• 締切済み
  • 困ってます

S45Cの調質について

誠にすみませんがS45Cの調質について質問があります。 例えば、径がφ70~100位まででHRC23~28だと片肉何mmまで硬度が保持できるのでしょうか?処理屋に確認したら、3mm位というところもあれば10mmという ところもあります。基本的に荒加工後調質が無難でしょうか? 幼稚な質問で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 熱処理
  • 回答数2
  • 閲覧数4581
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

先日も似たような質問がありました。 http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=195676&event=QE0004 どの様な目的で使用されるのでしょう? この程度の硬度が必要ならば材質の変更でも可能です。 コスト面から45Cを使用されるのなら「荒加工後調質」をお勧めします。 >片肉何mmまで硬度が保持できるのでしょうか? データの裏づけは有りませんが10mm大丈夫だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

シャフト関係で使用する予定です。最初はSCM440で検討していましたが、やはりコスト面でS45Cでということになりました。ただ中心に転造ネジを切るのでやはり荒加工後調質がいいんでしょうーねー >ご回答有難うございます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

多分、 ◆ 10mmが、HRC23~28でしょう。   そして、S45Cの焼き入れ焼き戻し程度の硬度では、超鋼で簡単に   削れます。 ★ 3mmが、高周波焼き入れでしょう。   そして、局焼きれ程度(HRC40程度??)の硬度がでます。   超鋼の加工がしんどくなる硬度です。 硬度と加工は、工具屋さんに、カタログや資料を貰い、 貴殿の判断基準とした方が良いと考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご回答有難うございます。参考になりました。

関連するQ&A

  • S45C硬度について

    研磨加工会社の現場事務をしている女性です。 先ほど客先から熱処理+研磨加工の依頼が有り ? S45C 熱処理HQ-T HRC32~36 ? S45C 熱処理HTR HRC22~26 どちらもフライス加工済みの品物を渡されたのですが、 ?は焼入焼戻で、上記の様な硬度は可能なのでしょうか? (調べてみたらもっと硬度が高かったので) ?は何の処理でしょうか? こちらも調べましたが分からず、もしかして調質?と思ったのですが、加工済みの品物を調質って出来るのでしょうか? 調質された材料を使って加工する、というイメージなので・・・ 普段は殆ど支給されたブランクを研磨加工するだけなので、この様な事に関して無知で申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

  • SCM435の調質で教えてください

    教えてください 素材SCM435でM6のネジ長さ10mm程度のボルトを加工したいと思います 図面には、調質硬度HRC23~28とあります ネジの加工後に調質すると、ナットが入らなくなるほど寸法は変化するものなのでしょうか? 調質後にネジ加工するものなのでしょうか? 素人質問で申し訳ありませんが、熱処理は初めてなのでご教授願います。

  • S45Cの調質

    φ16 l=150 のS45C磨き丸棒を調質したあと切削加工し、再度熱処理にてHRC35程度の処理したら、全長が0.1ほど長くなっていまいました。 変化を極力少なくする為に、調質をしたのですがムダになってしまいました。 内部応力を少なくするには、戻し処理時油冷と空冷とでは、違いがあるのでしょうか?

  • S45Cの調質について

    S45C、φ180長さ100の丸材に調質HRC25±5を行った場合、芯までHRC25±5になっているのでしょうか? 自分でも調べたり聞いたりしましたが、芯までは入らないとの結果に至りました。しかし、上司が、いつも頼んでいる熱処理屋に聞いたところ、芯まで入って、応力除去できているとの回答だったそうです。 旋盤加工で1工程、2工程共に端面取り代は3ミリ、中はφ80ぐらいで貫通、1工程側内径にφ120 0~+0.04程度の公差があります。 外径はφ170まで削ります。 1工程で加工した外径φ170をチャッキングして2工程側外径をφ110長さ65ほどまで削ります。 加工後、1工程内径φ120+0.02で加工した部分が0.05~0.08大きくなります。外径φ170も同じくらい大きくなります。 2工程で断続加工が入るので変形しているのか、調質に問題があるのか解らず困っています。 ご返答お願いします。 以前S45Cで加工した時はこんな風にはなりませんでした。 他の会社では荒加工して仕上げ代2~3ミリ残した状態で調質、その後仕上げているようでした。

  • SCM435 調質後の硬度について

    SCM435のパイプ形状の材料を調質していますが、調質後の硬度がHRC40ぐらいあります。 調質後の硬度をHRC23ぐらいにしたいのですが、どうしたらよいのでしょうか? 現在の調質条件は、 1.焼き入れ工程は、850°Cにて2時間保持し、40°Cの焼き入れ水に入れる。 2.焼き戻し工程は、650℃にて2時間保持し、水冷する。 ワークの径はφ180~φ100です。

  • 調質材の加工

    ?形状 三角形状の中心に穴加工 ?サイズ 一辺の長さが45mmの三角形で厚みが22mm ?材質 S45C調質 ?調質硬度 HRc2030 ?穴径 φ20 ?穴公差 -0.02+0.033 ?穴粗さ 2.5a ?数量 4千個、2万個、4万個の3通り ?機械加工で完成(穴の内面研削、ホーニングはしない) このような条件で加工検討依頼がきましたが硬度HRc2030を量産加工したことがありません。 (a)加工設備はマシニングセンタ・NC旋盤・専用機新作のどれが良いでしょうか。 (b)切削条件、刃物はどのように考えれば良いでしょうか。 どなたか教えていただけないでしょうか、よろしくお願いします。

  • S45Cを熱処理するとどのくらい変形するのでしょ…

    S45Cを熱処理するとどのくらい変形するのでしょうか? S45Cを熱処理するとどのくらい変形するのでしょうか? 現在、社内で使用する冶具づくりをしています。 マシニングセンタでの正直台として使用するものです。 素材はS45Cで100mm角と100×75×50mm(50mm幅を研磨)を製作します。 製作工程は荒加工→熱処理→仕上げ加工→研磨 となりますが熱処理でどのくらい変形するのか分からず、取り代をどのくらいにすればよいのかわかりません。 硬度HRC30、HRC40、HRC50のときの変形量ってわかりますか? また、正直台だとどのくらいの硬度が必要でしょうか? ご指導のほどよろしくお願いいたします。

  • 調質硬度の深さについて

    SCM440の部品Φ35に調質(硬度HRC28~32°)の処理をおこなった場合、 調質の深さはΦいくら程度まで入るのでしょうか?

  • S45C調質の硬さ

    タイトル通りなのですが下記の場合、よく使用している硬さ を教えてください。また、市場性の高い数値。 最大径Φ15(20mm位)残りはΦ12・長さ80mm位のロッドを調質する場合。 <目的> ロッドの折損防止。 <ロッドの用途> 薄型シリンダの先端にロッドを連結し、ロッド先端で 相手を押す。(推力2500N位) SS400の生材でも折損はないと思いますが、ロッドが折損した場合 ロッドの分解が大変なため安全を見てS45Cの調質ロッドも考えてます。 SS400の生材より強度があればいい位の調質を考えてます。 <質問の背景> 今まではHRC20=HS35.6=HB226を標準的に多用していましたが、 違う業種の仕事をしていて、その分野ではHS38±2が多用されて います。 個人的には少し高いな、、調質の上限の方のようだけど 実際、どのあたりの数値がよく用いられているのだろう?? との疑問で質問いたしました。 本当は非調質鋼でΦ16のものがあれば使用したいですが ありますでしょうか? 稚拙な質問ですがよろしくお願いします。

  • S45C SKD61

    お世話になります。 例えば、φ600、厚み100のS45CとSKD61があるとします。 S45Cは調質はできますか?焼き入れ性が良くないので、表面しか焼きが入らず、調質自体ができないのか?と思いました。 SKD61は焼き入れ性が良いと思うので、調質ができると思うのですが、焼き入れ焼き戻しが一般的と聞きます。焼入れ焼き戻しでHRC53ほどあるらしいですが、加工は問題なくできるものでしょうか?(SKD11では焼き入れ焼き戻しでHRC60ほどあるから、加工はできないと聞いたことがあります。ですので加工をする際は焼きなましをしてから荒加工し、焼き入れ焼き戻しをしてから表面研磨で仕上げるとのことでした。)