• 締切済み
  • 困ってます

二重床でLL-45等の遮音性能って本当ですか?

現在入居しているマンションで二重床、二重天井なので、フローリングの材料が何であっても、LL-45等の遮音性能ですという説明が施工主からありました。そのため、フローリングのリフォームの際は、どの材料でもよいらしいのですが、JISや建築協会では、フローリング材料の性能に問わずLL-45の遮音性能を実現できると言っているのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数7186
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.4
  • goaly17
  • ベストアンサー率52% (12/23)

 マンションの2重床の場合、たいがいコンクリートのスラブに置き床 と言われてる工法を使用します。  内容はメーカーによっていろいろありますが、だいたいスラブにグラスウールを敷き、そしてフローリングを貼るためのパーチクルボード(圧縮木材チップの板)と支える足を施工して5.5mmの捨て貼りベニアを施工して2重床の完成です。遮音効果は、まず足の部分にゴムなどの衝撃吸収効果とグラスウールの吸音効果でLL-45の性能を出しています。この部分でメーカーがLL-45の性能をだしている部分でフローリングは何でも良いと言ったのでしょう。ただし、フローリングにも工法種類がありますし、より遮音効果があがるものもあるのでその際はよく調べてください。  また、御心配なら施工主に置き床の資料等を請求されたらいかがですか。リフォーム時に、施工業者に置き床のメーカーと工法を説明できますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

関連するQ&A

  • マンションの床仕上げと遮音性

    新築マンションを契約しました。 床の仕様は、スラブ厚275mm二重床パーティクルボードにフローリング仕上げです(最近の主流なんですかね) それを洋室、主寝室以外のすべてをタイル張りにしたいんですが 二重床のゆがみというんですかね、下がるというんですかね、 タイルを張る際の良い施工方法を教えていただけませんか。 捨て貼りをするとか、目地にはこんな材料がいいとか。 もう一点は上階の遮音性が現在LL=50なんですが、遮音性を増す施工方法はどのような物があるか教えてください。 私も元々は建築の仕事をしていましたが(13年ほど離れています) 何か良いアドバイスお願いします。    

  • 床の遮音について

    築21年の中古マンションを購入し、全面リフォームする予定ですが、リビングの床材についてひとつ教えてください。 工務店さんの提案では、既存のフローリングの上にコンパネを貼り、その上に塩ビタイルを貼るという事なのですが、遮音の方は大丈夫でしょうか? ちなみに既存リビングは、当初物件購入者がすぐに和室を取り壊し、フローリングのLDKに間取り変更したようです。 マンションの規約で遮音性能のフローリング使用を定められていますので、既存フローリングも遮音性能のフローリングだと思いますが、はっきりいってボロボロです。

  • 分譲マンションに住んでいます。フローリングの遮音について教えてください

    分譲マンションに住んでいます。フローリングの遮音について教えてください。 先日、上階の方が床のリフォームを行いました。リフォームの内容は既存の遮音フローリング(LL40等級)の上に、東リの「テラウッド」という、ビニル床タイルを直に糊付けして重ね張りするというものでした。 リフォーム前には上階の生活音は全くといっていいほど聞こえなかったのですが、リフォーム後には椅子を引く音や「ドスドス」と歩く音が聞こえるようになりました。 東リに商品について問い合わせをしたところ、(1)この商品はフローリングへの重ね張りは一般的に工法が難しくおこなっていない、(2)遮音性能は「LL75等級相当」との回答がありました。 このような状況の中、一般的に遮音フローリングへ今回のビニル床タイル等を重ね張りした場合、遮音性能は維持できるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 回答No.3

マンションの管理規約(又は使用規則・細則等)に規定はございませんでしょうか? 私のマンションの場合は、使用規則中に「フローリング変更工事を行う場合は、遮音等級LL-40以上の性能のものを使用する」と記載されています。 実性能上の問題は別にして、管理規約を守る必要がございますので、確認をお願いいたします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • ys528
  • ベストアンサー率52% (58/111)

建築構造屋です。 床の遮音性能は2種類ありまして、軽衝撃音(スプーンを落とした音などの高音)と重衝撃音(歩行音、飛び跳ね音などの低音)です。 LLで表されるのは軽衝撃音で、重衝撃音はLHであらわされます。 軽衝撃音はあまりクレームになることはありません。絨毯を敷くなどすれば簡単に改善できるからです。 クレームとしてよく問題になるのは重衝撃音のほうです。こちらは問題が発生しても有効な対処法がありません。また、二重床、二重天井は重衝撃音を悪化させる一因となります。 ですので、床の遮音性能を気にするのであればLL値ではなくLH値を重視してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • dekacho
  • ベストアンサー率38% (89/229)

遮音性能はほとんどコンクリートの厚みと梁に囲われたスラブの面積に依存するので、仕上げ材による影響は多くても3程度といわれています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • マンションの無垢フローリングへの張替えリフォームについて

    現在、中古マンション(遮音等級LL45)を購入しリフォームの見積もりを2社取りました。 リビングのフローリングを無垢のフローリングに変えたいのですが その施工方法で悩んでいます。 1社は既存のフローリングを撤去して置き床(二重床?)を作り無垢フローリングを張るという方法。 もう1社は既存のフローリング(遮音フローリング)の上にベニヤを張りその上に無垢材を張るというものです。 ネットなどで調べると置き床で施工するほうが一般的で遮音性能はいいのではと思っていました。 しかし後述の方がかなり金額が安く済むので問題がなければこちらでいいのではとも思っています。 後述のような施工をされた方などいらっしゃったらアドバイスお願いします。

  • 最下階の床に遮音性能って必要なの?

    うちのマンションの管理組合規約に、 「リフォーム時に床材は遮音性能L45を使用すること」 っていう記載があります。 最下階にも適用しろと言われましたが、最下階って下に住人が居ないのに遮音性能は必要なのでしょうか? 組合の理事になったので、規約の改定を考えています。 マンションの管理規約に詳しい方 マンションの床の遮音性能、建築に詳しい方 ご意見を頂けると助かります。 管理規約の改定案が出せるのは年に一回で今週末しかない・・・ よろしくお願いします。

  • 遮音フローリングについて

    遮音フローリングについてお聞きしたいことがあります。たとえばL45の遮音フローリングを敷いた場合、子供の走る音や物を落としたときの音は遮音できても人の会話や電話FAXのベル音、テレビの音声などは遮音できないのですか?音量によっては聞こえてしまうのですか? (二重天井二重床でなく直天井直床の場合です。スラブ厚は15センチ)

  • 在来木造建ての1-2階間の遮音について

    在来木造2階建ての建築を計画中です。1-2階間の遮音についてお伺いします。 2階床は根太レス工法ですので、音が伝わる経路としては2階床-1階天井までで  2階床フローリング  構造用合板  空間  1階天井石膏ボード+クロス となります。大幅な遮音が無理なのは承知しておりますが、予算の許す中で出来得る限り遮音性能を高めたく以下の案を検討中です。下記の中ではどのような順番で効果が高いでしょうか? また、他に効果的な方法はありますでしょうか? お薦めなどあればお聞かせ願いたく存じます。 (1)2階床フローリング-構造用合板の間に遮音シート張り    工務店見積もり 材料・工賃:\104,000 (2)2階床フローリング-構造用合板の間に石膏ボード(9.5mm厚)張り    工務店見積もり 材料・工賃:\85,000 (3)1階天井裏にグラスウール(10K/50mm厚)敷き    工務店見積もり 材料・工賃:\67,000 宜しくお願いします。

  • マンション遮音フローリングについて

    マンションのリフォームを考えています。リビング横の和室をつぶして、リビングを広げようと思っています。工事業者から施工方法を聞きましたが、そこの業者にしか相談していないため、この施工方法が適切なのか分かりません。施工方法は、スラブの上に断熱材を約50mm、その上にモルタルを約50mm、その上にLL-45の遮音フローリングです。現在はスラブの上に発泡スチロールのようなものがあり、その上に畳となっています。畳の方が遮音性が良いと効きましたが、上記のような施工方法でのフローリングと比較するとどうなのでしょうか? 2重床についても考えましたが、遮音については良いと言う意見とそうでない意見と両方聞かれます。それについても教えて頂ければ幸いです。

  • フローリングの上貼での遮音性能は?

    マンションのリフォームを考えておりフローリングを既存のフローリングの上から貼ろうと思っております。 マンションの管理規定により、リフォーム時、床材の遮音性能をL-45を満たす事と定められており、既存のフローリングがL-45を満たしているとしたら、 その上から無垢のフローリング(遮音性能は特に無し)を貼ってもそれは規定をクリアすることになりますか? あと、クリアするとして実際の遮音性能はどうなるでしょうか。 質問の意図は、遮音マット等のコストを下げたいからなのですが、実際音がひどくなる様でしたら検討しなければと思ったので。

  • 2階リビングへの床暖房設置と遮音性

     ツーバイフォーの二世帯住宅を計画中です。  寒がりなものですから、二階リビング(フローリング)に床暖房の設置を考えているのですが、親世帯が住む一階への遮音性能に対する影響が気になります。  遮音については、吊り天井、遮音マットやロックウールなど一定の遮音仕様で建築する予定です。  床暖房の遮音への影響については、HMの担当者は、床暖房が入ると床の厚みが増すので、むしろ遮音性能が増すのではないかというのですが、必ずしも専門的知識があるようには思えません。  素人的には、いわゆる重量床衝撃音については、床暖房の温水マットの上を歩いてマットに圧力がかかると、音が階下に伝わりやすいような気もするですが、そういうことはないのでしょうか。  よろしくお願いします。

  • 2F床の遮音の工法について

    現在2世帯住宅を建築中です。 先日、工務店の方から2Fのフローリングについて工法の選択を言われました。 剛床工法の床に 1.遮音シートを貼り、そこにフローリングする方法。 2.フローリング材に遮音材がついているタイプ。 2世帯住宅と言うことで音に関してはできるだけ抑えたいと考えています。 どちらのものを採用すれば少しでも音を抑えられるでしょうか? 皆様からアドバイス頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

  • 分譲マンションの二重床のリフォーム(遮音)について

    分譲マンションの二重床のリフォーム(遮音)について LDの二重床がヘタって沈み込むようになったため、やむなく今回リフォームで下地から作り直すことになりました。 ダイニング側の床下の一部に給水管が通っています。以前「水道管周りは管経由で、音が響きやすい」と聞いたことがあるのですが、具体的に同じ団地内でもリフォームで二重床を触ったあとに、階下住民から音の件で苦情を言われるケースを時々耳にしております。 (ここ最近では、管理組合の工事の申請書類に、床の遮音性能書や、収まり図面など書類が年々追加される傾向がある為、苦情件数はそれなりに増えてるようです。) 工事の基本情報は以下のとおりです。 ご経験者の方、ご専門の方、情報をお持ちの方、音が響かないようにする為に工事で気を付けるべき点ご指南の程よろしくお願い致します。 <基本情報> スラブ厚・・・150mm。公団住宅で築29年、8階/11階建 天場までの高さ・・・100mm~120mm 元の床・・・大引き+根太+構造合板(12mm)+遮音シート付きの合板フローリング(9mm)。 ※床下はロックウールで遮音。確認で一部解体したところ、隙間なくギュウギュウに詰まっていました。 工事後・・・・万協フロア(遮音用YPE-90)+パーティクル(20mm)+構造合板(12mm)+無垢フローリング(12mm) ※同じく、ロックウール(55mm)で遮音予定。 工事業者の考えでは、万協の脚自体に遮音性があるので、ロックウールは、1枚を引けばよく、ギュウギュウに詰める必要はないとのこと。 スラブに不陸があるため、スラブが下がっている所は、一部、支持脚とパーティクルの間に構造用合板を入れて、調整するような説明がありました。 ロックウールを目いっぱい詰めなくてよいものか(床下に空間ができてよいか)、構造用合板を挟んで床下地の強度が落ちないか、素人でよく解らないので、その点もアドバイスをお願い致します。乱筆で申し訳ありません。        

  • LL値が良い(LL-40)床はかえって重量衝撃音が大きくなるというのは

    LL値が良い(LL-40)床はかえって重量衝撃音が大きくなるというのは本当ですか? 分譲マンションに住んでいます。 上階が現在売り出し中・空き家なのですが、 上階の内見者の足音が毎回異常に響くので、 仲介業者に問い合わせたところ、 遮音等級の低い床材でリフォームされていたことがわかり、 売却後には遮音等級の高い床材にリフォームすることを約束してもらいました。 ↓これらがそのときこちらで相談させてもらっていた内容です。 http://okwave.jp/qa/q5787073.html http://okwave.jp/qa/q5883989.html 売却後にリフォームしてくれる床材はLー40の床材で、という約束なのですが、 インターネットで調べましたところ、コンクリートスラブの場合、 足音などの重量衝撃音は、LL値(軽量衝撃音)の良い床材に変えると かえって響くようになってしまう、 というような記述を目にしました。 リフォームしたにも関わらず、これ以上足音が響くようになったら 本当にたまりません。 実際にLL値を良くなるようにリフォームしたことによって LH値が悪化してしまった という事例や体験談などがあれば教えてください。 ちなみに、上階は売買が成立したようで、 昨日、リフォーム業者が測量などにきていたようです。 着工はもうすぐのようです。 待ったをかけるならばギリギリなので、 ご回答、よろしくおねがいいたします。