• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

確定申告のわからない点を教えていただけますか?

会社に所属していますが、一応自由業です。 曜日ごとに同じ会社でも、所在地が違います。 いつも申告は「還付申告」です。今年は忙しかった為今やっと 申告しようと考えています。 「源泉徴収票」が曜日ごとの分として6枚届きます。 いつもは特に問題なく書かれてあるのは・・・。 種別が「報酬」ということで 「支払金額」と「源泉徴収税額」のみです。 したがって、仕事での「必要経費」を計算して、生命保険、国民年金 などの、控除される額など書き込み、スムーズに提出してきました。 今回は、ある1つの曜日の仕事の種別が「給与・賞与」 となっている為、源泉徴収票に書かれてある項目が、その1枚 のみ、変わっています。 1「支払金額」2「給与所得控除後の金額」3「所得控除の額の合計額」 4「源泉徴収税額」・・の4つ書かれてあります。 つまり、いつもの収入額を記入する欄とは別に、その分は「給与所得」 ということになるのですよね・・・? 税務署から送られてきている書類には、既に基礎控除として380000 円が印刷されています。(いつもそうだったと思います) 今回のその1枚に書かれてある(上記でも書いた)3「所得控除額の合計金額」の部分にも 380000円と書かれてあります。 これは、基礎控除のことなのでしょうか? また、2「給与所得控除後の金額」の意味もあまりわからないし・・。 4「源泉徴収税額」の金額も、他の5枚はいつものように「1割くらい」 ですが、この紙での4の額は 25%くらいになっています。 どこに、何を書いたらよいか判らないし、イマイチこの1枚の「源泉徴収票」のみ違うので、頭が混乱しています!! 自分が頭が悪いのかもしれませんが、是非アドバイスお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数244
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • d-air
  • ベストアンサー率75% (6/8)

所得税では、所得をその種類ごとにいくつかに分類して計算を行います。事業所得、不動産所得、給与所得、退職所得…などなど。 そのうち、源泉税の対象となるのは給与所得や退職所得、事業所得、雑所得というところです。先方の会社がアルバイトやパート社員として認識している場合には給与所得(給与・賞与)、外注先や委託先、外交員として認識しているのなら事業所得(報酬)として支払われます。 報酬については、事業所得として収入から経費をひいて所得を計算します。また、年間収入が1,000万円を超える場合には消費税の課税事業者となります。 給与については、給与の収入金額から給与所得控除額という概算経費を引いて計算を行います。この概算経費があるため、事業所得で計算するよりも有利になるケースが多いはずです。この場合、給与になるものにたいして直接かかった経費(交通費など)は事業所得の計算では経費にはできません。 さて、38万円については間違いなく基礎控除でしょう。年末調整で他の所得控除を行っていないため基礎控除だけが記載されていると思われます。 しかし、給与に関してだけ25%の源泉税が差し引かれているというのは正直よくわかりません。 もしかしたら、日額表の乙欄という源泉税の計算を行われているのかもしれませんし、相当給与が多額なため年末調整した結果、税率が高くなってしまったかではないでしょうか?いずれにしても確定申告で精算されることになります。 確定申告の記載方法などは税務署から送られてきた手引きなどを参照すれば大丈夫だと思います。

参考URL:
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kakutei.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆さんにいっぺんのお礼で大変申し訳なく思っています! 本当にたくさんのお答えをありがとうございました!! 無事確定申告ができたと同時に、いろいろなことを教えていただきました!! いろいろと奥が深いこともわかりました。 本当にありがとうございます!!感謝しています!!!!

関連するQ&A

  • 確定申告の「給与」の計算について

    確定申告をするのですが、申告書の記入方法について教えて下さい。 源泉徴収票が3枚あります。その内の1枚が、 支払金額 415,200円、給与所得控除後の金額 0円、 所得控除の額の合計額 380,000、 源泉徴収税額  0円 となっています。 他の2枚には、支払金額、源泉徴収額に記載があり、 給与所得控除後の金額、所得控除の額の合計額は ともに0円です。 確定申告書の「給与」ア欄には、 全ての「支払金額」を加算して記入するのでしょうか?  または、源泉徴収税額が0円の場合は、「所得控除の額の合計額」を加算するのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 確定申告について教えてください

    こんにちは。 会社を退社し副業もやっていたので確定申告をしようとおもうのですが教えてください! 所得控除額の合計額と給与所得控除後の金額が0なのですがこれだと還付金はないんでしょうか? わかりやすく書いてみます! 源泉徴収票に 支払額3,437,548 給与所得控除後の金額 0 所得控除後の合計額 0 源泉徴収税額 7,7601 社会保険料等の金額 473,450 この詳細だと還付金は0なのでしょうか?

  • 確定申告必要でしょうか ?

    確定申告必要でしょうか ? 去年7月末日に退職しました。 源泉徴収票が届き、支払い金額551.434円、源泉徴収税額0円でした。 10月からパートを初めました。源泉徴収票には支払い金額124.800円、給与所得控除後の金額0円、所得控除後の額の合計額380.000円、源泉徴収税額0円でした。 確定申告は必要でしょうか ? どなたか教えていただけると助かります。 ちなみに主人は自営です。専従者控除は出来ますか ?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

>いつもの収入額を記入する欄とは別に、その分は「給与所得」ということになるのですよね・・・? そうです。いつもの分は事業所得だと思いますが、給与所得の欄が別にありますので、そこに書き入れてください。 >これは、基礎控除のことなのでしょうか? だと思います。ですが今回は事業所得との合算になりますので、意味はありません。 >「給与所得控除後の金額」の意味もあまりわからないし・・。 給与の場合は、給与収入に応じて必要経費にあたる部分があらかじめ決められていて、これを差し引いたものが「給与所得控除後の金額」=給与所得となります。 >どこに、何を書いたらよいか判らないし、イマイチこの1枚の「源泉徴収票」のみ違うので、頭が混乱しています!! 白色一般用申告書でいいと思いますが、事業所得と給与所得を分けて記入し、合算して合計所得を出します。 そこから、いつもどおりの生命保険料控除や社会保険料控除、基礎控除などを差し引き、課税所得を出します。 課税所得に税率をかけて税額を出します。 そこから、定率減税分と、給与所得で差し引かれた「源泉徴収税額」などを引きます。 それが納税額になりますが、マイナスの場合は還付される金額となります。 >事業所得のなかにすべてひっくるめて書いてしまっても違反ではないのでしょうか? これはちょっとまずいと思います。 そこの会社は、質問者さんに給与を支払ったという申告をしてあるはずです。 質問者さんがその分を事業所得としてしまうと、税務署で突合せが行われた際、食い違ってしまいます。 給与所得とされた分については、給与所得として処理されたほうがいいかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆さんにいっぺんのお礼で大変申し訳なく思っています! 本当にたくさんのお答えをありがとうございました!! 無事確定申告ができたと同時に、いろいろなことを教えていただきました!! いろいろと奥が深いこともわかりました。 本当にありがとうございます!!感謝しています!!!!

  • 回答No.3
  • aratch
  • ベストアンサー率52% (24/46)

ご質問のケースの事業所得と給与所得との見極めですが、確定申告の手引きなどの説明を読んでも、正直わかりにくいというのが実態であり、要するに本人の意識次第でどのようにも解釈できるというのが現状であります。(その業務を遂行するに当たって、自分がリーダーなのかそうでないかや、必要な用具や費用などを自分で用意する必要があるか否かなどを、総合的に判断して・・ということと解釈していますが、もし他のはっきりとした解釈があればどなたかご教授ください。) よって、その業務が事業所得だと本人が主張するのであれば、その主張を税務署は受け入れるわけであり、今まで私が遭遇したケースでも、誰が見ても「事業」「給与」と判断できない限り、税務署が修更正を求めるということは見たことがありません。(実際にはあるのかもしれませんが・・・) 絶対に自信があるかといえば、そうではありませんが、ご自身で事業所得と考えているのであれば、確定申告の際にはそのように申告されるのが良いように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆さんにいっぺんのお礼で大変申し訳なく思っています! 本当にたくさんのお答えをありがとうございました!! 無事確定申告ができたと同時に、いろいろなことを教えていただきました!! いろいろと奥が深いこともわかりました。 本当にありがとうございます!!感謝しています!!!!

  • 回答No.2
  • aratch
  • ベストアンサー率52% (24/46)

まず、ご自身で確定申告をする場合、源泉徴収票に記載の38万円は気にしないほうが、今後を考える上で楽なので、必要以上に考えないほうがいいです。 また、たとえ給与の源泉徴収票が渡されたとしても、ご自身でその業種が事業所得であると判断された場合は、他の分と合算して事業所得として申告することも可能です。 しかし給与の場合は、別に必要経費(給与所得控除)を最低でも65万円引くことができるので、そのままそれだけを給与所得として申告するほうのが有利な可能性が高いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

お答えありがとうございます! 給与所得の分の徴収票は1枚ですし、仕事も一つの日に だぶって移動などもしているため、できれば、今まで通り 事業所得のなかにすべてひっくるめて書いてしまっても違反では ないのでしょうか? 必要経費自体が「事業所得」の方側と「給与所得」の方側で まぜこぜになっていますし、そのほうが楽な事は確かなのですが いかがでしょうか?再びアドバイスを頂けたらと思っております!

  • 回答No.1

38万は基礎控除額だと思います。 会社の「報酬」というのが「給与」であるならば、そこから「給与所得控除」を引いた金額が「所得」となります。 事業所得であるなら、それから必要経費を引いて「所得」を算出します。 給与所得からは必要経費を引けません。(本来、会社の仕事に必要な経費は会社が負担するものである) 会社ごとの契約内容がわからないので、正確なお答えは難しいですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 確定申告の源泉徴収税額について

    昨年途中会社を退職し、本年に始めて確定申告をするものですが、申告書の第二表の源泉徴収税額の部分で?なのですが 昨年までいた会社から源泉徴収票が送られてきたのですが 支払金額と源泉徴収税額、社会保険料等の金額には金額が記載されていて、 給与所得控除後の金額と所得控除の額の合計は空欄。 多分、年末調整をしていないから? 給与所得控除後の金額が空欄だったため、確定申告の手引きにある給与所得の表を参考に、給与所得金額と源泉徴収額を割り出したのですが。 その割り出した源泉徴収額と送られてきた給与所得の源泉徴収票の源泉徴収税額とが同じではありません。 (そういうものなのかもしれませんが) この場合、申告書の第二表の源泉徴収額はどちらを転記するのでしょうか? どなたか教えていただけませんでしょうか。

  • この場合確定申告は必要ですか?

    教えてください。 64歳男性。 ◆嘱託社員としての平成20年度の源泉徴収票 支払金額3,380,000円、給与所得控除後の金額2,186,000円、所得控除の額の合計額1,232,959円、源泉徴収税額47,600円 ◆公的年金等の源泉徴収票 法第203条の3第3号適用分510,756円、源泉徴収税額0円 以上のような場合、確定申告というものは必要なのでしょうか? 色々と検索したのですが、全くわかりません。 どうがご教授お願いします。

  • 確定申告での疑問です!教えていただけますか?

    同じ会社内で・・色々な仕事の種類があるため 毎年確定申告をする際に「源泉徴収票」が数枚届きます。 そのうちの1枚が給与所得の為、勤務に伴う「必要経費」的要素を持つ 「給与所得控除額」が差し引かれますよね? したがって・・「源泉徴収額」はかなり減ると思うんです。 他の「給与所得」ではない「報酬」という形できているものの 「源泉徴収票」の徴収額はおよそ1割くらいです。 その分の「必要経費」は内訳表に書きいつも提出しています。 しかし、今回の「給与所得の源泉徴収票」の「所得控除の合計額」が 「0円」になっていて、源泉徴収額がほぼ1割・・他のものと同じ形に感じられます。 全くわからないので・・ここまで書いたこと自体がおかしい書き方でしたら申しわけないのですが・・。 その1枚だけの「給与所得」のなかでかなり必要経費的に使っている 額が実際にあるのですが・・この部分においては、「必要経費」として 書き込めないため・・なぜか不思議でなりません! ちなみに金額の例を挙げるとすると・・。 ◆種別・・給与・賞与 ◆支払金額・・2400000円 ◆給与所得控除後の金額・・0円 ◆所得控除の額の合計額・・0円 ◆源泉徴収額・・210000円 ◆(摘要)・・・年調未済 こんな感じでかかれてあります!(金額は例ですが・・) これでよいのでしょうか??・・」というより全くわからないのです。 どなたか、是非アドバイスを(説明を)お願い致します。 ちなみに・・他の数枚は還付申告ですよね?? いつもこの時期に申告するので・・よろしくお願い致します!!

  • 確定申告について再び

    昨年の12月末にアルバイトをやめました。 現在は無職です。 23年分の源泉徴収表が手元にあります。 支払い金額は175万くらい。源泉徴収税額は2万くらい。と記入してあります。 給与所得控除後の金額は100万くらい、 所得控除の額の合計額は50万くらいと、それぞれ金額が載っています。 私は確定申告したほうがいいのでしょうか。

  • 私の場合確定申告は必要?不要?

    私の場合確定申告は必要?不要? パートで勤務しています、男です、独身です。社会保険に加入しています。所得税は会社から天引きされています。源泉徴収票(年末調整)という紙も一年に一度もらいます。源泉徴収票の中の給与所得控除後の金額、所得控除の額の合計額、源泉徴収税額、支払い金額、全部数字が記載されています。給与をもらっている仕事場はこの一社のみです。 私の場合は確定申告が必要なのでしょうか?不要でしょうか?よろしくお願いします。

  • 確定申告(医療費)控除で困ってます♪

    昨年、中途退職で源泉徴収票の事で質問があります。 支払金額496,000円 源泉徴収税額4430円 社会保険料65237円の時の給与所得控除後の金額と所得控除の額の合計額を教えてください。それと私の源泉徴収票で医療費控除が出来ない場合、源泉徴収税額が0円でも旦那の方で医療費控除が出来ますか?

  • 確定申告はしなくてもいいのでしょうか?

    勤労学生としてアルバイトをしていました。 そのアルバイト先から源泉徴収票を貰ったのですが、 源泉徴収税額が0円となっていました。 所得税が引かれている月も何回かあり、 還付されるものとばかり思っていましたので 確定申告をするつもりだったのですが、 源泉徴収額が0円となっているってことは 還付はないってことなのですよね? 色々と調べたのですがイマイチよく分かりません… 確定申告しなくてもよいのでしょうか? ちなみに 支払金額は1279961円 給与所得控除後の金額は629961円 所得控除額の合計額は650000円と書かれていました。 そして アルバイトは休んでいたため、 12月分の給与は頂いていません。 1月分の給与では年末調整欄が0円でした。 源泉徴収票の給与所得控除後の金額欄に数字が入力されていたので 年末調整はされているようなのですが、 この場合、去年に引かれた分の所得税は還ってはこないのでしょうか。 初歩的な質問でしたらすみません。 お解りになられる方教えてください。

  • 確定申告

    確定申告をするのに、所得控除の額の合計額がわかりません。 源泉徴収票には支払い金額1,695812 源泉徴収税額37,470となっています。 医療費控除は101,904です。 宜しくお願い致します。

  • 今年初めて確定申告をしようと思っています。

    今年初めて確定申告をしようと思っています。 今、税務署HPの書類作成コーナーから書類を作成していたら、所得控除の額の合計額0円と入れるとエラーが出てしまいます。 源泉徴収表の通りに入力しているのですが・・・ ちなみに、支払金額は1,344,652円、給与所得控除後の金額0円、所得控除の額の合計額0円、源泉徴収税額は22,740円です。 どうしたらいいのでしょう? 知っている方がいたら、是非とも教えてください!!! あと、今から確定申告は間に合わないのでしょうか・・・? 大変不安になっております。 どうか、知っている方、なるべく急ぎで教えていただけるとありがたいです! どうぞよろしくお願い致します!

  • 所得税の確定申告をしなくてもよいでしょうか?

    所得税の確定申告のことで教えてください。 昨年の1月、たった数日パートに行った給与(3万円くらい)が昨年の全収入でした。 年が明けて、パート先からその分の源泉徴収票が届きました。 「源泉徴収税額」は0円でした。 源泉徴収票が交付されているということは、確定申告をする必要はないのでしょうか? (ちなみに「給与所得控除後の金額」と「所得控除の額の合計額」も0円です。) まったくの無収入だと、無収入であることの証拠に「0申告」というものをする 必要があると以前、聞いたもので。