• ベストアンサー
  • 困ってます

反応速度について

N2O5→N2O4+(1/2)O2 という、体積を一定に保って加熱した五酸化二窒素の分解反応なのですが、 【0分】で 濃度は5.02mol/l 【0~4分】で 平均の反応速度はa mol/l・分 平均の濃度は4.61 mol/l 【4分】で 濃度は4.20mol/l 【5~8分】で 平均の反応速度は0.170 mol/l・分 平均の濃度は3.86 mol/l ということなのですが、aを求めるとき、 5.02-4.20/4-0 で0.205mol/l・分 と求まるのですが、 たとえば比例の関係より 3.86:0.170=4.61:a としてaを求めると0.203mol/l・分 になってしまいます。 反応速度の計算はなぜ比例式の計算ではできないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数324
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Josquin
  • ベストアンサー率30% (771/2492)

#1です。 ちょっと調べたところ、一次反応のようなので、 d[N2O5]/dt=-k[N2O5] と表せます。 コレを解いて、 [N2O5]=[N2O5]。exp(-kt) ってな感じです。 (初期値[N2O5]。=5.02mol/l) kはご自分で求めてください。 (4分の時の値をいれればOKと思います。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 反応速度

    ある温度で容積2.0Lの容器に水素とH2と窒素N2を入れて反応させたところ、20秒後にアンモニアNH3が0.040molを生成していた。この20秒後の平均反応速度をH2、N2、NH3の濃度変化を使って示せ。 比を使って解きたいのですが解き方が分かりません。 3H2+N2→2NH2 0 ? ? 0mol ↓ 20s後? ? 0.04mol 教えて下さい。

  • 反応速度について

    高校化学からの質問です。 参考書の反応物と反応速度という項目において、「反応物の濃度が高いほど単位時間あたりの反応分子数が多くなって反応速度が大きくなる。」とあり、ここまでは一応納得しました。参考書には続けて「二次反応の場合は、反応物どうしの衝突回数も多くなるので、濃度が高まることによる反応速度の増大は濃度の積に比例する」とありました。ここでわからないことがでてきました。 1.ここで言う二次反応とはなんでしょうか? 2.なぜ濃度の積に比例するといえるのでしょうか? 以上、宜しくお願いします。

  • 反応速度

    五酸化二窒素2.00mol、1.00Lの四酸化炭素に溶解し、一定温度で分解反応させ、時間t秒後に発生した酸素の体積を測定した。五酸化二窒素は次式のように分解する。 2N2O5→4NO2+O2 得られた酸素の体積から五酸化二窒素の濃度c[mol/L]に計算したところ、以下のようになった。ただし、生成した二酸化窒素はすべて四塩化炭素に溶解し、酸素は四塩化炭素に溶けず、液体の体積変化はないものとする。 s、mol/L 0、2.00 100、1.88 200、1.77 400、1.56 800、1.21 反応開始200~400秒後の反応速度vおよび反応速度定数kを求めよ。 平均発生速度の比を利用した解き方で解きたいのですが…どうやって解けばよいですか。 お願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.1

反応が、1次の直線に乗っていないためでしょう。 反応曲線がシグモイドになっているのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 反応速度のグラフを見てみると、そうなっていますね。

  • 回答No.2
  • Josquin
  • ベストアンサー率30% (771/2492)

反応速度は指数関数(グラフでは曲線)で表されるので、計算する時間範囲が異なると、違った答えが出てきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>反応速度は指数関数(グラフでは曲線)で表されるので 具体的に、指数関数の式で表すとどんな感じになるのでしょうか?

質問者からの補足

ごめんなさい、お礼と補足を間違えてしまいました^^;

関連するQ&A

  • 反応速度の問題II

    続きです。 A+B → 2C+Dという反応があり、 体積1dm^-3の中にA,Bの気体は同じモル数入っている。 反応時間3秒後では 全圧0.330bar 温度450K 反応時間5秒後では 全圧0.365bar 温度450Kであった。 このt=3s~5sでの平均の反応速度を求めよ というところの解説を見ていてわからなくなりました。 3秒後では 8.82×10^-3mol気体が存在し、 5秒後では9.76×10^-3molである つまり増加は9.4×10^-4mol。よって濃度変化は9.4×10^-4mol dm^-3。これがAの濃度変化であり、2s間でこれが起きているので反応速度は4.7×10^-4mol dm^-3 s^-1である。 とありました。 Aの濃度はBと同温同圧で同じモル数入っているのだからそれこそ÷2をしなくてはならないのではないのでしょうか。 解説のAの濃度が9.4×10^-4molである。 という書き方に困惑してしまいました。 そもそも、この平均の反応速度というのは、k[A][B]のことを示しているのですよね。 Aの濃度がこうだから反応速度もこうなるんだよという説明に解釈ができなくて困っています。 ご指導お願い申し上げます。

  • 反応速度

    大学入試の過去問をやっていたんですが、解答が見当たらない上にどうやっても解けなくて困っているのがあります;;カッコの中の数は指数です。 2×10(-3)molの一酸化窒素が入っている容積200mlの容器に、1.0×10(5)Paの酸素24.6mlを注入。するとそこでは2NO+O2→2NO2の反応が進行し、この反応は反応速度式v=k×[NO](2)×[O2]にしたがって進む。ただし反応速度vは単位時間に生成するNO2の濃度である。ここで0.1秒の時間内ではNOとO2の濃度が一定であるとみなす。 時刻0秒から0.1秒の間に6.0×10(-5)molのNO2を生成した。この間の平均の反応速度を求め、その値を用いて反応速度定数kを求めよ。 また[NO2]=[O2]となる時刻と[NO]=[NO2]となる時刻を求めよ。 です。考え方だけでも教えてくだされば助かります;;

  • 反応速度定数

    書籍でみたのですが、重合反応の二次速度定数(Kp)が0.1(L/mol sec)という記述がありました。 一次、二次はどう違うのでしょうか? また、上記の値から一次反応速度定数(mol/L・sec)にはどういう計算でなおせばよいですか。初期濃度はわかるので、一次反応速度定数がわかれば、系に加えた物質が全て反応しきる時間など計算可能でしょうか? この手の話は理解不足なため、乱文ですいません

  • 反応速度について

    A+B→C+Dという反応が一次反応で表わされるとき、反応物Aと生成物Cの濃度と時間変化の関係式はどのようになるのでしょうか? Aのみに注目した場合に、反応速度をr、反応速度定数をk、Aの濃度をCとした時に-r=kCとなるのはわかりますが、Cにも注目した場合はどう表すのかよくわかりません。

  • 酵素の反応速度について

    温度(T)が一定という条件のもと、横軸に基質濃度(S)、縦軸に反応速度(V)とするグラフで、酵素濃度(E)を変化させた時、どんな酵素濃度でもある基質濃度の値を超えると、反応速度が一定になるというのがわかりません。その濃度に達すると、全ての酵素が酵素-基質複合体になると習ったのですが、少量の酵素量でも、大量の酵素量でも、同じ基質濃度の時に反応速度が一定になるイメージがわきません。 逆に、酵素濃度(E)を横軸において基質濃度(S)を変化させた場合は、最大速度のみ変化し、酵素濃度と速度は比例関係にあるので理解できます。 なぜ(V-S)グラフと(V-E)グラフに違いがあるのか、どなたか教えて下さい。

  • 反応速度について

    反応速度の問題です。 自分で解いても、分かりませんでした。 よろしくお願いします。 27℃で過酸化水素の75%が分解するのに4分要した。 (1)反応速度定数の値を求めよ (2)反応開始から99%が分解するまでの時間を求めよ (3)47℃での反応速度定数が27℃の4倍であったとき、この反応の活性化エネルギーを求めよ。 という問題なのですが、 (1),(2)は自分で解いたところ(1)が0.347,(2)が13.3となったのですが あってますでしょうか? (3)はどう解けばいいのか分かりませんでした。 よろしくお願いします。

  • 反応速度

    反応速度 A→B+C で速度定数kのとき、Aの濃度は時間とともにどのように変化しますか?

  • 反応速度

    こんにちは☆ 2H2O2→2H2O+O2 始め2H2O2=0.96mol/L 2H2O=0mol/L O2=0mol/L 温度25℃ 圧力1.0×10^5の時の反応速度定数8.0×10^-2[/min] この反応の反応速度を求めよ。 という問題です。 解説も含めて解答を教えて下さい。

  • 酵素の反応速度

    酵素の反応速度について質問があります。 酵素は温度やphに影響されて、反応を促進する速度が変わることがわかったんですが、教科書に其質濃度についても酵素の反応速度がかわるとかいてありました。 「酵素の濃度は変わらず、其質濃度が低いときは、其質を加えるほど反応速度は増加し、基礎濃度がある限度をこえると、すべての酵素と其質が結合した状態になるので、反応速度が一定になる。」 其質を加えるほど反応速度があがる ということがいまいちわかりせん。其質が増えれば酵素が分解する速度が遅くなるのではないかと思うのですが・・・。また、其質を増やすほど濃度がたかくなるのですか?やはり、濃度が高くなるにつれ、酵素がそれを分解するために速度は落ちるのではないでしょうか・・・?また、 すべての酵素と其質が結合 とありますが、増えた其質のぶんだけ酵素が反応して、ある濃度のころで反応がとまるというのはどういうことでしょう?ある濃度、というのは決まっているのですか? 質問攻めですみません。回答宜しくお願いします。

  • 反応速度が反応物質の濃度に比例するについて

    反応速度が反応物質の濃度の積に比例する。なんでそうなるのかが分かりません。どなたか教えてください。お願いします。