締切済み

私人逮捕の際に【羽交い締め】で犯人を死亡させた場合

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9546487
  • 閲覧数107
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 79% (1943/2442)

抵抗して殴りかかってきた現行犯人を制圧する際に、
首を絞めずに、【羽交い締めのみ】で制圧すれば、
結果として犯人が死亡しても、
正当な逮捕行為として罪には問われないと考えて大丈夫でしょうか?

回答 (全9件)

  • 回答No.9

補足コメントに対して。

だったらそれでいいんじゃないですか。
結果責任はあなたにありますから。
年間ランキング2018
  • 回答No.8

私人逮捕は一般市民にも認められていますが、他人の命を奪っていいとは法律のどこにも書いていません。
あなたの正義の味方ぶりたい気持ちは分かりますが、過剰行為として裁かれます。
警察官が死なせても罪を問われない?
空そうです、正当な理由があるからです。
貴方は単に必要のない暴力行為で制止たいだけなので、犯罪になります。
  • 回答No.7

ベストアンサー率 19% (838/4390)

>いつ、誰が、そんなことを書いたのだろうか?

そう読めるのならそれがあなたの限界。
自分と同じ考えではないから排除したいのでしょうか?
  • 回答No.6

ベストアンサー率 33% (1824/5523)

犯罪、詐欺の法律 カテゴリマスター
ちょっと出題に無理があると思います。
後ろに回り込むことができて 羽交い絞めにすれば制圧できていますが
羽交い絞めで死亡するに至るとは どういう状況が考えられるでしょうか。

日本の警察は 簡単に立件できて有罪に持ち込める案件なら なんでもすぐに立件したがります。庶民の味方ではありません。問題はここにあるのです。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 19% (838/4390)

正当防衛や緊急避難が認められるのは例外中の例外であって、
それをしなければ「殺される」とか「犯人が逃げてしまう」場合のみ
かつ、最小限度に限られます。

それを逆手に取るのは暴力とか傷害であなたが捕まります。
というか、こんなところで事前に質問するということは
「罪に問われない」ことを確認して暴力行為によって
殺人をするおつもりでしょうか?
補足コメント
fuss_min2

お礼率 79% (1943/2442)

>「罪に問われない」ことを確認して暴力行為によって
>殺人をするおつもりでしょうか?

いつ、誰が、そんなことを書いたのだろうか?

また、当質問は、
正当防衛や緊急避難の話ではありません。
現行犯逮捕の話です。
投稿日時 - 2018-10-11 14:35:31
  • 回答No.4

結果として犯人が死亡しても、
正当な逮捕行為として罪には問われないと考えて大丈夫でしょうか?
そうはなりません、
いくらあなたが正義の味方気取りをしたいがための行動であっても、死亡させてしまえばそれは「過剰行為」として逮捕されます。
場合によっては殺人罪もあり得るでしょう。
私人逮捕は「羽交い絞めしろ」なんて義務はありませんし、相手が向かってきたら逃げればいいだけの話です。
そうした避難行動をせずに、相手を死に至らしめればそれなりの罪になる、当然です。
補足コメント
fuss_min2

お礼率 79% (1943/2442)

現行犯人は何人(なんぴと)でもこれを逮捕できると法律で定められています。
そして、抵抗する犯人を制圧するために必要な実力行使も認められ、
警察官と私人とで行使できる実力の範囲は変わらないという判例があります(しおかぜ事件)。

最近、警察官による犯人の制圧で、犯人を死亡させる事例が起きていますが、
警察官が罪に問われる事例は少ないです。

逮捕に慣れていない一般人であればなおさら、
暴れる犯人相手に興奮状態となり、
無意識に犯人を力づくで羽交い締めにする可能性もあります。
よって、殺人罪はあり得ないでしょう。
投稿日時 - 2018-10-11 14:41:39
  • 回答No.3

ベストアンサー率 38% (2893/7478)

他カテゴリのカテゴリマスター
最高裁は「現行犯人から抵抗を受けたときは、逮捕をしようとする者は、警察官であると私人であるとを問わず、その際の状況からみて社会通念上逮捕のために必要かつ相当であると認められる限度内の実力を行使することが許される」と判断を示しています。
「羽交い締め」で人が死ぬ状況はかなり特殊な状況と思われるので、少なくとも裁判にかけられて裁判官の判断を仰ぐことになるでしょうね。
まぁ「羽交い締め」じゃなくても人が死ねば、裁判に掛けられることは間違い無いんじゃないでしょうか。
そういった意味でが罪には問われるが有罪か無罪かは状況次第って所でしょう。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 20% (1519/7539)

犯罪者として、逮捕されるのは、確実です。
補足コメント
fuss_min2

お礼率 79% (1943/2442)

どんな罪状ですか?
投稿日時 - 2018-10-11 12:03:44
  • 回答No.1

私人逮捕は法令の例外として認められている行為であって、誰にでも義務付けられているわけではありません。制圧は最小限にとどめるべきであり、抵抗する犯人と闘ってまで逮捕することを求めていません。
その趣旨からいえば、目的が制圧であっても、結果として死なせてしまった場合は「過失致死」に問われるかもしれません。もっとも、犯人が免責されるわけではなくて、あくまで「あなたの行為」が問題になります。
補足コメント
fuss_min2

お礼率 79% (1943/2442)

現行犯人は何人(なんぴと)でもこれを逮捕できると法律で定められています。
そして、抵抗する犯人を制圧するために必要な実力行使も認められ、
警察官と私人とで行使できる実力の範囲は変わらないという判例があります(しおかぜ事件)。

最近、警察官による犯人の制圧で、犯人を死亡させる事例が起きていますが、
警察官が罪に問われる事例は少ないです。
投稿日時 - 2018-10-11 14:44:00
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ