの時代には既に、サルと人間は共通の祖先から分化しており、共存していたと言う事ですよね? 何故授業で嘘を教えるのか?それはともかく、ではヒトの進化の過程はどこまで解明されているのでしょうか? サルと人間が分かれる寸前の化石とか、分かれた直後の化石とかはないのでしょうか?または、サルが今の形以前はどんな形をしていたのか。私が知らないだけかもしれませんが。古すぎて、下の方の地層にあるため、発掘が困難なのでしょうか?DNAレベルでは解明されていますか? ダーウィンの進化論は20年以上も前に学会で(正式に?)否定され、それにかわる新たな進化論も疑問だらけという話を聞いた事があります。 私は高校生で、別にキリスト教信者ではないのですが、このようなミッシングリンクがあり、それを説明できない以上、仮に信者ではない、良識ある一般の人でも創造説を信じる気持ちも分かります。私自身はどっちを信じようか、それとも有神論的進化論とか、その他にもいろいろ説はあると思いますので、迷っています。 全くの無知なもので、見当違いのことを言っているかもしれませんが、何でもいいのでご解答・アドバイス下さい。

  • ヒトとチンパンジーのゲノムの違い

    2002年の7月頃に出版された雑誌を先日 見たところ、「ヒトとチンパンジーのゲノムの 違いは1%程度と推定されている」と書かれて いました。 この文章をもう少し詳細にして、 「ヒトとチンパンジーのエキソンの違いは  約○○%程度と推定されている」と表現したい のですが、○○の部分を調べることができません。 知っていましたら教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

個体あるいは群レベルで、環境の変化を予測し、より適応した環境を優位な個体あるいは群レベルで取得する行動を取るか? という質問に言い換えられると思います。 環境の予測はできません。 No2の方が指摘しているように、種の変化を促すような環境変化の時間は、個体や群レベルが生存している時間とは桁が違います。100万年後に、アフリカ大地溝帯の西が環境変化せず、東が乾燥して環境変化するなんてのを予測することは、不可能です。 アメリカ大陸に現生人類が移動したは、そこに巨大大陸があって、狩猟しほうだいだ!と予測して移動したのではなく、すぐそこの目の前の東側に、ケダモノが居るので、追っていっただけのはなし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いいえ、言い換えられないと思います。NO.1の補足欄をお読みになって、こういうご返事が戻ってきたのは少々意外でした。 NO.1の補足欄で「二手に分かれて」と言っています。一手は森林の後退と共に移動した群です。これは環境に支配されている結果であって将来を予測した行動ではありません。この群については私の理解もtanuki4uさんの理解も共通していて問題がないのだと思います。 さて、問題となるのは『もしも、全ての群が「森林は勝手に後退しろ。我々は断固、此処に留まるぞ」といって、平原に残ったというのであれば、それはそれで納得できます。』、この部分でしょう。ここでは「もしも」と言っています。NO.1が正しいものとして読むためには、こうとでも受けとるしかないと延べているに過ぎません。 親切心が動機で色々と調べてご返事を下さっているのはよく分かります。また、現在でも依然としてNO.1は正しいのかも知れないとも思っています。ただ、tanuki4uさんのお書きになった文章だけからは私には通じないと申しているだけです。NO.2の点線以下も併せてご覧下さると有り難いです。

  • 回答No.2
  • temtem1
  • ベストアンサー率40% (106/260)

>>乾燥は一夜にした実現したのではなく序々に進行した訳ですね。だとすると、後退する森林内に留まって森林と共に移動したサルの群と、移動せず平原に残ったサルの群とに分かれたのではありませんか。その際、何か理由があって二手に分かれたのだと思います。この理由を知りたいということこそが質問です。もしも、全ての群が「森林は勝手に後退しろ。我々は断固、此処に留まるぞ」といって、平原に残ったというのであれば、それはそれで納得できます。しかし、序々に森林が後退したであろうことを考えると動物の習性として全ての群が移動しなかったとは、私には考え難いです。 進化というのは非常に長いスパンによって起きるので、一口にこうだ、と言い切ることは難しいです。 質問者さまは単純に、人間の祖先が強かった、あるいは弱かったから、ということが知りたいようですが、少々安直と言わざるを得ません。 森林が後退といっても実際にただ後退しただけでなく、面積や植生は様々な変化をその時代時代で起こしてきたと考えられます。 例えば陸の孤島のごとく、森の一部がある地点に取り残されて、それが減少していき、消えてしまった可能性もあります。そうなればそこに住んでいた群れは嫌がおうにも森の外での生活に順応せざるを得なかったでしょう。 そして、同時に人の祖先の数や分布も変化してきたと思います。 猿の群れは常に集合するわけではなく、ある程度の数になれば群れは分裂します。人の祖先にもそうした習性があった可能性はあります。 分裂した一群が新しい餌場を求めて森の外縁部で生活を始め、そこの生活に順応して数を増やした結果、また分裂した群れの一部が森の外に餌場を求めて動いて行った可能性もあります。 ただしそのスパンは数千年とかレベルと考えられますので、単純に弱くて追い出された、とか、逆に強いのでどこまでも移動した、とは一口には分かりません。 ただ、最初のきっかけはそうしたことがありえたかもしれませんが。 結果的にそうして少しずつ生活の距離や範囲が外れた結果、それぞれが独自の進化を遂げていき、長い時間の中で繁殖不可能な別種として分かれていったと考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>質問者さまは単純に、人間の祖先が強かった、あるいは弱かったから、ということが知りたいようですが、少々安直と言わざるを得ません。<< この部分を除いて概論としては、全文に亘り全て納得できます。疑義は何もありません。よく分かりました。 有り難うございました。 除いた部分に触れておきます。私の理解では、質問文は「ヒトの祖先はチンパンジーの祖先よりも非力であった。」、「ヒトの祖先はチンパンジーの祖先よりも優勢であった。」、「どちらの推測も的外れである。」、この3者に重心が均等に乗っていて、前2者のどちらであるかを知りたがっているとの文章には読めません。但し、一般論として表現力と読解力は、しばしば独善に陥り易いので己に落ち度があるのを見過ごしがちなのは自認しています。 temtem1さんの表現を拝借すれば、「回答者さまの質問文の読み方は、少々安直と言わざるを得ません。」と、今は申しておきます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 質問する立場でいうと、質問の前と後とで、知識も増えない、思考の手掛かりも増えない、というのは少々残念です。私の念頭にあることを記しておきます。 言わば、「ヒトの祖先誕生概論」、「ヒトの祖先誕生通史」とでも題して、落ち度のない解説を書くとすれば、ご回答のようになろうかと思います。これはこれで勿論結構です。 しかし、この質問に応えようという方々は「ヒトの祖先誕生」が視野にあって、且つ「化石」、「サルの生態」、「霊長類の生態」などに造詣が深いのだと思います。こういう方々がこの質問文を読めば、この質問はある瞬間を問題にしているのを察知してくれるのだと思います。つまり、乾燥による森林の後退というのであれば、森林面積は段階的に減少するのではなく連続的に減少する筈です。であれば、森林後退過程の何処かでサルの棲息密度が適正値を超えた瞬間(時期、期間)があると考えるのが自然に思えます。 この時、サル社会が如何なる対応をしたかの仮説を求めている訳です。理屈抜きに直感がよく働き、しかも、しばしばこの直感が正しくて、(密かに)仮説を立て、仮説が真であるのを証明しようとして活動なさるのが自然科学畑の優れた研究者でしょうから、専門知識の所有者は何らかの仮説をもっているのだと推測します。防衛のためなのか、狩りのためなのか、はたまた全く別の理由に因るのか。 平原で両手に棍棒なり石なりをもつ必要に迫られたのは如何なる群なのか、専門知識の所有者はどんな可能性を予測されているのか、垣間見たいものだと思っています。これで真意が伝わるや否や少々心配しています。

  • 回答No.1
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

乾燥化が進んだ 森林の東にいたのがヒトの先祖になり、乾燥化が進まなかった西に住んでいたのがチンパンジーの先祖になったのであって、弱者だ強者だが理由で草原に住むことになった、森林に残ったということではありません。 チンパンジーとボノボの違いは、コンゴ川のあっちにいたかこっちにいたかの違い。 http://www.nationalgeographic.co.jp/animals/mammals/chimpanzee.html チンパンジーの生息地域 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Bonobo_distribution.PNG ボノボの生息地域 チンパンジーの生息分布で 右のほう 半円形にへこんでいるのがコンゴ川にあたります。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:CongoLualaba_watershed_topo.png そのコンゴ川の南側にボノボは住んでいます。 チンパンジーとボノボの違いは、コンゴ川の北岸と南岸の環境の違いによるものであって、ボノボだからコンゴ川の南に移動したとかという話ではない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

正しいことが述べられているのかも知れませんが、この文面からは理解できませんでした。 >>乾燥化が進んだ 森林の東にいたのがヒトの先祖になり、乾燥化が進まなかった西に住んでいたのがチンパンジーの先祖になったのであって、<< >>>乾燥化が進まなかった西に住んでいたのがチンパンジーの先祖になったのであって<<<、この部分については正しいのであれば私は質問する立場ですから異存ありません。正しいのでしょう。 >>>乾燥化が進んだ 森林の東にいたのがヒトの先祖になり<<<、この部分が分かりませんでした。 乾燥は一夜にした実現したのではなく序々に進行した訳ですね。だとすると、後退する森林内に留まって森林と共に移動したサルの群と、移動せず平原に残ったサルの群とに分かれたのではありませんか。その際、何か理由があって二手に分かれたのだと思います。この理由を知りたいということこそが質問です。もしも、全ての群が「森林は勝手に後退しろ。我々は断固、此処に留まるぞ」といって、平原に残ったというのであれば、それはそれで納得できます。しかし、序々に森林が後退したであろうことを考えると動物の習性として全ての群が移動しなかったとは、私には考え難いです。 「否、全ての群れが留まったのだ」とのご見解のときは、その旨のご返事が頂けると、このご回答の文意がはっきりして有り難いです。読解力がなくて済みません。 なお、質問文に「チンパンジーの祖先」とあるのは「ボノボの祖先」、「ゴリラの祖先」、「ヒト以外の霊長類の祖先」など何で置き換えても結構です。「ヒト以外の霊長類の祖先」とするべきを、安直に「チンパンジーの祖先」としただけのことです。

関連するQ&A

  • ミッシング・リンク(失われた環・鎖)とは

    はじめまして 先日読んだ本で「はて?」と思ったことを 質問させて頂きます。 「ミッシング・リンク」とはWikipediaでは 生物学におけるミッシングリンク 生物を扱う分野において、ミッシングリンク(失われた環/鎖)とは、発見されていない中間形の化石のことをいう。 最も代表的な例は、類人猿の化石である。 人間はサルの祖先から分岐し進化したという考えは現代では広く受け入れられた定説であるが、ダーウィンが進化論を発表した当時は、その進化があったことを裏付けるサルと人類の中間の化石が発見されていなかった。ダーウィンは、1871年に発表した著書の中で「将来、必ずヒトとサルを結ぶミッシングリンクが発見されるに違いない」と述べており、その後の発掘調査により、猿人(アウストラロピテクス)、ジャワ原人やペキン原人(ピテカントロプスやシナントロプス)、旧人(ネアンデルタール人)、新人(クロマニヨン人)などミッシングリンクを埋まる化石が次々と発見された。現在残っているのは猿人アウストラロピテクスとサルをつなぐミッシングリンクである。 とありますが、この「環」と「鎖」では、「わっか」と「1本」のちがいくらい 意味合いが違うように思えます。 進化は枝分かれして真っ直ぐな鎖の様になっています(先端は進行形) しかし「環」だとすると、人類と何かがくっついている(わっか) の様に聞こえます。 何故「失われた・環」なのですか?

  • ペットを飼うと云う事は人間のエゴでしょうか。

    先ず、私は動物愛護だとかの考えに基づき書き込むのではないと言っておきます。 最近テレビで、東日本大震災で行き別れた犬に再開すると云う、 心温まるお話を見ました。 一見、心温まるお話ですが、その飼い主は家族同然に買っていた犬の事を 「飼っている」だとか「飼っていて」良かったと言いました。 ここで、「家族」に「飼う」はないだろうと。 人類の歴史を遡れば、愛玩としての動物は古くから飼われていたようですが、 それらは所詮、(極端に云えば)玩具であり、余暇やストレスからの開放の為の道具に過ぎないと考えます。 交配など云い出せば切りがありませんので取り上げませんが、 単なるヒトのエゴではないでしょうか? 有名な哲学用語に「ルサンチマン」と云う考え方があります。 弱者が強者に対しての恨み・妬み等を指す言葉として翻訳されていますが、 人間はそのルサンチマンのはけ口(まだ自分より下がいるんだと云う優越感)に動物を選び昇華させているのではないでしょうか? 奴隷貿易と似たような感覚で、 ヒエラルキーの最下層に動物を置くことで、アイデンティティを保っているのでしょうか? 私はこう云う考えをもってから、動物を飼うことにすごく抵抗が出来ました。 しかし牛肉もクジラも食べますし、陳腐な動物愛護ではありません。 長文になりましたが、皆さまの考えをお聞かせ下さい。 また、私の上記捉え方が違うのであればお聞かせ下さい。 よろしくお願いします。

  • ヒト乳幼児とチンパンジー乳幼児

    大学で物理を専攻してるのですが、選択授業の心理学で、レポート課題の1つに<ヒト乳幼児とチンパンジー乳幼児の類似点と相違点をあげよ>というのがありました。解る方解答よろしくお願いしますm(_ _)m

  • サルはヒトの祖先はある意味正しい?

    よく「ヒトとサルは共通の祖先を持つ」というのが正解と言いますが その「ヒトとサルとの共通祖先」というのは 別にネズミとかウサギではなく 結局、昔の霊長目に属する生き物だったわけですよね? ならば、その生き物は「サル」としか言い様がないのではないですか? 少なくとも現代人が見たら確実に「サル」と表現する生き物だったわけでしょ? ならば「サルはヒトの祖先」 もしくは「サルが進化して人になった」は それはそれで正しいと思うんですけど?

  • ヒトの卵子とチンパンジーの精子は交配可能か?可能だとしたら?

    みなさんこんにちは。 タイトルの通りですが、ヒトの卵子(精子)とチンパンジーの精子(卵子)は交配(受精)可能でしょうか? 不可能だとしたら根拠を教えてください。 ただし、生命科学上の倫理問題はここでは一切無視するものとします。 また、もし交配可能だとしたら、どんなヒト(チンパンジー)が 生まれてくるのでしょうか? 知能レベルは? 大変興味があります。 どうぞよろしくお願いします。

  • この問題が解ける強者はいませんか?

    自然数nと正の数tに対して、fn(t)=∫(1→n)1/x|logt/x|dxとおく。 (1)各nに対して、1以上n未満のtにおけるfn(t)の最大値Anと最小値Bnを求めよ。 (2)lim(n→∞)(An+1-An)を求めよ。ただし、lim(x→∞)log/x=0は用いてよい。 (注)問題文のnは前の英語の下の部分につきます。 おねがいします。

  • Re: ヒトの祖先のディナーメニュー

    「ヒトの祖先のディナーメニュー 2012/07/31 19:16のご質問を開けたままにしていて、、回答を書いたら、ご質問が見当たらなくなりました。  和訳に自信が無く、皆さまからの間違い指摘や、添削を仰ぎたく存じます。よろしくお願い申し上げます。 (1)The term australopithecine refers informally to species in the Australopithecus and Paranthropus genera, 「『アウストラロピテクス(という名詞・形容詞)』は略式名称で、アウストラロピテクス属とパラントロプス属を指す。」  australopithecineが略称ですね。パラントロプスがアウストラロピテクスと別種と分かったので、学名的には別々に名称があるけれど、一般名称としてはまとめてアウストラロピテクスのままということでしょうか。その二つ以外にも含まれるものがあるようです。 >(2)The findings also place Au.sediba as feeding in ways simiilar to Ardipitheus ramidus, an earlier hominin species from 4.4 million years ago that probably also fed in savannah woodland interspersed with forest patches and grassland, just as has been hypothesized for the first hominins. 「この知見は、次のことも物語る。440万年前、サバンナ地帯には草地に木が点在している森があちこちにあり、初期のヒト科であるアルディピテクス・ラミドゥスは、そこを餌場としていた。その後に出てきたアウストラロピテクス・セディバも、よく似た方法で食糧を得ていた。これは、最初のヒト科についての仮説とはなって、まだ間もない。」  place A as Bで「AをBと突き止める」。  just as (it) has beenで、省略されたitがそこまでを指していると解釈しても、asが関係代名詞として、そこまでを受けているとしても、意味理解としてはOKでしょう。このasは、時のasでしょう。just asと完了形や過去形で「ちょうど~したばかり」。  homininはhominidaeの異表記で、ヒト族という訳語もありますが、学問分類ではヒト科のほうだと思われます。 >(3)It also brings into question our understanding of the evolution of bipedalism ― another trait that is thought of as being fundamentally human. 「それは同時に、二足歩行への進化という、ヒトに取って本質的と考えられる別の特質に関する我々の知見についても、議論すべき対象となる。」  bring A into questionで、Aが長いので、into questionが前に出てきていますね。 >(4)Gould examined whether the three species of modern zebra are more closely related to one another than to other non-striped horse species. 「Gouldは、現生シマウマ3種について、しま模様を持たない馬との間より、シマウマ同士のほうが(生物学的に)近い種であるかどうか調査した。」 (5)Perhaps all ancestral ape-like species that walked on two legs and had a C_4-focused diet were uniquely related to each other but were not necessarily human ancestors. 「もしかすると、二足歩行し、C4型植物を食糧としていたヒト科全般の祖先は、互いに独特な(進化系統樹的)関係性があったのであろうが、必ずしもヒトに(進化上は直接に)連なるものではないのかもしれない。」  C4は炭素4個の化合物ではなく、C4型光合成を行う植物と思われます。トウモロコシや雑穀は、このタイプです。  イネやムギは、C3型光合成を行っています。  太古の猿人(もしかすると原人も)同士は、進化過程を辿れるようだけど、ヒトとの生物進化的つながりが、どうも見つからないといったことではないかと思います。

  • 私はチンパンジーが大好きです。

    私はチンパンジーが大好きです。 いつか、チンパンジーと触れ合って、戯れたいと思うのですが、日本でこういうことができる 動物園はありますか? 番組では芸能人が触れ合ってますが・・・。 直接、動物園にお願いするしかないでしょうか?

  • チンパンジーについてです

    チンパンジーは人間にとても近い生き物ですよね。それで質問です。 チンパンジーは花を見て人間のように「綺麗だな」という感情を 抱くんでしょうか・・・??

  • チンパンジーと働きたい!!

    将来チンパンジーのトレーナーという仕事がしたいです。でもそのためにはどんな大学へ行けばいいのか全くわかりません。チンパンジーについて勉強するにはどんな大学へ行けばいいのでしょうか??ほかにもチンパンジーにかかわる仕事が知りたいです。あまり知ってる人がいないので教えていただけたらうれしいです!