• ベストアンサー
  • 困ってます

反応速度について

高校化学からの質問です。 参考書の反応物と反応速度という項目において、「反応物の濃度が高いほど単位時間あたりの反応分子数が多くなって反応速度が大きくなる。」とあり、ここまでは一応納得しました。参考書には続けて「二次反応の場合は、反応物どうしの衝突回数も多くなるので、濃度が高まることによる反応速度の増大は濃度の積に比例する」とありました。ここでわからないことがでてきました。 1.ここで言う二次反応とはなんでしょうか? 2.なぜ濃度の積に比例するといえるのでしょうか? 以上、宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数334
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

● A,B,C,Dを化合物とします。   A + B → C + D このような反応が有ったとします。 変化の早さ;例えばAの濃度がが減少する早さやCの濃度が増えていく速さを考えれば、化学変化に速度という考え方を使うことができるようになります。 このような分野を『反応速度論』といいます。  ここでは化学反応は、気体や液体で『熱運動をしている分子同士が空間でぶつかり、その運動エネルギーを化学結合の組み替え=結合を切り、新しい原子の組合せで結合をしなおす』という過程で化学変化を考えます。固体の場合も考えられますが、これは固体表面での吸着という固体表面での現象を取り入れることで同じように考えることができて、これは特に触媒反応などで必要になります。  まずは、気体または液体の場合で考えることにしましょう。 ●衝突の頻度  上のような反応が有ったとします。  AやBの分子が反応容器の中を走り回っているというがの気体や液体のモデルです。  ここでAの1分子に注目します。これが反応容器の中をある距離走る場面を考えて、その間にBとぶつかる回数を考えます。そうすると・・・実際に何回ぶつかるかはAの大きさ(衝突断面積とかいう)などを考えなければ求められませんが、少なくとも周囲にBが少なければ衝突回数は少なく、その2倍Bが有れば2倍の衝突回数が有り、・・・周囲にあるBの個数に比例することはわかると思います。  従って、  1個のAがBとぶつかる回数∝周囲のBの個数,正確にはBの濃度 となります。濃度としたのは、同じ個数でも広い場所と狭い場所で違ってきますから、同じ体積あたりに何個有るか=体積モル濃度に比例するというほうが正しいですね。(∝;これは『比例する』の記号です。)  次に、容器の中に存在するA全体ではと考えると、1個で上の関係が成り立ったのだから、Aの個数倍すればよいことになります。これも比較するためには同じ体積で無いと困りますから、体積で割って、Aの体積モル濃度と考えます。  容器の単位体積中でAとBが衝突する回数∝Aの濃度×Bの濃度 となります。  濃度は[A]、[B]のように書くので、速度の記号をv,比例定数(反応速度定数)をkとすると,  v=k[A][B] と書くことができます。  この場合に、[A]について1次式、[B]について1次式なので、これを合計して2次の反応速度という風に表現します。  実際の反応はこの考え方で非常に良く説明ができます。  ところで  2HI→H2+I2 の反応が有ったとします。この場合は、おなじHI同士がぶつからなければならなくて、  v=k[HI][HI]=k[HI]^2 になりますね。この場合も2次の反応速度といいます。v=k[HI]では無いので注意してください。(原子核のように自発的に分裂する場合には1次になるでしょうが。化学反応ではやはり衝突しあうということが前提です。)  実はこのようにぶつかり方が問題で、同時に3個とか4個ぶつからなければ反応が起こらないという場合も考えられます。そのときはその同時にぶつからなければならない物質の個数をn個とするとv=k[A]^nになり、n次の反応速度になるはずです。  反応の速度には、このように化学反応の反応物質と生成物質というはじめと終わりだけではわからない、『途中の反応の過程』が影響することがわかりますね。  逆にいうと、反応速度を調べると反応の途中経過の情報が得られるということです。『反応速度』から『反応の仕組み=反応機構』がわかるということになります。反応物質から生成物質まで変化していく過程がわかるようになり、その各段階の1つ1つの反応を『素反応』といったりします。  もっと進むと、たとえば人間どうしても頭同士でぶつかると痛いけれど、おなかと頭ではあまり痛くない。体の小さな人はぶつかることは少ないが、体が大きいとぶつかりやすいだろう。  分子の大きさがどれぐらいか。どことどこがぶつかるか。同じ走っているもの同士でも正面衝突か・後ろからの追突か・・・立体因子  ぶつかるときの速度はどれぐらいで、分子の化学結合がどれぐらい持ちこたえるか・・・気体分子運動論と活性化エネルギー;反応熱や温度の影響 などを取り入れなければなりません。  高校ではそのうちの濃度の部分、特に可逆反応での化学平衡(ル・シャトリエの法則)だけを勉強すればよいことになっています。(化学IIでは活性化エネルギーとの関係も触れることが有りますが・・・)  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうごじざいます。 奥が深いんですね。わかりやすい例など交えて詳しい解説ありがとうございます。大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 反応速度の質問です

    反応速度は分子の衝突回数と比例の関係にあるのですか?

  • 反応速度について

    高校2年です。 化学反応の速度で、 1温度を高くすると反応が速くなる訳を、粒子の熱運動に着目して答えよ 2濃度が高くなると反応が速くなる訳を、粒子の衝突に着目して答えよ の2問について教えて下さい…… 私の答えは、 1.分子の熱運動が大きくなり、衝突回数が増える。また、活性化エネルギー以上のエネルギーを持つ分子が増え、分子が衝突したとき反応の進む割合が大きくなり、反応速度も大きくなる。 2.粒子の衝突する頻度が高くなるため。 です。 1の後半の文は蛇足でしょうか……?あと、2のもう少し詳しい答えを頂ければ嬉しいです。お願いします

  • 酵素と基質の反応速度

    参考書に「基質濃度も酵素濃度も、一方が他方に対して過剰になると、反応速度は増大しなくなる」とありました。 基質濃度が過剰になった場合は、酵素が限られている為、反応速度が増大しなくなるというのはわかります。しかし酵素濃度が過剰の場合ですが、酵素は多くなればなるほど反応速度は増大するのではないでしょうか? 宜しくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

1. 2つの粒子が衝突して起こる反応を二次反応といいます。 2. 確率論のように考えてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 反応速度が反応物質の濃度に比例するについて

    反応速度が反応物質の濃度の積に比例する。なんでそうなるのかが分かりません。どなたか教えてください。お願いします。

  • 化学 反応速度

    粒子A,Bが同じ空間にあるとき、一方もしくは両方の濃度を高くすると粒子同士の衝突回数が増えて反応速度が大きくなりますよね? でもこれって濃度を高くした分たくさん反応を起こすことになりますから、反応時間は長くなるということですか?

  • 反応速度について

    N2O5→N2O4+(1/2)O2 という、体積を一定に保って加熱した五酸化二窒素の分解反応なのですが、 【0分】で 濃度は5.02mol/l 【0~4分】で 平均の反応速度はa mol/l・分 平均の濃度は4.61 mol/l 【4分】で 濃度は4.20mol/l 【5~8分】で 平均の反応速度は0.170 mol/l・分 平均の濃度は3.86 mol/l ということなのですが、aを求めるとき、 5.02-4.20/4-0 で0.205mol/l・分 と求まるのですが、 たとえば比例の関係より 3.86:0.170=4.61:a としてaを求めると0.203mol/l・分 になってしまいます。 反応速度の計算はなぜ比例式の計算ではできないのでしょうか?

  • 反応速度定数について

    物理化学をやっていて、参考書に、反応速度定数kは反応の速度を表す定数とありました。kが反応の速度に関する定数であることは字から予想がつくのですが…「反応の速度を表す定数」で、反応の速度を表すなら、定数とつけなくても反応速度そのものでいいのでは?と思ったり、実際にその定数が化学反応において、どう関係しているのか全くイメージがつかめません。分かりやすく説明していただけないでしょうか?

  • 反応速度について

    A+B→C+Dという反応が一次反応で表わされるとき、反応物Aと生成物Cの濃度と時間変化の関係式はどのようになるのでしょうか? Aのみに注目した場合に、反応速度をr、反応速度定数をk、Aの濃度をCとした時に-r=kCとなるのはわかりますが、Cにも注目した場合はどう表すのかよくわかりません。

  • 酵素の反応速度について

    温度(T)が一定という条件のもと、横軸に基質濃度(S)、縦軸に反応速度(V)とするグラフで、酵素濃度(E)を変化させた時、どんな酵素濃度でもある基質濃度の値を超えると、反応速度が一定になるというのがわかりません。その濃度に達すると、全ての酵素が酵素-基質複合体になると習ったのですが、少量の酵素量でも、大量の酵素量でも、同じ基質濃度の時に反応速度が一定になるイメージがわきません。 逆に、酵素濃度(E)を横軸において基質濃度(S)を変化させた場合は、最大速度のみ変化し、酵素濃度と速度は比例関係にあるので理解できます。 なぜ(V-S)グラフと(V-E)グラフに違いがあるのか、どなたか教えて下さい。

  • 固体と液体の反応速度の求め方

    化学部で、硝酸と脱脂綿を反応させてニトロセルロースを作る実験をしていて、その反応速度を調べています。 ちなみに、この化学反応式は [C6H7O2(OH)3]n + mnHNO3 → [C6H7O2(OH)3-m(ONO2)m]n + mnH2O です。 反応速度は反応物の濃度のべき関数であらわすそうですが、固体(脱脂綿)の濃度はどのように扱えばよいのでしょうか? 一度、固体の濃度を一定と考えて、硝酸の濃度の関数として計算してみたのですが、どうしても、 v = k [HNO3]^n という形にはならず、 v = k [HNO3] + q という形になってしまい、うまくいきませんでした。(y切片が0にならない) どなたか反応速度に詳しい方がいらっしゃれば、固体と液体の反応速度の求め方を教えてください。お願いします。

  • 反応速度

    反応速度 A→B+C で速度定数kのとき、Aの濃度は時間とともにどのように変化しますか?

  • 物理化学 反応速度

    物理化学の宿題をやってみたのですが、問題が英語ということもあり、よくわかりませんでした。一応こたえを入れてみたのですが、あっているでしょうか? 1.水溶性の塩酸と硝酸銀溶液が混合されたとき、その反応生成物は急速に生成され、その反応は(反応物質の濃度)のfunctionとして容易に理解することはできない。 2.加水分解のような反応では、それらが最終的な状態になるまで数時間かかり、(反応剤の濃度)の差の間に起こる範囲は反応速度を測定できる。 3.A+B→生成物という反応があるとき、反応速度f=([A]/単位時間、[B]/単位時間)であらわせる。

  • 反応速度についての質問

    素反応の反応速度について質問があります。 素反応において、 A+A+B→生成物 のような式のとき その反応速度式は v = k[A]^2[B] となると思うのですが、 このときの[A]について、この[A]はA全体の濃度なのでしょうか? それとも、「A+A+B→生成物」の式のように全体のAを二つに分けてその一つの濃度(つまりA全体の濃度÷2)のことをいっているのでしょうか?  また、 v = k[A]^2[B]の、vは、 何の濃度の減少速度のことを言っているのでしょうか? 単位時間当たりの、“A〈全体)の濃度の減少量”のことでしょうか? 単位時間当たりの、“2つに分けたうちの一つのA (つまりA全体の濃度÷2)の濃度の減少量”のことでしょうか? それとも単位時間あたりの、“Bの濃度の減少量”でしょうか? よろしくおねがいします。