• ベストアンサー
  • 困ってます

日本は資源がないので国民が必死に働いて外貨を稼がな

  • 質問No.9621612
  • 閲覧数74
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 58% (5434/9259)

日本は資源がないので国民が必死に働いて外貨を稼がないといけない。
外貨を稼ぐには総人口が1番大事なファクターになる。

総人口が少なくても経済を回して行けると言っている学者は間違っている。

私がおかしいですか?

人口が1番の外貨獲得方法だというのは中国とインドが示していると思う。

間違っているなら間違っていると根拠、証拠を見せてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.8
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 28% (262/931)

>日本は資源がないので国民が必死に働いて外貨を稼がないといけない。

ま、確かに日本は資源がない分、不利ですがいずれ日本は水素などを使って石油に代わるものをうみだしてくれるような気がします。必死に働くと言っても額に汗してではなく、頭をひねるだけです。

>外貨を稼ぐには総人口が1番大事なファクターになる。

大事なのはGDPより一人当たりのGDPです。スイスやルクセンブルクのようにです。中国やインドはGDPが多くとも人口が多いため貧民が多い。たとえばインドの列車。屋根にたくさんインド人が乗ってます。毎年落ちて死ぬ人がいるそうです。そんなのがいいですか。日本はいまのままでもう少し一人当たりGDPを上げるだけでいいです。

>総人口が少なくても経済を回して行けると言っている学者は間違っている。私がおかしいですか?

ある程度の人口がないと淋しいです。最低一億は保たなきゃ。

>人口が1番の外貨獲得方法だというのは中国とインドが示していると思う。

正しいです。なぜなら人間のエネルギーは貧乏人から人並みのレベルに到達するときに一番発散されるからです。中国やインドが発展しているのは貧乏人が人並みになろうと頑張るからです。もう少ししたら中国が静かになり、インドが発展速度が速まるだろうと思います。貧乏人の数がものすごく多いですから。いま「おしん」の再放送を見ていますが、昔の人のあまりの働きぶりに改めて驚いています。

>間違っているなら間違っていると根拠、証拠を見せてください。

まちがっていませんよ。
お礼コメント
america2028

お礼率 58% (5434/9259)

みんなありがとう
投稿日時:2019/06/01 22:04

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 28% (180/627)

工夫と努力、先端技術と伝統工芸、職人技の存在を、日本という国を考えるとき、人口数以外の大きなファクターなのに、質問者からも回答者からも、なぜ一つも出てこないんだろう。

教育が駄目になったから、日本は衰退し始めているとは聞いてたが、これが日本がフィンランドに劣っている証拠だなφ(..)
  • 回答No.5

ベストアンサー率 56% (3413/6029)

 例えば、人口がいくら多くても、全員が働かず(働けず)生活保護を受け始めたら、すぐ破綻します。というか、人口が多ければ多いほど、経済が回らなくなる破綻の時期は早く来ます。

 日本人が100人しかいなければ、日本国土を国土を持たない難民たちに切り売りするだけで、100年や200年、経済は回るでしょう。逆に人口100億人なら、切り売りではアッというまに破綻。

 仮に日本の人口が(死んだ数だけ生まれるとして)常時100人しかいなくても、各世代の中の一人が大天才で、世界中の人々が必要とするような商品を繰り返し発明し、その都度特許を得て納税することができたとしたら、残り99人が働かずに遊んでいても、日本経済は永遠に成り立ちます。

 なので『総人口が少なくても経済を回して行ける』というのは、「理屈」的には間違っていません。

 が、実際上「世界が平和になれば核兵器はなくなる」というのと同じような、いくつもの不可能な好条件が同時に発生することを前提とした、おこりえない条件下での想定、一言で言えば「妄想」です。実際には世界が平和になることもないし、核が1つも無くなることはありません。

 例えば、100億人いれば一人くらいは天才が出続けるかもしれませんが、100人の人口では天才を産み出し続けることは不可能でしょう。一人出すだけでも難しい。

 ご紹介の学者の言っていることは、俗に言う「理論倒れ」です。

 一般的には、人口が多ければ国内の需要だけでなんとか経済は回っていきます。国内の多くの人が高く評価したものを輸出することで、より多くの外貨が獲得され、よりよい国民生活が実現されてきましたし、これからもそうでしょう。

 なので、あくまでも、「働く」という形容詞がつきますが、働く人口が多いことは外貨獲得に限らず、良いことです。

> 人口が1番の外貨獲得方法だというのは中国とインドが示していると思う。

 「働いている人口の数が1番の外貨獲得方法だ」とは思いますが、中国もインドも搾取によって、本来国内消費に回るべきものが不当に輸出されて、その結果たくさんの外貨が獲得されているので、そのやり方でいいのなら、日本の人口がすくなくても経済を回せるんじゃないかと思えますが。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 26% (1482/5541)

 私も1990年頃までは、その大嘘を信じていましたが、経済成長が止まって30年近い歳月が流れるうちに嘘だと気が付きましたけどね。外貨を稼ぐだけで経済的に豊かになれるのであれば、今の日本の衰退を説明出来るでしょうか。

 日本の外貨収入は経済成長が止まった後も下がってはいませんよね。外貨収入が多いのに経済成長が30年近く止まったままだったわけで、外貨収入が増えれば、経済成長して豊かな国になるという話が神話に過ぎないのが露呈しているわけです。

 国民がどんなに働いても、外貨収入が多くても、経済成長が止まってGDPが落ち続けるだけの破綻国家であるのがわかった現在では、そんな話は信じないようになりました。

 住宅の大型化を促進し、消費を増やして内需拡大しなければ、経済成長しないし、豊かにもなれません。外貨収入が増えても、外国に再投資されて、国内投資されなければ同じ事です。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 25% (336/1296)

他カテゴリのカテゴリマスター
それも考え方の一つです。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 19% (144/728)

逆に言えば、今の人口を維持するためには外貨を稼がないといけないということでしょうか。
江戸時代の人口なら、自給自足も可能。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ