• ベストアンサー
  • 困ってます

賃貸契約解約に際するトラブル

【賃貸契約解約に際するトラブル】 *契約満了日が近づき、賃貸アパートを退去する者です。 *退去の連絡をする際、2ヶ月前に書面でその旨通知をしなければならず、契約満了日をまたいでしまうため、不動産屋から再契約及び再契約料金を求められました。(本件トラブル) 〜状況〜 *入居時に ①普通賃貸契約(2年) を交わし、入居2年後、再契約という形で ②定期建物賃貸借契約(2年) を交わしました。 さらに約2年弱経過したため、退去手続きを不動産会社と調整中です。 *②契約書1条「本契約は期間満了により終了し、更新がない。ただし、甲乙協議の上、本契約の期間満了日を始期とする新たな賃貸借契約(再契約)をすることができる」旨記載があります。 *②契約書の解約については「本契約を解約する場合は、賃貸人は6ヶ月以前、賃借人は2ヶ月前に書面より通知」旨記載があります。 ちなみに①普通賃貸契約の解約については、「期間満了、中途にかかわらず、期間満了日又は解約日の2ヶ月前までに書面にて申し入れ」旨記載があります。 〜質問〜 1.再契約及び再契約料に応じなければならないのか(優先) 2.②契約書の解約の条文だけでは、中途解約前提の条文にと考えるのは難しいのか 3.満了日まで退去したものの、退去手続きを拒否された場合、法定更新される恐れがあるか 4.①契約書は有効になるのか 新居は決まってるので、粛々と満了日をもって退去したいです…よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数111
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • JL-130
  • ベストアンサー率31% (19/60)

>「本契約を解約する場合は、賃貸人は6ヶ月以前、賃借人は2ヶ月前に書面より通知」 「解約」しなくていいんじゃないですかね?「(借主からの)解約」を申し入れるのではなくて、そのまま「契約満了」させればいいだけだったのでは?ここにきてわざわざ解約の手続きをしなくても、定期借家契約は期日を満了して終了すると思います。 「(借主から)解約を申し入れる」のであれば、「2か月分に相当する家賃」などの規定があれば、それに従う必要はある可能性はある。 「再契約」については不要に思いますが…(再契約をしないといけないというルールは多分ないと思うので。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 賃貸借契約書の内容に関しての質問です。

    賃貸借契約書の内容に関しての質問です。 こんにちは。お世話になります。 今度、部屋を借りる事になり、賃貸借契約書が 送られてきたので、中身を確認しています。 その中に書かれている事で何点か質問があります。 (1)解約予告期間 1ヶ月  解約は書面にて通知。  とあるのですが、これは1ヶ月前までに  書面にて解約の意思をしかるべきところに  伝えればいいという事なのでしょうか?  ※書面とは、自分の手書きでしょうか?   それとも決められたフォーマットみたいなのが   あるのでしょうか? (2)規約書の最後の方に「初回契約は2年間、以後2年毎の  再契約型の定期借家契約」とあるのですが、  契約書の一番最初に「更新のない住居用定期建物賃貸借契約を  締結した。・・・・」  と記載があり、  別用紙に、  「借地借家法第38条第2項の規定に基づく書面」  とあって、  それには「賃貸の契約は更新がなく、  期間の満了により賃貸借は終了しますので、賃貸人は期間の満了  の日までに、下記建物を明け渡さなければなりません。」  とあり、2年間の契約期間が記載されています。  賃貸申し込み時に2年しか住めないとは聞いてはいませんし、  又2年ごとの更新とも聞いていません。  ただ、申し込み時頂いた書類を良く見てみると  契約年数:24ヶ月とあります。 (3)更新型の賃貸の場合、更新する度に礼金、保証金が  必要なのでしょうか?  又その度に賃貸借契約書も書くのでしょうか?  実は部屋を借りるのが初めてで、  担当者からも今のところ、上記についての説明がなく  不安に思っています。    担当者に聞けば良い事なのかもしれませんが・・・  よかったら詳しい方教えて下さいませんか?    長い文章を読んで下さりありがとうございます。  どうか、よろしくお願いします。     

  • 借家 法定更新後の解約申入れ

    貸主Aと借主Bは、2年の期間を定めて居住用建物の賃貸借契約(普通建物賃貸借契約。定期借家でないもの)を結んでいました。(原賃貸借契約) この2年の期間満了の際に、新賃料の額をめぐり合意に至らず、法定更新されました。 原賃貸借契約で、借主側からの解約申入れについては次のように定められています。 「本契約期間内であっても、Bは1箇月以上前に、Aに文書で解約の申入れを行うことにより、本契約を解約することができる。」 この場合、上記の法定更新後は、この契約条文は意味をなさなくなるのでしょうか。つまり、借主から解約を申し入れる場合は3箇月前に申し入れを行わなくてはならなくなるのでしょうか。 それとも、法定更新後でも上記の条文は生きていて、1箇月前に申し入れを行えばよいのでしょうか。

  • 口頭による賃貸契約の解約申入れについて

     現在、アパートで一人暮らしをしていますが、事情があって、今住んでいるアパートから8月いっぱいで引っ越すことになりました。  賃貸借契約書には、解約を希望する場合には、解約希望日の1ヶ月前までに申し入れをしなければならないとされていることから、明日(7月31日)にでも不動産屋に行って手続しようと考えまして、本日(7月30日)、電話にて、その旨伝えようとしましたところ、その不動産屋の担当者からは、「電話でも申し入れを受けている」とのことでした。  わざわざ、店頭まで出向かなくてても、電話で済むのなら、ありがたいと思い、8月末で解約したいと伝えました。解約を申し入れること自体初めてでしたので、その場ではそんなものかとも思いました。しかし、電話を切ってからよく考えてみますと、契約するときは書面で行っているのに、解約のときは口頭で済んでしまうことに対し、何か違和感を覚えました。  通常、賃貸借契約の契約満了日の前に解約を申し入れる場合、電話(口頭)でも法的には問題ないのでしょうか。書面による申し入れを行わなかったらといって、何か不都合が生じることはないでしょうか。ちなみに、賃貸借契約書には、「申し入れをしなければならない」とだけあって、その手段については言及しておりません。皆さんの回答をお待ちしております。よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • gsmy5
  • ベストアンサー率57% (1307/2273)

質問のような事例では、通常自動更新の契約(家主・借主が満了前一定期間内に契約を解除する旨申し出ない限り、契約は自動的に更新される)となっていることが多いのですが、質問文を見る限り、一般的な自動更新の契約とは文章が異なっているように見えます。 しかし、「本契約を解約する場合は、賃貸人は6ヶ月以前、賃借人は2ヶ月前に書面より通知」と書いてあることから、一般的な自動更新と同様の契約であると言いたいのかもしれません。 調べてみると、部屋の賃貸の場合、借家人の保護の為(突如契約を打ち切られるとその日から借家人は住む場所がなくなる)、他の契約では見られない、「法定更新」という制度もあるようです。 これによりますと、契約書に特に明示してなくても、期間満了前の1年前から6か月前までの間に、相手方に対して更新拒絶の通知をしない場合、契約は従前と同一の条件により更新されることになります。(但し期間の定めはなくなる) つまり、自動更新の契約がなくても、法律により、最低6カ月前より前に期間満了後は契約を解除する(部屋を出る)旨文書で伝えない限り、契約は更新され続けてしまうということです。 一方で、質問者様の契約は「期間満了、中途にかかわらず、期間満了日又は解約日の2ヶ月前までに」申し入れれば解除できるのですから、法律よりいい条件の契約ともいえます。 法定更新については以下を参考にしてください。 https://fudosan-houmu.com/chintai/contract-expiration-renewal ただ、不動産会社ならその程度のことは知ってそうなので、それでも解決が難しいなら、他にも何か問題になる点があるのかもしれません。法律上は、質問の状況なら更新されても仕方ない状況ですので、質問者様の希望通り契約解除できなかったとしても仕方がない面があるように感じる案件です。 あくまでも主張を通したいのなら、やはり弁護士や法律に詳しい専門家に相談した方がいいかもしれません。 とにかく、部屋の賃貸に関しては契約満了時に退去するつもりでも、その旨の文書を提出した方がいいということですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

再契約の必要はないと思います。本来2カ月前までに退去申請をしなかったということですよね?でしたらその場合何カ月分の違約金(契約書に明記されてるかと思います)を支払えばよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

結局は更新料を支払いたくない。 契約を破りたい と言うことですね。 更新料は不当だという判例もありますが、それは高額な場合、家賃1ヶ月分の更新料は認められています。払いたくなければ契約時に言って契約書に更新料ナシにすれば良かっただけです。 退去するにしても、更新料を支払うべき日を越せば 契約書に書いているんだから払うべきです。 隣国みたいな事を貴方はしますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 契約満了に伴う退去

    よろしくお願いします。 今一人暮らしで賃貸に住んでおります。 5月22日に契約満了になるタイミングでの引越しを検討しているのですが、 現在まだ不動産屋側には連絡をおこなっておりません。 (3月頭に先方から契約更新のお知らせとして、「満了日を以て期間満了となり 賃貸借契約は自動更新されます」との連絡はいただいております。) また、解約申し入れの取り決めを確認したところ ・賃貸借期間中であっても、甲は正当な事由がある場合には6ヶ月前の予告をもって、乙は2ヶ月前の予告をもってそれぞれ本契約の解約を申し入れることができる。この場合予告期間の満了と同時に本契約は終了する。 ・乙は第1項の予告にかえ、賃料等の2ヶ月分相当額を支払って、即時解約することができる。乙が第1項の予告期間に満たない予告をした場合において、不足期間に相当する賃料等を支払ったときも同様とする。 との記載がありました。 この場合の疑問なのですが、今から解約の届けを行った場合 更新料は発生するのでしょうか?(2ヶ月に満たない予告での解約のため) それとも、契約満了のタイミングの退去であれば発生しないのでしょうか? また素人考えですが、予告に必要な2ヶ月分の家賃が発生する場合 2ヶ月分(5月・6月分)家賃+更新料1か月分 を支払うより 即時解約申し立てによる2ヶ月分家賃 を支払う方が得かと思うのですが、 これは正しいでしょうか? 長文にて大変恐縮ですが、 アドバイスいただけますと幸いです。

  • 契約満了以降の家賃の支払いに関して

    はじめまして。質問させて頂きます。 2年前にエイブルにて賃貸契約を結び、今月いっぱい(2月29日)で契約が切れるため、契約満了日に引越しをしようと考えております。 1ヶ月ほど前にエイブルから契約更新の手続きの書類(更新の契約書&更新料の振込用紙)が送られてきましたが、更新する気がなかったため、そのまま破棄しました。 そして先日エイブルに引越しする旨を伝えたところ、「退去の連絡が遅かったため、今から1ヵ月後の3月中頃まで、日割りで家賃が発生してしまうかもしれない。」と言われました。 中途解約の際は、1ヶ月前に解約の旨を伝えなければ、退去後も家賃が発生(解約申請を行ってから1ヶ月間分)するということは理解していたのですが、中途解約ではなく、契約満了時における退去にも同じことが言えるのでしょうか? 契約書には、契約満了後の記載に関しては、「契約満了日を過ぎても退去せず、それにより貸主に損害が発生した場合、損害金を支払う」としか明記させておりません。 よろしくお願い致します。

  • 土地賃貸借契約の解約でもめてます。

    コンビニの土地賃貸借契約を昨年5月末に締結し、工事開始の1週間前に突然、この出店自体を解約することが決まりました。幸い、田んぼの埋め立て工事に入る前の決定でしたので、実質的な損害は、昨年と今年の稲作無収穫分などですが、契約書の中で中途解約と解約金の条項があり、賃借人は賃貸人に対し、6ヶ月前の予告をもって、この契約の解約を申し入れることができる。ただし、賃借人はこの予告期間にかえ、6ヶ月分の賃料相当額を賃貸人に支払い、即時解約することができるものとする。また、賃借人の申し入れによる解約が為された場合には、敷金の無利子預託の定めに関わらず、賃貸人は、賃借人が賃貸人に預託中の保証金の解約時における未償還残額の9割相当額を、解約金として没収することができるとあります。 昨日、コンビニ会社に前項についての6ヶ月分の解約金を請求しました。敷金はまだ頂いてないので触れませんでした。しかし、土地工事開始の契約が終わってないから、この条文は無効だと言われました。 土地賃貸借契約の締結は、この条文にある契約を指すとしか我々は読み取れなかったのですが、先方の言い分は本当に正しいのでしょうか?土地賃貸借に詳しい方、是非、教えていただけませんか?

  • 賃貸店舗の契約更新

    賃貸店舗で二十数年飲食店を営業しています。 更新は2年ごとなので既に十数回更新しているのですが 前回の更新時に特約事項として別紙(ただの白い紙に書いたものに捺印)に「賃貸人が期間満了前に本契約を解約する場合は6ヶ月前に予告するので、予告期間終了後はすみやかに本物件から退去のこと。但し期間満了後の契約解除に関しては記載通りとする。」 という記載があったのですが現実的にそのような事態が予想できなかったので了承しました。 現在は契約満了で更新はまだしていませんが、何となく土地を売却するような気配があり、今度の契約書にも同じような記載があった場合、その部分は削除してもらおうと思っています。 その場合、契約拒否という事態も予想できるのですが、こちらは契約継続を希望しているので家賃の供託をすれば良いのでしょうか?。 また、2年の契約が満了した現在でも前記の特約条項は有効ということなのでしょうか?。 宜しくお願いいたします。

  • 賃貸の解約と契約のタイミングについて

    現在賃貸に住んでいて、転居する予定なのですが 解約と契約のタイミングが難しく、なるべく出費が少なく引越しできる方法を探しています。 どなたかお分かりになる方がいらっしゃいましたら、 いい方法を教えてください。 状況としては、 現住の賃貸の契約満了時期は6/14であると通知がきました。 賃貸の更新手数料が3万円ほどかかります。 更新するか否かの返事を5/15までに連絡しなければならないのですが 不動産屋さんへ電話して5/18までのばしてもらいました。 一方、新しい賃貸への転居するかどうかは5/17に決める予定です。 もし、転居すると決まった時には6月末頃までに転居しようと思っているのですが そうすると、やはり今の賃貸の契約満了時期が過ぎてしまいますので 更新手数料を払わなくてはならないのでしょうか? どうにか、退去までの日割り家賃のみで済ませることはできないのでしょうか?

  • お恥ずかしながら、不動産賃貸契約解除につい

    お恥ずかしながら見解を聞きたく思います。不動産賃貸に関わっています。不慣れでもあり、お客様意見も受けならが、心配事が発生しました。 去年、4月1日より本年2月末まで(11ケ月)の学生向け賃貸契約をお客様と結びました。 毎年、3月に学生の入れ替わりもあり、契約満了日を2月末、その後、(1)1年更新(更新料有り)又は、(2)2月末満了退去・(3)希望あれば3月20日までを居住可能期間とする契約となっています。 1月末にお客様に、(1)更新・(2)2月末退去・(3)3月20日退去 の退去確認書を送付しました。 お客様は、3月20日退去との確認書を返送してきました。 私は、3月20日退去と考えておりました。 しかし、当社作成の退去確認書の注意事項記載に、”同居室の次契約者決定後、退去日変更は出来ません”と記載したあった事でお客様と揉めてます。 しかしこれは、当社の考えは、2月に退去する事の退去通知提出後、次の契約者が3月入居を想定して次契約者が決定した場合には、現在の居住者が3月まで延長する事が出来ないと記載したつもりであります。 しかし、お客様は、”2月15日 当社に連絡、この部屋の次契約者は決定しているのか、当社では、まだ未定と告げました。” お客様は 退去確認書注意事項の記載には”次契約者が未定なら、退去日の変更が可能です”との確認、そう解釈していいとの見解を述べました。 確かに、次契約者は決まっていない、しかし、、2月を3月への変更を想定して、3月を2月への変更は考えていないですと告げる。お客様は、記載どおり処理して欲しいとの要望でした。 私は、契約書に、1ケ月前に退去を告げる事が記載あるのではと告げました。 しかし、お客様は、それは、契約途中の解約条項で、お客様は契約満了での解約、それには該当しないのではと主張、お客様は、賃貸契約は期間満了まで居住して2月末の契約満了退去となり、1ケ月前の申告には該当しないのではとの意見でもあります。 お客様は、賃貸契約書は契約満了で契約不履行は無く、今件での問題は、当社の作成”退去日確認書”に問題があるのではとの事、 そこに、”次入居者が確定ならば、退去日変更が出来ない”との解釈を、逆に”未定ならば退去日変更は可能である”と考えますとの見解でもありました。 又、お客様は、ならば、”一旦提出された退去日変更は出来無い”と記載していればこんな問題が起こらなかったとの事も言われました。 一応、お客様には、1ケ月前の解約通告とある点、退去確認書記載には2月が3月への変更だけとして、3月を2月への変更は認めていないと告げてありますが、 お客様は書面にて2月15日、2月末退去と告げてきており、どう解釈するのか不明です。確かに、退去確認書の記載が不明瞭であった事には反省しておりますが、判断が微妙です。どうお客様に説明するべきか、どう対応するべきか質問いたします。よろしくおねがいいたします。

  • 店舗の賃貸契約期間について

    理容店を経営するために店舗を借りていますが契約満了半年前の今、貸主から解約通知が届きました。 こちら側の意思としては、退去する意思はありません。 質問としては、解約通知が届いたことで退去しないといけないのでしょうか。 <背景> 最初の契約は平成12年12月1日~平成17年11月30日までの5年間で すでに昨年契約満了となっていますが、1年間延長契約しました。 しかし、延長契約満了半年前の先月末に解約通知が届いた次第です。 通知書には、賃貸契約第2条に基づき解約を通知するとあります。 第2条は以下の通りです。 契約期間は表記に記載するとおりとする。(上記契約期間) 2 甲又は乙が相手方に対して別段の意思表示をしないときは、同一条件をもってさらに1年間契約が更新されるものとし、以降も同様とする。 個人的な話になってしまいますが、理容店の営業ができなくなると生活ができなくなります。 できるだけ長く契約延長をさせていただくにはどのような方法があるか知りたいです。

  • 普通借地契約における賃貸人からの契約の終了

    普通借地権に基づく賃貸借契約を賃貸人側から終了させるには、契約期間満了時に、正当事由をもって更新拒絶する以外には手段はないのでしょうか?

  • 定期建物賃貸借契約の期間満了に関する通知について

    現在ゲストハウスに住んでおり、管理会社とは1年間の定期建物賃貸借契約を結んでいます。 契約時に1年で期間満了する旨の説明を受け、契約書にもうたわれております。 そこでご質問なのですが、本来1年以上の定期建物賃貸借契約には、契約期間満了の1年前から6ヶ月前までに賃貸人が賃借人にその旨通知する義務があると思うのですが、ちょうど一年前の契約時の説明がその通知に該当するのでしょうか。 もうすぐ期間満了なのですが、契約時以降はその通知に該当するような書面や話はきておりませんので、期間満了で退去を言い渡された時に通知がなかったとして対抗ができるのでしょうか。 管理会社の担当者は個人の好き嫌いで入居者を差別しているようなところがあるので、再契約ができるかどうか心配です。 当方の希望としてはあと6ヶ月ほど住みたいので、再契約はできなかったとしても、賃貸人が通知義務を怠ったとしてこの契約を6ヶ月間は終了できないことに期待しているのですが・・。 管理会社に問い合わせる前にある程度知識をつけておきたいので、わかりにくい説明ではありますが、みなさまのお知恵をお貸し頂ければと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 前住居の賃貸の解約時のトラブルで困っています。退去予定の1ヶ月前に不動

    前住居の賃貸の解約時のトラブルで困っています。退去予定の1ヶ月前に不動産に退去の旨をお伝えしたのですが、家賃の2カ月を払うか告知から2カ月後の退去と言われ、契約書を見直した所、2カ月前告知か2カ月の家賃を支払い即解約ができる。と記載されておりました。特約事項に契約満了以内の解約金、中途解約違約金(家賃1ヶ月分)の記載があったので違約金と、退去時の現状回復工事料と退去時に2カ月の家賃を支払う所を契約時に全く説明を受けていなかったので取り敢えず家賃1ヶ月を不動産に支払いました。現在2カ月分と1ヶ月で不動産とトラブルになっており少額訴訟の通知が来ております。2カ月前退去予告は特約事項には記載されておりません。以前に不動産に直接お話ししても「あなた契約時の説明がどうのじゃなくて契約書に2カ月分って書いてあるでしょ?」と口調もかなり横柄で全く取り合って頂けません。このまま不動産の言い分通りお支払いするのが筋なのでしょうか?詳しい方いらっしゃいましたらアドバイスお願い致します。

専門家に質問してみよう