• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

生産可能性フロンティア

2生産要素、労働(L)と土地(T)から、2財(財Mと財F)が生産される一般均衡モデルを考える。賃金wと地代rは生産要素価格、PmとPfは2つの財の価格を表す。財Mを1単位生産するためにLは2単位、Tは1単位必要で、財Fを1単位生産するためにはLが1単位、Tは2単位必要である。1人の消費者がおり、効用関数U=Cm・Cfで表される選好も持つ。Cm、Cfは財M、Fの消費量を表す。生産要素は、消費者により所有されており、その保有量は(L,T)=(10,10)である。すべての市場は完全競争的であり、自由参入条件により市場均衡でどの企業も正の利潤を獲得しない。 ・この経済の生産可能性フロンティアを図示しなさい。また効率的資源配分を特定しなさい。 ・生産要素の賦存量が(L,T)=(10,10)から(L,T)=(10,11)に変化した。それが均衡での生産量、財価格、要素価格に与える影響を評価しなさい。 上記の問題を教えてください。 効率的な資源配分では、生産可能性フロンティアの傾きが限界代替率や価格比と等しくなるということまではわかるのですが、計算がわからなくなってしまいました。 どなたか解説をお願いします。。。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数155
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

MとFの生産量をそれぞれXmとXf、MとFの生産に必要な労働量をLmとLf、MとFの生産に必要な土地をTmとTfと書くと Lm/Xm=2 よってLm = 2Xm Tm/Xm=1 よってTm = Xm Lf/Xf = 1 よってLf = Xf Tf/Xf =2 よってTf = 2Xf となる。一方、資源制約より 10= L = Lm + Lf 10 = T = Tm + Tf 右辺に上で求めた式を代入すると 10 = 2Xm + Xf 10 = Xm + 2Xf を得る。この連立方程式を解くと Xm = Xf = 10/3 つまり、Xmを横軸、Xfを縦軸にとった平面において、(0,0)、(10/3,0)、(10/3,10/3)、(0,10/3)を頂点とする正方形が生産可能性フロンティアだ。図示して確かめられたい! 効率的配分は(Xm,Xf)=(10/3,10/3). 効用関数がU=CmCfで与えられたとき、限界代替率MRSは MRS=∂U/∂Cm/∂U/∂Cf=Cf/Cm Cm=Xm=10/3、Cf=Xf=10/3を代入すると、このときのMRS=1となる。完全競争下では Pm/Pf=MRSが成り立つから、Pm/Pf=1が成り立つ。また、利潤ゼロの条件より Pm = 2w+r Pf = w +2r となる。2つの等式右辺は、それぞれMを1単位生産するためににかかる費用、Fを1単位生産するためにかかる費用を表していることに注意。よって 1 = Pm/Pf = (2w+r)/(w+2r) より w=r あるいは w/r = 1 を得る。 L=10, T=11のときは、資源制約の部分のところが 10 = 2Xm + Xf 11 = Xm + 2Xf に変わる。よってこれを解くと Xm = 11/3 Xf = 8/3 生産可能性曲線は(0,0)、(11/3,0)、(11/3,8/3)、(0,8/3)を頂点とする長方形。効率的配分は (Xm,Xf)=(11/3, 8/3) と、Mの生産・消費が増え、Fの生産・消費が減る。 価格比=限界代替率より Pm/Pf=Cf/Cm=(8/3)/(11/3)=8/11 と、MのFに対する相対価格は1から8/11へ低下する。 またゼロ利潤の条件より 8/11= Pm/Pf = (2w+r)/(w+2r) = (2w/r + 1)/(w/r + 2) よって w/r = 5/14 賃金の地代にたいする相対価格も1から5/14へ低下する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 経済の計算問題の解説

    経済の問題がわからないので質問させていただきます。 需要曲線: D = 100-P 供給曲線: S = P/2 -5 限界外部費用 : NE = Q/3 ただし、Pは価格、Qは財の数量とする。 1 市場均衡価格と需給量 を求めよ。 2社会的に望ましい財の供給量(効率的資源配分)を求めよ。 3市場均衡における厚生損失(超過負担)を求めよ。 4 ピグー税を求めよ。 5ピグー税による税収を求めよ。 6ピグー税が消費者へ転嫁される大きさを求めよ。 計算過程とわかりやすい解説をよろしくお願いします。

  • ミクロ経済学の問題について教えてください!!

    ミクロ経済学の問題教えてください!!問題を解いてみたものの、解答をもっていないため困っています(._.) 問題1 2財(財1の消費量X1、財2の消費量X2)を消費し、効用関数U(X1、X2)=3X1(X2+6)で表現される選好を持つ消費者について考える (1)財1の価格をP1、財2の価格をP2、所得をIとする。この消費者の財1、財2の需要関数を求めよ (2)この消費者にとって、財1・財2ともに上級財であるが、P1=P2=1、I=8のとき、財1・財2は必需品か贅沢品か判別せよ 問題2 消費者であり、かつ労働者である個人の労働供給の問題について考える。この個人は余暇時間lと財の消費量cの組み合わせを選択する。この個人の選好は効用関数u =lcで表現されているとする。この個人が保有する総時間を100(%)とし、そのうちLs(Lのs乗)=100-lだけの時間を労働に割く。一単位(総時間の1%)の労働に対する賃金は1000円で、一単位の財の価格は2000円であるとする。また、この個人の非労働所得は20000円であるとする。以下の問いに答えよ (1)この個人が直面する予算制約式とその図を書きなさい (2)最適な労働時間を求めなさい 問題3 ある生産財を二つの生産要素(生産要素1、2)を利用して生産している企業について考える。生産財の産出量をy、各生産要素の数量をX1、X2とする。また、各生産要素の価格は2であるとする(w1=w2=2) 生産関数y=X11/3(X1の3分の1乗)X21/3(X2の3分の1乗)で表される技術を持つ企業について、以下の問いに答えよ。 (1)この企業の費用最小化問題を解いて、費用関数を導出しなさい。 (2)生産財の価格が6であるとする(P=6)。問題1で求めた費用関数を用いて企業の利潤最大化問題を解き、最適な生産量yを求めなさい。 以上です。お願いします。 できれば途中の計算も簡単に教えてください。 図はなくて大丈夫です(゜-゜) . この質問に補足する.

  • ミクロ経済学の問題です。

    ヒントか答えだけで嬉しいです。 教えてください。お願いします 完全競争市場の場合を考える。 財1、2を消費する消費者と財1、2を生産する生産者がいます。 効用関数は、U=X1X2 生産関数は、X2=F(X1)=2X^1/2 消費者の初期保有量は財1が2単位、財2が0単位である。また、消費者は生産者の株主であり、利潤を受け取る。従って、消費者の所得は利潤と初期保有の一部を売却して得られる金額の合計に相当する。完全競争均衡における価格比(P1/P2)を求めなさい。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

訂正。後半部分に計算間違いがあった。 >L=10, T=11のときは、資源制約の部分のところが 10 = 2Xm + Xf 11 = Xm + 2Xf に変わる。よってこれを解くと Xm = 11/3 Xf = 8/3 生産可能性曲線は(0,0)、(11/3,0)、(11/3,8/3)、(0,8/3)を頂点とする長方形。効率的配分は (Xm,Xf)=(11/3, 8/3) と、Mの生産・消費が増え、Fの生産・消費が減る。 価格比=限界代替率より Pm/Pf=Cf/Cm=(8/3)/(11/3)=8/11 と、MのFに対する相対価格は1から8/11へ低下する。 またゼロ利潤の条件より 8/11= Pm/Pf = (2w+r)/(w+2r) = (2w/r + 1)/(w/r + 2) よって w/r = 5/14 賃金の地代にたいする相対価格も1から5/14へ低下する。 の部分は以下のように訂正してください(↓) L=10, T=11のときは、資源制約の部分のところが 10 = 2Xm + Xf 11 = Xm + 2Xf に変わる。よってこれを解くと Xm = 3 Xf = 4 生産可能性曲線は(0,0)、(3,0)、(3,4)、(0,4)を頂点とする長方形。効率的配分は (Xm,Xf)=(3, 4) と、Mの生産・消費が減り、Fの生産・消費が増える。 価格比=限界代替率より Pm/Pf=Cf/Cm=4/3 と、MのFに対する相対価格は1から4/3へ上昇する。 またゼロ利潤の条件より 4/3= Pm/Pf = (2w+r)/(w+2r) = (2w/r + 1)/(w/r + 2) よって w/r = 5/2 賃金の地代にたいする相対価格も1から5/2へ上昇する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても分かりやすかったです!ありがとうございます!

関連するQ&A

  • 教えてください

    (1)消費者余剰と生産者余剰について説明してください. (2)市場価格が均衡価格よりも高く設定された場合と低く設定された場合のそれぞれについて,資源配分が非効率となることを示せ. 2番の問題は、全然分かりません。もうすぐ中間テストなので、助けてください。自分は外国人ですから、今大学で勉強しています。自分で探してもなかなか分からないので、最後の頼みのつなとして、質問しています。みなさまよろしくお願いしまします。ありがとうございます。

  • 寡占市場での資源配分の効率性について

    経済でわからない文がでてきたので、質問させていただきます。 寡占市場では、市場占有率の拡大を目指した活発な非価格競争になりやすいので、資源配分の効率性は実現しない。 という分があるのですが、 非価格競争というと例としてサービスなどが挙げられると思うのですが、 資源配分の効率性というのはどういったもののことをいうのでしょうか? おくわしいかたよろしくお願いいたします。

  • ミクロ経済学の初期保有の問題がわかりません

    さまざまな立場のものが入り乱れているせいか何がなんだか分かりません。 (2)と(3)については初期保有と需要の一致で式を立ててとけばいいのかな?と思うのですが 後の問題がまったくです。どうか教えてください 2財、2消費者、1企業からなる生産経済において消費者1の効用関数と初期保有はU1(x1,x2) =x1^1/3*x2^2/3,(w1^1,w2^1)=(30.2),消費者2の効用関数と初期保有はU^2(x1、x2)=x1^2/3*x2^1/3,(w1^2,w2^2)=(48,8)であり、企業は第一財から第二財を生産し、その生産関数はx1を投入量、x2を生産量として、x2=4(x1)^1/2である。また企業の利潤は両消費者に均等に配分されるものとする。 (1)財の価格をp1,p2とするとき、企業の最適な投入量、生産量、そのときの利潤を求めよ。 (2)財の価格をp1,p2とするとき、消費者1の需要を求めよ。 (3)財の価格をp1,p2とするとき、消費者2の需要をもとめよ。 (4)均衡における2財の価格比を求めよ。 よろしくお願いします。

  • ミクロ経済学の問題なんですが・・・

    先日、課題で出てどうにも手につきません。どなたか、心優しき人、お手をお貸しください。 市場の2つの財XとYを消費する消費者A、Bがおり、同じ効用関数u(x,y)=xyをもち、彼らの初期保有量が異なっている。Aの初期保有量は(XA,YA)=(30,20)で、Bの初期保有量は(XA,YA)=(20,40)であり財Xの価格はPxで財Yの価格は1のとき、それぞれの効用を最大となる行動をとる。 (1)AとBの財Xの需要量をpの関数で表しなさい。 (2)財Xの市場需要量Dと市場供給量Sとそれを用いて均衡価格を求めなさい (3)初期保有量に比べて均衡価格P*による配分は消費者A,Bの効用水準を高める配分であるか 特に2番からがさっぱりで、それに伴い3番も解けません。ほんの少しでいいんで解き方を教えていただければ助かります。

  • ミクロ経済学の問題です。

    ミクロ経済学の問題です。 よろしければご教授ください。 (問題) 2財2消費者からなる経済を考える。2消費者の限界代替率が等しいとき、資源配分はパレート効率的である。その理由を説明しなさい。 問題を解いたのですが、間違いがあれば指摘してほしいです。 (解答) 2消費者の限界代替率が等しい時、各個人は与えられた財の価格のもとで予算制約を満たしながら自らの効用が最大になるように財を購入し、しかも、各財の需要と供給が一致している、つまり競争均衡になっている。よって厚生経済学の第一定理「全ての競争均衡はパレート最適」より、競争均衡はパレート最適である。よってこれが限界代替率が等しい時、パレート最適となる理由である。

  • エッジワース・ボックスの均衡価格の求め方

    2財(x,y)の消費者(A,B)の効用関数がU=xyである。Aがxを4単位、Bがyを2単位持っている時、均衡価格はいくらか。 という問題なのですが、これは価格比を求めればいいのでしょうか。 均衡価格の求め方がさっぱり分かりません。どうか教えていただけないでしょうか。

  • 生産の入った交換経済の価格比について

    2財2消費者2企業の経済の問題について質問です。 問題に「企業1は第一財を投入して第二財を生産、企業2は財2財を投入して財1財を生産している」とあるのですが、均衡における二財の価格比を求めよ、というこの場合 消費者1の第1財の需要量+消費者2の第2財需要量=消費者1,2の第1財初期保有-企業1の投入量+第2財の生産量 という式の立て方で合っているのでしょうか??

  • 急いでいます。お分かりになる方、お願い致します。

    生産要素に限りがあるため、 消費者の欲求を満たす すべての商品を不足なく 生産することができないことを、 『生産要素の【1】』という。

  • 経済理論についてです。

    経済理論の問題なのですが、どうしても解決しないできません。 ・経済問題は市場機構を通じて解決されるということの意味を説明。 ・1財の需要が増大するとその価格は上昇することの当否を厳密に論じる。 ・均衡状態において最適資源配分は達成されることを説明。 の3点です。 頭では理解しているつもりなのですが、いざ言葉にしようとするとどうにもうまくいきません。 どのように表現すればよいのでしょうか? また、何か良い本・資料などがあればお教えください。

  • 産出水準の効率性(一般均衡にある競争市場経済)について

    現在クルーグマンミクロ(P385)を読んでおり、以下の内容がわからなくて困っております。 (本文)「産業間を移動できる資源は労働のみで、すべての生産者が同じ労働市場から労働者を雇用する経済を想定してみよう。(補償差額などの複雑な要因は存在しないとする)そして、消費者が現在の経済が生産している数量よりも多いとうもろこしと、少ない小麦を好むようになったとする。このとき、小麦生産からとうもろこし生産に労働力が移動することで経済は消費者の欲求を満たすことが出来る。…なぜなら消費者の支払い意欲額を比較すると労働者を1人減らすことで減産される小麦に対する支払い意欲額よりも労働者を1人増やすことで増産されるとうもろこしに対するそれのほうが多きいからだ。…追加的なとうもろこしに対する消費者の支払い意欲額が、小麦に対するそれより多きいとき、 Pcorn×MPLcorn > Pwheat×MPLwheat が成立する。」 ここで限界性産物価値は追加的に生産される生産物の価値であるということはわかるんですが、それが消費者の支払い意欲額とどう関係して最後の不等式が成立することになるのかがわかりません。(消費者の支払い意欲額というのは財市場における需要曲線に対応する価格のことだと思うんですが… 財市場は既に均衡しているのでは???それとも均衡してない状態なのか???)  だれかお詳しい方是非とも教えて下さい!!!  宜しくお願いします。