• 締切済み
  • すぐに回答を!

商品開発、販促のアイデア募集!!

私は某食品メーカーに勤める者です。 実は来年の「東海道宿場制」400周年を記念した商品開発、販促のアイデアを是非皆さんからお聞きしたい。 今のところ記念弁当を作るつもりですが、メニューや付録、デザインなど何でも些細なアイデアで結構ですので、教えて下さい。 例えば、「東海道五十三次」の浮世絵デザインした何かを付けるとか、400円弁当を作るとか・・・。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数308
  • ありがとう数19

みんなの回答

  • 回答No.4

アイディアかぁ~。難しいですよねぇ。 でも結局東海道とはどんな線なのかをりかいすることがだいじなんじゃないですか? でも俺はありきたりだけど、富士山と海 !

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 東海道五十三次でお願いします。当方滋賀県大津市内です。先程ラジオを聞い

    東海道五十三次でお願いします。当方滋賀県大津市内です。先程ラジオを聞いておりましたら、何故か(土地柄?でしょうか?)東海道五十三次の話でした。土山という場所が同じ県内にあるのですが、そこが東海道五十三次でいう四十九番目の宿場町との事でした。土山が四十九番目ですと、かなり最後のほうになると思うのですが、一体『基点』はどこで(無知なもので、京都と思ってました)、どこが最終になるのでしょうか?(ひょっとして大阪?)根本的に誤解しているようでして。

  • 広重の東海道五十三次のなぞ

    広重の浮世絵東海道五十三次の中で、 16蒲原と47亀山が雪景色なのはどうしてですか? 絵のながれとしてどういう意図があるのでしょうか? 急に季節が変わって不自然にかんじます。 よろしくお願いします。

  • 元々の東海道の終点・京都五条大橋へ入る道のルート

    (⇩)下記の URL の記事によると、東海道五十三次の終点(京都への入り口)は、元々、三条大橋ではなくて、五条大橋だったそうです。 https://www.tm-office.co.jp/column/20160627.html https://www.tm-office.co.jp/column/20160627.html その元々の東海道(東海道五十三次)の終点(京都への入り口)である五条大橋へ入る道は、(最後の宿場「大津」から元々の終点・京都五条大橋へ入る道は、)どの様なルートを通っていたのでしょうか? 元々の東海道(東海道五十三次)の終点(京都への入り口)である五条大橋へ入る道は、(最後の宿場「大津」から元々の終点・京都五条大橋へ入る道は、)どの様なルートを通っていたのかを教えてください。 https://www.tm-office.co.jp/column/20160627.html 東海道五十三次の最後の宿場「大津」から京都へ入る道は、三条大橋を経由するよりも、むしろ「五条大橋」の方が便利だからです。しかも、五条大橋は三条大橋と同時期に秀吉が整備した橋で、改めて考えればなぜわざわざ三条大橋を選んだのか不思議です。

  • 回答No.3
  • eddy
  • ベストアンサー率23% (123/534)

やはり、先の回答にあるようにおまけがいいかなと思います。 先日、静岡のとある地元では有名なとろろやさんにいったのですが、大広間に「東海道五十三次」の大皿が一揃い飾ってありました。 これは見事でしたね。 ということで、「東海道五十三次」の小皿をつけたらどうでしょうか。 醤油皿くらいの小さなものでいいと思うんですけど、こういうのって、すぐコレクターがでますからね。 どれが入ってるかわからないようにすれば、多めに買う人もでますよ。 コレクターにならなくても、皿としての実用性がありますからいいと思います。 謝礼お待ちしてま~す!! (^◎^)/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 小さい頃、某「永○園」のお茶漬けについていた「東海道五十三次」のカードを集めていたことを思い出します。15口集めて完全版「東海道五十三次」のカードを入手したときは言いしれぬ興奮に酔いしれました。(^^;;  さて、どうしてこんなに「五十三次」にはまったのか。  それはやっぱり「美しい景色」そして「五十三」という数にあったと思います。人間の本能に眠っている収集欲をかき立てるのにちょうどいい数字というか...「100」と言われるとうんざりですが、「五十三」というと個人でもちょっとがんばれば集まりそうな手頃な感じがしますよね。まあまあ多い数なので、集まったときの達成感もそれなりに得られるし。  そうそう、実家は九州なのですが、就職して東京に来て実際に五十三次に描かれた景色を見たときは、ほんと、感動したなぁ。  ということで「五十三次」に特別な思い入れのある私より「あったらいいな」という企画を提案させて下さい! (1)五十三次カード  あ、前の方も提案されてますが、このアイディアにもう1票追加!ってことです。「永○園」とかぶらないような注意が必要ですが、もう十年以上も昔ですから大丈夫でしょう。。。何枚あつめると抽選またはもれなく賞品をつける、とするとなおよいと思います。または、ときどき普通のカードとは違う「プレミアカード」をまぜる、とか。あ、直接テレカとか図書カードを入れてもよいですね。 (2)五十三次写真コンテスト  やっぱり「五十三次」ですばらしいのは今も残る景色!!!写真コンテストは外せないでしょう。それで優秀な作品は賞品・賞金とあわせて、お弁当などの商品パッケージに採用するとなおアピール度がますのではないでしょうか。 (3)さくらえび...  広重美術館のすぐ近くの由比市、ここのさくらえびは絶品でした! 小さくていたみやすいため、おさしみや新鮮なかきあげはその付近でしかいただけないとのこと、初めて食べたときはおいしさに感動の嵐でした。このおいしさを知ってるヒト、少ないと思います。(^^)  ぜひぜひさくらえび業者となんとかタイアップして、地域振興にも協力しつつ400周年をアピールしてください! >個人的お願いか? (^^;;  以上、お役にたてれば幸いです。--a_a

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • yosikun
  • ベストアンサー率43% (235/542)

・「五十三次」の各地にちなんだ物が入っている弁当    53品じゃ相当高額になってしまうか(^^; ・「五十三次宿場カード」付弁当  全部集めると・・・なんて特典つき。カードのデザイン性が評価されて、マニアの間でプレミアがついたりして。 ・「五十三次宿場解説」付弁当  包装紙の裏に、すべての宿場と詳しい情報が・・・。 ・販促キャラクターは、やはり「野次さん・喜多さん」? 答えではありませんが、「東海道五十三次四百年祭宿場寄席」(桂歌助さんが、すべての宿場で順次落語を・・・)なんて企画も予定されているんですね。  http://www02c.so-net.ne.jp/~utasuke/tokaido400nen/index.html PS 実際に採用されたら謝礼もらえます?(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 東海道五十三次の作者の名前が変わった分けについて

    東海道五十三次の浮世絵の作者名は私たちが習った頃は安藤広重で習いましたが、子供の教科書を見たら歌川広重と なっています。 教え方が変わった理由を教えて下さい。

  • 浮世絵の著作権について

    絵の著作権について教えて下さい。 ホームページの素材として、昔の浮世絵(東海道五十三次等)を 使用したいのですが、著作権上の問題はあるのでしょうか? 本屋さんで売っている本や絵葉書等をスキャンして 素材にしようと思っています。 ご存知の方、宜しくお願い致します。

  • 歌川広重の「東海道五十三次」の所在地は?

    歌川広重作の東海道五十三次(江戸~京都)について伺います。 1. それぞれの宿場+2種の絵で55種類あるようですが、これは一種類につき一枚存在するのでしょうか?版画のように複数枚存在しませんか? 2. 55枚全ての所在地が分かる一覧表はありますか?

  • 記念切手を売りたい・・・。

    以前郵便局でアルバイトしていたときに、かわいがっていただいた上司に「記念切手シート」のようなものをいただきました。私は切手に関して無知なのでどれくらいの価値があるのかわからないのですが、シートになっている東海道五十三次のもので、各宿場の消印が押されているものです。どうやらシートを見る限りの情報では昨年、大手町の逓信総合博物館で催された資料展のもののようなのですが、これを売却したい場合、例えばどういった方法がありますか?価値も良さもわからない私の手元にあるより、保存状態の良いまま手放したいと考えています。ネットオークションは未経験でイマイチその見方がわかりません。 よろしくお願い致します。

  • 東海道五十三次 宮宿から桑名宿へのルートは?

    東海道五十三次を土日・往復電車を利用して歩いています。日本橋から出発、現在磐田宿です。古来、東海道五十三次の宮宿~桑名宿間は舟で往来していましたが、現在その間を繋ぐ海運ルートはありません。五十三次ウォーカーとしてこの間をどのように対処すべきでしょうか?完全陸路としても、五十三次本にその間のルート記述がほとんどありません。その間はパスして、宮宿の次はいきなり桑名宿からスタートしようか、とも考えていますが・・・・。その間を通過した先輩方の体験談でも結構です。宜しくお願い致します。

  • 東海道の地名の読みかた

    今、東海道五十三次の地名を調べています で、いろいろなサイトを回って地名は分かりました だけど、肝心な読みが分からないところが多くあります 例えば「御油」などが読めません いろいろ回っても、ふりがながふってあるサイトが無くて困ってます 五十三次の全ての地名のふりがなを教えてください。 また、それが載っているサイトがあったら教えてください 宜しくお願いします

  • デイのレクで東海道五十三次のすごろくを

    デイのレクで東海道五十三次のすごろくを するにあたりBGMをかけて行いたいのですが、 江戸時代を、思わせるBGMって有りませんか? ご存知な方どなたか教えてもらえませんか。

  • 東海道五十三次の背景に飛行機のようなものがある

    昔、何かのドラマだったと思いますがそのエンドロールの最後に東海道五十三次と思われる版画絵の背景に飛行機のようなものが描かれているのがズームインされアップになって終わるといった映像を見たことがあるのですが、その絵の事、もしくはその番組の名前を分かる方、教えてください。 その絵は番組用に作られたものなのか?もともとそういった物があったのか? 現時点で分かる事を箇条書きにします。 ・ そのドラマはその演出から、タイムスリップや現実にありえない事をテーマにしたものだと思われます。私のイメージでは観月ありさの放課後だったのではとも思ってますが、ドラマではなかったかもしれません。 ・ 他の方の投稿に山口晃氏の絵では、という回答がありましたが、私が見たのは東海道五十三次の絵だったと思います、よく見る広重のタッチで橋や旅人、町人が描かれたものだったと思います。山口晃さんの絵の中にその様なものがあるのでしょうか? ・ 飛行機は、色などしっかり描かれているのではなく、五十三次でよくあるベージュ色の空に一段濃い色で、遠くに飛んでいるジャンボジェット機とはっきりわかるシルエットで描かれていました。 ・ ネット上で五十三次などを検索してもそれらしいものは見つかりません。 ドラママニア、浮世絵マニア、超常現象マニアの方と、回答を期待されるカテゴリーが分かれるので様子を見て他カテゴリーへの投稿も考えてます、ご了承下さい。

  • 都内を始点とする街道・宿場町

    「日本の街道・宿場町」について調べています。 (3)点ほど質問をさせていただきます。 全部でなくても構いません。 どれか一つでもご存知であれば、 回答頂ければと思っております。 質問(1) 東京を始点とする街道には、 日本橋を始点とする五街道のほかにどんなものがあるでしょうか? 質問(2) また、東海道五十三次のように、 昔の宿場町の景色が描かれた錦絵のようなものは、 他の街道・宿場町にも存在するのでしょうか? 参考文献などあれば、お教えいただけると幸いです。 質問(3) また、そういった「街道」の名前が書かれた 昔の古地図などを手に入れたい場合 (出来れば解像度の高い、電子データが一番好ましい) そういったものを保存・貸出等を行っている施設などは あるのでしょうか?

  • 寺の門前で出会った深いお言葉

    五十路の記念にと、東海道五十三次を完歩した時の事、終点 京都駅前の 東本願寺の門前に書かれていた。 「人は一生に一度、会っておかねばならぬ人がいる、それは自分自身だ」 これの 出典を ご存知の方 お教え下さい。

専門家に質問してみよう