• 締切済み
  • 困ってます

S50C焼入れ前なのに硬度が・・・

□13のS50C(生材)を購入し、フライスと研磨で多少形状加工し熱処理に出し、戻って来た品物のソリ取りをした所、最近たまに折れてしまうという現象が起こります。 熱処理屋さんから「材料に焼きが入ってるんじゃないの?」と言われましたが材料屋さんでは当然わざわざ調質材などを納品しているわけでもないとの事。 しかし熱処理屋さんで測定した所、HRC20位入っているとの事でした。 材料屋さんには「加工により熱が加わったのでは?」と言われましたが、熱処理前の加工によってHRC20なんて熱が加わるものでしょうか? また、生材でも多少の焼きが入っている物なんて(メーカーによって)有りますか? 品物の大きさは13×13×200位です。 すみません補足です。 熱処理はタフトライド処理です。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 金属
  • 回答数5
  • 閲覧数9940
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

>熱処理はタフトライド処理 全く話が違ってきた・・・・・ これは0.01とか表面だけの硬化処理。 510~580℃の熱処理。S50Cでは焼入れが軟化する温度で、内部応力が顕れソリとなる可能性もある(全部ではない) 事後のソリ修正で変形させたとき、中が生でも焼入れでも割れには直結しないが、硬い表面が変形に附いていって割れるや否やの問題となる。従って、ソリ量が大きい修正は危ない。 なので素材段階での焼鈍(歪み取りの低温度)をしてソリ量を減らすことが望ましいでしょう。あとは面粗さも影響するかと。タフトライド処理が適切かはマイクロビッカースでの硬度測定。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

再出です。 『測るのはよいが規格は存在しない』って、規格に合っているかの確認でなく、 3現主義(三現主義)=「現場」「現物」「現実」。「現場」に足を運び、場を確認する。 「現物」を手に取り、物を確認する。 「現実」をこの目で見て、事実を知る。 の実行です。 難しいことを云っても仕方がないことで、対策をするための把握が必要です。 その中の一つが規格で、規格外なら指摘をすれば良し。 また、貴殿の所望であると想像する内部応力(歪み)取りが必要であれば、その処理をする しかないでしょうね。 タフトライド処理なら、尚更同形状であれば折れる箇所が一定するのではないでしょうか? 表面のタフトライド処理層からマイクロクラックが発生し、成長して折れていると考えます。 折れない品物も、その部分を拡大し確認してみてください。 反り取りした後は折れなくても、その後の使用時に折れる可能性もあります。 それと、コストの関係で普通はやらないことでも、歩留まりが向上しコスト的にペイするなら、 色々とトライすべきで、それが製造工程でのノウハウになるのです。 そのようなノウハウは、普通公開しないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

再出 >回答(2)   ◆ N(焼ならし)≪空冷≫にて、HB 179~235   ◆ A(焼なまし)≪炉冷≫にて、HB 143~187   ◆ N(焼入れ焼戻し)≪810~860℃水冷、550~650℃急冷≫ 212~277     となります。 このばあい熱間圧延のままなので3つのいずれも該当しません。私はそれでは結論に到達出来ないからと面倒な海外データを引いてます。 >、、、(生材)を購入し、、、その硬度は測定しないのでしょうか? 測るのはよいが規格は存在しない >、、、製作方法によっては加工硬化も発生しますし、また内部応力が大きい 材料は加工の前に、内部応力(歪み)取りをしてから加工するのが一般的です。 一般的にはやらない。   http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=258765&event=QE0004   (~S45C角鋼は無いので)生のまま使うことも多い。 焼入れでもS50Cは急冷を要する難しい材料。直近質問 SKS3 より遥かソリが出やすいので、調質の硬さなら事後にソリ修正をするのが妥当。   http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&event=QE0004&tid=271079 なので成分から疑うような海外品でもないかぎり、材料の異常は考えにくく、また完全ではないが焼入(調質)をすると熱処理の前歴は消える。 肌が荒れるほどの塑性変形でないかぎり、修正曲げ程度の影響も消える。 繰返しになりますが、折れた物の硬さを測るのが為すべきこと。他より硬くなっているとか規格外な可能性大。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

□13のS50C(生材)を購入しとの記述がありますが、その硬度は測定しないのでしょうか? □13のS50C(生材)の製作方法によっては加工硬化も発生しますし、また内部応力が大きい 材料は加工の前に、内部応力(歪み)取りをしてから加工するのが一般的です。 さて、S50Cは、URL資料で確認しますと、 ◆ N(焼ならし)≪空冷≫にて、HB 179~235 ◆ A(焼なまし)≪炉冷≫にて、HB 143~187 ◆ N(焼入れ焼戻し)≪810~860℃水冷、550~650℃急冷≫にて、HB 212~277 となります。 そして、HRC20は、HB228程度に相当します。 ですから、有り得ない状況ではないと思います。 また、折れ対策は、内部応力(歪み)取りの熱処理をするか、想像ですが折れの部分が一定で あれば、応力集中していると想像するので、その緩和の形状見直しをすることをお勧めします。 (緩和の形状見直は、Rを大きくするや仕上げを上げる等です)

参考URL:
http://www.forming.co.jp/database/pdf/csmsu-2.pdf http://www.forming.co.jp/database/pdf/koudo.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

  HRc20 = HB226 = Hv238 焼均、焼鈍、調質では信頼おける参考値はあるが、熱間ロールそのままは更に非公認。それとサイズが影響し小径なほど硬い。 国内では N・A・Hだけ。サイズも不記載   http://www.toishi.info/sozai/sxxc/s50c.html 海外のデータ   熱間+ピーリング φ16~40  HB181~269   熱間     サイズ不詳   HRc19 HB229 HRC20 は有り得る値ですね。焼均しでも範囲内。 焼鈍しは HB187 とか、これはあまり寸法が影響しない。   http://www.matweb.com/search/QuickText.aspx?SearchText=1050 英単語+数字だけで読める。実際に流通するデータを拾っており、サイズ毎、処理毎にある。これもあくまで参考値だが、国内ではこのように値を出すのをを嫌がる。 >熱処理に出し その内容は? やはりココに問題があるのでは? まずは硬さ測定。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • S45C硬度について

    研磨加工会社の現場事務をしている女性です。 先ほど客先から熱処理+研磨加工の依頼が有り ? S45C 熱処理HQ-T HRC32~36 ? S45C 熱処理HTR HRC22~26 どちらもフライス加工済みの品物を渡されたのですが、 ?は焼入焼戻で、上記の様な硬度は可能なのでしょうか? (調べてみたらもっと硬度が高かったので) ?は何の処理でしょうか? こちらも調べましたが分からず、もしかして調質?と思ったのですが、加工済みの品物を調質って出来るのでしょうか? 調質された材料を使って加工する、というイメージなので・・・ 普段は殆ど支給されたブランクを研磨加工するだけなので、この様な事に関して無知で申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

  • 厚さ50mmプレートの焼き入れについて

    サイズ縦500mmX横250mmX厚さ50mmのS50CやSK材の生材の表裏をバーナー(アセチレン+酸素)で炙って焼き入れした場合、ソリや歪みはどれくらい発生するものでしょうか?その他懸念される事象がありましたらご教授ください。 用途は油圧プレス機(30トン)のボルスタ(テーブル)の上に載せかさ上げ用の50mmスペーサーとして使用します。 できるだけ費用を抑えるため生材購入し穴あけした後、上記方法で自分で焼きを入れようと考えていますがソリが顕著でスペーサーとして使えなくなってしまわないかが心配です。 加工設備も古い汎用フライスがありますが焼きが入ったものは加工できないようです。 Misumiの調質材も検討しましたが追加工でザグリ穴あけができないようなので諦めました。

  • S45Cの調質

    φ16 l=150 のS45C磨き丸棒を調質したあと切削加工し、再度熱処理にてHRC35程度の処理したら、全長が0.1ほど長くなっていまいました。 変化を極力少なくする為に、調質をしたのですがムダになってしまいました。 内部応力を少なくするには、戻し処理時油冷と空冷とでは、違いがあるのでしょうか?

  • S45C焼入材の硬度UP

    生産技術の仕事をしており焼入に関する知識がなく悩んでおります。素人ですがよろしくお願いします。 搬送装置の部品に直径35mm、長さ25mmの部品を使用しています。材質はS45Cです。部品は生材ですと摩耗するため、焼入処理をし硬度HRc53、有効深さ3mmの焼入結果を得ています。部品は溶接にて搬送装置へ取付するため、部品の片側は焼入していません。 さて、製品へ取付し使用しますと、部品が摩耗してしまいました。焼入深さを維持しながら硬度を上げたいのですが、どのようにすればよろしいでしょうか?「素材の変更」「焼入方法の変更」は構わないのですが、溶接できる材料で考えております。すいませんがよろしくお願いします。

  • S45Cの調質について

    S45C、φ180長さ100の丸材に調質HRC25±5を行った場合、芯までHRC25±5になっているのでしょうか? 自分でも調べたり聞いたりしましたが、芯までは入らないとの結果に至りました。しかし、上司が、いつも頼んでいる熱処理屋に聞いたところ、芯まで入って、応力除去できているとの回答だったそうです。 旋盤加工で1工程、2工程共に端面取り代は3ミリ、中はφ80ぐらいで貫通、1工程側内径にφ120 0~+0.04程度の公差があります。 外径はφ170まで削ります。 1工程で加工した外径φ170をチャッキングして2工程側外径をφ110長さ65ほどまで削ります。 加工後、1工程内径φ120+0.02で加工した部分が0.05~0.08大きくなります。外径φ170も同じくらい大きくなります。 2工程で断続加工が入るので変形しているのか、調質に問題があるのか解らず困っています。 ご返答お願いします。 以前S45Cで加工した時はこんな風にはなりませんでした。 他の会社では荒加工して仕上げ代2~3ミリ残した状態で調質、その後仕上げているようでした。

  • S45Cの調質について

    誠にすみませんがS45Cの調質について質問があります。 例えば、径がφ70~100位まででHRC23~28だと片肉何mmまで硬度が保持できるのでしょうか?処理屋に確認したら、3mm位というところもあれば10mmという ところもあります。基本的に荒加工後調質が無難でしょうか? 幼稚な質問で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

  • S45Cの部分焼き入れ

    材料S45C。製品形状t=6x縦16x横50で縦約7x横50をHRC35-40の熱処理をしたいと思ってます。部分焼入れです。 部分焼入れの知識がありませんので宜しく教示願えればと思い、投稿しました。宜しくお願いします。

  • レーザー焼き入れの焼き入れ深さについて

    従来は高周波焼き入れ焼き戻しをすることで金属表面の硬度を硬くしその後に仕上げ加工をしていました。近年レーザー焼き入れが世間で導入されてきているようですが焼き入れ深さは1mm以下とされています。熱処理歪みを抑えつつ焼き入れ深さを高周波並にすることは可能なのでしょうか? (SUS420J2調質材の表面硬度HRC50以上深さ2mm以上) 不可能であるならばその理由もご教授お願いいたします。

  • タフトライド処理

    材料:SCM440-H 調質硬度:Hs42~48 仕上がり寸法:276*2230L 中心付近に幅62*長さ900*深さ25*キー溝加工 両端部ベアリングナットネジ 前面タフトライド処理 上記内容にて加工後タフトライド処理後の寸法・歪・変形はどの程度 考慮すればよいのでしょうか?

  • ダイキャスト金型用鋼の調質後の加工と寸法変化につ…

    ダイキャスト金型用鋼の調質後の加工と寸法変化について ダイキャスト金型用鋼(DAC55)を加工しています。現在荒加工で2ミリ取りしろをつけて調質しHRCを45ほどに上げてから中仕上げ加工をしています。そして加工終了後にリテンパーを施しています。これが勤務先の従来からのやり方なのですが、調質後に荒加工からの全ての切削加工をするのは危険でしょうか?心配なのは調質後の材料が 1.加工中に反ったりなどの変形がしないか?  2.加工で反りがでなくてもリテンパーによって寸法変化しないか?です。 調質後はその後大きく切削されても薄い板や生材みたいに変形しにくいと思うので調質済みの材料を買ってきて一気に加工してしまいたいのです。(硬いから加工時間は少し余計にかかっても段取り回数を減らしたいもので。)材料は400×300×200ミリ位のしっかりしたサイズです。でもどこか自分の考えに落とし穴がありそうで。。。不安です。