• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

雑所得の取り扱いについて、

私はアフェリで収入(米ドル収入です。外貨普通預金に入っています。円に換金していません)を得ています。 雑所得でも事業所得でも申告出来ますが、 昨年は事業所得で申告しました。 そこで為替差損が出た場合、為替差損は雑所得ですので、事業所得とは相殺出来ないので、雑所得から相殺となると思います。 ですので今年の収入は雑所得で申告して、そこから為替差損分を相殺しようと思うのですが、これで良いのでしょうか? 為替損益の申告の際、銀行から証明書のようなものが必要なのでしょうか? また、その所得は米ドルのままになっていて、円に換金していないので、実質的に為替差損が発生していないから申告の必要はない、と言う人もいますが、 実際どうなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数580
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

非常に難しい問題ですね・・・回答と言うよりアドバイスです。 recsaさんは http://www.yasagaku.com/zeikin/zeikin1-3.htm このサイトをご覧になったのでしょうか? 基本的に書いてある通りとなります。 反復継続して取引をしているのなら、事業的規模に関係なく事業所得となります。 ただし、会社員としてアフェリエイトを副業で行い、取引が継続していないような 場合には雑所得となります。 ここで問題なのですが、一度でも雑所得として申告すると、事業所得とならない かも知れないと言うことです。あくまでも「かも」です。 私の知っている限りで、どこにもこのような規定が無い(はず)のです。 >為替損益の申告の際、銀行から証明書のようなものが必要なのでしょうか? 資料提示を求められたら提出できる状態であれば、添付の必要はありません。 >円に換金していないので、・・・申告の必要はない これはその通りとなります。 円に換金したときの年度において為替差益の申告をして下さい。 不動産を譲渡したような場合の、譲渡所得の計算においては、円換算しなくても 取引日のレートで収入を計上し、取得費は当時のレートで計算しますので 為替差損益は譲渡損益に含まれて計算されるときもあります。 このような場合には、その後円に換金した際に為替差損益の認識を行います。 なお、前記サイトの中では、所得税の計算における外貨収入のレートはいつでも良い、 となっていますが、これはどうかな、と思います。 収入確定主義ですので、収入を得ることと確定した日のレートによることが大原則 と思われます。 しかし、所得税法の中で外貨建取引に関する記述が見あたらないのです・・・ 収入を得たときに換算するのが「普通」であるから、わざわざ記述しなかった のかどうかも残念ながら判りません。 規定がないから「いつのレートでも良い」というのは極論かな、と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

返答ありがとうございます。 アフェリ収入を小切手で貰った場合、adsenseなどでは、年度内のどのレートで円換算しても良い、と言っているようですね。 税務署でも聞いた事があるのですが、 小切手をドルのまま外貨預金に入金して、年度内もそのままの状態の場合、ドル建てで口座に入金された日のレートで計算、と言われました。 年度内のどの日のレートでも良いと言うのとは、ちょっと違いましたが、 冒頭の私のドル収入は、2003年からずっとドルのままになっており、円換金していないので、申告は必要ないのですね。 それから現在は、ドル建てコミッションを銀行の日本円口座に送金してもらっています。 入金された時点で自動的に円に変換されます。 流れはまずこちらから、請求書を送ります。 その時点で売掛金が発生。売掛金をその日のレートで円換算しておき、 実際にドルから円に変換されて、入金された時点で売掛金の回収、と言った形で処理をしています。 売掛金-売掛金の回収(円で入金された分)=差し引き残高。 差し引き残高は、日本円なら通常ゼロですが、この場合、為替損益が発生するため多少プラスかマイナスになります、この部分を雑所得としています。 でも上記で紹介されたページでは (実際の換算額(円での入金額))-(1.で決めた収入額(外貨のときレートで計算した円の額)=(為替差益、もしくは差損) と処理しています。 これだと 売掛金の回収-売掛金 の処理に近いですね。私の計算と逆。 私の方が間違っているのでしょうか?

関連するQ&A

  • 雑所得の経費について

    経費がどこまで認められるのか? 分からないのですが、 例えば所得が 事業所得 600万円 (外貨建て収入など) 雑所得  30万円 (外貨建て収入の円換金差益)      3万円   (外貨証拠金の収益) の場合ですが、 雑所得である外貨証拠金の収益(3万円)を得るために 書物購入や講習会(交通費も計上)などに出席し、その費用が年間15万円ほどになったとします。 この場合、外貨証拠金の収益は3万円 しかありませんので、その収入を得るために使用した経費15万円は、収入の3万円をオーバーしていますが全収入(事業所得+雑所得)の経費に計上できないのでしょうか? またこの外貨証拠金を得るための経費15万円(講習会、書物など)は、 事業所得(外貨建て)の請求時期や入金された外貨建て収入の最適な円換金時期を割り出すのにも役立てました。(円換金差益は上記の30万円) 広い意味で言うと、事業所得の経費にもなる訳ですが、事業所得+雑所得の経費にして良いのでしょうか?個人で判断するしかないですか? 宜しくお願い致します。

  • 雑所得と事業所得

    競走馬を保有し、賞金による収入を得ています。 雑所得として申告する場合と事業所得として申告する場合には何か 違いはあるのでしょうか?

  • 雑所得について

    雑所得に関して 確定申告等の記載方法に不明な点があります ので宜しくお願い致します。 1、確定申告書Bの収入金額等欄、所得金額欄などに雑と書かれた 雑所得を記入する項目がありますが、 これは青色申告決算書の(1)の売上金額(雑収入含む)欄の 雑収入とはどのように異なるのでしょうか? 以前申告のときに青色決算書の雑収入は事業に関わる雑所得と 聞いた事がありますが、良く分かりません。 2、私は米ドルで収入を得ています。 ドルで銀行口座に入金して貰い円換金する場合などには 為替損益が発生します。 為替損益は雑所得になるはずですが、この為替損益は 青色決算書の(1)売上(収入)金額(雑収入を含む)に含めて記載するのでしょうか? それとも青色決算書には事業売上げと合算して記載せずに 確定申告書の雑所得欄に記載 して青色決算書に記載される売上金額とは 別管理されるべきものなのでしょうか? 為替損益は事業用口座に反映されています。 仮に青色決算書に為替損益を含めなかった場合、 貸借対照表の左右が為替損益分合わなくなってしまいます。 資産の部の、その他の預金欄の銀行口座残高には為替損益分 が反映されているのに 負債の部の青色決算書の特別控除前の金額には 為替損益が除かれているからです。 青色申告決算書の売上げに為替損益を合算して記載して良いの でしょか?そうすれば辻褄が合います。 それとも為替損益分だけ別扱いして貸借対象表が合わない 場合、貸借対照表の青色申告特別控除前の所得金額に為替損益 を加算した値にして処理する。 そうすると青色決算書の43の項目、青色申告特別控除前の所得金額 と貸借対照表の同項目が為替損益分一致しなくなりますが、 そこは説明できるようにしておけばOKでしょうか? それから外国為替証拠金の為替損益もあるのですが、 雑所得などで上記の為替損益と合算できると思うのですが、 こちらは銀行口座に利益は入金されていません。 年間の収支が分かっているだけです。 やはり為替損益すべて青色申告決算書の売上金額に含めて 記載すれば計算はピッタリ合うのですが、そうしておいて 中身の処理については説明できるようにしておけば良いのでしょうか? いずれの方法を取っても税額は同じなのですが、 困っています。。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

売掛金の計算ですが、recsaさんの計算が合っています。 紹介サイトも間違いとは言い切れないのですが、簡便的に記述するとこのようにしても 一概に間違っているとは言えません。(何せ、いつのレートでも、と言ってますので) 例えば・・・ 売掛時100$(@100円) 回収時100$(@101円) 期間中の最低レート(@99円) と仮定してrecsaさんの式に当てはめてみると、 100$×100円(売上計上)-100$×101円(回収)=△100円(為替差益)となりますので、 recsaさんの方法で合っていると思います。 紹介ページではいわば、 100$×101円(回収)-100$×99円(売上計上)=200円(為替差益)ですが、 実際には売上計上が少ない分、利益が△100円となります。 もし売上と為替差益が同じ所得の種類であるのならば、二つの計算方法は、 互いに益金の額が変わらないのです。 ですが、この場合の為替差益の認識は、100円であり200円ではないと思います。 いつのレートでも、と考えるからこうなるのですね。 ですから紹介サイトは違うのではないかなぁと申し上げたのです。 上手く説明できませんが、recsaさんの方法が正しい処理だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 事業所得と雑所得の違いは?

    確定申告時に、事業所得とするか、雑所得とするかで、悩んでいます。 昨年6月末に会社を辞め、その後求職活動をしながら、フリーでWEBデザインのお仕事を受けていました。 6月末までの給料が約200万、フリーで受けていたデザイン料が250万と、給料以上の収入があります。 この場合、フリーで受けていた仕事は事業所得とすべきでしょうか? 自分としては、事業をしているつもりはないのですが、今後、このまま就職が決まらないようであれば、事業として届け出をすることも考えようかなとは、悩んでいるのですが、今は、まだ就職をあきらめられません。 ちなみに、事業所得を雑所得と申告すると、何か問題はありますか? 税率なども同じみたいですし、経費を差し引いてもマイナスにはならないため、雑所得で申告したいのですが。。。 どなたか詳しい方、よろしくお願いします。

  • 「事業所得と雑所得の違い」について

    「事業所得と雑所得の違い」 http://niwa-tax.com/596.html の中で 「個人で商売をおこなっている場合、それが事業所得に該当すると、他の所得と損益通算できます。しかし雑所得に該当すると、原則として他の所得と損益通算できません。 とあります。」 私は農業を営み青色申告で確定申告をしています。他に太陽光発電事業をしており、農業の雑収入で出したところ税務署より雑所得で出すように言われてそのようにしていましたが、29年度は農業所得が赤字になりました。この場合農業での赤字は雑所得の太陽光の所得から引けない?相殺できないということでしょうか?

  • 雑所得と事業所得

    サラリーマンですが副業で1000万以上の収入あります。 今年は白色申告です。 雑所得と事業所得のどちらで申告しても 税額は全く同じなんでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 雑所得について

    今年から為替にて生活をしているので雑所得にて確定申告をするつもりです、趣味でやっているパチンコも同じように雑所得だと思うのですがこちらはマイナスになっています、 この場合は(為替の収支-パチンコの収支)にて申告出来るのでしょうか? パチンコの収支は毎日記録は付けていますが負けている証拠はありません、なので申告しても信じてもらえないか、そもそも雑所得は収支の合計は出来ないのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 動画の広告収益は雑所得?事業所得?毎年変えれる?

    今年個人事業主になって来年初めて青色申告をします。 今年の収入としてyoutubeの広告収入などがあるのですが、広告収益は事業所得か雑所得かで申告していいと知りました。 ただ、私は今年FXで100万以上の損失を出しており、FXについてはサラリーマン時代同様に雑所得でマイナス繰り越しをする予定なのですが、広告収益を雑所得扱いにすれば損益通算ができるでしょうか? 広告収益を事業所得とした場合 →FXの損失と打ち消しあえない。広告収益が100%所得になり節税できない。 広告収益を雑所得とした場合 →FXの損失と打ち消してマイナスを減らし、広告収益の所得をゼロにし、今年の所得を少なくして節税できる? 上記2パターンと思われますが、今年は雑所得の損失が大きいのでわざわざ事業所得にせずに雑所得で相殺してしまったほうが、所得を抑えられて節税になるなと思うのですが、都合の良い方にしても良いのでしょうか? また、2018年分の申告では広告収益を雑所得に入れたけど、2019年分では事業所得に入れたなど、年によって広告収益をどっちに入れるかをコロコロ変更してもいいものなのでしょうか? 今年が初めての青色申告なので、最初に入れた方に統一しなければならないなどであれば事業所得にしておいたほうが後々いいかなとかも思うのですが。 ご教授ください。よろしくお願いいたします。

  • 事業所得?雑所得?

    私は無職で給与所得がありません。 しかし個人的にやってたアフィリエイトが200万の収入を得ることが出来ました。しかし並行してやっていたFXは50万円ほどのマイナスになっています。 来年からは開業届けを出してアフィリエイトを事業にしようかと思っています。しかしそうなるとアフィリエイトは事業所得となり、FXの雑所得のマイナスが通算できなくなります。 つまり今年のアフィリエイト収入は雑所得として、来年のアフィリエイトは事業所得にしたいのですが、開業届けを来年出せばこのようになるのでしょうか・

  • 為替差損益の記帳

    個人事業で昨年度から外貨で収入を得ています。 外貨で外貨口座に売掛金を入金された時、入金を記帳する他に、 その日のTTBで新たに円換算して売掛金発生時のTTB円換算額との為替差損益も記帳する必要はあるのでしょうか。 実際に円に換金するのは数年後を考えていますが、 その時に為替差損益を計上するのではいけませんか? また、その為替差損益は、記帳するときに 「為替差益(為替差損)」「雑所得(雑損失)」「事業主借(事業主貸)」のうち、どの科目にすればいいのでしょうか。 調べていると上記について色々なご意見を見つけて、 最終的にどう処理するのが正しいのか困惑しています。 詳しい方に教えて頂けると助かります。 どうぞよろしくおねがいします。

  • 雑所得の申告

    20万円以下の雑所得が申告不要とは、給与所得者の場合だけで、個人事業の事業収入者の場合も該当するのでしょうか。

  • ドル投資の雑所得の仕組みについて

    ドル投資の雑所得の仕組みについて 2007年10月より円→ドルに換えて年6.5%の利率で投資していました。3年満期で今年の10月に満期を迎えます。先日、税務署より連絡が入り、毎年のステートメントを送ってくださいと言われました。 税務署からは「毎年の年末のレートで円換算して20万以上利益があれば雑所得として申告が必要です。」と言われました。1年後の利息は1980ドル増え31980ドル、2年後の利息は4092ドル増えて34092ドルまでドルは増えていますが、2007年に1ドル116円で買った商品なので2008年のTTMは90円、2009年のTTMは91円と円安になり、元本を合わせたらどの年も20万円以上の利益はでませんし、元本割れしてます。安心してステートメントを税務署に送ったら、電話が来て「どの年も20万円を少し超えています」と言われました。利率分を含めても元本割れしているのに、どうしてそういう税務署の回答になるのでしょう。 利率分だけ、円に換えると2009年は37万くらいの利率分の収入はありますけど…実際は為替差損しているのに利率だけで雑所得として計算されるのでしょうか? そして不可解なのが、「20万円を超えてる」と言われたのに、特に手続きの必要はないというのです。 満期を迎える今年の確定申告の時に、円安になれば必要かもしれませんと言われました。 とりあえず手続きは不要みたいですが、何が何だか分からず、困っています。 雑所得に詳しい方、お分かりになる方、回答をお願致します。

  • 雑所得について

    給与者の場合20万を越える雑所得は他の所得と通算して確定申告しなければならないと思いますが、足すのは20万を超えた分の未でしょうか それとも雑所得全てでしょうか? 控除後給与所得200万 雑所得 30万の場合 (1)200万+(30万-20万)=210万が総収入となる。 (2)200万+30万=230万が総収入となる。 どちらでしょうか?