• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

エンジンオイルへの水分混入

軽のプレオに乗ってますがエンジンオイル、エレメント交換をSABにてしましたが その際にエンジンオイル内に水分が混じっていますと言われました。 要因として、オイルキャップの裏に白いグリス状?みたいな物が付着していたのと エアーフィルター内に水滴が溜まっている事でした。 しかし、良く考えるとエアーフィルタ部から水分が入るとガソリンと一緒に燃焼されてしまうのでは? それとも、上記の様な現象になるのでしょうか? あと、軽にはこの現象が多いのでエンジン内のクリーニングをお勧めしますとの事でしたが 予算の関係で次回と断りましたが。

  • 800
  • お礼率53% (15/28)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数5204
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

エンジン内の水分について少し勘違いされているようですね。 吸い込み口から吸い込まれる水分量はそれほどではありません。ある意味殆んど気にしなくてもいいかもしれません。 ひとつは燃料タンク内で結露した水分がガソリンと共に送り込まれること。 もうひとつはエンジンが冷え切っている状態でセルを回し始動した時に生じる水蒸気が、冷えたエンジン内で結露したもの。特にエンジンが温まらないうちの走行を重ねると増えるそうです。 それが少ないうちは乳化した物(オイルと水の混合状態)がキャップにつく事も少ないですが、オイルパンの底に溜まった水分が多くなって来るとこのような傾向になってきます。 こうなるとオイルの潤滑効果も非常に低下するのでエンジンの為に良くありません。 近距離移動を繰り返すならエンジンの暖機をお勧めします。冷えたままでの走行と走行停止はエンジンにも他の部位にも良くありませんので注意した方が懸命です。 一度クリーニングして、その後は自動車の乗り方をアドバイスを受けることをお勧めします。 オイル交換時の下抜きと、暖機運転、少し多い距離の走行をする事もお勧めです。 但し今の状態で走り回るのはあまりお勧めできないので、他のサービス工場で相談するのもいいでしょう。 あんがいやすくすむこともありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

水分についてはお店の方がこれが原因でしょうと言われたもので、かつ初めての現象でしたので。たしかに、短距離走行が多いので乗り方を工夫してみます。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • エンジンオイル内に異物が混入したら?

    今日、エンジンオイルレベルゲージを引き抜いてタオルで拭いたのですが、もしタオルの細かな糸が1本ゲージに付着して、気付かずに戻して糸がエンジンオイル内に混入してしまったら、故障の原因になるのでしょうか?それとも、フィルターでキャッチされたり、燃焼したりするのでしょうか?

  • エンジンオイル注入口からオイルが噴きだす?

    HONDAのビートに乗っています。 エンジンルーム内が陽圧状態となり、エンジンオイル注入口のキャップを緩めると「ブシュー!」と圧が抜け、キャップが締まった状態でも気が付くとエアーと共にオイルが噴きでていることがあります。キャップの内側には、オイルと水が混ざった乳白色のエマルジョンが付着しています。 これって、どうゆう事が考えられるのでしょうか?

  • オイルの汚れの原因は・・・・

    過去の回答で オイルの汚れの原因が  「オイルの汚れの要因は、70%エアークリーナーからの混入物と言われています」 と教えていただきました 下記を教えていただければと思います 1:エアクリーナーとは  エアーエレメントの事でしょうか? 2:エアーエレメントの空気がエンジンの中に入っているのでしょうか? 3:エアーエレメントが時折、 エンジンオイルで汚れている車がありますが それば エンジンからオイルが何らかの形で 逆流?  したという事でしょうか? 4:エアーエレメントの空気がエンジンに入っているとするならば    時折 エアーエレメントを掃除しますが その時  ほこりが クリーナーよりエンジン側に   落ちたとして そのまま エアークリーナーを付けた場合       そのほこりは クリーナに絡まないので そのまま エンジンに入ると考えていいのでしょうか? 5: もし 上記4の通りだとすると   あまり頻繁に 必要以上に エアークリーナー掃除は避けた方がいいのでしょうか? とりとめのない質問で申し訳ありませんが  お教えください

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • 128yen
  • ベストアンサー率44% (107/243)

数ヶ月前までプレオ(C型、LS、CVT)に乗っていたものです。 私も800さんと同様の現象を体験しました。 この白いグリス状のものは、マヨネーズって言ってましたが。 エンジンオイル&エレメントは自分で交換していたのですが、 冬の寒い時期に交換した時にだけ付着していました。 ネットでいろいろ調べてたり、質問したりしてわかった事は、 『結露によるこれはエンジン内のオイルミストと空気の混合物』です。 エンジンの温度が低く・背圧(シリンダブロック内圧力)が 低い状態を長期にわたって続けた場合、発生しやすくなります。 いわゆるチョイ乗りばかりっていうやつですね。 マヨネーズが付くと燃費や回転フィールが悪くなりますが、 低回転を続けていたためにカーボンによるプラグ汚損や 排気通路の閉塞を併発するかもしれません。 ただマヨネーズは余程ひどい状況でなければオイル通路や オイルパンには発生しづらいですが。 対処法としては、 ・オイルミストが出にくいオイルを選ぶ。 (同じ粘度でも違うものを選ぶ。) ・チョイ乗りの場合でも、たまには高回転まで (CVTの場合はSレンジで)引っ張る。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

初めてのオイル交換でしたので、次回暖かい時期に再度確認してみます。中古なので以前乗っていた方の走行状態がわかりませんが、私は確かに短距離走行が多いです。ありがとうございました。

  • 回答No.4

こんにちは。 エンジンオイルと水が混じると、そういう白いドロットとした物になります。 原因は、他の方が言われている結露による物や冷却水がエンジン内で漏れた状態でなったりします。 しばらく、冷却水の減りなど様子を見て、再びなるようでしたら整備工場で点検してもらいましょう。 車を預ける事になると思いますが、漏れているかチェックしてもらえるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

中古で購入して半年ですが、冷却水は減っていませんので様子をみて点検してみます。ありがとうございました。

  • 回答No.2

エンジン内のクリーニングより前に根本的な原因の究明が先だと思いますよ。 エンジンのどこかで冷却水が漏れてないか、見たほうがいいかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#10873

チョイ乗りが多い方の車によく見られる現象ですね。これはエンジンが暖まっていない時に、エンジンを停止すると燃焼時に発生したブローバイガス(未燃焼ガス)が空気中の周りの水分を拾い、エンジン内が冷たい為に結露した水がキャップに付着します。エンジンが暖まっていると結露が起きませんので、このような現象は起きません。 簡単に言いますと コップに注がれた冷たい水が結露するのと同様な現象です。 上手く説明出来てませんが・・・。(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ユニットバスの換気扇

    皆さんこんばんは 昨年の8月に建て替えた家の引き渡しを受けました。そのユニットバスの換気扇ですが(乾燥・暖房機能つき)最近入浴中に換気扇から浴槽に水滴が落ちてくるようになりました。 どうも換気扇の中のフィルターに水分が付着して、水滴が浴槽に落ちてくるようなのですが、半年足らずでこのようになるものでしょうか?フィルターは掃除をしております。どのようにしたらこの現象が解消するかどなたかアドバイスをお願いいたします。因みに2月15日にHMの半年点検を受けたばかりです。(この時は、特に気にしなかった為HMには何も話しておりません)   宜しくお願い致します。

  • コンプレッサーの水分トラブル処理

    この時期、エアー取り出し口から水が出てきてくるというトラブルに見舞われています。ドライヤーはつけているのですが、建屋の1Fと2F同時に使用した時、2Fから水が出るとの事で、変な現象ですが、1Fから2Fに上げる配管が室外配管になっているようで、外気温との差による内部結露か?と考えつつなんとかエアー排出口の一歩手前で水分を抜いてやりたいのですが、どのような機材設置すれば良いのでしょうか?素人的に思い浮かぶのは一般的なフィルターでドレイン付きのものを考えていますが。いろいろ勘違いしている可能性もあり、専門家の方のアドバイスをお願いしたいです。

  • 装置用ドライエアーの仕様について

    現在、テストハンドラーを経由した製品の表面に水分が付着する 問題に悩まされています。 おそらく、装置上、エアーを製品の上部に吹き付ける箇所があることから、 ドライエアーの問題(除湿しきれていない)と推測しています。 現行の仕様は、   ポンプ ⇒フィルター? ⇒ 冷却機(露点温度2~10℃)⇒  フィルター? ⇒ フィルター? ⇒ 装置フィルター ⇒ 装置 となっています。 1.冷却機後のフィルター?、?で既に水滴がついているのですが、   これは、通常考えられることなのですか?   ※冷却機メーカーはそう言ってますが・・。 2.製品にエアーを吹き付ける箇所がある装置を使用する場合、   上のような構成、冷却機の仕様は十分と言えるのでしょうか? 3.現在、台湾メーカー⇒上海代理店の装置を使用していますが、   なかなか、彼らの情報が怪しく、信用できない部分があります。   上海市内でどこかよいメーカーはありますでしょうか?    ※ドライエアー設備&サポートに関して 皆様のよいアドバイスお待ちしてます。

  • 初めての車検 走行距離24000 三菱コルト

    初めての車検をするにあたって質問があります。 車は三菱のコルトです。 走行距離24000キロ。 エンジンオイル、エンジンオイルフィルター、ワイパー、ライトは定期的に交換していました。 今履いているタイヤは12000キロ程度走っています。 バッテリーは9ヶ月前に弱まったので交換してあります。 このような状況で車検をするのですが 私から民間工場にATFとエアーエレメントの交換を依頼しました。 その後の連絡ではエアーエレメントは清掃となっていました。 これは清掃で十分なのでしょうか? また、ラジエーター、ブレーキフルード、プラグ等は交換しなくてもいいのでしょうか? ブレーキオイルは交換となっていました。 知識があまりないのですが、気になった点をあげてみました。 今は交換せずに三万キロ程度走ったところで交換した方がいいものなどもありましたら教えてください。

  • プラグかぶり、及び水温計が高い要因(マジェ C)

    マジェスティーCに乗っていますが、最近点火プラグがよくかぶってしまいます。また、冷却水の水温計が走っているとオーバーヒートまではいきませんが、以前より高い値を示します。(以前は水温計の半分ぐらいの値でしたが、今は走っていると3/4~4/5ぐらいの値まで上昇してしまいます) プラグかぶりと水温計上昇は別要因かもしれませんが同時期から症状が現れるようになりました。 自分が考える要因は、 (1)エアーフィルターの目詰まりにより、ガソリン燃焼の空気比率が少なくなってしまい、ガソリン濃度が濃くなり、プラグがかぶりやすくなった。(以前は洗車時に何も気にせずエアクリに水をじゃぶじゃぶ掛けていました。また、走行20,000kmで一度もエアーフィルター交換していません) (2)キャブの動作不良で燃焼ガソリンの濃度が濃くなってプラグがかぶりやすい。((1)の要因の為洗車時に水と一緒に泥汚れ等がキャブに溜まってしまい動作不良が起きているのかも)←キャブのOHをすれば解消できると考えています。 上記のどちらかが要因かと考えていますが今回の考えられる要因を教えていただけませんか? ちなみにガソリンの燃焼濃度が濃ければエンジンの温度は高くなりやすいでしょうか?イメージだと高くなるような気がするのですが。 また、エアーフィルターを交換したいのですがエアクリが純正のものではありません。(車両は中古で購入し、当初から社外のものが付いているのでメーカーや型式が不明です。)その為、どのフィルターを購入すればいいのかわかりません。このような場合は、エアクリを購入しエアクリごと交換するしかないでしょうか?それとも、汎用のフィルターのようなものはありますでしょうか? バイクの知識に関して素人ですのでどうかご教授よろしくお願い致します。

  • 車検時に交換すべきもの

    16年2月登録のマーチ、走行距離約3万キロです。2月に初めての車検が来ます。 今までに交換してきたものは・・・ ○エンジンオイル8回 ○オイルエレメント4回 ○ATF1回 ○タイヤローテーション2回 ○ワイパーブレード2回 ○エアコンフィルター2回です。 そろそろ、エアーエレメント・LLC・ブレーキフルードなども交換しなければいけないと思っているのですが、これら以外で3年3万キロを目安に交換すべきものはありますか??

  • オイル交換後に異変

    エンジンオイルとフィルターを交換した後 暖気をしていると白いけむりと焦げた臭いがしてきました。 少し走ってみたのですが、怖くなってすぐに乗るのを止めました。 ラジエター、エンジン、エキパイのどこからけむりが出ていたのかわかりません。 バイクはオイル交換前まで絶好調です。 オイルは規定量を入れました。 不安の要因は半年前の残りオイルと最近購入したオイルを混ぜた事。 (同じメーカー同じ粘度です) エキパイなどに付着したオイルが このような状態を引き起こしたりしますでしょうか? 他に考えられる要因はありますでしょうか? よろしくお願いします。

  • オイル量の測り方等について

    タントカスタムですが、オイル下がり現象で困ってます。2000キロで1.8リットルのエンジンオイルが燃焼しました。なので多く見積もって100キロ走って100mlオイルが減ります。 なので定期的にオイル量を測って不足分のオイルを継ぎ足していくという事で修理屋と決めました。 質問です。 オイル量測る時ゲージ棒を差し込んで、オイルが付くところで測定しますが、なぜか、ゲージのいたるところにオイルが付着してオイル量がわからないので困ってます。 コツがあったら教えてください。

  • ライフ車検で必要な整備項目は?迷っています。

    今月が7年目の車検。 ホンダのライフです。 45000km 見てもらったわけではないのですけど、ディーラーの営業に電話で聞いたら、大体8-9万円くらいです。 主な交換は、 マスターシリンダー交換。 なんだそりゃ? ATF交換 4駆オイル もう一つ言われたけどよく分からない。 だそうです。マスターシリンダーは昔は車検毎に交換だったけど、今は自由だそうですが、どうせ割れてるか劣化しているから変えたほうがいいとか。 こんなもんですか? 自分が交換済みは エンジンオイル、エレメント、エアーフィルター、バッテリー、ワイパー、プラグ、タイヤ 以上です。 そのことは伝えませんでしたが、軽自動車の割には高いかなと感じます。

  • BMW 318Ci (E46) 2004年型 中古

    ■昔からこのクルマが大好きでしたが経済的な余裕もなく、40歳代後半になりました。 しかし気付けば中古価格もなんとか手の届くものとなりましたので、自分なりにネットで調べたり試乗したりして、私の趣味のクルマとして購入(増車)しました。(家族のクルマは国産1ボックスです。) 外車は初めてです。メンテナンスに関しては、部品は自分で取り寄せ、信用できる街の整備工場を探して長く乗りたいと思っています。都内大田区在住です。 納車は2月初めの予定です。このサイトでも比較的良い評判を目にする神奈川県のBMW専門店のTさんから購入しました。 クルマの概況は次の通りです。 今後、このあたりに気をつけた方が良いよ、このあたりは早めに交換した方が良いよ、もしくは納車整備と一緒に有償(+5万円位まで)でもやっとくべきだよ、というところを教えて頂ければ嬉しいです。 ■2004年式走行64000km(全ての記録簿は正規ディーラーでの記録簿です) 【05年】・全イグニッションコイル交換 【06年】・エンジンオイル交換 ・エンジンオイルエレメント交換 ・パワステポンプ交換      ・パワステプレシャーホース交換 ・ATF交換 ・ブレーキフルード交換 【07年】・エアコンマイクロフィルター交換 ・バキュームポンプOリング交換      ・左右ドアエッジプロテクション交換 ・フロントコントロールアーム交換      ・バッテリー交換 ・ワイパーラバー交換 【08年】・エンジンオイル交換 ・エンジンオイルエレメント交換 ・ブレーキフルード交換      ・フロント左右ブレーキパット交換 ・エアコンマイクロフィルター交換      ・ブレーキバルブ交換 【09年】・エンジンオイル交換 ・エンジンオイルエレメント交換 ・エアコンマイクロフィルター交換      ・ファンベルト ・ファンベルトテンショナー ・バッテリー交換 【11年】・エンジンオイル交換 ・エンジンオイルエレメント交換       ・エンジンオイルエレメントケースガスケット交換 ・ヘッドカバーガスケット(Oリング)交換      ・全フューエルホース交換 ・フューエルフィルター交換       ・フューエルフューエルフィラーキャップ交換 ・ファンベルト交換       ・ファンベルトテンショナー交換 【12年】・アッパーホース交換 ・ロアホース交換 ・ラジエターキャップ・タンク交換      ・テンプスイッチ交換 ・ワイパーラバー交換 ・ボンネットエンブレム交換 【今回の納車整備で交換予定】      ・左右ロアアームブッシュ×2 ・ファンベルト ・ファンベルトアイドラプーリ      ・エアコンフィルター ・エアクリーナエレメント ・スパークプラグ×4      ・エンジンフィラーキャップ またこちらの販売店さんのお考えは、以下のとおりです。 □アイドル調整バルブ、スロットルチャンバー内部清掃 □ATフィルター、ATオイル、パワステオイル →劣化や不調があれば実施します。 □カムシャフトセンサー □クランクシャフトセンサー □ウォーターポンプ →故障する前に交換するのが1番ですが、5万キロごと等決まりはなく、症状や故障しない限り交換致しません。 □プラグコード □イグニッションユニット □オイルバンガスケット □フロントブレーキパッド□ブローバイホース □ヘッドライトユニット □LLC □フロントショックアブソーバー □ショックアブソーバーマウント □足回りのブッシュ□マフラー →交換時期というよりも、劣化や摩耗量の度合で異なります。 宜しくお願いいたします。