• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

法人税と所得税の申告期限がなぜ違うのでしょうか

法人税と所得税の申告期限の違いについて 法人税(法人)は、決算から2ヵ月後が期限ですが、 所得税(個人)は、決算(暦年単位)から2ヵ月後(2/28)ではなく3/15です。 この違い(差別)は、どういう理由や意図があるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数152
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • simotani
  • ベストアンサー率37% (1861/5024)

後、法人税は所得税を課税する迄の仮払いとの考え方があります。 その為に所得税において配当金には総合課税を選択した場合に配当控除(課税所得600万円迄の部分は10%、600万円超の部分は5%の税額控除)が適用されます。また法人税の計算では他社の配当金は益金に算入しない規定もあります。これも重複課税の回避です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 所得税はかからないが、所得税に代わる法人税がかかる

    法人企業には、所得税はかからないが、所得税に代わる法人税がかかる、 という認識であってますか?

  • 法人税と所得税の修正申告について

    法人税と所得税の修正申告について 平成17年、約370万円ですが、法人の経費として処理したのが、役員個人の経費だったことがわかりました。修正申告したとして、どれほど支払らえばいいでしょうか? その後、毎年、修正申告が必要なのでしょうか? わからなくてこまっています。 計算式なども教えてください。 資本金2000万 申告所得8000万ほどの法人です。 よろしくお願いいたします。

  • 確定申告 法人の所得税と法人について

    確定申告のシーズンになりますが、 基本的なことがわかりません。 法人の所得税の期間と申告期限(個人であれば期間は1月1日から12月31日、申告期限が2月16日から3月16日となっていますが)を教えてください。 また法人の所得税と法人税はべつものですか? 別物であればその法人税の期間と申告期限というのもあるのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

 公式発表はありませんので、推測ですが、  会社というのは、東インド会社などのように、リスクの高い、したがって個人の資産では処理できない大きな仕事を、多数人が資金・人材(知識・経験)などを出し合って、やっていこうとして成立したものです。  したがって、関係者の中には、それぞれのプロがいる(いた)はずなんです。経理の専門家もいる(はずだ)。  なので、棚卸しなどで多少の時間は必要であっても、決算と納税の間にそれほど長い期間を必要としないハズだ、と徴税者が考えた可能性が高いと思います。  他方、個人の所得税計算は、その筋のプロでない者が担当すると考えられます。日々の経営に忙しくて帳簿どころではない、という場合も少なくない。  故に、会社にあっては2か月、個人にあっては3か月の期間を猶予したのではないでしょうか。  あるいは、意地悪く考えれば、会社の資産はすべて使う(運用する)ことを前提に集められたものです。  あまりに長期間を置くと、使われてしまって「徴税したい時にはカネはなし」という事態に陥るかもしれません。  他方、個人の資産は、生活費などもあって、全部使う(運用する)ということはあまり考えられません。  「税金はいつでもとれるよね」ということで、徴税までの期間が猶予されているのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

小さな会社の経営者です。 申告期限の差異の起源は判りませんが、法人では決算書の作成は必須であり、そのために毎月毎に月次を閉めていきます。 従って、年度の決算も単純に月次の会計を集計すればそんな手間ではありません。さらに規模が大きくなるほど、経理、会計の専門部署の要員もいますし、汎用、独自を問わず、会計ソフトを使っているはずです。 一方、個人では多くの方が不慣れであり、税務署などの相談などあるでしょうから、3か月という猶予があるのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 所得税の控除がある場合の法人税申告書

    別表6(1) 所得税の控除がある場合の法人税申告書で記入する箇所は、 (1)別表5(2)の その他 損金不算入のもの 当期発生額 (2)別表4の  加算欄 と 仮計後の法人税から控除される所得税額 (3)別表1の 控除税額の計算 以上 3箇所だと思いますが、よくわからないのが、 (2)別表4です。 所得に 2回 加算しているように思えるのですが、 解説して頂けないでしょうか?

  • 法人税の期限後申告

    小さな法人で自社で申告をしています。 5月末に申告をしました。 欠損金があるため法人税はなしということで、復興法人税の申告書は提出していません。 ですが、知り合いから調査が入ったときのことを考えてゼロでも出したほうがいいと 言われました。 言われたとおり出そうと思いますが、復興法人税の申告書のみの申告で、期限後申告ということで 問題ないのでしょうか。 お詳しい方よろしくお願い致します。

  • 所得税と法人税の調整

    所得税と法人税の調整の必要性について、みなさんの見解を教えてください。

  • 法人税の確定申告書:所得税の控除について

    確定申告初心者です。 ある法人(A社)の前期の法人税確定申告書について、教えてください。 A社は、過年度の損失の繰越があり、法人税額は0です。 申告書左下の「所得税の控除」についてなのですが、(法人税が0なのですから当たり前ですが)控除しきれない所得税額があり、その所得税額(100円未満の額)が「還付を受ける金額」の欄に書いてあります。 還付金を受け取る普通預金の口座が申告書に書かれているので、その口座を見たのですが、当期、その還付金が振り込まれた記録がありません。 ちなみに、前々期も同じように損失の繰越があって法人税が0、控除しきれない所得税額(数十円)が還付のところに書いてあります。でも、その還付金が振り込まれていないようです…。 この還付金は、実際には受け取ることが出来ないものなのでしょうか? それとも、金額が小さくて受け取れないのでしょうか? 教えてください。よろしくお願いします。

  • 法人税について

    会社を設立しようと考えています。 資本金も1円~数万円程度から始めようと考えています。 法人税について無知なもので教えて頂きたいのですが、法人税は収益がない場合でも法人税は支払わなければならないのでしょうか? 所得税の場合は所得が少なければ、非課税若しくは所得に応じて税額が決まりますよね。そういった制度が法人税にもあるのでしょうか? また、所得税でいう所得控除、税額控除制度が法人税にあるのでしょうか? 色々とアドバイスを頂ければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 法人税申告の問題

    弥生会計ソフトを使って会社決算書を作ったけど、法人税の申告はすごい大変そうだ。そして法人税の申告だけを税理士に頼むかなと考えいる。そこで、私は何を税理士に渡すのかな? 決算書はもちろん、ほうかの何が必要でしょうか?お願いします。

  • 申告書の所得税控除

    法人税と地方税の申告書上の所得税控除の項目について 質問です。 法人税    0 地方税 20,000 この時に、預金利子 3,000のうち源泉所得税 600(450、150)で あった場合、申告書にはどのように記載すればいいのでしょうか? 両方とも還付ででしょうか?それとも法人税のほうだけが還付になる のでしょうか? よろしくお願いします。

  • 所得税や法人税「非課税」のかたたちとは?

    宗教法人の法人税非課税は知られていますが、他の 日本相撲協会、歌舞伎界、特殊法人などあらゆる業界の 非課税(個人所得税、法人税問わず)な人々を教えて下さい。 また、詳しく経緯なども教えて下さい。

  • 法人税とは

    とても初歩的な質問内容になると思いますが分かりやすく回答頂けたらありがたいです。 まず、法人というのは、ある団体に対して人としての権利を与えたもので、そして法人税とは、その団体に対してかかる税金で合ってますか? まずはこの解釈が間違ってたら正してほしいです。 次に法人税についての質問です。 法人税を払っているのは誰ですか? 例えばある団体が会社だったら、社員の給与から差し引いたりするのでしょうか。 それともそういう訳ではなく、会社の金銭を管理してるお偉いさんが、会社の利益から引いて払っているのでしょうか。 それから所得税についても聞きたいのですが、所得税は個人事業でも法人で働いていても関係なく、所得のある人に対してかかる税金で合ってますか? 以上です。 今、社会系の勉強をしていて、法人という言葉が良く分からず色々調べてたら疑問が出てきたので質問させて頂きました。 初歩的な質問内容だとは思いますがどなたかご回答お願いします。

  • 法人税

    所得税と違って、法人税というのは分離課税というのはないのでしょうか?