• ベストアンサー
  • 困ってます

手榴弾ってピンを抜いても時限的に爆発しないですよね

  • 質問No.9626044
  • 閲覧数92
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 44% (3593/8058)

手榴弾ってピンを抜いても時限的に爆発しないですよね?

ピンを抜いて10分くらいの間、手に持っていて、投下して硬い地面に当たってやっと爆発する仕組みですよね?

手に持ってるだけで爆発するの?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 43% (4166/9531)

他カテゴリのカテゴリマスター
元陸上自衛官ですが、運悪く実際に手榴弾を投げた事はありません
が、一応は手榴弾の構造や投げ方などは教わっていますので、その
事について回答させて頂きます。ただ火薬等は機密事項ですので、
その事に関しては回答は出来ません。

まず利き腕に手榴弾を持ちます。この状態で安全ピンを抜こうとし
ても安全ピンは簡単には抜けませんので、手榴弾のレバーを握って
持つようにします。この状態なら安全ピンは簡単に抜けます。
安全ピンを反対の指で抜きます。まだレバーは握られたままですか
ら、手から離さなければ絶対に爆発する事はありません。
つまりピンを抜いてもレバーを握ったままなら、10分とは言わず
何時間でも爆発する事は無いと言う事です。

1で構え、2で手を大きく後ろに持って行き、3で思いっきり投げ
て地面に伏せます。これが今の自衛隊で教えられている手榴弾の投
げ方です。投げるとレバーが外れて手榴弾は爆発可能な状態になり
ます。レバーは撃鉄を止めているだけですので、レバーが外れる事
で撃鉄が信管を叩いて爆発させます。大体レバーを話してから爆発
するまで10秒です。
投下させて固い地面に当たって爆発するのではありません。すでに
手から離れてレバーが外れた状態で、爆発する状態になっていると
言う事です。

手に持っているだけで爆発したら、手榴弾を使用する全ての自衛官
や海外の軍隊は全て死んでしまいます。
お礼コメント
gasshop2017

お礼率 44% (3593/8058)

みんなありがとう
投稿日時:2019/06/16 13:44

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.9

ベストアンサー率 29% (5445/18481)

他カテゴリのカテゴリマスター
パイナップル型手榴弾やアップル型手榴弾にはレバーとピンがついています。こういうやつはピンを抜いてレバーが外れるとだいたい5秒後くらいに爆発します。
レバーが外れないと、爆発することはありません。だから使うときはレバーごと握って放り投げると同時にピンが外れて5秒後に爆発、って感じですね。

その他に、ドイツ兵が持っていることでおなじみの柄付き手榴弾があります。
あの柄付き手榴弾は木製の柄の部分の根っこにヒモかピンがついているので、それを引っこ抜くと信管が作動しますので、5秒後くらいに爆発します。これは信管を抜いたらちゃっちゃと投げないと北斗の拳のウイグル獄長のように吹き飛びます。

旧日本軍が使っていた手榴弾は、ピンを覆っているカバーを外して、ピンを叩くと5秒後くらいに爆発します。ピンを叩いて信管を作動させないと爆発しません。これって「ん?ちゃんとピンを叩いているかな?」とウダウダ確認していると爆発しちゃうし、ピンの叩き方が不十分だと信管が作動しないのでお世辞にも優れたシステムとはいえませんよね。なぜ日本軍がこんな安定性に欠ける方式を採用したのか分かりませんが、柄付き手榴弾も開発したようですが兵士から「重い」と大変に不評だったらしいので、小柄な日本兵に合わせての携帯性を重視した結果がそれだったんでしょうね。
米軍兵士の戦記や米軍側の各種資料には、日本軍の手榴弾は「不発弾が多かった」とありますね。信管そのものの信頼性が低かったのと、ちゃんと叩かないで放り投げられたものが多かったのではないかなと思います。
  • 回答No.8

ベストアンサー率 27% (4033/14622)

他カテゴリのカテゴリマスター
物によるんだよ。
地面にガンとぶつけて安全装置を外すヤツもある。そこから一定時間で爆発する。ピンなんかない。落とすとヤバイ。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 22% (472/2113)

手榴弾(手投げ弾)、手からはなれない限り爆発は起こりません
といっても実際には暴発事故は起こっています。
その暴発を防ぐためにピンやキャップなどの安全装置が取り付けられ
暴発事故や使用時の不発を予防しています。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 26% (1454/5410)

 不良品が多かった時代があって、手榴弾のピンを抜いて持っていたら、爆発して手が吹き飛んだ事故があったと聞いた事があります。今はどうでしょうね。

 国によって手榴弾の構造や設計が違っていて、手榴弾が金属製で、信管をねじ込んでから投げる方式の手榴弾を使う国もあります。

 もっとも、今では手榴弾という武器は時代遅れで、グレネード弾のように銃身に取り付けた発射筒に砲弾をセットし、引き金を引いて火薬で撃ち出す方式の手榴弾が多くなっているようです。ロケット弾のように300~500mも飛距離がある携帯ロケット弾を使う攻撃方法もありますし、手榴弾は昔から事故が多くて、投げ損なって近くで爆発して死傷する兵士が少なくなかったようです。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 20% (840/4170)

レバーが起爆スイッチです。
レバーが自動で持ち上がって3秒で爆発です。
安全ピンはレバーが上がらないための留め金です。
衝撃で爆発しているわけでは無いです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 56% (3362/5914)

 武器についてはあまり詳しくないですが、ピンを抜いてから数秒(3~5秒)で爆発するのだと思います。

 コンバットなどのテレビ映画が映画館の戦争映画で、3秒くらい数えてから投げていたのを何度か見た記憶がありますし、動画で、中国でピンを落とした手榴弾を持ったまま慌てている新兵から軍曹が奪ってあわてて放り投げるシーンを見た事もあります。

 前者は、(やんわりと=無衝撃)キャッチして投げ返されないように爆発まで時間を計っていたのだと思いますし、後者も、衝撃を与えなくても爆発するから軍曹は慌てて新兵から奪って放り投げたのだと思います。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (4163/18603)

他カテゴリのカテゴリマスター
 
ピンは安全ピンです、抜いても絶対に爆発しません。
ピンを抜いた後安全レバーを手で押さえてる限りは爆発しない。
 
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

ピックアップ

ページ先頭へ