解決済み

子どもの質問

  • 困ってます
  • 質問No.9608357
  • 閲覧数129
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数10
  • コメント数0

お礼率 100% (68/68)

子どもの質問で詰まってしまいました。

人の場合は、大人と小人、というように使いますね。
犬の場合は、成犬と子犬、と言うのは何故でしょうか。

子どもの疑問は、人と同じように、大犬と小犬、では何故いけないのですか、です。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (157/704)

大人と小人ってのは料金区分につかわれる言葉で読み方は「だいにん」「しょうにん」意味はおとな、こども。
犬にも料金区分があれば使うかもしれないけど、そういう区分をしてる施設があまりないからではないでしょうか。
お礼コメント
hypsarhythmia

お礼率 100% (68/68)

元々料金区分に由来しているのですね。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-19 15:06:55

その他の回答 (全9件)

  • 回答No.10

ベストアンサー率 25% (409/1581)

日本語・現代文・国語 カテゴリマスター
ヒトの場合は,民族にもよりますが,ふつうは身長150センチメートルなどを基準とした身体の「大・小」で,成熟しているかどうか判断できるからでしょう。

また,中国語としては,「大人」(ターレン)が徳の高い者,「小人」(シャオレン)が徳の低い者という区別があります。ふつう,オトナのほうがコドモよりも徳が高いので,大人・小人の区別が受け入れやすいことも,歴史的背景にはあると思います。

イヌは,犬種によってチワワからセントバーナードまで体格がちがいますし,大きなイヌのほうが徳が高いともいえません。一般に小型犬はバカですけどね。
お礼コメント
hypsarhythmia

お礼率 100% (68/68)

中国語の表現も歴史的に関係しているのですね。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-20 10:19:21
  • 回答No.9

ベストアンサー率 26% (211/785)

No.1さんが正しいようですね

正しくは

大人(だいにん)、中人(ちゅうじん・ちゅうにん)、小人(しょうにん)です
 ※大中小

だいにんは、成人以上です

しょうにんは、小学生以下です

ちゅうじんは、施設や用途(服など)によって小~中学生、小学生~高校生です
 ※ディズニーランドは、中学生・高校生


で、問題は、お子さんが納得するか?ですよね


辞書で調べると こいぬ も、小犬・子犬・仔犬とあり、成犬も 大犬(おおいぬ)と書かれていますので、間違いではありません
 ※例:大犬座(おおいぬざ)

人の場合、2文字でわかりやすい表記(料金形態や服の大きさ)であることを説明するしかないかな・・と思います

で、犬の場合、中犬という言葉はなく、おそらく・・・成犬と子犬の間の期間がなく、人で言うところの成人か子どもか?しかないので、区別する必要がないという説明で、どうでしょうか?
お礼コメント
hypsarhythmia

お礼率 100% (68/68)

概ね、「大人」は成人を、「小人」は小学生以下程度を意味しており、その間に「中人」が入ることがあり、犬の場合も「小犬・子犬・仔犬」と表記される。子どもの質問とは言え鋭いですね。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-19 17:59:00
  • 回答No.8

ベストアンサー率 31% (3840/12139)

>大犬と小犬、では何故いけないのですか、です。

成長の状態を表しているわけではなく
単に固体の大きさを表す意味になるから、
大きいからと成犬とは限らないし、
小さいからと子犬とは限らない。

大人は「おとな」と読み成長を表しているが、
単に大きな人と言う意味にはならない。



>人の場合は、大人と小人、というように使いますね。

大人は「おとな」と読むけど。
小人は「こども」とは読みません。

「年若い人。少年」を意味するのなら「しょうじん(しょうにん)」と読みます・

そして、しょうじんと読んだ場合の対義語である大人は
「おとな」と読まずに「たいじん」と読みます。



お子
お礼コメント
hypsarhythmia

お礼率 100% (68/68)

大人(おとな)は成長のことで大きな人のことではない、これは子どもに聞かれたときに最初に説明したのですが、子どもに「それなら、大犬は大人の犬ってことでは」と却下されました。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-19 16:26:11
  • 回答No.7

ベストアンサー率 13% (14/106)

人間でも色々な表現があり、大人を成人、小人を子供とも言いますからね
子供は予想だにしない事を言いますね
我々、大人も勉強になります
お礼コメント
hypsarhythmia

お礼率 100% (68/68)

本当に子どもは頭が柔軟なので勉強させられますね。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-19 15:17:37
  • 回答No.6

ベストアンサー率 38% (120/309)

他カテゴリのカテゴリマスター
僕は、こう思ったんです。

人間は、見た目で年齢が何となくわかります。
犬は、見るだけでは年齢がわからないことがあります。
そこで
犬は、成犬・子犬と呼ぶことにした。

大犬って今いくつ?
ってことになっちゃうので
成犬、とすることで、人間でいう25歳くらいか
なんて伝わる。
成犬、という漢字をみれば
年齢を推測できる。

犬の年齢が、見た目からは伝わりにくいので
人とは違う特別の呼び方や特別の漢字を使い
伝わるようにしているから
犬は人間とは違い 成犬・子犬 と呼ぶ。

※ほんとのことは僕にはわかりませんけど
 僕の私見、でしかない書き込みです。
お礼コメント
hypsarhythmia

お礼率 100% (68/68)

見た目からは伝わりにくいためなのですね。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-19 15:13:09
  • 回答No.5

ベストアンサー率 21% (243/1121)

国語学者や動物学者でもない私だけど、次のように回答するでせう。

「おとな」と読む「大人」は、「成犬」(せいけん)と同じ意味の「成人」(せいじん)とも言います。
「おとな」の意味は「十分に成長して、一人前になった人」で誰が見ても子供に比べて体も大きいけど、犬の場合は成犬でも体が小さな犬もいます。だから犬の場合は体の大きさでなく、“十分に成長して、一犬前になった犬”としての「成犬」と称するのです。
お礼コメント
hypsarhythmia

お礼率 100% (68/68)

体の大きさでは分からないためなのですね。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-19 15:11:48
  • 回答No.4

ベストアンサー率 29% (587/1978)

人は人種が違っても、種類としてはホモサピエンスの一つだけ。大きければ成人だし、小さければ子ども。

犬は種類(犬種)によって元もとの大きさが違うから、大きいからと言って子犬かもしれないし、小さくても成犬かもしれない。大きさから歳が判断できない。
お礼コメント
hypsarhythmia

お礼率 100% (68/68)

大きさから判断できないためなのですね。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-19 15:10:09
  • 回答No.3

ベストアンサー率 22% (4055/18065)

他カテゴリのカテゴリマスター
 
人間は「成人」という言い方もあります
 
お礼コメント
hypsarhythmia

お礼率 100% (68/68)

色々な表現の仕方があるのですね。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-19 15:09:13
  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (704/2518)

ヒトの場合、大人は大きく、子どもは小さいですよね。でも犬は、セントバーナードの子どもとチワワのの大人を比べると、セントバーナードの子どもの方が大きいです。
ですから、大犬(大型犬)、小犬(小型犬)をイメージするので、大人の犬を成犬、子どもの犬を子犬というのです。
お礼コメント
hypsarhythmia

お礼率 100% (68/68)

犬は大きさでは分からないためなんですね。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2019-04-19 15:08:15
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ