• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

特許と実用新案の違い

特許と実用新案の違いというのはどこにあるのでしょうか? 具体例等を交えてもらえるとありがたいです。 自信ありという方御願いします。

noname#2813
noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数983
  • ありがとう数27

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#1651
noname#1651

現行法に則して説明します。 特許法第2条では特許の対象となる発明を「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう」と定義しています。 それに対し、実用新案法第2条では実用新案登録の対象となる考案を「自然法則を利用した技術的思想の創作をいう」と定義しています。また、実用新案法第1条では「物品の形状、構造又は組合せにかかる考案の・・・」と謳われています。 これらのことからわかるように、実用新案は「形のある物の形状、構造又は組合せで 自然法則を利用した技術的思想の創作」を保護します。 それに対し、特許は形のある物だけでなく、物の生産方法、通信方法、検査方法などの方法、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせたシステムなど 自然法則を利用した高度な技術的思想の創作であれば、無形の物も保護の対象になります。 ちょっと乱暴な表現になりますが、形のある物については、技術的思想の創作が高度か、そうでないかが、特許と実用新案の違いで、無形の物で 自然法則を利用した技術的思想の創作であれば特許となります。 日本の場合、「自然法則を利用した」というところが、特許にも実用新案にも必須の条件なので、純粋なアルゴリズム、ゲームのルールなどは特許にも実用新案にもなりません。 今話題のビジネス特許も、純粋にコンピュータシステムなどと組み合わせて「自然法則を利用した」ものとしないと、日本では特許の対象になりません。 制度的には、特許は出願し、7年以内に審査請求し、審査が通って初めて登録されて権利が発生するのに対し、実用新案は無審査登録です。ただし、登録実用新案に基づく権利行使を行う場合には、特許庁に技術評価書の発行を請求しなければなりません(事実上の審査です)。 また、特許は登録後、年金を払い続ければ、出願から20年まで権利が及びますが、実用新案は登録後、出願から6年で権利期間が満了します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たいへん詳しいご説明ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 実用新案と特許の違いは何??

    実用新案と特許は何が違うのでしょうか。 他社が作ろうとしている製品は、 弊社が取得している実用新案に 抵触する可能性があります。 特許と同様に、 実用新案に抵触している事を理由として 他社の製品を差し止めることは可能ですか?? 実用新案を取得している製品は 法の保護に値するのでしょうか。 お忙しい中、大変申し訳ございません。 恐れ入りますが、ご回答をお願いいたします。

  • 実用新案ってどうなの?

    すごいアイデアを思いつきました。 技術的にはすごく簡単で私には作れませんが その手の業者に頼めばかなり楽チンにできるものです。 あの有名な「端を切り落としただけの健康サンダル」並に簡単なもので、よく言うアイデア商品って奴です。 値段的には100円均一でも売られそうな簡単なものですが 調べてみたところ特許も実用新案もとられていませんでした。 結構需要はありそうだけど、特許は高いので実用新案だけでも取れればと思うんですが、実用新案をとるのにはいくらくらい必要なんでしょうか? この実用新案は発明者を少しは保護してくれるんでしょうか? これを元に業者が商品化してもし売れた場合、実用新案としての特許料は手元に入ってくるのでしょうか? 普段発明などしようと思っていなかったのでこの辺のところがよくわかりません。よろしくお願いします。

  • 特許と実用新案

    特許と実用新案はどのように違うのですか。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#25358
noname#25358

 その昔、特許関連の仕事してました。  特許は、新しい発明です。  実用新案は、過去の発明品の新しい使い方のことです。   実用新案=実用可能な新しい案  ということです。  たとえば、鉛筆のない時代を考えてみます。  木材に炭素棒を通した筆記用具を作り出せば、これは新しい発明ですから「特許」です。  それで、この鉛筆のお尻に消しゴムを付けることを考えた場合、これはすでにあるものに改良をくわえることになりますから、実用新案です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 具体的に説明していただいたため、良く理解できました。

  • 回答No.1
noname#8250
noname#8250

特許庁のサイトをご紹介します。自分で確かめて ください。 チョット苦言。 いくら何を質問して良いとはいっても少しは確かめ た上で質問した方が回答者には意図がつかめます。 何かテストされているようでちょっといやな気分に なっちゃいます。 # 答えなくて良いって言われそうですが。(^^ゞ お役に立てれば光栄です。では。

参考URL:
http://www.jpo-miti.go.jp/indexj.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 たしかに特許庁のページに詳しく説明されていますね。 一応私自身、gooの国語辞典で調べたのですがわからなかったので質問しました。 それでももっと調べてからしなさいと言われてしまうかも知れないですが。

関連するQ&A

  • 特許から、実用新案の切り替え

    特許から、実用新案の切り替えについて知りたいです。 特許を出願してしばらくして、特許にならないと判断して、 実用新案に切り替える時がありますよね。 また、実用新案を出願していて、特許に切り替えることも できますよね。(特許46条、実用新案10条) もし、特許から実用新案に切り替えたとして、 それから1年半後、はじめに出願した特許は、 特許庁にはなぜ公開されないのでしょうか? 自分なりに、調べたところ、内容を同じくする 出願が並存することは権利関係を複雑にするだけであるから、 もとの出願を放棄しなければならないとありました。 (特許46条の2第1項) それならば、はじめに出願した特許はどこへいったのでしょうか? 特許の補正と同じで、特許庁に問い合わせて調べることは できるのでしょうか?

  • 特許と実用新案の違い

    特許の審査請求した物と実用新案で審査請求してない物とは、どちらが、権利が有るのですか? 実用新案で審査請求していなければ、公然の事実と言う事に成ると思うのですが、どの程度、権利が有るのですか?

  • 実用新案から特許に変更して駄目になると、

    実用新案から特許に変更して駄目になると、 元の実用新案は消えるのでしょうか? 消えないならその実用新案の評価請求は可能なのでしょうか?

  • 特許と実用新案

    特許と実用新案との違いは何なんでしょうか? どのような意図においてどちらかを選んでいるのでしょうか?

  • 実用新案と特許との違いを教えて下さい!

    特許と実用新案の違いを教えて下さい! またどのようなことが保護されるのでしょうか?

  • 実用新案を取るか取らないか!

    あるスポーツ用具の新しいアイデアがあるのですが、特許ではなく実用新案程度です。しかし実用新案を取るのは手間が掛かります、そこでアイデアだけをメーカーに売り込みたいのですが、実用新案無しでもビジネスとして成立するのでしょうか?

  • 実用新案について

    実用新案は印税がもらえるのでしょうか? 特許との違いを例をあげて、教えてください。 お手数ですがよろしくお願い致します。

  • 特許と実用新案を比べて見たら?

    特許と実用新案の格というか、相互の関係を教えてください。  実用新案で権利を押さえて、その後その案件で、特許を申請することが出来ますか?  つまり、案件が特許に抵触するかどうか分からないが、早く権利を取得したいが為の思惑です。 漠然とした質問ですが、質問の趣旨をご理解下された方 教えてください。   もちろん届け出ても却下されることが多いことは承知しています。   

  • 特許?実用新案?

    質問させてください。 市販のものAと市販のものBを組み合わせただけの物を作りました。俗に言うアイディア商品です。この2つを組み合せた形状にし、この形状で1つの物としてこれを出願したいんですが特許?実用新案?どちらで出願するべきなのでしょうか? 用途の限定などで狭めてやっと実用新案程度の進歩性と思われますが、様々な本を読むと企業に売り込みに行き商品化を考えている人は実用新案で出さないほうがよい。と書いてあり、特許で出願しようか迷っています。 この程度のアイディアでも売れれば特許になりうるのか?審査請求で拒絶された後の審査官面談を利用して、と本に書いてありましたがなにか参考になることを教えてほしく書き込みました。よろしくお願いします。

  • この場合は、特許?実用新案?でしょうか

    以前に、技術的に全く複雑でなく、確実に実用新案だというものを 申請の参考書を見て、自分で実用新案申請したことがあります。 下記のような場合、どのように考えたらいいのでしょうか。 質問の内容を書いてください今までになく、効果的に起きられる画期的な枕を発明したとします。 バイブレーション目覚まし枕とします。 この場合、実用新案、特許、どちらの申請をしたらいいのでしょうか? (1)枕に内蔵したバイブレーションユニットの振動によって、 快適に高い確率で起きられるとします。 (2)設定時刻に、バイブレーションユニットが振動します。 (3)また、内蔵したバイブレーションユニットは、 枕の洗濯を考え、枕から着脱できるように考えられています。 バイブレーションによって起床する枕が存在しないとして考えます。 ●バイブレーションによって起床する枕が、 画期的に効果的な発明だった場合、特許申請するものなのでしょうか? ●特許の場合は技術的にうんぬん~、ということがあるので、 バイブレーションユニットの基盤や回路の部分を特許申請するのでしょうか? ●実地や統計をとって割り出した、効果的な振動の数値があったとして、そのデータを特許申請するのでしょうか? ●それとも、バイブレーションで起床するという仕組みの案という、実用新案申請でしょうか? バイブレーションで起床する仕組みは、技術的に複雑でも何でもないので特許申請とは思わないのですが。 ●(3)のユニットを着脱できる様になっている、というのは、実用新案でしょうか? (3)の機能は、実用新案、特許に関わらず、 バイブレーション目覚まし枕の申請の説明文章に含めてしまえば、別申請は必要ないと思いますが。

専門家に質問してみよう