• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

WW2中の在米日本人への待遇。

  • 質問No.13670
  • 閲覧数188
  • ありがとう数24
  • 回答数2
WW2中に在米日系人に対して差別的待遇が行われていたとききますが、その実体はどのようなものだったのでしょうか?
それに関連する背景もできれば知りたいです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 77% (7/9)

以下の著書が、手軽に読める本としては詳しくこの問題を扱っています。

上杉忍『二次大戦下の「アメリカ民主主義」』講談社選書メチエ、2000年。

つい最近出たものですが、読みやすいです。
 付言すると、枢軸国出身移民の中で強制収容されたのは日系移民だけのようです。カナダでも、同様の強制収容は行われたと聞いたことがあります。
 一方では、日系二世移民の中ではアメリカに忠誠を誓い、日系人部隊に志願してヨーロッパ戦線に駆り出された人も多くいました(確か、第400部隊とかいったように記憶しています…このあたりは定かではないですが)。「あたってくだけろ」を合言葉に、活躍しましたが、かなりの比率の死傷者を出した部隊だったことでも有名だったそうです。
 日系二世で戦争に「行かなかった」人に関しては、研究書ではなく小説ですが、面白いものがあります。

ジョン・オカダ『ノー・ノー・ボーイ』(確か、昌文社?)

著者は日系移民で、自身は従軍したそうです。出版されたのはこの一作だけですが、死後評価され、アジア系アメリカ人文学の初期代表作の一つとされているようです。
お礼コメント
noname#2813
ありがとうございます。
兵士として志願した人たちもいたというのは初耳です。
勉強になりました
投稿日時:0000/00/00 00:00

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 アメリカの日系人は、アメリカん国籍、あるいは永住権があっても、日本人という理由で、強制収容所に入れられました。同じ連盟国のイタリア人とか、ドイツ人には、そういう事はありませんでした。やはり、人種差別的な考え方が底辺にはあったのでしょう。レーガン政権のとき、アメリカ政府は誤りを認め、補償金が支払われました。
お礼コメント
noname#2813
俗にはアジア系人種を見下すようなことがされていると聞いていましたが、本当にあったとは驚きました。
歴史的教訓として重要なことだと思いました。
ありがとうございます。
投稿日時:0000/00/00 00:00
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ