• 締切済み
  • 暇なときにでも

連合国だった国を敵とし枢軸国だった国を味方とする。

前にも質問しましたが、高校時代の友人で中学2年の時に観た映画「男たちの大和」を観て、日本軍や日本兵に憧れてる奴が居ました。 https://okwave.jp/qa/q8875327.html その彼が以前「戦時中のDVDを観すぎて、自分も連合国だった国を敵と見なし、枢軸国だった国を味方としてる。」と言う風な事を言った事があります。 恐らくふざけて言ったんだと思うのですが、今でも戦争に関する映像等を見る度に、この言葉を思い出したりします。 そこで思ったのですが戦後70年経った現在でも、連合国だった国を敵と思い恨んだり、逆に枢軸国だった国を味方と思い支持している人達って居るのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 歴史
  • 回答数7
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.7
noname#233772
noname#233772

補足コメントに対して。 質問に対して回答を投稿しました。 意に沿わない回答だったらそのまま無視してくださればいいのに、わざわざ意見を添付していただきありがとうございました。 尚、ご意見には賛同いたしかねる旨、申し添えておきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!!

  • 回答No.6

日本人がアメリカ大好きなのはGHQから続く洗脳政策のおかげでしょう。 公然の秘密ですよ。 だからといって敵と思ってる人はごく少ないでしょうけど。 近親者によほどのアメリカ嫌いがいなければ難しいのでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!!

  • 回答No.5
  • azuki-7
  • ベストアンサー率16% (1976/11763)

日本は決して欧米と戦争がしたくてしたわけじゃありません 日本とアジアの存亡のために仕方なく です アメリカを恨んでる人は居ても ナチスドイツを支持してる人は日本にもほぼ居ないと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!!

  • 回答No.4

戦前にチャップリンが来日したり、ベーブ・ルースを始めとしたメジャーリーグが来日したことをご存知でしょうか。メジャーリーグが来日したときは、ベーブ・ルースを筆頭にルー・ゲーリックなどスター選手がずらっと揃っていたのでものすごい豪華なラインナップでしたよ。 つまり、戦前から実は日本は親米的な国だったのですよ。ハリウッド映画は盛んに上映されていましたし、ジャズなどの音楽も人気でした。 「戦後に親米的になった」のではなく「戦争しているときだけ仲が悪かった」くらいの感じなのです。なにしろ、あのマッカーサーが日本に降り立ったとき、全国からマッカーサー宛に手紙が殺到したそうですが、そのほとんどはマッカーサーの来日を歓迎するものだったのだそうです。 これらの様子を見てあのチャーチル卿は「日本人は喉笛に噛みつくか、ひれ伏すかのどちらかだ」と呆れています。 また枢軸同盟ということで日本とドイツは仲が良かったように思われていますが、実はヒトラー閣下は「日本嫌いの中国好き」だったのです。人種差別思想の持主であったヒトラー閣下も四千年の歴史を持つ中国に対してはリスペクトをする気持ちがあり、日中戦争中も蒋介石即ち国民党軍にかなり支援をしています。国民党軍のエリート部隊はドイツからの派遣された士官の教育を受けてドイツ製兵器で武装した部隊だったんですよ。 日独伊三国同盟に最後まで反対していたのがヒトラー閣下で、それをリッベントロップらが必死で説得して同盟になったのです。 ドイツ人はどうも結構親中的で、今のメルケル政権も習近平政権と非常に親しいですね。尖閣諸島問題や北朝鮮問題についてメルケル首相は結構日本に対して冷たいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!!

  • 回答No.3
noname#239327
noname#239327

お年寄りの中には爆弾落として街を焼き払ったとして憎む人もいますが、「銀色の飛行機が爆弾を落としたり、機銃を打ち込んできてすごく怖かった。」と恐怖体験をしたうちの父親も、先日、喜色満面でハワイ旅行に行ってきました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!!

  • 回答No.2
  • seble
  • ベストアンサー率27% (4039/14678)

第一次大戦では、日本は連合国側で、日英同盟もあってヨーロッパへ魚雷艇を派遣したりしてましたね。(ドイツとは敵対) 2次大戦では逆につく事になりますが・・ 確かに戦後70年ですが、未だに沖縄は米軍に占領されてるに等しい状態で(本島面積の7割は米軍基地)米兵の犯罪も多いし、 うちの親父は米軍の潜水艦で撃沈されましたし、つまんない事でGHQに逮捕されて半年刑務所入ってますし、近所にはデカイ空軍基地があってしょっちゅう軍用機が飛び回ってうるさいったらありゃしませんし(少し遠くに自衛隊空軍基地もありますが、そっちは市街地を避ける) 昔、米兵に貸していた住宅なんて、「本国に帰るから出る、ついてはカネ寄越せ、払わないなら友達に又貸ししてずっと居座ってやる」 なんて恐喝もされたし、 極東、つまり東の果ての地に来る米兵なんて、要するに左遷されたか、未成年が刑務所か軍か?と裁判所で言われて飛ばされて来たのやらばかりです。 鬼畜米英は厳然と存在してます。(イギリスとはほとんど関係がないけどね) さすがにナチスを味方だとは思いませんけどね。あいつらがユダヤ人虐待さえしなけりゃ、もうちょっと良い目見られたのに・・w

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!!

  • 回答No.1
noname#233772
noname#233772

国連をご存じですね。 英語表記のUnited Nationsの正しい訳は「連合国」です。 中国語表記では「联合国」または「聯合國」と書きます。 つまり国連とは、第2次世界大戦の戦勝5カ国のことで、国連憲章の中にはいわゆる敵国条項といって、日本とドイツを「敵」と明記してあります。 そして日本とドイツが再び他国を侵略する行為に出たときは、国連決議を経ないで報復することを認めています。尖閣を中国に取られそうになっても具体的な対抗措置に出られない理由は、このあたりにも遠因があります。 連合国が今なお日本を敵とみなしているのに、なぜ日本から連合国を敵と見てはいけないのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました!!

質問者からの補足

>英語表記のUnited Nationsの正しい訳は「連合国」です。 最近一般的には国際連合と訳されているのを何故かは知らねど、連合国と訳したがる人がネットでは散見されます。 そしてそういう人は、これまた何故かは知らねど、意地でも「現在も国際連合は連合国=戦勝国の組織」って事にしたい人とダブる事が多いようです。(例えば、日本が国連の常任理事国になれないのは“敗戦国”だからだ、みたいな“あなた国際外交に関するTVや新聞社が流すニュース、全然読んでないでしょ”と言わざるを得ない様なトンデモ説の主張者とか(笑)) そう言う人達は大抵 『そもそも国際連合は英語で記すと、The United Nationsだ。これは第二次世界大戦中の連合国という意味だ。戦後日本の外務官僚は、国際連合があたかも公平公正な機関であると見せかけようとして、連合国と異なる意訳をあえてしたのだ。』 と言った具合に主張します。 が(the) United Nationsを国際連合と訳し始めたのは、戦後の話ではありません。 国立公文書館アジア歴史資料センターのレファレンスコードB02033038700の『9 昭和20年2月19日から昭和20年2月28日』という標題の資料の全25画像中9画像目に「国際連合(ユナイテッド・ネーションズ)其の後の進展状況」と言うタイトルの資料が見られますが、これはポツダム宣言受諾の約半年前の1945年2月に(the) United Nationsの設立準備の状況を報告したものですから、日本ではまだ「鬼畜米英撃滅」とか言っていた頃のものです。 その頃の外務省が、敵国が作ろうとしているthe United Nationsを『あたかも公平公正な機関であると見せかけようとして』連合国ではなく国際連合と訳した、なんてどうかんがえても変ですよね? 戦争中の外務省が“League of Nations”(日本語訳では国際連盟)の後継組織として“The United Nations”という名称の国際組織を敵国(=連合国)が作ろうとしている時に、国際連盟に類似した国際連合という訳を考えるのは当然です。 いや戦争中の外務省が、連合国が新たに作ろうとしている、その国際組織の名称“The United Nations”をまた「連合国」と訳したら「連合国が作ろうとしている連合国」って事になってしまって、日本語としては寧ろそちらの方がどう考えてもおかしいです。 正しい訳が「連合国」と言うよりも、戦時中に「連合国が作った連合国」って訳にならない様に「国際連合」にするのは寧ろ自然な訳し方ではないでしょうか?

関連するQ&A

  • 右翼は今でも枢軸国を味方と思ってる?

    前にも質問しましたが、通信制高校で知り合った友人で中学2年の時に観た映画「男たちの大和」を観て、日本軍や日本兵に憧れてる奴が居ました。 https://okwave.jp/qa/q8875327.html 戦争好きで自分の事を「右翼」と名乗っていて、戦時中の日本軍が大好きらしく、ケータイの待受画面も靖国神社と日の丸で、よく校内で軍歌を流したりしてた変わった友人でした。 その彼がよく「過去に見た街宣車が言ってたが、右翼は第二次世界大戦の時に連合国だった国(米英仏)を敵と見なし、日本と同じ枢軸国だった国(独伊)を味方としてアジア征服を目指してる。」とか言ってて、自分も戦時中のDVDを観過ぎて、自分も連合国だった国を敵と見なし、枢軸国だった国を味方としてると言う風な事を言ってた事があり、ふざけて言ったかも知れませんが、それでも戦争に関する映像とかを見る度に、この言葉を思い出したりします。 実際に彼は連合国だった「アメリカ・イギリス・フランス」が嫌いなのか、それらの国の文化に興味がなかったのですが、ただ逆に戦時中枢軸国で、日本の味方をしてくれたドイツは好きみたいで、ドイツの軍歌や行進曲をケータイの音楽で聞いたり、ヒトラーに関する本を時々読んでいたりしているのですが、でもやっぱり「ナポレオン戦争」や「フランス革命」などは全然興味ないとか言ってました。 僕自身も大東亜戦争や大日本帝国には概ね肯定してますが、だからと言ってドイツやイタリアが日本の味方だとか仲間だと思ってないし、そもそも一緒に共同で同じ戦争を戦った訳でもないので、同じ「枢軸国」として一緒にされてる事自体がどうも理解出来ません。 お互い「利用価値がある」から同盟結んだだけで、ファシズムやナチズムを受け入れてませんし、ドイツのユダヤ人虐殺を含む民族差別政策を非難したり、同じ同盟国のイタリアによるエチオピア侵略に抗議したりしてたのに、それを「連合国だった国=敵・枢軸国だった国=味方」と言う理屈が理解出来ないし、戦前の日本や日本の戦争を支持するからと言って、今でも独・伊を支持したり、反対に英・仏・蘭等の国々を批判しないといけないのかとずっと疑問に思っています。 彼が言う様に右翼の人達は戦後70年経った現在でも、連合国だった国を敵と思い恨んだり、逆に枢軸国だった国を味方だと思っているのでしょうか?

  • 彼は右翼(愛国者)になるのでしょうか?

    前にも質問しましたが、通信制高校で知り合った友人で中学2年の時に観た映画「男たちの大和」を観て、日本軍や日本兵に憧れてる奴が居ました。 https://okwave.jp/qa/q8875327.html 戦争好きで自分の事を「右翼」と名乗っていて、戦時中の日本軍が大好きらしく、ケータイの待受画面も靖国神社と日の丸で、よく校内で軍歌を流したりしてた変わった友人でした。 その彼がよく「過去に見た街宣車が言ってたが、右翼は第二次世界大戦の時に連合国だった国(米英仏)を敵と見なし、日本と同じ枢軸国だった国(独伊)を味方としてアジア征服を目指してる。」とか言ってて、自分も戦時中のDVDを観過ぎて、自分も連合国だった国を敵と見なし、枢軸国だった国を味方としてると言う風な事を言ってた事があり、ふざけて言ったんだとも思うのですが、それでも戦争に関する映像等を見る度に、この言葉を思い出したりします。 実際に彼は連合国だった「アメリカ・イギリス・フランス」が嫌いなのか、それらの国の文化に興味がなかったのですが、ただ逆に戦時中枢軸国で、日本の味方をしてくれたドイツは好きみたいで、ドイツの軍歌や行進曲をケータイの音楽で聞いたり、ヒトラーに関する本を時々読んでいたりしているのですが、でもやっぱり「ナポレオン戦争」や「フランス革命」などは全然興味ないとか言ってました。 僕自身、前に日本会議って保守系団体に所属してた事があって、大東亜戦争や大日本帝国には概ね肯定してますが、だからと言ってドイツやイタリアが日本の味方だとか仲間だと思ってないし、そもそも一緒に共同で同じ戦争を戦った訳でもないので、同じ「枢軸国」として一緒にされてる事自体がどうも嫌です。 お互い「利用価値がある」から同盟結んだだけで、ファシズムやナチズムを受け入れてませんし、ドイツのユダヤ人虐殺を含む民族差別政策を非難したり、同じ同盟国のイタリアによるエチオピア侵略に抗議したりしてます。 それを「連合国だった国=敵・枢軸国だった国=味方」と言う理屈が理解出来ないし、右翼(愛国者)として今でも独・伊を支持したり、逆に英・仏・蘭等の国々を批判しないといけないのかとずっと疑問に思っています。 戦後70年経った現在でも、連合国だった国を敵と思い恨んだり、逆に枢軸国だった国を味方と思っている事が右翼(愛国者)になるのでしょうか?

  • 枢軸国と連合国

    第二次世界大戦は枢軸国対連合国ですが どちらも連合している訳だから どちらも連合国になると思うのですが このくくりはどうやって決まったのですか? それぞれの言葉の意味が分からなかったので調べてみたら 枢軸 https://kotobank.jp/word/%E6%9E%A2%E8%BB%B8-540443 1 物事の中心となる部分。「―産業」 2 政治や権力の中心。「国の―」 連合 https://kotobank.jp/word/%E9%80%A3%E5%90%88-152084#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 1 二つ以上のものが共通の目的のために結び合うこと。「―して共同の敵に当たる」 だったのですが、どういう理由で 枢軸国と連合国という言葉を使ったのでしょうか?

  • 【WW2】枢軸と連合のグループ分けについて

    第二次世界大戦の頃、どのようにして枢軸国と連合のグループに分かれたのですか? 私は今高校でこのあたりのヨーロッパ史を勉強しているのですが、なぜ枢軸国は日独伊で連合が米英仏露中なのか分かりません。 私日本人の見解から特に不思議に思うのがイタリアが枢軸のメンバーであることです。ただでさえ第一次世界大戦のときドイツを裏切っているし、連合は五カ国の集まりなのにイタリアのような戦争において弱い国はドイツと日本と肩を並べてこの時代三国同盟を組める国ではないと思います。(主要の国で)3対5というだけでも厳しいのに。。。それともすでに連合に大体の良い国は持っていかれてしまっていたのでしょうか。またはドイツの軍事力過信? 回答よろしくお願いします。

  • 第二次世界大戦での連合国および枢軸国の強さのランキ

    第二次世界大戦での連合国および枢軸国の強さのランキングはどうなるでしょか? 連合国(イギリス、フランス、アメリカ、カナダ、オートストラリア、ソ連)、枢軸国(ドイツ、日本、イタリア)の 強さのランキングを書いてください。 1940年あたりのでは戦争に準備してきた枢軸国の有利に傾くために 1943年次のものを教えてください 嫌車家前田

  • 何時の誰が連合国と枢軸国を決めたのか?

    よく第二次世界大戦の事を 「米・英・仏・ソ・中の連合国と日・独・伊の枢軸国の戦い。」 って言い方をされたりしますけど、歴史を調べるとフランスは開戦直後にドイツに降伏してヴィシー政権が誕生して以降は枢軸国になっていたり、反対にイタリアは戦時中にムッソリーニ政権が倒れて以降、途中から連合国になりドイツに宣戦布告していました。 またソ連も開戦当初はドイツと条約を結んで「連合国」のポーランドに侵攻しています。 個人的には第二次世界大戦後に「正式」に参戦した時の各国の立場を表現してるだけで歴史の上ではあまり正しくない様にも思えるのですが、上記の様な、この「米・英・仏・ソ・中の連合国と日・独・伊の枢軸国の戦い。」って表現は一体誰が何時になって決めた表現なのでしょうか?

  • 戦時中は「アジア征服」が正しかったのでしょうか?

    eroero4649さんこんにちは。 以前僕が「「社会のルール」を守れてますか?」と言う質問し、その中で昔見た街宣車が「右翼は戦争を支持し、第二次世界大戦の時に連合国だった国(米英仏)を敵と見なし、日本と同じ枢軸国だった国(独伊)を味方としてアジア征服を目指してる。」と言っていた事についてeroero4649さんが >戦争中なら、その思想が「正しいもの」でしたよ。今の社会ではそういう思想は危険だったり反社会的だと認識されているだけであってね。 と仰っておられましたが、この「アジア征服を目指してる。」と言う主張って、戦時中でも言ってなかったのではないでしょうか? 一応日本政府は「大東亜共栄圏構想」を掲げ、建前であっても「アジア解放」を言っていたのに、それに反するアジア全土を植民地にする事を目的とした「アジア征服」を目指す等と言う思想や主張が戦時中「正しいもの」にされていたのでしょうか?

  • 枢軸国になるのではないでしょうか?

    第二次世界大戦中に、三国同盟に加わった国の中に1941年11月にデンマークが加わっています。 ですが、戦後に連合国とされる国々の中にデンマークが書かれており、国連の原加盟国の中にもデンマークがあり、ウィキペディアの枢軸国の説明の中では「枢軸国の占領下にあったが枢軸国と見なされない国」とされています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%A2%E8%BB%B8%E5%9B%BD 他にもスペインも枢軸国寄りの中立国と言う扱いになっていますが、本来の枢軸国の意味は1936年10月にドイツの A.ヒトラーとイタリアの B.ムッソリーニが両国の共同行動について協定を結び、11月ムッソリーニが演説のなかで、ドイツとイタリアの提携関係をローマ・ベルリン枢軸と呼んで以後ローマ・ベルリン枢軸という言葉が一般的に用いられるようになり「国際関係のうえで親密な友好関係にあり、共同行動をとる国々」と言う意味のはずですよね? 連合国と直接交戦していなくても、デンマークやスペインは三国同盟に加わったり協力関係にあったりしているので、これらの国々も「枢軸国」になるのではないでしょうか?

  • 戦後に枢軸国と言う扱いを受けなかった可能性。

    ウィキペディアで枢軸国の説明の中に「9月には日独伊三国条約(以降、『枢軸条約』と表記)が結ばれた。ただし、この時点ではこの条約に加入することは枢軸国として参戦することと同じではなかった。」 とあります。 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%A2%E8%BB%B8%E5%9B%BD 戦前から枢軸って言葉はあったみたいで、日本も「枢軸条約」と三国同盟の事を呼んだりしてますが、当時はその三国同盟に加わっていても枢軸国として参戦すると言う意味ではなかったとあります。 実際、ソ連は独ソ戦が始まるまでは枢軸側だったり、スペインも日本国内では枢軸扱いされていましたが、ウィキペディアの説明文には「枢軸国寄りの中立国」と言う扱いになっています。 仮に日本が三国同盟を結んでいても独ソ戦や太平洋戦争に参戦しなければ戦後に(連合国と対立したと言う意味)枢軸国と言う扱いはならなかったって事になるのでしょうか?

  • 第二次世界大戦での連合国

    第二次世界大戦での連合国および枢軸国の強さのランキングはどうなるでしょか? 連合国(イギリス、フランス、アメリカ、カナダ、オートストラリア、ソ連)、枢軸国(ドイツ、日本、イタリア)の 強さのランキングを書いてください。 1940年あたりのでは戦争に準備してきた枢軸国の有利に傾くために 1943年次のものを教えてください 嫌車家前田 .;