NASのHDを普通の外付けHDに使用したいのですが

BUFFALO LinkStation LS200シリーズを1年ほど前に購入しました。 知識不足で このHDを中心に外部...

hok212 さんからの 回答

  • 2018-07-11 20:45:02
  • 回答No.10
hok212

ベストアンサー率 66% (96/145)

こんばんは。

ご質問のNASのHDDを有効利用する回答ではないのですが、質問者様が当初望んでいた運用を安価に実現する方法を記載します。

NTTが約4,000円の費用が追加で発生すると言ってるサービスは、おそらく 既存のインターネット回線にフレッツVPNワイドを追加することだと思います。
遠隔の事業所間で通信を行うには、このサービスに加入することが一般的なので、NTTの立場からはまっとうな回答だと思います。

ですが、月々4,000円が厳しいのであれば、固定IPアドレス(グローバル)+VPNルーターでお望みの運用が可能です。

固定IPは月々1,000円程度で取得可能なプロバイダがあります。
※プロバイダはASAHIネットやInterlink等

VPNルーターは、質問者様の要求を満たすにはPPTP方式で十分で、機器は5,000円程度の Buffalo BHR-4GRV2 で十分です。
※VPNルーターにはIPsec方式という機種もありますが、比較的高価ですし、質問者様の要求にはオーバースペックと思われます。

それで運用方法ですが、
NASを設置する事業所側にVPNルーターを入れて、回線は固定IPアドレスにします。
※もちろんVPNルーターには、PPTPサーバ設定が必要です。

その後、遠隔地(工場でしょうか?)のPCにVPN接続設定を作成します、
これはWindowsの標準的な機能で可能です。
VPNの接続先は、事務所の回線の固定IPアドレスとなります。

工場から事務所へのVPN接続に成功したら、工場のPCは事務所のLANに参加した状態になりますので、あとはNASに設定したローカルのIPアドレスでアクセスが可能になります。

以上の手法であれば、初期費用としてVPNルーター代5,000円、月々の費用として固定IPアドレス代の1,000円程度で済みますがいかがでしょう。

※もちろん設定にあたっては、VPN(PPTP方式)接続についての知識は必要です。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
ページ先頭へ