• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

開業日の仕訳

  • 質問No.1314721
  • 閲覧数1465
  • ありがとう数4
  • 気になる数1
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 53% (17/32)

来週、開業です。服の小売店です。
開業前の経費は開業費にできるということでしたので、今も開業に要した経費の領収書は保管しています。

パソコンソフトで経理をするのですが、開業日の入力方法がわかりません。
現金や預金、借入金等、期首残高に入力すべきなのか、それとも期首残高は0で、開業日にすべての仕訳をおこすのかどちらでしょうか。

また後者の場合、開業年の確定申告の際の決算書の貸借対照表の期首の部分は空欄になりますが、それでいいのでしょうか。

無知ですみません。よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
開業日には0からスタートです。

下記の仕訳をしても、記帳が開始されます。

現金 ****** / 元入金 ******

その後に、 開業費や預金など仕訳をします。

開業費 **** / 現金
預金 ****** / 事業主借 ******

決算書の貸借対照表の期首の部分は空欄になります。
補足コメント
muu0714877

お礼率 53% (17/32)

回答、ありがとうございます。

開業日の仕訳は、

現金 ****** / 借入金 **
預金 ****** / 元入金 **
開業費 **** /
固定資産 ** /
 :

このような形でも構わないのでしょうか。

また、開業前の仕入(現金、掛)は開業日にはどのような仕訳をすればいいのでしょうか。

本当にすみません。できたらで構わないので、ご回答いただけたらうれしいです。
投稿日時:2005/04/07 10:01

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
#1の追加です。

開業前の仕入(現金、掛)も下記のようになります。

開業日の日付で

仕入  **** / 買掛金 ****
仕入  **** / 現金  ****
   
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ