解決済み

クッキーとビスケットの違いとは素人目には全く同じも

  • 困ってます
  • 質問No.9536770
  • 閲覧数71
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 80% (3759/4674)

クッキーとビスケットの違いとは素人目には全く同じものに見えるのが専門的には何が違うのだろうか?
バター等含有量のパーセント、割合い?
形もしくは材料の違いとか?
湿っているか?乾いているか?

皆さんはクッキー、ビスケットの違いはなんだと思われますでしょうか?

菓子、スイーツカテゴリー皆さんの
ご回答のほど、
お待ちしております。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 18% (1537/8499)

小麦粉とバターと砂糖を練って焼いたものをイギリスではビスケット、アメリカではクッキーと呼んでいます。

スコットランドにはショートブレッドビスケットがあり、サクサクしたものなのでイギリスはそちら系のビスケットが多いと言えます。

対してアメリカのクッキーはバターで丸く焼いたタイプが主流なのでクッキーとは丸いバター風味やココア味というイメージがついています。

両国で進化したものが呼び名とともに日本に上陸して日本人には違いがわからないという状態です。
お礼コメント
hayyuji9401010

お礼率 80% (3759/4674)

ご回答のほど、
ありがとうございます。
投稿日時 - 2018-09-13 05:11:15
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ