• ベストアンサー

床スラブ200mm・フローリングL-40のマンションって…

分譲マンションの遮音性について 教えてください。 我が家は 床スラブ200mm、フローリングL-40です。 購入時にもらったパンフレットでは とても遮音性に優れているといった 書き方をされています。 しかし、実際のところは 上の階に住んでいる子供さんの走る音が 非常に響いています。 奇声が聞こえることもあります。 この数値では、遮音性を期待できないのでしょうか? 経験者の方、専門家の方など 広くご回答をお待ちしています。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
noname#65504
noname#65504
回答No.3

>床スラブ200mm、フローリングL-40です。 購入時にもらったパンフレットでは とても遮音性に優れているといった 書き方をされています。 床の性能についてはLL(軽量衝撃音)とLH(重量衝撃音)の2つがあり、フローリングの遮音性能はLLに該当します。 軽量衝撃音というのは主に床の仕上げ材の性能で遮音性が決まるもので、発生音としてはスプーンなどを落としたり、椅子を引きずるときに発生するようなものです。 重量衝撃音というのは、床コンクリートの厚さと面積などにより性能が決まってしまうもので、発生音としては歩行や子供がソファなどから飛び降りたときに発生する音です。 コンクリートの強度や梁の状況により変わるので、正確でないですが、一般的なサイズのスラブ厚200mmの性能はLH-50程度です。 日本建築学会が共同住宅に対して推奨する数値は、LL-45,LH-50ですので、パンフレットの性能は特別遮音性能が劣るものではなく、よいといってもいい程度だと思います(数字が小さい方が性能がよい。但しこの推奨値が現在は一般的な性能になっているので特別よいというものではない)。 ちなみに数値は音の大きさを示し、軽量衝撃音、重量衝撃音を定められた試験方法で試験した場合に下の階で聞こえる音の大きさを示しています(試験方法よりも大きな衝撃を加えれば大きな音が発生します)。 40デシベルは一般的な住居において起きているときは「静か」だが、寝るときには影響が出る程度 50デシベルは会社などの事務室が静かと感じる程度といわれていますので、住宅ではちょっとうるさく感じる程度の音であると思いますので、非常に気になるというのはちょっとおかしいような気がします。 また、奇声についてですが、人の怒鳴り声が90デシベルといわれています。コンクリートの床は45デシベル程度遮音する上、声に対しては仕上げ材での遮音もある程度ありますので、実際聞こえる音は概算45デシベル以下になりそれほど大きな音にはならないはずです。 音の問題は個人差もあり、質問者の家族が特別に敏感な方の場合もありますので、管理組合の役員の方に立ち会って騒音状況を確認してもらうことをお勧めします。 それで立ち会い者も気になるような音であれば、実際に大きな騒音が発生していると判断できます。 実際大きな騒音が発生している場合は、近隣の方の生活に問題があるか、建物の遮音性能がパンフレットに記載されていた性能を満たしていない可能性があります。 なお、床の性能は確保されていても、#1さんも書かれているように声がするのは、別の経路の可能性もあります。特にガラスは遮音性能が低い材料ですので、窓から回り込んでいる可能性もあります。 これらを判断するには専門家の協力が必要です。 パンフレットで遮音性能を優秀と書かれているならば、それが購入に影響していることでしょうから、パンフレット記載事項の性能が満たされていない、音を伝えやすくする原因が質問者の部屋に存在するなどの瑕疵の可能性もあるので、販売会社に相談してみてください。 あと、近隣の生活に問題がある場合、このような人間関係の問題は、間に管理組合に入ってもらった方がいいです。 ところで、子供の奇声ではなく悲鳴ということはないですよね。最近幼児虐待などが新聞紙面を飾る物騒な世の中ですので。 ちょっと心配になりました。

jun1106
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 >床の性能についてはLL(軽量衝撃音)とLH(重量衝撃音)の2つがあり、フローリングの遮音性能はLLに該当します。 他の方からのご回答にもありましたが、 実は知りませんでした…。 勉強不足でした。 声などの伝わり方に関しても くわしい説明をしていただき、ありがとうございます。 >近隣の生活に問題がある場合、このような人間関係の問題は、間に管理組合に入ってもらった方がいいです。 そうですね。なるべく直接しないようにします。 >子供の奇声ではなく悲鳴ということはないですよね。 この点は大丈夫のようです。 どうもありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (2)

  • hama-t
  • ベストアンサー率57% (122/211)
回答No.2

フローリングの防音性能の等級を表すL-40などの指標は一般的に軽量衝撃音に対する防音性能を示しています。 http://www.jafma.gr.jp/hyouji.html 正確にはLL-○○(添え字のLはLightのL)と表示されることが多いです。 これは床に何か物を落としたとかの軽い音に対しての防音性能ですので、実際のところ人が飛び跳ねるなどの重量音については床のスラブの厚み(重量)で止めることになります。 もちろん建物の構造や柱のスパンなども大きく影響しますので、単にスラブ厚だけでは定義できません。 確か防音性能評価の実験室の柱のスパンは6m×7mだったように記憶していますが、単純に最近の長大スパンのマンションが増えている現状では、フローリングの指標どおりの防音性能が出ないということもありえます。 それに上階からの騒音というのは何も床面(天井)だけを伝わってくるものではありません。 実際には屋外を廻り込んで伝わるもの、柱・壁などを伝わってくるもの、パイプシャフトを伝わってくるものなど、複雑な音の伝わりを見せますので、フローリングやスラブ厚だけで防音性を評価するというのは非常にナンセンスです。 また、昼間は屋外の喧騒で気にならないような音でも、夜間に屋外が静まり返ることで気になるということもありますし。 あとは上階の方との上手なお付き合いの仕方次第ではないでしょうか?難しいかも知れませんががんばってください。

jun1106
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 防音性に2つのタイプがあるとは知りませんでした。 パンフレットに載っているのは、 軽い音に対する防音のことだったのですね…。 確かに、者を落とすような音は 全く気になったことはありません。 >また、昼間は屋外の喧騒で気にならないような音でも、夜間に屋外が静まり返ることで気になるということもありますし。 はい。確かにそうですね。 うちでも、朝と夜の静かな時間が とても気になっていました。 どうもありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.1

 スラブ200ミリ、L-40なら、一般的なスペックだと思います。しかし、マンションの騒音については、単純にスラブ圧とかフローリングの等級では語れないという話を聞きました。  梁の取り回しや、天井の構造などでも変わってくるようですし、極端な話建物の真ん中に位置する部屋と端に位置する部屋でも違ってくるようです。そして、さらに音の感じ方には個人差が大きく、それもまた遮音性能の評価を難しくしているようです。二重スラブにでもしない限り、足音は消せないという意見も聞いた事があります。  私のマンションは床スラブ250ミリですが、ごくたまに階上の音(重低音)が聞こえるくらいで結構静かです。でも、これで階上の住人がドスンドスンうるさい人なら、状況が異なるかも知れません。  奇声については、もしかすると窓遮音性能の方がむしろ問題かも知れません。  以上、先ずはご参考まで。

参考URL:
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/457/1040042938/35-38
jun1106
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 一般的なスペックですか…。 マンションに住む限りは、我慢なのかも知れませんね。 声に関しては、おっしゃるとおり 窓からかも知れないですね。 窓を閉めても、外の音は結構聞こえますので。 どうもありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 床スラブと音の関係について教えてください。

    現在、マンション購入を検討しています。あちこちモデルルームを見に行くうちに目が肥えてしまい、「標準床スラブは250mm」と思い込んでいたのですが、立地と間取りと値段が合致したマンションでは、「床スラブ200mm以上、フローリングはLL45等級」と書いてあります。建物はRC造8階建てで、上の階からの騒音がとても心配です。以前、SRC造8回建ての賃貸マンションに住んでいたときは、小さな子供の足音くらいで、椅子を引く音等はせず問題なかったのですが、床スラブ等のデータがわからないので比較できません。「床スラブ200mm以上、フローリングはLL45等級」だと、どれぐらいの音がするものなのでしょうか? また、RCとSRCでも生活音の響き方が違うのでしょうか? なかなか、すべてが希望通りのマンションはないもので悩んでいます。登録期間まじかなので、この件についてご存知の方は何卒、アドバイスよろしくお願いします。

  • マンションの、床スラブ厚の調べ方を、教えて下さい。

    マンションの、床スラブ厚の調べ方を、教えて下さい。築30年以上で部屋に鉄筋梁が出ている10階立ての、マンションの一階に住んでいます。天井のスラブ厚を知りたいのですが、図面にも面積しか記載されてなく、厚さが調べられません。どこを測り、どのように出すことが、できるのか教えて下さい。宜しくお願い致します。

  • マンション遮音フローリングについて

    マンションのリフォームを考えています。リビング横の和室をつぶして、リビングを広げようと思っています。工事業者から施工方法を聞きましたが、そこの業者にしか相談していないため、この施工方法が適切なのか分かりません。施工方法は、スラブの上に断熱材を約50mm、その上にモルタルを約50mm、その上にLL-45の遮音フローリングです。現在はスラブの上に発泡スチロールのようなものがあり、その上に畳となっています。畳の方が遮音性が良いと効きましたが、上記のような施工方法でのフローリングと比較するとどうなのでしょうか? 2重床についても考えましたが、遮音については良いと言う意見とそうでない意見と両方聞かれます。それについても教えて頂ければ幸いです。

  • 問題ありますか?マンション直貼り無垢フローリング

    マンションのリフォームで無垢フローリングを検討中です。 床スラブにアスファルト系の遮音シートをのせ、 次に12mm耐水合板をのせ、 無垢フローリングを貼るつもりです。 ・湿気がこもる、等の問題はないでしょうか? ・経験者の方、いらっしゃいますか? なんでも結構ですので、よろしくお願いいたします。

  • マンションリフォーム

    教えて下さい。 マンションをリフォームするにあたって、管理規約上でフロアを張替える場合、遮音性能がL-45以上と決まっています。仮に床下地をころがし根太45x45mm・合板12mm・フローリング12mm(一般製品)で、スラブ厚120mmの場合遮音等級はL-45以上になるのでしょうか?

  • マンションリフォーム

    マンションリフォームを検討しております。 現状は、スラブ厚120mm/モルタル/根太/合板/クッションフロアのマンションで3階に住んでいます。築約25年のマンションです。先日、床をクッションフロアからフローリングに貼り替えるリフォームの申請を管理組合に提出したところ、「2階以上は遮音性能L-40を確保すること。」といった回答書が返ってきました。いろいろ資料を見てみましたが、現状でもL-40を確保できていると思えないし、ましてやスラブ厚120mmであれば、どんな事をしても無理のような気がします。 独学なので、本当かどうかは正直わかりません。何か方法がありましたら、是非教えていただけないでしょうか。また、本当に無理かどうかが知りたいです。宜しくお願い致します。

  • 分譲マンションの二重床のリフォーム(遮音)について

    分譲マンションの二重床のリフォーム(遮音)について LDの二重床がヘタって沈み込むようになったため、やむなく今回リフォームで下地から作り直すことになりました。 ダイニング側の床下の一部に給水管が通っています。以前「水道管周りは管経由で、音が響きやすい」と聞いたことがあるのですが、具体的に同じ団地内でもリフォームで二重床を触ったあとに、階下住民から音の件で苦情を言われるケースを時々耳にしております。 (ここ最近では、管理組合の工事の申請書類に、床の遮音性能書や、収まり図面など書類が年々追加される傾向がある為、苦情件数はそれなりに増えてるようです。) 工事の基本情報は以下のとおりです。 ご経験者の方、ご専門の方、情報をお持ちの方、音が響かないようにする為に工事で気を付けるべき点ご指南の程よろしくお願い致します。 <基本情報> スラブ厚・・・150mm。公団住宅で築29年、8階/11階建 天場までの高さ・・・100mm~120mm 元の床・・・大引き+根太+構造合板(12mm)+遮音シート付きの合板フローリング(9mm)。 ※床下はロックウールで遮音。確認で一部解体したところ、隙間なくギュウギュウに詰まっていました。 工事後・・・・万協フロア(遮音用YPE-90)+パーティクル(20mm)+構造合板(12mm)+無垢フローリング(12mm) ※同じく、ロックウール(55mm)で遮音予定。 工事業者の考えでは、万協の脚自体に遮音性があるので、ロックウールは、1枚を引けばよく、ギュウギュウに詰める必要はないとのこと。 スラブに不陸があるため、スラブが下がっている所は、一部、支持脚とパーティクルの間に構造用合板を入れて、調整するような説明がありました。 ロックウールを目いっぱい詰めなくてよいものか(床下に空間ができてよいか)、構造用合板を挟んで床下地の強度が落ちないか、素人でよく解らないので、その点もアドバイスをお願い致します。乱筆で申し訳ありません。        

  • スラブへの直貼りフローリングの施工

    マンションの床のフローリングを考えています。 防音、メンテ、コストを踏まえて検討したいのですが、直貼りフローリングにした場合、将来、フローリングを貼り替える時にスラブを痛めることはないでしょうか? 直貼りの施工方法がどうゆうものか解らないので教えて下さい。 フリーフロアも検討中ですが、LDに耐力壁の間仕切り壁があり(ドア開口1800mm)ドアが小さくなるので、どの工法がよいのか。。。 他に厚い防音マットと捨て貼り合板を使う方法もあると聞いたのですが、工法を大よそのコストや存じの方いらしたらお願いします。 (参考情報) スラブ厚が150mmで築27年のマンションです。

  • 遮音フローリングと無垢フローリングを重ね張りした方いらっしゃいますか?

    築20年のマンションのリフォームを、休みを利用してできるだけ自分たちでやってみようかと検討しています。 現在はカーペット・クッションフロア・畳となっているLDKと和室を連結させて、すべてフローリングの床にしようとしています。 先日、裏にクッション材が貼られた遮音フローリングを敷いた部屋を見せていただく機会があったのですが、歩くとフワフワする感触があり、すこし違和感がありました。 そこで、マンションで規定されている遮音等級L45を満たしつつ、幅広の無垢材のフローリングにしたいと思い、いろいろ調べています。 クッション付き遮音フローリングを直接コンクリートスラブに敷いて、その上から厚さ20mmくらいの無垢フローリング材を敷けば、フワフワ感がなくなるのではないかと思うのですが、こうした工法でリフォームされた方はいらっしゃいますでしょうか? また、無垢床材はずいぶん伸縮するということですので、遮音フローリングの上に合板を敷いてから、仕上げの無垢フローリングを張るほうがよいか?など、いろいろ考えているのですが、ご経験のある皆さんのご意見を是非お聞かせください。

  • 中空スラブについて教えてください。

    中空スラブについて教えてください。 見てくださってありがとうございます。マンションの相談に乗っていただけますでしょうか。 今購入を検討しているマンションの床は中空スラブで225mmです。自分で調べたところ、中空スラブでしたら250mmは必要とのことですが、このマンションの床は中空のところに発泡スチロールが入っており、音の反響を抑えることが出来るため、225mmでもLH50を保てるとのことでした。 今後叶いましたら子供も授かりたいと考えておりますので、なるべく下の階の方にご迷惑をかけないマンションを購入したいと考えております。 建築構造に詳しい方がいらっしゃいましたら、どうぞ宜しくお願いいたします。