• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「自己PR 」と「学生時代がんばったこと」

はじめまして。私はいま大学4回生で就職活動をしています。今月の5日に初めて面接を受けるのですが、「自己PR」と「学生時代がんばったこと」はやはり違う事を言った方がよいのでしょうか。私は大学に入ってから、サークル、部活などは全くしておらず、アルバイトばかりしていました。なので、「学生時代がんばったこと」はアルバイトのことを言うつもりですが、「自己PR」もアルバイトで身に付けたコミュニケーション能力みたいなのをアピールしたいなと思っていました。でも良く考えてみれば同じ事を言うのってよくないですよね…。やはり自己PRは別の事をアピールするべきでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数37220
  • ありがとう数21

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

私は人事のマネージャーを長くしてきまして、リクルーティングの面接もたくさんしてきました。 NO.1さんとまったく同意見です。 特に企業にとっては、人とのコミュニケーションをどうとれるかが気になるところですので、それを仕事(バイト)を通して、どう身に着けたかを具体的に言うことは大事だと思います。 ただ、学生さんがおっしゃることは、同じような内容が多いので、なるべく具体的なエピソードなどを交えてお話されたほうがいいと思います。 ただし、嘘はいけませんよ!すぐにばれます。 こちらも場数を踏んでいるので、学生さんの嘘はすぐにわかります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイスありがとうごさいます!!! アルバイトのことをアピールする人は多いと思うので、自分だけのエピソードが言えるように頑張ります。 あの…また2つほど質問してよろしいでしょうか? 1.自己PRはどれぐらいの長さで言うのが適切なのでしょうか???あまりだらだらと言うのは良くないと思うのですが、短いのもよくないですよね? 2.面接で嘘を言っても人事の方にはすぐにバレるという話をよく聞きます。それはどういう点で分かるのですか?私は嘘をつくつもりはないのですが、前から気になっていたもので…。

関連するQ&A

  • 自己PRと学生時代打ち込んだことの違いについて

    こんにちわ。私は大学3年で、只今就職活動をしています。そこで、質問があるのですが、 自己PRと学生時代打ち込んだものって同じでしょうか?違うものですか?就職本には学生時代打ち込んだものの中で、身に付けたものを自己PRと書いてあったのですが。 私は、学生時代打ち込んだことは「ゼミ」    自己PRは「アルバイト」としているのですが、同じにしたほうがいいでしょうか? 分かる方や、意見のある方、教えてください。お願いします。  

  • 自己PRと、学生時代に頑張ったことについて

    明けましておめでとうございます。 さて、エントリーシートの自己PRと学生時代に頑張ったことについて質問です。 自己PRに関しては自分の人生においての分岐点であった高校の部活で得たものを書こうと決めました。 高校時代のエピソードは弱いかもしれないとの声を良く聞きますが、私にとってはとても後に生きる強みを与えてくれたのでこれに決めました。 学生時代に頑張ったことは、以前から添削を何度もしていただいてきましたが、サークルの事を書くつもりです。 ここで質問なのですが、 自己PRと学生時代に頑張ったことは、内容に繋がりがあった方が良いのでしょうか? また、自己PRは私が今まで培ってきた強みを説明 学生時代に頑張ったこととは、大学の時に学んだこと(困難を克服して)もしくは、今まで持っていなかったが大学の経験で新たに得たものを説明 でよろしいでしょうか? 色々と調べ学んでいくうちに、本質が分からなくなってきてしまいました。

  • 学生時代頑張ったこと・・・

    現在就職活動中の大学4回生です。 4月に入って面接を受け始め、これまでで6回ほど受けました。 私はエントリーシートで学生時代がんばったこと?という項目があれば、決まってアルバイトのことを書いています。 そして面接で自己PRは?と聞かれると、そこでも同じくアルバイトのことを話しています。 要はアルバイトしか話すネタがないのです。 もちろん面接官の方から、大学では何の勉強を?と聞かれればゼミの話などをするのですが軽いものです。 自分からのアピールはしていません。 すると最終面接の中で、 大学は何のために入ったのか?あなたからはアルバイトしか見えてこない。 とい言われ、返す言葉がありませんでした。 私自身大学で実際なしとげたもの、努力してきたことなどが見つけられず、大きな課題だと思っています。しかし、話す中身がないのです。 多くの人はアルバイトとサークル、または語学などいろいろネタがあるのかもしれませんが、私にはこれといってありません。 こうした場合どうするべきなのでしょうか? このままでは一次面接は突破しても、その後の面接で深く掘り下げられた時に必ず落ちてしまうと実感しています。 何か良い考えやご指導がありましたらよろしくお願いいたします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • mif117
  • ベストアンサー率30% (19/62)

こんにちは。現在就活中の者です。 私も悩んでました。そして、一度面接で失敗しました…。 私の場合、自己PRと学生時代のエピソードが同じなんです。 で、某社面接で、自己PRを言ってくださいと言われて、 ここで学生時代頑張った内容も盛りこんで自己PRを言ってしまったら、 後で学生時代~を聞かれたらどうすればいいんだろう とパニくってしまったんです。だから、そのときは 次に学生時代~が聞かれても大丈夫なように当たり障りなく 自己PRをしたのですが、結局聞かれることはなく 不十分な自己PRのまま終わりました…。もちろん 落ちました…。 ちなみに就職部のアドバイスによると、同じネタに したほうが、ちゃんとそのことを頑張ってきた という証拠にもなるので、いいといわれました。 (あれもこれもだとたいして頑張ってないように 思える)しかし、語れるエピソードが少ないのは その人の器が小さいように思えるという意見も 聞いたことがあります…。 結局は筋が通っていればどちらでもいいのかなぁと 思いますが、私はエピソード一つで、自己PR 学生時代~を言おうと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございました。同じ就活生の方からアドバイスを頂いて大変心強いです!やはり「自己PR」と「学生時代頑張ったこと」は同じ事を言うことにします。アルバイトで人と接する事が好きになれたし、失敗を通して学んだことがたくさんあります。 就活お互い頑張りましょうね(^o^)丿

  • 回答No.4

1)自己PRの長さについて 長さ、短さというより、話し方が問題だと思います。 だらだら話されると途中で聞いている方は集中力がなくなりますので、不利です。 簡潔に結論から言うはぎれのよさと、具体的なエピソードはその後に、わかりやすく、相手の反応を見ながら話すという感じです。 実は、担当者は話の内容よりは、その人の話の仕方でコミュニケーション能力を判断しています。 つまり、アイコンタクト(相手の目を見ながら話す)や表情(笑顔)共感反応(うなずきなど)など、総合的な力がコミュニケーション能力ですので、話す内容だけではないです。 これは、上手な話し方や聞き上手になるポイントなどの本が出ていると思いますし、普段から意識して人とコミュニケーションをとると、ぐっと改善されます。 2)人事がどうして嘘が見抜けるか どう説明したらいいかわかりませんが、私の会社(300人くらいのベンチャー上場企業の割には採用活動に熱心)でも1年間に1000人くらいの人と会って話しますので、その経験がなせる技ってことでしょうか。とにかくいろんなタイプの人を見ていますからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

二度も質問に答えて頂きありがとうございました。 面接ではアイコンタクト、笑顔が大切なのですね!簡単なことのように思えるのですが、私はとても緊張してしまうタイプなので気を付けます。 以前、某銀行の人事の方も同じようなことをおっしゃっていたのを思い出しました。ありのままの自分を上手く表現できるように頑張ります。 アドバイス本当にありがとうございました!!

  • 回答No.2

初めまして。大学新卒での面接の経験はないのですが、アドバイスとして…。 「自己PR」と「学生時代がんばったこと」は分けた方が良いですよ。これは企業に与える印象もそうですが、自分を売り込むチャンスをわざわざ潰してしまうのがもったいないからです。 バイトの経験について言うなら、それは自己PRにした方が良いのではないでしょうか? 「アルバイトで色々な人と接したことによって高いコミュニケーション能力を身につけることができました。初対面の方にも臆することなく接することができますし、基本的なビジネスマナーは既に身につけていると思います。」といった形でしょうか。 自分自身のもっている良い点をガンガン打ち出してください。 学生時代がんばったこと、には大学でがんばったことを言う方が良いと思います。在籍なさっている学部によっても変化するでしょうが、すごく頑張って書いたレポートや参考になったと思う講義での自分の経験や行動などはありませんか? 何もない、ということはないと思いますので思い出して書き出してみてください。小さなことでも言い方一つで良いアピールになりますよ。 当日はできるだけリラックスして、忘れ物などないよう気をつけつつ頑張ってくださいね^^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうごさいます!!! 正直言いまして、大学で頑張ったことというのが思いつかなくて^_^; でも大学でのことを面接で聞かれる場合もあると思うのでもう一度自分の大学生活を振返ってみます。 本当にありがとうございました。面接頑張ってきます!!

  • 回答No.1
  • yu--u
  • ベストアンサー率10% (16/149)

こんにちは。両方一緒で問題ないと思いますよ。 頑張ったことで、バイトの説明やどんなことがあったかを話、じこPRで先程話したバイトでこのようなことを身につけましたみたいな話し方ですかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくのお返事ありがとうございました!! とても参考になりました(><) 面接がんばってきます!!

関連するQ&A

  • 自己PRと学生時代に頑張ったことの内容について

    現在就活中です。 所属は法学部で、飲食店でホールのアルバイトをしています。 自己PRと学生時代に頑張ったことの内容で質問があります。 自己PRと学生時代に頑張ったことで、アピールポイントが違えばエピソードが同じでも大丈夫ですか? 例えば、「アルバイト」のエピソード使って 自己PRでは、(アルバイトを通して、チームワークで頑張ったこと・協働性・など) 学生時代に頑張ったことでは、(アルバイトを通して、粘り強く取り組み苦手を克服した) という感じです。 アドバイス宜しくお願い致します。

  • 「学生時代に頑張ったこと」がないので、自己PRができません・・・

    現在、大学三年の者です。 最近になって、就職活動についてのガイダンスやセミナーに参加するようになるにつれて、不安が大きくなってきて押し潰されそうです・・。 理由は、私には「学生時代に頑張ったこと」がないからです。 サークルもアルバイトもしていないし、かといって勉強に力を入れたわけでもありません。これは言い訳でしかないのですが、大学の人間関係に悩み、他のことに目を向ける気力がなくなっていました。貴重な時間を無駄にして、本当にもったいなく、馬鹿でした。 夏休みに入り、いざ自己分析をしようと今までもことを振り返ると、自分には何もアピールできることがないと思い知らされました・・ セミナーにきていた講師の方は、「今からでも自分が頑張ったといえることをつくれる」と仰られましたが、今から何を出来るのか、本当にどうしたらいいのかわかりません。夏休みに入り、何かしなきゃ!!と気持ちが焦るばかりで何もしていません・・・。 思い切って11月にある学園祭の委員に入ることにしましたが、どんなことをするのかもまだ分かりません。 自己分析、自己PRに必要な「経験」を積んでこなかった今までの生活に後悔してばかりです・・。 私は今、何をすべきなのでしょうか? 自分で考えろと思われてしまうかもしれませんが、アドバイスがほしいです。 よろしくお願いします。

  • 「学生時代頑張ったこと」の「学生時代」とは?

    今就職活動中の大学3年生です。 面接やESでよく聞かれるという「学生時代に頑張った事」について、質問です。 「学生時代」とは、もちろん「大学時代」が1番良いのは分かっているのですが、私は、正直人生の中で1番頑張った事が中学・高校の6年間続けた部活動でした。 その次に、中学~大学の学業、そのまた次に大学でのアルバイト、というくらいです。 特に、面接で深いところまで突っ込まれた時に、一番話を広げられるのは中高の部活の話ですし、それについては本当に自信を持って「頑張った!」と言えるのですが、そういった場合も学業やアルバイトの話をした方が良いのでしょうか? また、頑張った事を2つ書くような場合でも、学業とアルバイトにした方が良いでしょうか? 分かる方がいらっしゃいましたら、ご回答をお願いします。

  • 学生時代特に力を入れたこと・自己PRについて・・・困ってます。

    初めまして。回答よろしくお願いします。 私は現在就職活動中の大学3回生です。来週、某企業の説明会に行きます。参加する際に履歴書を提出しなければなりません。学校からもらった履歴書には名前・住所の他に「卒論のテーマ」「卒論の概要」「学生時代特に力を入れたこと」「自己PR」を記入しなくてはならないんですが、「学生時代特に力を入れたこと」「自己PR」が上手く書けないのでアドバイスをして頂きたいと思っております。 自己分析は参考書を買って春から進めてきたんで、一応終わってます。 正直、「学生時代特に力を入れたこと」なんてアルバイトしかありません。授業の方は頑張って、3年の前期終了時点で卒業に必要な単位(ゼミの単位を除いて)全て取得しました。しかし、成績は優が32個、良が13個、可が12個です。わざわざ自分から話をする成績じゃありません。 資格は普通自動車第一種免許、TOEICスコア530点。趣味は音楽鑑賞、読書、英語で外国人とメール交換することです。サークルは大学1年~2年の間サッカーサークルに入りました。某公的機関でインターンシップも経験しました。インターンシップで得たことを考えても全然思い浮かびません。任された仕事も簡単な事務作業ばかりでした。 上記の理由で「学生時代特に力を入れたこと」と「自己PR」のネタがどちらもアルバイトになってしまうんです。 先ほど書きましたが、春から自己分析を進めてきました。なので一応自己PR文は出来ています。学生時代特に力を入れたことも自分なりに考えて書きました。それらを学校の就職部に添削してもらったのですが、良い返事を頂けませんでした。内容は『「自己PR」がアルバイト経験に基づいた話』『「学生時代特に力を入れたこと」は人付き合いを通して自分にプラスになる要素吸収してきたこと』を書きました。正直どちらもアルバイトについて書きたかったんですが、自分を語るのがアルバイト経験だけというのは印象が良くないだろうと思い、止めました。 就職部の方が言うには、「話のネタはなんでもいい。できれば学業について書く方が良いが。大事なのは表現力だ。」と言われたんですが、本当にネタはなんでもいいんですか?私が最初に書いた「アルバイト」と「人付き合いを・・・」でも良いのでしょうか?もっと他のネタを考えた方が良いのでしょうか? あと、「学生時代特に力を入れたこと」に関しては「何に力を入れたのか、なぜ力を入れたのか、そこから何を得たのか、そしてそれをどう活かしたいのか」を書き「自己PR」に関しては「自分の強みは何か、なぜそう言えるのか(過去の具体的な体験)、そしてそれを今後どのように活かしたいのか」をどちらも約250字程度で書かなくてはなりません。たった250字でそんな具体的に書けないんです。うまく文章で表現するコツも教えて頂けないでしょうか? 最後まで読んで下さった方ありがとうございました。上手く文章がまとまってなくてすいません。アドバイスよろしくお願いします。

  • 学生時代力を入れたことと自己PRの違い

    現在就職活動中の大学4年生です。 エントリーシートで、学生時代力を入れたことと自己PRを記入することが多いのですが 似たような感じになってしまいます。 自己PRは経験を入れずにもっと抽象的な感じでいいんですか? (例えば「新しいことに積極的にチャレンジし、自分が成長できるように心がけて行動しています」の様な) 自分のプラスの面を書こうと思うと、自然と大学での経験と関わってくるのですが 同じエピソードを書くのはしつこいですよね? それぞれどういう風に書いたらいいのか教えてください。

  • 「面接での自己PRは、学生時代がんばったことからが基本でしょうか?」

    「面接での自己PRは、学生時代がんばったことからが基本でしょうか?」 こんばんは。アドバイスいただけたらと思います。 私は高卒で就職し、社会人3年を経て大学を受験して入学。 現在3年生(25歳)で就職活動を行っている女子学生です。 以前から自己PRを考えてたところ、学生時代の経験を含めた話よりも 「社会人から一念発起して大学に挑戦し、様々なこと(ゼミ・部活・アルバイト)に励んできた」ということから、 「向上心が強く、目標に向かって課題を解決しようと努力できる」ということのほうが自分としては自信を持って言えるのですが、やはりこれでは通用しないのでしょうか。 学生時代がんばってきたことを言えば、チームでの役割などのエピソードもありますが、 私としてはやはり一般的とは違う経歴がハンデでもあり、強みでもあってほしいと思っています。 来週面接を控えており、その企業は「がんばる人には手を差し伸べる社風」だと人事の人から伺いました。 そんな企業であっても、経歴はあえて触れず、まっさらな状態の新卒として同じように学生時代を述べたほうが良いのでしょうか。 採用に詳しい方の意見を特にお聞きしたいです。 よろしくお願いします。

  • 自己PRと学生時代頑張った事のエピソードが重なります…

    こんにちは。新卒就活生です。 面接やエントリーシートで自己PRと学生時代頑張った事を別々に聞かれたらどうすればいいんでしょう? 自己PRと学生時代頑張った事を裏付けるエピソードが重なります… 学生時代部活もしていましたが、1年半で辞めてしまい、どう探ってもいい思い出、得たことがありません… エピソードは被っても大丈夫でしょうか? ネットで検索していても「バイトしかやってなかったと思われるのでエピソードは別にした方がいい」や「一貫性があるので同じでも大丈夫」などの意見をよく目にし、どちらがいいか分かりません。

  • 学生時代に打ち込んだことがありません。

    こんにちは。私は現在就活中の大学3年生です。 エントリーシートを書こうとしているのですが、自己PRと「学生時代に打ち込んだこと」の欄が書けません。 学生時代は、勉強を頑張ったわけでもなく、サークルで大した活動もしていませんでした。バイトも2ヶ月間宅急便仕分作業を経験しただけです。3年間、だらだらとゲームやマンガで無駄な時間を費やしてしまいました。 自己PRでは、忍耐強さをアピールしようと思うのですが、大学生活を通して継続したことが見当たりません。 思い付くことは、大学には片道2時間かけて通いながらも、遅刻と欠席はほとんどせず講義に出席したことです。人よりはさぼっていないつもりです。そんなの当たり前だと思いますが…。 また、3年の夏からパソコン教室に通い資格を取っています。しかし、資格はあまり選考で評価されないと聞きます。始めたのも夏からと短期なので、アピールポイントには欠ける気がします。 自分が何もしなかったのが悪いことは重々承知しているのですが、こんな私にアドバイスをよろしくお願いします。長文失礼致しました。

  • 学生時代にがんばったことが見つからない

    現在大学4年生で就職活動中の者ですが、 困っているいることがあります。 それは学生時代にがんばったことが何もないということです。 私はサークルには入っておらず、バイトもしていません。 楽な学部なため、授業も今は週に1時間しかありません。 ほとんどニートのような生活を送っています。 就職活動を始めるまでは何も困ることはなかったのですが、 この時期になって自分に何のアピールポイントもないことに 気付きとても焦っています。 受けるとこ受けるとこ次々と落ち、手駒もなくなってしまいました。 大学生活を何も考えずにダラダラと過ごしてしまったことを 非常に後悔していますが、全て自分の責任ですし どうしようもないと思っています。しかし自分としては 新卒で正社員になっておきたいです。 どんな些細なことでもいいと思っても、 本当にがんばったことが思い浮かびません。 何とか学生時代にがんばったことを見つけ出したいです。 同じような経験をされた方や人生の先輩方に、 何かアドバイスをいただければありがたいです。 どうかよろしくお願いします。

  • 自己PRと学生時代に頑張ったことの内容について

    はじめまして。 同じような質問が多くてうんざりするかもしれませんが 答えてもらえるとうれしいです!。。 今公務員の特に市役所県庁を目指していて ほぼ派遣のアルバイトしか学生生活でしてこなかったので、 自己PRと学生時代がんばったこと、について同じことを書こうと思うのですが。 自己PRで 仕事では周りと連携をとりながら協力して作業することを大切にしています。 私はアルバイトで地域の方や様々な業者さんとイベントやお祭りの運営などをしていました。 毎回初対面の方多いので連携が上手く取れませんでした。そのため私は元々明るい性格なので作業前に周りに話しかけると共に率先して仕事をしていました。その結果業者さんから逆指名をされたりリーダーに選んでもらえたりするようになりました。 と書いたのですが 次にがんばったことを書こうと思うと全く同じことしか出てきません。。 この文章をがんばったことに使って 自己PRはこれを簡潔に書いたverにしたほうがいいでしょうか? 拙い日本語ですみません

専門家に質問してみよう