• 締切済み
  • 困ってます

実用新案と特許との違いを教えて下さい!

特許と実用新案の違いを教えて下さい! またどのようなことが保護されるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数226
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.4

特許権と実用新案権では、権利行使の方法が異なります。 特許権の場合は、侵害者に対して直ちに権利行使することが可能です。しかし、実用新案権の場合は、特許庁に対して実用新案技術評価を請求し、その評価書を侵害者に対して提示した上で警告をしてからでないと、権利行使することができません(実用新案法29条の2)。 また、実用新案権者が警告や権利行使を行い、その後、その実用新案登録が無効とされてしまった時には、実用新案権者はその警告等をした相手に対して、損害賠償責任を負わなければならない場合があります(実用新案法29条の3)ので、権利行使する場合には、権利者として相当な注意が求められます。 そういった意味で、実用新案は登録を受けるのが簡単ですが、権利行使をする場合にはリスクが大きいといえるでしょう。権利行使を前提とするのであれば、実用新案登録出願ではなく、特許出願にて進めたほうがよいと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

maxakunnありがとうございました。いざ権利行使となると実用新案と特許とでは、リスクにが生じ方が違うのですね。とても参考になりました。またいろいろ勉強していきたいと思いますので、今後ともアドバイス宜しくお願い致します。

関連するQ&A

  • 実用新案と特許の違いは何??

    実用新案と特許は何が違うのでしょうか。 他社が作ろうとしている製品は、 弊社が取得している実用新案に 抵触する可能性があります。 特許と同様に、 実用新案に抵触している事を理由として 他社の製品を差し止めることは可能ですか?? 実用新案を取得している製品は 法の保護に値するのでしょうか。 お忙しい中、大変申し訳ございません。 恐れ入りますが、ご回答をお願いいたします。

  • 実用新案ってどうなの?

    すごいアイデアを思いつきました。 技術的にはすごく簡単で私には作れませんが その手の業者に頼めばかなり楽チンにできるものです。 あの有名な「端を切り落としただけの健康サンダル」並に簡単なもので、よく言うアイデア商品って奴です。 値段的には100円均一でも売られそうな簡単なものですが 調べてみたところ特許も実用新案もとられていませんでした。 結構需要はありそうだけど、特許は高いので実用新案だけでも取れればと思うんですが、実用新案をとるのにはいくらくらい必要なんでしょうか? この実用新案は発明者を少しは保護してくれるんでしょうか? これを元に業者が商品化してもし売れた場合、実用新案としての特許料は手元に入ってくるのでしょうか? 普段発明などしようと思っていなかったのでこの辺のところがよくわかりません。よろしくお願いします。

  • 特許と実用新案

    特許と実用新案はどのように違うのですか。

  • 回答No.3

実用新案は、物品の形状、構造又は組合せ等が保護対象となります。 特許は、上記に加え、それ以外のもの、例えば製造方法も保護対象となります。 ですから、「特許は高度なもの、実用新案は高度か否かを問わない」という建前があるのですが、製造方法の保護を求めようとしたら、高度ではないものでも特許出願することになります。(そうした出願は審査を通らないかと言うと、そうでもありません) また、特許・実用新案ともに、自然法則を利用した技術思想の創作であることも必要です。経済法則や人の心理を利用したものは、原則として保護対象になりません。 この他の分かりやすい違いとして、権利の発生プロセスがあります。 実用新案は、出願すれば、取り下げたり変更したりしない限り100%、実用新案権が発生します。この権利は出願から10年目の日まで継続します。 特許は、出願をし、特許庁の審査を受けて、その審査をパスしなければ特許権が発生しません。審査を受けるには「出願審査の請求」をする必要があります。(審査を通らなかった場合にも特許権を発生させることは可能ですが省略します) 発生した特許権は、出願から20年目の日まで継続します。

参考URL:
http://mezapat.blog103.fc2.com/blog-entry-39.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

banakonaさん、ありがとうございました。特許は物品の形状、構造又は組合せ以外に製造方法も保護対象になるのですか。とても参考になりました。特許も含めて今後、検討していきたいと思います。またこれからも宜しくお願い致します。

  • 回答No.2
  • Pesuko
  • ベストアンサー率30% (2017/6702)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考にさせていただきます。Pesukoさんありがとうございます。

  • 回答No.1

簡単に言いますとこうなります。 特許:世間に知られていない技術を使った手法又は新規の物の申請。まだ論文として発表されていない事が求められます。 実用登録新案:既に知られている技術を応用した手法、又は知られている物の改良等の申請。 下記の方が出願は簡単との事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

biwa-plusさんありがとうございました。とても参考になりました。

関連するQ&A

  • 特許から、実用新案の切り替え

    特許から、実用新案の切り替えについて知りたいです。 特許を出願してしばらくして、特許にならないと判断して、 実用新案に切り替える時がありますよね。 また、実用新案を出願していて、特許に切り替えることも できますよね。(特許46条、実用新案10条) もし、特許から実用新案に切り替えたとして、 それから1年半後、はじめに出願した特許は、 特許庁にはなぜ公開されないのでしょうか? 自分なりに、調べたところ、内容を同じくする 出願が並存することは権利関係を複雑にするだけであるから、 もとの出願を放棄しなければならないとありました。 (特許46条の2第1項) それならば、はじめに出願した特許はどこへいったのでしょうか? 特許の補正と同じで、特許庁に問い合わせて調べることは できるのでしょうか?

  • 実用新案

    実用新案は、技術を保護できないと聞きましたが本当ですか? 保護はできないが、裁判で損害賠償を請求をすればよい、ということですか? その場合、裁判では何が決め手になる? あいてが、実用新案と同じ内容で特許を取得していたら? 頭が、パニックです。

  • 特許と実用新案の違い

    特許の審査請求した物と実用新案で審査請求してない物とは、どちらが、権利が有るのですか? 実用新案で審査請求していなければ、公然の事実と言う事に成ると思うのですが、どの程度、権利が有るのですか?

  • 実用新案から特許に変更して駄目になると、

    実用新案から特許に変更して駄目になると、 元の実用新案は消えるのでしょうか? 消えないならその実用新案の評価請求は可能なのでしょうか?

  • 特許と実用新案

    特許と実用新案との違いは何なんでしょうか? どのような意図においてどちらかを選んでいるのでしょうか?

  • 実用新案を取るか取らないか!

    あるスポーツ用具の新しいアイデアがあるのですが、特許ではなく実用新案程度です。しかし実用新案を取るのは手間が掛かります、そこでアイデアだけをメーカーに売り込みたいのですが、実用新案無しでもビジネスとして成立するのでしょうか?

  • 特許と実用新案を比べて見たら?

    特許と実用新案の格というか、相互の関係を教えてください。  実用新案で権利を押さえて、その後その案件で、特許を申請することが出来ますか?  つまり、案件が特許に抵触するかどうか分からないが、早く権利を取得したいが為の思惑です。 漠然とした質問ですが、質問の趣旨をご理解下された方 教えてください。   もちろん届け出ても却下されることが多いことは承知しています。   

  • 特許?実用新案?

    質問させてください。 市販のものAと市販のものBを組み合わせただけの物を作りました。俗に言うアイディア商品です。この2つを組み合せた形状にし、この形状で1つの物としてこれを出願したいんですが特許?実用新案?どちらで出願するべきなのでしょうか? 用途の限定などで狭めてやっと実用新案程度の進歩性と思われますが、様々な本を読むと企業に売り込みに行き商品化を考えている人は実用新案で出さないほうがよい。と書いてあり、特許で出願しようか迷っています。 この程度のアイディアでも売れれば特許になりうるのか?審査請求で拒絶された後の審査官面談を利用して、と本に書いてありましたがなにか参考になることを教えてほしく書き込みました。よろしくお願いします。

  • 実用新案とは何?

    図書館でも調べたのですが「実用新案」には発案者(申請者)の権利保護にはあまり役に立たないと言う記述を目にしました。 ここでも何度か実用新案取得より特許取得を勧める回答を拝見しました。 その裏を取るべく図書館で調べた結果が上記の通りでした。 そこで質問です。 (1)実用新案の価値は以前より低下したのか?    或いはもはや価値は無いのか? (2)外国ではこの様な制度(権利保護に役立たない)があるのか? (3)今後はアイデアは1件40万位をかけて申請しなければならないの                           か? です。 宜しくお願いします。

  • この場合は、特許?実用新案?でしょうか

    以前に、技術的に全く複雑でなく、確実に実用新案だというものを 申請の参考書を見て、自分で実用新案申請したことがあります。 下記のような場合、どのように考えたらいいのでしょうか。 質問の内容を書いてください今までになく、効果的に起きられる画期的な枕を発明したとします。 バイブレーション目覚まし枕とします。 この場合、実用新案、特許、どちらの申請をしたらいいのでしょうか? (1)枕に内蔵したバイブレーションユニットの振動によって、 快適に高い確率で起きられるとします。 (2)設定時刻に、バイブレーションユニットが振動します。 (3)また、内蔵したバイブレーションユニットは、 枕の洗濯を考え、枕から着脱できるように考えられています。 バイブレーションによって起床する枕が存在しないとして考えます。 ●バイブレーションによって起床する枕が、 画期的に効果的な発明だった場合、特許申請するものなのでしょうか? ●特許の場合は技術的にうんぬん~、ということがあるので、 バイブレーションユニットの基盤や回路の部分を特許申請するのでしょうか? ●実地や統計をとって割り出した、効果的な振動の数値があったとして、そのデータを特許申請するのでしょうか? ●それとも、バイブレーションで起床するという仕組みの案という、実用新案申請でしょうか? バイブレーションで起床する仕組みは、技術的に複雑でも何でもないので特許申請とは思わないのですが。 ●(3)のユニットを着脱できる様になっている、というのは、実用新案でしょうか? (3)の機能は、実用新案、特許に関わらず、 バイブレーション目覚まし枕の申請の説明文章に含めてしまえば、別申請は必要ないと思いますが。