締切済み

猫の虐待

  • 困ってます
  • 質問No.9512225
  • 閲覧数148
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 0% (0/7)

最近ニュースで猫の虐待事件が多くて心が痛いです。
他の動物はあまり聞かないのに、どうして猫ばかりこの様な事件が多いのでしょうか?

回答 (全6件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 24% (8/33)

本当に心が痛いです。
逃げられないからですかね・・・。
鳥のように飛べたらいいですよね。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 20% (786/3897)

野良犬は案外見かけません。
野良猫は結構居ますので、比較的人になれたやつなら
捕獲しやすいのでしょう。
飼い犬も庭で繋がれているので盗みにくいでしょうが、
飼い猫は外でも放し飼いの地域はまだまだあります。
以前ハトを虐待して書類送検になった人をニュースで見ましたが、
ハトの多い公園とかじゃないと、飛んで逃げるので難しいですね。
人の目にもつきやすいし。
あと、猫は超かわいいのでそのあざと可愛さが、
精神の歪んだ人間にはギャップで虐待したくなるのかもしれません。

動物虐待する人間に不幸あれ。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 38% (2786/7200)

他カテゴリのカテゴリマスター
猫ばかり、というわけではないのですが、猫が目立つのです。

その理由は簡単です。

犬の場合、バカなやつはいますけど、だいたい、待て、と言えば待ちますし、お座り、なんかは従います。

猫は、そんな命令は聞きません。自分の思うように動き、飛び乗り、不快なことがあると平気で攻撃します。そもそも相手が飼い主だという意識もない。去勢していないと部屋の中にマーキングしますし。それが許せない人間がいるわけです。

自分が面倒を見ているという意識があるならいいんですけど、猫は人の家でも平気で入ってきてほっこりしますからなんて図々しいと見えるといえば見えます。

それにいきなり棒で叩こうとするとか、毒餌を食わせようとするのはさすがに極端ですから、それはニュースになるわけです。

猫好きと犬好きの違いは、犬好きが、服従することを評価し喜ぶのに対し、猫好きは、自分の考えがあって行動している生き方を愛しがるということだと思います。

つまり、コミュニケーションの努力を何とも思わないでできる人は猫が好きになり、縦社会で生きないと落ち着かない人間は犬好きになるのだと思います。

猫の虐待が話題になるというのは、人間間のコミュニケーションがだんだん崩壊しているんじゃないかと思いますね。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 19% (1536/7729)

猫 マーキングのしっこが臭い、他人の家、庭に断りもなく入り込む。
のみを、あちらこちらにまき散らして、人間がノミにかまれる。
不衛生である。

人が多い時代から、少ない時代に移り変わってきた。
野良犬などが、集団で弱い人を襲ったりするケースが増えている。
動物の虐待を重視するよりも、人間の安全と、暮らしを重視しなければならない時が来たのではないかと思う。

犬に取り囲まれて、襲われたことがある。
あの時の恐怖は、一生忘れることはでいない。
怖い思いをしなければ、みんな気が付かないだろうけど、
私は動物愛護には、反対です。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 14% (35/241)

本当にひどい話です。
猫飼いとしては許せない限りです・・

特に統計上の情報があるわけではないので、感覚値ですが、犬・猫はメジャーなペットで、特に猫は放し飼いが多かったり、野良の子もいたりするので、被害に遭う確率も高いのではと思います。
また、野良猫の場合、地域猫として餌をもらって生きてたりするので、餌をくれる人を悪い人とは思わないのかもしれません・・
また、弱者虐待をする人にとっては、なんでもいいのかもしれません・・

うちの実家の猫も家の中と外を自由に行き来してたのですが、どうも毒入りの餌を誰かが与えたらしく、今年の4月頃に亡くなってしまいました。
私自身なんで・・と考えさせられたので回答させてもらいました。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
飼い主同士、同じ悩みを共有!うちの子はこうだった!経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ