締切済み

W不倫 続き…

  • 困ってます
  • 質問No.9516981
  • 閲覧数424
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 61% (35/57)

以前、長文で質問させて頂きました。
相変わらず嘘をつき会っている事に腹が立ち女に慰謝料請求すると主人に言いました。
主人は仕事の関係で仕事も手伝いに行って何が悪いと反論し慰謝料請求するなと怒ってきました。
無料通話とはいえ会社の携帯で電話をし主人は業務外なのに手伝いに行き勤務時間も誤魔化していると思います。
会社に訴えてもムダですよね?
慰謝料請求すると言われて今後2人はどう思いどうなると思われますか?

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 13% (572/4100)

>主人は仕事の関係で仕事も手伝いに行って何が悪いと反論し慰謝料請求するなと怒ってきました。

このあたりが怪しいですね。(不倫を正当化しているような)
怒る事自体がおかしいです。
何と言っても今は駄目なような気がします。

慰謝料請求しても別れないし
払わないと思います。

言いにくいですが今は
仕事も一緒の彼女が良くなっている気がします。

W不倫という事は
質問者様も不倫していらっしゃるのですか?

それですと慰謝料も相殺されそうですし

ご主人と彼女は恐らく別れないと思います
又話し合いを持って別れると行った所で
必ず人目を忍んで会う事があると思います。

厳しい言い方ですが
男女の事ですからそう簡単に別れないと思います。

離婚か 諦めて泣く毎日を送るかですね。

慰謝料もあまりとれなさそうです。

辛いけれども仕方がありません。
 
  • 回答No.3

ベストアンサー率 14% (9/61)

なぜに離婚しないのですか?
人の気持ちって変わってしまえばそれまでじゃないですか?
一度離婚して、旦那に「しまった」と思わせるくらい良い女になれば良いのではないでしょうか?
取り戻したいならそれくらいの努力は必要です。

愛が無いのに執着してどうしますか?
執着で一緒に居てもお互いに幸せにはなれないと思いますが・・・
慰謝料を請求した段階で離婚を視野に入れているのならそれも有りです。

夫婦と言ってもお互い人間です
気持ちは変わります。それの保険のために結婚があると考えるから
お互いに気が緩み浮気に繋がるのでは無いかと思います

私はもう還暦近いですがパートナーは居ますが配偶者ではありません
この方がお互いに緊張感があり、浮気なんて考えません(笑)
  • 回答No.2

ベストアンサー率 43% (1755/4005)

以前の文書は存じ上げませんのであしからず・・・。
恐縮ですが、不倫問題の解決の手順が間違っています。考え方そのものが解決に至らないのです。感情的になりすぎます。不倫の慰謝料をご主人の不倫相手に請求する場合、その事を事前にご主人に言う場合は、ご主人を味方にした上で言うべきです。(味方にする方法は割愛します。)

慰謝料を請求すると聞いた2人は、守りに入るでしょう。できるだけ目立たない方法で密会を考えるでしょうね。そして、不倫はしてない。と、いう態度に出るでしょうね。ところで不倫の証拠をお持ちなのですか。最後に、会社に訴えれば、遅かれ早かれあなた方夫婦はいずれ離婚に行き着くでしょう。ご主人のメンツも立場も、理由は何であれ壊すことになりますので・・・。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 29% (1505/5130)

>>会社に訴えてもムダですよね?

まぁ、会社に、「社員が不倫している事を終わらせる義務」なんてないでしょうからねぇ。無駄でしょう。
業務時間中だからなんだかんだ~で、その辺の責任問うぐらいはするやもしれませんが。

可能性があるとしたら、弁護士の先生~にでも依頼して、徹底的に責任取らせる方向で動いてもらえばなんかあるかもないかも。ぐらいでしょうか。


>>慰謝料請求すると言われて今後2人はどう思いどうなると思われますか?

「言われた」だけなら、別にどうにもなんないんじゃない。
喉元過ぎればなんとやら。

こちらも、弁護士の先生~にでも依頼して、しかるべき手段で慰謝料請求を行うのならば、内容次第で変化はあると思いますが。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ