• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

【化学】反応速度の問題です

ある液相内の化学量論式は 2A→B である。いま100mlの溶液中にAが0.5mol溶解している。そこへ溶媒を添加し、反応を開始した。10分後にBの量を分析したところ、0.1mol生成していた。反応開始から10分後までのBについての平均生成速度はいくらか? 答えは ⊿[B]÷⊿t = (1.0-0)mol/l ÷(10-0)min = 0.1 mol/Lmin で、時間の変化はわかるのですがBの濃度の変化の値がいまいちわかりません。あと、1.0という値はどこから出てきたのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数97
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ryo_ky
  • ベストアンサー率47% (112/237)

Bの濃度変化というのはある時間におけるBの濃度(生成量:⊿B)という事ですよね。 100mL中にBが0.1mol生成しているので単位をmol/Lで表すには 0.1mol/0.1L=1.0mol/L という事ではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 自分で書いていたのに何て言えばいいのやら・・・orz もう大学生だと言うのにあたり前の事に気づかずお恥ずかしい限りです。 もっと難しいことだと思っていました。

関連するQ&A

  • 反応速度

    五酸化二窒素2.00mol、1.00Lの四酸化炭素に溶解し、一定温度で分解反応させ、時間t秒後に発生した酸素の体積を測定した。五酸化二窒素は次式のように分解する。 2N2O5→4NO2+O2 得られた酸素の体積から五酸化二窒素の濃度c[mol/L]に計算したところ、以下のようになった。ただし、生成した二酸化窒素はすべて四塩化炭素に溶解し、酸素は四塩化炭素に溶けず、液体の体積変化はないものとする。 s、mol/L 0、2.00 100、1.88 200、1.77 400、1.56 800、1.21 反応開始200~400秒後の反応速度vおよび反応速度定数kを求めよ。 平均発生速度の比を利用した解き方で解きたいのですが…どうやって解けばよいですか。 お願いします。

  • 反応速度の問題です・・・。

    この問題を教えて下さい。 2A+B→Rなる定密度系として進行する均一液相反応の速度が、ある一定温度において次のように与えられている。  -rA=kCACB mol・m^-3・min^-1 ここで、速度定数はk=5.0×10^-5であり、CA,CBの単位はmol・m^-3と表される。この反応を連続操作の反応装置を用いて進行させ、成分Aの変化率xA=0.70を得たい。ただし、原料供給速度はFv=2.5×10^-2 m^3・min^-1、原料液組成はCA0=2.0×10^3 mol・m-3、CB0=6.0×10^3 mol・m^-3 である。 1)与えられた速度式を成分Aの変化率xAの関数として表し、xA=0.70での反応速度の値を求めよ。 2)この反応を完全混合流れ反応槽内で進行させるとき、その操作式を示して、必要な反応槽体積Vc[m^3]を求めよ。ただし、反応液体の槽内平均滞留時間はθ[min]とする。 3)この反応を押し出し流れ反応装置で行なうとき、その操作式の積分形を誘導し、必要な反応層体積Vp[m^3]を求めよ。ただし、装置内の反応液体の滞留時間はθ[min]とする。

  • 反応速度定数 K に関して

    速度定数の求めかたも判りませんが、 それ以前に積分法を用いて速度式が導けません。 お手数ですが、ある程度の途中計算も同書して下さい。 [問]2A+B=Rなる量論式で示され定密度系として進行する液相反応形の   速度を知るために静止法を用いた。   一定温度で反応させ、反応開始後適当な時間間隔で反応液中から試料を   採取し分析した結果を以下に示す。  時間・θ[min]     0    5   10  20   30・・・略  A濃度・CA[mol/L] 2.00 1.75 1.55 1.34 1.19・・・略   反応開始時の反応液中の各成分の濃度は、   CA0=2.0mol/l、CB0=1.2mol/l、CR0=0であった。   積分法を用いて速度定数kを求めよ。                          解答:1.23×10^-2

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

こんばんは。 Bの濃度変化は(反応後のBの濃度-反応前のBの濃度)です。 反応前はAしかなかったので、Bの濃度は0mol/Lですよね。 反応後のBの濃度はは0.1mol/100mL=1.0mol/L(1L=1000mL)です。 これでどうでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 モル濃度と濃度がごっちゃになってて気づきませんでした。^^;

関連するQ&A

  • 高校化学 反応速度と反応式の係数

    化学反応の速度の問題で、分からないところがあります。 『水溶液中の物質A、B、Cの間で次の可逆反応が起こり、十分な時間が経過すれば平衡状態が成立する。 A+B←→2C (実験1) この反応の正反応の速度v1は、AとBのモル濃度の積に比例した。 A、Bの初濃度がいずれも3.0mol/Lのとき、反応開始直後のCの生成速度は9.0×10^(-2)mol/(L・分)であった。 問1 正反応の速度定数kを求めよ』 という問題です。 解き方として、実験よりv1=k[A][B]だからAとBの初濃度を代入すればよく、また正反応の速度をA,BでなくCに着目して考えて、それらをイコールで結べばよい……ということはわかります。 解答には『9.0×10^(-2)=k×(3.0)×(3.0)』とありました。 しかし、反応式におけるA、Bの係数が1でCの係数が2、であるにも関わらず、何故そのままCの生成速度を代入していいのかわかりません。 仮にAの減少速度をVa,Bの減少速度をVb,Cの生成速度をVcとおくと、Va=Vb=Vc/2となり、この問題で与えられた正反応の速度v1とはVa(=Vb)のことだから、代入する値はCの生成速度を1/2しなくてはいけないのでは?と思ってしまいます。 単純化して考えても、AとBが1個ずつ反応したときCが2個できるので、やはりA、Bの減少速度はCの生成速度の1/2ではないのでしょうか? どなたか分かる方がいらっしゃいましたら、また私が何か勘違いしているということを指摘してくださる方がいらっしゃいましたら、ご回答のほうよろしくお願いします。

  • 反応速度

    大学入試の過去問をやっていたんですが、解答が見当たらない上にどうやっても解けなくて困っているのがあります;;カッコの中の数は指数です。 2×10(-3)molの一酸化窒素が入っている容積200mlの容器に、1.0×10(5)Paの酸素24.6mlを注入。するとそこでは2NO+O2→2NO2の反応が進行し、この反応は反応速度式v=k×[NO](2)×[O2]にしたがって進む。ただし反応速度vは単位時間に生成するNO2の濃度である。ここで0.1秒の時間内ではNOとO2の濃度が一定であるとみなす。 時刻0秒から0.1秒の間に6.0×10(-5)molのNO2を生成した。この間の平均の反応速度を求め、その値を用いて反応速度定数kを求めよ。 また[NO2]=[O2]となる時刻と[NO]=[NO2]となる時刻を求めよ。 です。考え方だけでも教えてくだされば助かります;;

  • 反応速度

    ある温度で容積2.0Lの容器に水素とH2と窒素N2を入れて反応させたところ、20秒後にアンモニアNH3が0.040molを生成していた。この20秒後の平均反応速度をH2、N2、NH3の濃度変化を使って示せ。 比を使って解きたいのですが解き方が分かりません。 3H2+N2→2NH2 0 ? ? 0mol ↓ 20s後? ? 0.04mol 教えて下さい。

  • 反応速度定数を求める問題

     2次の速度式に従う液相反応、A+2B→C、がある。未知の濃度のAを含む溶液にBを初濃度 0.1molLで添加して反応を開始させ、時間の関数としてBの濃度を測定した。反応時間3分でB の濃度はちょうど最初の半分に減少したが、反応開始後約1時間でBの消費はほとんど認め られなくなり、最終的に0.016molLのBが残存することがわかった。この反応の速度定数を求 めよ。 いろいろやってみましたけど、やっぱ最初のA+2B→Cが2次速度式に従うっていうのはどうやって 処理すればいいのかわかりません。 あとAの濃度は未知でBの濃度とひとしいかどうかもわからないですね。 ご回答お願いします。待ってます!

  • 化学のこの問題わかりません。教えてください。

    1.0mol/lの酢酸100mlに、0.5mol/lの、NAOH100mlを、くわえた。 1. 生成した酢酸ナトリウムは、何モルか?モル濃度は? 2. 未反応の酢酸は何モルか?モル濃度は? 3.さらに 1.0mol/lのHCLを1ml加え、よくかき混ぜた。この時起こる反応式をかけ。また、酢酸ナトリウムおよび酢酸の、濃度を計算しなさい。 4. 2 の酢酸を、ちょうど中和するためにはあと、何mlの、NAOHが必要か? 全く分かりません。教えてください。

  • 化学工学の問題なのですが・・・

    2A+B→2Cで表される液相反応を回分反応器で行った。初濃度は、CA0=2、CB0=5、CC0=1、CI0=10kmol/Lで反応を開始し、Aの80%が反応したときに反応を停止させた。ただし、CI0は反応には直接関係しない溶媒の濃度である。そのときの各成分の濃度とモル分率を求めよ。反応液の密度変化は無視できるとする。 という問題です。よろしくお願いします<(_ _)>

  • 高校化学の問題の解説でわからないところがあります。

    0.6mol/Lの塩酸100mlに酸化カルシウムを溶解させたのち、 0.10mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液で中和滴定したところ100mlを必要とした。 溶解させた酸化カルシウムの質量は何gか。 という問題で、 解説に 酸化カルシウムCaOと塩酸の反応は次式で表される CaO + 2HCl → CaCl2 + H2O 溶かしたCaO(56g/mol)の質量をX{g(グラム)}とすると CaOと反応した後、残っているHCLの物質量は 0.60×100/1000&#65293;X/56×2{mol} 残っているHClを完全に中和するのに 0.10mol/Lの水酸化ナトリウムを100ml必要としたことから 0.60×100/1000&#65293;X/56×2=0.10×100/1000 X=1.4(g) と書いてあるのですが 0.60×100/1000&#65293;X/56×2の部分の 最後の×2がどこから出てきたのか分かりません。 初めてネットで質問するので 至らない点があれば指摘お願いします。

  • pHの計算はこれで正しいでしょうか?

    以下のように、pHを算出したのですが、正しいでしょうか? (1) 0.1mol/L HCl 50mL と 0.1mol/L NaOHaq 49mLの混合液。 算出:中和反応により、水素イオン濃度の変化に左右するのは    0.1mol/L HCl 1mL だけだと考える。溶液の総質量は    50+49mLだが、これは100mLと近似して    [H+]=1×10^-4 mol/ (100mL)      =1×10^-3 mol/ L    よってpH=3.0               (途中の近似は許されています) ☆不安なのは以下です。 (2) 0.1mol/L HCl 50mL と 0.1mol/L NaOHaq 49.99mLの混合液。 算出:中和反応により、水素イオン濃度の変化に左右するのは    0.1mol/L HCl 0.01mL だけだと考える。溶液の総質量は    50+49.99mLだが、これは100mLと近似して    [H+]=1×10^-6 mol/ (100mL)      =1×10^-5 mol/ L    よってpH=5.0 不安に思う点は、水のイオン積のことです。 例えばpH=1の水溶液を10倍、100倍と薄めていっても 整数とびで pH=7 には近づかないことは分かるのですが、 (2)のように、pH=5程度の酸の薄さにおいて 水のイオン積の影響がどの程度あるのか、いまひとつ 実感がなく、正しく5.0程度になるのかが不安です。 なにか補正が必要でしょうか? 詳しい方、よろしくお願いいたします。

  • 反応工学の問題で・・・。

    反応工学の問題で・・・。 液相不可逆反応A+B→Rにおいて、生成物Rは反応物AとBの濃度に比例する速度で生成し速度定数はk=273×10^-4m^3/mol・sである。容積0.127m^3のCTSRを用いてAおよびBを含む溶液を各々1.57×10^‐5m^2/s、4.69×10^‐5m^2/sで別々に送入し、その濃度は35.2mol/m^3、23.8mol/m^3である。A、B、Rの出口の濃度を求めよ。 まったくわからないので丁寧に解説していただけると幸いです。

  • AgBrの溶解度

    水・0.1mol/l KBr溶液・0.5mol/lアンモニア水の3つの溶液に対するAgBrの溶解度を求め方がわかりません。 一応、AgBrの水中の溶解度積は、4×10^-13(mol/l)^2,Ag+とNH3との錯生成定数はlogβ1=3.4、logβ2=7.4となっています。 回答よろしくお願いします。