• ベストアンサー
  • 困ってます

マンションの床仕上げと遮音性

新築マンションを契約しました。 床の仕様は、スラブ厚275mm二重床パーティクルボードにフローリング仕上げです(最近の主流なんですかね) それを洋室、主寝室以外のすべてをタイル張りにしたいんですが 二重床のゆがみというんですかね、下がるというんですかね、 タイルを張る際の良い施工方法を教えていただけませんか。 捨て貼りをするとか、目地にはこんな材料がいいとか。 もう一点は上階の遮音性が現在LL=50なんですが、遮音性を増す施工方法はどのような物があるか教えてください。 私も元々は建築の仕事をしていましたが(13年ほど離れています) 何か良いアドバイスお願いします。    

noname#45195

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1324
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>現在、建築中ですので、事前に出来る対策を考えたいのですが。 つまり建具などとの取り合いは何とかなるし、自由度は大きいという話なのですね。 だとすると、一番確実なのはそもそも現在の床材ではなく、たとえば湿式二重床にしてしまえばコストはかかるけど一番よい結果が出ると思います。 それ以外では、沈み込みの少ない二重床構造のものがあるからそういうものに変えるとかですね。LL-50程度ならばなんとかなるのではという気もします。 現在の物が沈み込みが大きい物だとすると、経年変化もあるので、やっぱり難しいと思います。 >天井は直張りのクロスを珪藻土に変えたいと考えています(コンクリートの乾燥が気になりますが) 直張りなのであれば、二重天井にすることでも軽量衝撃音(LL)対策にはなると思います。 >そこで上層階の床に防音マットのようなもので、遮音性を高めたいんですが。 上層階の床、、、、ご質問者は上層階の部屋のオーナーでもあると言うことでしょうか?基本的に専有部分になるのでご質問者の所有でなければ自由には出来ませんけど。 もし所有者なのであれば、LL対策としては、グラスウールなどを間に入れる(吸音により太鼓効果の低減)とか、床材のところで鉛シート施工などは効果はあると思いますけど。 ただ重量衝撃音(LH)対策は難しいですね。それをやるとすると、湿式二重床しかないと思います。つまり上階にも湿式二重床にするということです。 乾式だとLHに対してはほとんど効果のある方法がないという報告が建築学会でも出されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 早速、頭の中で分からない納まりを勉強し 答えを出したいと思います。

関連するQ&A

  • 遮音フローリングについて

    遮音フローリングについてお聞きしたいことがあります。たとえばL45の遮音フローリングを敷いた場合、子供の走る音や物を落としたときの音は遮音できても人の会話や電話FAXのベル音、テレビの音声などは遮音できないのですか?音量によっては聞こえてしまうのですか? (二重天井二重床でなく直天井直床の場合です。スラブ厚は15センチ)

  • マンション遮音フローリングについて

    マンションのリフォームを考えています。リビング横の和室をつぶして、リビングを広げようと思っています。工事業者から施工方法を聞きましたが、そこの業者にしか相談していないため、この施工方法が適切なのか分かりません。施工方法は、スラブの上に断熱材を約50mm、その上にモルタルを約50mm、その上にLL-45の遮音フローリングです。現在はスラブの上に発泡スチロールのようなものがあり、その上に畳となっています。畳の方が遮音性が良いと効きましたが、上記のような施工方法でのフローリングと比較するとどうなのでしょうか? 2重床についても考えましたが、遮音については良いと言う意見とそうでない意見と両方聞かれます。それについても教えて頂ければ幸いです。

  • 床のタイルの張り方について。

    スラブ構造(下部にピット部)がある場合に、 店舗の床に400角のタイルを施工する事になりました。 下部のピットの点検に点検口(450角)を設けたのですが、点検口の周りにクラックが発生し張り替える事になりました。 スラブ配筋も仕様書に基づき、きっちりと開口補強を行いました。 タイルを撤去した時にコンクリートのひび割れによりタイルにクラックが発生したのでない事は確認しました。 今回のタイル張りで点検口の取付位置に問題があったのかもしれません。 今回の点検口の取付位置は目地をセンターにし、振り分けで点検口を設置しました。 点検口の外面を目地に合わせ、50ミリの半端を貼った方が良かったのかも知れません。 どなたかスラブのタイルに点検口を設置した場合の取付位置を明記した書類をご存知の方、教えて下さい。よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • qtjps4
  • ベストアンサー率17% (81/459)

自分が住む上の階に対しての遮音普通やらないでしょう・・ 質問者さんが上の階も買うのならですが・・ 2重床やめてスタイルホームと吸音モルタルにして ベニヤかパーチ糊付けして仕上げ材貼る。 上の階に口出しできない場合は 天井下がるけど下地作って遮音シート+遮音マット(鉛付きボード可)でボード張りで珪藻土厚め塗り。 こんな感じかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 ご意見を参考にして、楽しみながら 対策を解決していきたいと思います。

  • 回答No.2

二重床のマンションなら、フローリングは遮音仕様のモノ(スポンジで裏打ちした直貼り用のフローリング)ではないと思いますよ。 二重床の方でLL-50を達成しているはずです。ひょっとしたら床下にロックウールを敷いているかもしれませんが。 基本的には床下地に直接タイルを接着貼りしても問題ありません。 ご存知かとは思いますが、室内用タイルは薄いものが多いですから、厚さ調整の捨て貼りは必要になるでしょうね。 室内床用タイルには、それぞれ専用(または指定)接着剤と目地剤がありますので、それを使用されればよいのではないでしょうか? 木下地用のものも用意されていますので。 ただ、LL-50の二重床となると結構沈み込みは大きいと思いますので、目地が割れる可能性はあります。すべてコーキング目地としておけば安心ですが、結構な費用がかかりますね。 費用的にすべてをコーキング目地とすることが難しければ、巾木下はコーキングで逃げた上で、3m内外のピッチでタイルとも色のコーキング目地をとる、というやり方もあるかもしれません。 上階からの音を防ぐには・・・。うーん、悩ましいですね。 天井裏に16kgのグラスウールでも入れますか? LLには多少効くかも知れませんが、LHには効かないだろうなぁ・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

床下にロックウールは敷いていません。 沈み込みの大きい2重床です。 例えばですが、パーティクルボードの上にコンパネを敷き、4mm程度の捨てベニアその上にタイル張りなんていうのは、効力がありますかね。 天井はコンクリートにクロス直張りが仕様となっています、壁も天井も珪藻土にしたいと考えています。 上階床での遮音性を上げる事をかんがえているんですが。(現状の床仕上はパーティクルボードにフローリング張りです)

  • 回答No.1

まず床のタイル張りですけど、結構難題です。 というのも、それを単純にやると遮音性が下がるでしょう。 実はその使用している床材の柔軟性により遮音性を上げているのです。 ですから、それは専門家と相談したほうがよいでしょう。 単に後施工でOKとはいきません。もっとも音の問題以外でも単純に現在の床材に施工だとドアなどとの干渉が生じるのでそもそも簡単ではありませんけど。 天井については現在の天井構造次第のところがあります。 とはいえ重量衝撃音の対策はまず出来ないと思ってください。 軽量衝撃音対策としてなら、天井の遮音性を上げることは可能でしょう。ただ現在の天井の構造により対策は変わるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

現在、建築中ですので、事前に出来る対策を考えたいのですが。 天井は直張りのクロスを珪藻土に変えたいと考えています(コンクリートの乾燥が気になりますが) そこで上層階の床に防音マットのようなもので、遮音性を高めたいんですが。そうですねLL=はむりですよね、LH=なら効果はありますかね。

関連するQ&A

  • 無垢のフローリング材でL45の遮音性を得るためには

    築27年のマンションに住んでいます。リフォームしたのですが、階下の方から子供の足音でクレームがあり、フローリングの工事に問題があるのではと言われています。 工事では、CP床工法でパーティクルボードとスラブの間に遮音マットを引き、さらにパーティクルボードの上に捨て合板12mmを引いてから、無垢のパイン材のフローリングを重ねています。合板フローリングの場合は捨て合板が不要で、LL45をメーカがカタログに書いていますが、施工要領書では「無垢の場合は捨て合板12mmを入れる」との指示にしたがって入れてあります。ただし、LL45となるとは書いてありません。この工法でLL45の遮音性が得られるのでしょうか? あるサイトを見ると、無垢材を止めるか、無垢材とボードの間に、防振ゴムを入れる必要があると書いてありました。こちらが正しいのでしょうか? お詳しい方がおられましたら、是非、教えていただければ幸いです。

  • 二重床でLL-45等の遮音性能って本当ですか?

    現在入居しているマンションで二重床、二重天井なので、フローリングの材料が何であっても、LL-45等の遮音性能ですという説明が施工主からありました。そのため、フローリングのリフォームの際は、どの材料でもよいらしいのですが、JISや建築協会では、フローリング材料の性能に問わずLL-45の遮音性能を実現できると言っているのですか?

  • 分譲マンションの二重床のリフォーム(遮音)について

    分譲マンションの二重床のリフォーム(遮音)について LDの二重床がヘタって沈み込むようになったため、やむなく今回リフォームで下地から作り直すことになりました。 ダイニング側の床下の一部に給水管が通っています。以前「水道管周りは管経由で、音が響きやすい」と聞いたことがあるのですが、具体的に同じ団地内でもリフォームで二重床を触ったあとに、階下住民から音の件で苦情を言われるケースを時々耳にしております。 (ここ最近では、管理組合の工事の申請書類に、床の遮音性能書や、収まり図面など書類が年々追加される傾向がある為、苦情件数はそれなりに増えてるようです。) 工事の基本情報は以下のとおりです。 ご経験者の方、ご専門の方、情報をお持ちの方、音が響かないようにする為に工事で気を付けるべき点ご指南の程よろしくお願い致します。 <基本情報> スラブ厚・・・150mm。公団住宅で築29年、8階/11階建 天場までの高さ・・・100mm~120mm 元の床・・・大引き+根太+構造合板(12mm)+遮音シート付きの合板フローリング(9mm)。 ※床下はロックウールで遮音。確認で一部解体したところ、隙間なくギュウギュウに詰まっていました。 工事後・・・・万協フロア(遮音用YPE-90)+パーティクル(20mm)+構造合板(12mm)+無垢フローリング(12mm) ※同じく、ロックウール(55mm)で遮音予定。 工事業者の考えでは、万協の脚自体に遮音性があるので、ロックウールは、1枚を引けばよく、ギュウギュウに詰める必要はないとのこと。 スラブに不陸があるため、スラブが下がっている所は、一部、支持脚とパーティクルの間に構造用合板を入れて、調整するような説明がありました。 ロックウールを目いっぱい詰めなくてよいものか(床下に空間ができてよいか)、構造用合板を挟んで床下地の強度が落ちないか、素人でよく解らないので、その点もアドバイスをお願い致します。乱筆で申し訳ありません。        

  • 水廻りの床仕上げ材について

    木造住宅の新築における洗面脱衣室、トイレ、キッチンの床仕上げ材で悩んでします。 できれば300角程度のタイルにしたいところですが、コスト、デザインを考慮してフロアタイル(Pタイル)と考えています。 サンゲツやアドヴァンの電子カタログを見てみたところ、タイルでも設計価格/m2はそれほど変わりません。(タイルの場合価格巾が大きいですが、フロアタイルと同じ価格帯の製品も多数そろっています) タイルは高いからフロアタイルで・・・とタイルについては最初から念頭になかったものですから、設計価格をみて少々驚いています。しかし、コストが同じとは考えにくいため、施工の難易度によるのかもしれません。タイルの場合目地が必要ですし、・・・・・。 やはり施工の手間等で違ってくるのでしょうか? その場合どの程度の違いでしょうか? また、さらにコストが厳しかった場合、塩ビシート(クッションフロア)の選択も仕方なしと考えてえているのですが、上記同様に、フロアタイルと設計価格/m2があまり変わらないのですが、(一部のシンプルな製品で安いものもありますが・・・)施工費としてはどのような違いがありますか? 水廻り等の用途・下地との兼ね合い(木造、根太レス)等、性能的な側面からも合わせてアドバイスいただけるとありがたいです。 以上よろしくお願いします。

  • 床勾配をつける場合

    質問です。 RCスラブの上にモルタル仕上げで床勾配をつけたい場合に スラブ構造体で勾配をつければいいのか、構造体フラットのままで モルタル仕上げで勾配をつければいいのか、どちらのほうが施工的に 楽でしょうか?勾配は2/100ぐらいです。 よろしくお願いします。

  • コンクリート仕上げの床を作りたいのですが

    自由設計のマンションを購入して、現在その内装を計画中です。床の作り方に関して質問させてください。 ■現在、床の仕上げをフローリングとモルタルコンクリートと2通りで提案されています。フローリングの場合は通常の二重床の仕様で置き床の上にフローリングを張る形です。 ■一方、モルタル仕上げの場合は、スラブの上にスタイロフォームを詰め、その中に配管を通し、その上にコンクリートを流し込んでモルタル仕上げを行うという形式です。 ■費用的にはモルタルの方が数十万安く、デザインも考えるとモルタル仕上げにしたいなと思うのですが、上記の工法からすると、配管が全てコンクリートの下に入ってしまうため、配管のメンテナンス等に不安があります。建築家の方からは、配管に何かあった場合はコンクリートを剥がす事になるが、フローリングの場合も何かあった場合はいずれフローリングを剥がさなくてはならず、コンクリートを剥がす作業とそう大差ない、という説明で、モルタル仕上げでも問題は無いとの説明をされています。 ■本当に問題ないのでしょうか。こうした工事はあまり一般的で無いようなので、行うならデメリットを認識した上で行いたいと思っています。お詳しい方のご助言を頂きたいです。

  • 108角 床用磁器タイル のタイル割り

    お世話になっております。 昔の設計図をトレースしていたのですが、玄関の床仕上げに 108角 床用磁器タイルというのがありました。 108角 タイル で検索するとたくさん出てきたので存在するのは間違いないのですが、 これは目地芯でいくらで割っているのでしょうか? また、現在も使われているタイルなのでしょうか? ご存知の方いらっしゃいましたらご回答下さい。 よろしくお願いします。

  • マンションの遮音性について

    当方はコンクリートスラブ厚 200mm以上、二重床、二重天井、築2年の分譲マンションに住んでいますが下記のような上階の音に悩んでいます。隣の住居の音はまったく聞こえません。また、これまで賃貸マンション、アパートにて暮らしており、それほど音に敏感なほうではないと思います。 足音(子どもが走る音はもちろん、普通に歩く音) お風呂のシャワーの音(お風呂の床に当たる音で、これは夜中等静かにしていると聞こえる。) 掃除機の音(ぶつける音だけでなく、機械音も。昼間でもきこえます。) 引き出しを引く音 トイレ、洗面所の水を流す音(これは配管の音かもしれません。) その他もろもろ。。 悩んでいる点は、欠陥ではないのか?という点で、もし施工に問題があるなら修繕はできるのか?という点です。 マンションパンフレットにLL45等級であることを謳っており、管理規約にも改良する場合はLL45等級を維持すること、とあります。にもかかわらず、上記の様な音がきこえてくるのは、どこか問題があるのではないか?と懸念しています。(LHについては記載がございません。) 当方の自宅も、フローリングが響く箇所があり、下の方に相当響いているのではないか、とスリッパをはいて静かに歩くようにこころがけていたりします。また、机のそばを歩くと、机の上のものが揺れたりもします。正直、これまで住んでいた賃貸よりもかなり遮音性にかんしては低く感じるのでとても残念です。 皆様のご経験上、上記のようなスペックで、それぐらいどこも聞こえる、というような類の話であれば、それは納得せざるを得ないと思うのですが、それはちょっと酷い、というレベルであればデベロッパーにも一度話をして見たいと思っています。 他の方の質問でも類似のものがあり、いろいろみてみたのですが、上階の方の問題についての質疑がおおく、当方はどちらかというと上階の方にはなんの問題もないだろうと思って、質問させていただきました。 ただ、正直なところ、デベロッパーはそれほどあてにできないのではとも思い、もし自己負担でも改善できるような案があれば教えていただきたく存じます。とくに当方は小さい子どもがおりますので走り回ったりは当然させないのですが、どうしてもたまにおもちゃをおとしたり、音をたててしまいます。また、仕事帰りもおそいので、お風呂も夜になってしまいます。フローリングの張替えなどである程度対応できるものなのでしょうか。。 ご回答いただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • マンションリフォーム 床の仕上げ 荷重でストップをかけられています。

    マンションリフォーム 床の仕上げ 荷重でストップをかけられています。 現在築10年の中古マンションを購入して、リフォーム工事を来週から控えております。 住居の廊下を既存のフローリングの上に、合板2枚を敷いて、その上にタイルの仕上げを考えておりました。 重さが・・・と理事会に所属する1級建築士さんに言われたので、リフォーム業者さんが重ね張りするものすべての重さを、40kg/m2と算出してくれ、それを理事会に提出しました。 ですが、これでは無理といわれました。 マンションの構造計算書をみると 床荷重 (kgf/m2)  間仕切壁 25  仕上げ  75  天井   15 と、書いてあります。 この意味も素人の私では良くわかりませんが、コンクリートの上の床を全部剥がして施工するなら大丈夫だ、といわれました。 リフォーム業者は、既存の床の上にのせるので積載荷重と認識していたようで、それなら180kg/m2は問題ないとのことだったのですが、今日になって、75kg/m2まで、地震のことを考えたら、60kg/m2まで、と理事会の人に言われて困ってます。 今は他のマンションでも重ね張りはしてますよね? と聞くと、みんな違法だといいます。 本当にそうなのでしょうか。 一応、リフォーム物件の床を剥がして重さを量ればいいかと聞くと それはいいといってくれています。 リフォームを行う人はわざわざ床を剥がして調べてからするのでしょうか? 知人の1級建築士や、ゼネコンに勤めている人は、重ね張りは何の問題もないというのですが、その理事の人はこのマンションに解る人が私しかいないので、聞ける人はいないといいます。 来週から施工なのに本当に困っています。 どなたかわかる方、助けてください。  

  • 鉄骨造マンションの遮音について

    建築関係のお仕事をされている方に質問させてください。 来月より新築賃貸物件に入居予定です。新築のため部屋の中を確認できない状態で契約しました。鉄骨造なので音に関して少し心配がありましたが、女性のひとり暮らしということもありセキュリティ設備と、立地を重視して部屋を選びました。そこで、この物件の遮音がどの程度なのか教えていただければと思います。 (1)界壁  強化プラスターボード12.5mm 片面2重貼 グラスウール24K t=50mm 遮音シート貼 全幅150mm (2)床 ALC t=100の上、遮音用ジャッキ下地の上、パーティクルボードt=20の上 プラスターボード12.5mm 2重貼+12mmベニヤ貼の上、仕上げ材 (3)天井 木下地の上、プラスターボード12.5mm貼の上、仕上げ材 (4)排水方法 床ALCの上 転ばし配管 PSへ RCやSRCに比べれば遮音性能はかなり劣ることは重々承知していますが、入居してからトラブルを避けるためにどの程度、生活音を気にして生活していくべきか参考にさせていただきたいです。住戸は3階建ての3階角部屋です。隣戸と隣接している部分は玄関-廊下-居室で、水周りはすべて外壁側です。燐戸とは左右反転の間取りです。 上記の構造ですと、隣の部屋や真下の部屋にはどの程度の音が漏れますか? テレビやコンポの音、会話、足音、掃除機の音、排水の音等 隣りや階下に入居される方による部分も大きいとは思いますが、一般的な見識でどの程度のものなのか教えていただければと思います。 どうぞよろしくお願いします。