• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

A5052の加工において、

A5052の加工において、 OSGの リーディングドリル NCーLDS ミスミのSDドリル OSGのEXGDS EXGDXL OSGのEXGDR EXーMTーGDR などなど 主にSS400 や SKS SKDなどを加工するのにセットしている工具があり、 アルミようの工具は持っていません。 この中でもメーカの工具データでは アルミがまる一つのやつはありますが、まる一つ止まりです。 この中にもまるひとつも入っていないものがありますが、 アルミようの工具でないと結構問題がでるものなのでしょうか? それとも単品の加工で量産でないなら 今 SKSやSKDやSS400 などを削るためにセットしている工具をつかっても、さほど問題がでないものなのでしょうか? 一般に量産でないかぎり 多くの会社が たまのアルミの加工なら 今までのハイスのドリルや エンドミルで 加工しているところが多いのでしょうか? 量産ならアルミようを買うでしょうが、 メーカはアルミようをすすめるようなことしかいいませんが、 いままでのハイス工具でも特に穴径がひろがったりとか特に問題が 多くでるわけではないのですよね?アルミ加工したことないからわかりません。よろしくお願いします。 アルミはやらかいから問題出にくいイメージで、べつにアルミようの工具にしなくても大して不具合でないイメージです。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数2
  • 閲覧数186
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

量産で一分一秒を争うような高切削速度&高送り速度による 加工を行わないのであれば既存の工具で何ら問題ないと判断 いたします。 この場合のポイントは ・水溶性クーラントを徹底的にかけて溶着を防ぐこと ・切りくず詰まりを防ぐために回転速度と送り速度をホドホド  に抑えること です。 因みに「アルミ用」と書かずに「アルミよう」と表記しているのは 何か意図があるのでしょうか?  EXGDXL ではオーエスジーのHPのカタログ検索で引っかかりません。 より良い回答を得るためには、現在の使用工具の型番やどのような加工 を行うのか、判断手材料をキチンと明記するように、考えてご質問して 下されば幸いです。 繰り返しになりますが... ・量産でないので高い切削条件を用いない ・SKSを加工している工具でも、新品に近く摩耗が小さい ・水溶性クーラントを大量にかける であれば、○が1つも付いていなくても、切りくず詰まりや溶着に 注意すれば加工は可能です。 どーしても心配ならば、様々な被削材に◎~○がついている汎用的な 工具をご購入することをお勧めします。 量産加工ではないことにこだわりますが、仕事量が少ないのであれば アルミ加工専用の工具を購入する必要は無いと考えます。 (本件の回答は以上とします)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

普段SS400やSKS SKDなどを加工している時に使っている工具ですが、 たとえば、EXGDXL などまる 1つも入っていない。 ものもあるのですが、それだとやっぱり問題が発生するものなのでしょうか? それとも 結構そんな工具でも結構いけるものなのでしょうか。 普段SKSを削っている工具などで。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

特に精度を求められていないならスタンダードドリルも使いますが アルミとともにSUSや銅も加工の多い当社ではほとんどすべての 穴をNachiのSG-ESSを使ってあけています。 これもアルミは○1つですが、何の問題も無く使えています。 アルミは熱を持つとすぐ溶着して折れますので、メーカーとしては より溶着性の低いコーティングのものだけに自信を持って ◎をつけているのではないでしょうか。 でも精度のいる深穴加工には超硬のDLCコーティングを用いるようにしています。穴の直進性と仕上がりはハイスドリルとは違いますね。 ○1つも無い工具については自己責任にて。 自分でもよくカタログに○の無い工具を使ったりします OSGのWX-MS-GDSを焼入れ鋼に使ったりとか(寿命がとても短いです) EX-GDXLは溝形状が強力型(パラボリック)のドリルでTiNコート。 この形状の他社のドリル(アルミ用Crコート)6.5φを 50ミリぐらいの深さで折ったことがあって、 それ以来この形状のドリルは使っていません。 ◎があっても使い方しだいということです。 またTiNコートは切子が排出されるときの抵抗が多いので より高潤滑のコーティング(NachiのSGとかDLCなど)か コーティングなしのドリルのほうがいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アルミに対して まるが 1つもない工具だと さずがに問題がでるものでしょうか? 普段SKSや SKD ss400などをけずっている工具ですが。

関連するQ&A

  • SKDの加工

    SKDはハイスのドリルやエンドミルで加工できますか? SKDの加工について教えてください。

  • ショートドリルによる心もみ

    マシニングでの加工で 仕事で位置決めの精度として一番厳しいのが プレスのポストユニットを取り付けるリーマ穴になり、 だいたい0.02までの位置決め精度でないと ポストを上型下型にリーマを 入れて固定した時にすっと入らないと思います。 今マシニングに φ3のリーディングドリルVP-LDS90度 OSG φ6 のリーディングドリルNC-LDS130度  OSG φ3ショートドリルEX-GDS OSG 刃長16があります。 セットしたい工具がありφ3のリーディングドリルを外したいのですが、 ショートドリルφ3をφ3のリーディングドリルの代わりに心もみに使おう か考えているのですが、 位置決め精度が0.02以内にもとめられる加工はショートだといっても ドリルではだめで、リーディングドリルで心もみしないと いけないでしょうか? ドリルで心もみしてもいいのは位置決め精度がどれくらいまでの 加工になるでしょうか?

  • V-SFTによる SKD11 SKS3のタップ加工

    下記の質問を踏まえて タップ加工の食いつき部だけはマシニングだけで完結させたい思いから タップ工具の M6P1.0と M8P1.25を ツールポットの本数に限りがある関係から SS400 SKS3(生) SKD11(生)三つ 共用しようと思い OSGに聞いたところ、それでは V-SFTということになりました。 タップ加工では折れた場合はワークすべてがお釈迦になるものでしょうか? 出来るだけ折りたくないため、SKS3 SKD11は垂直確保の為の食いつき 2.5p 余裕を1Pみて 3.5P分しかZ指令はしないつもりです。 クーラントは油性です。 面取りはしなくても、 3.5Pで折れることなどは ほとんど考えにくいでしょうか?この工具で、シンクロ加工により回転数は 251でやることに決まっています。 なお M8の場合で下穴を今は6.9ですがφ7に変えた方が折れにくいでしょうか?しかしφ7だとJISから外れるみたいですが、プレス金型における プレート関係のボルト締めに使うものだからJISから外れようが関係ないわけですよね。 食いつきだけの加工なので、 下穴を6.9でも全く問題 ないと思われますか? http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=258202&event=QE0004

  • ドリル深穴加工

    Ф14のアルミA2017にФ6ミリのドリル加工で深さが80ミリまで加工するのですが、穴が曲がってしまうのか心配です。ハイスの深穴用のドリルをしようした方が良いのか、超硬のドリルを使用した方が良いのかお教え願います。またハイスのドリルを使用した場合、曲がらないようにするにはどうすれば良いのかお教え願います。

  • V56で荒加工

    よろしくお願いします。 牧野V56を使用しておりますが、まだ加工経験が少なく工具選定も困っているような素人です。 荒取り加工をする際に、使用する工具でよいものが無いか悩んでおります。 現在はハイスのラフィングで行っておりますが、刃の消耗が早く、加工速度もかなり遅くしております。 被切削材はSKD11やS50Cです。 お勧めの工具がありましたら、ぜひともお教えください。

  • ドリル加工穴あけ

    マシニングセンタのドリル加工でワークはSS400で板厚が19ミリあります。 3.4のドリル加工を貫通穴でハイス ドリルで加工しているのですが、時間もかかるので超硬ドリルで19ミリは一発加工はできるのでしょうか? おすすめの3.4超硬ドリルはありますか?

  • アルミ鋳物に対するドリル加工でのピッチ精度不良

    アルミ鋳物の部品加工(自動車のエンジン部品等)をよく行うのですがドリル加工においてしばしばピッチ精度不良が出ることがあります。公差穴や傾斜面等のドリルがズレやすいような状況ではなく無垢のところにただ穴を開けるといったものです。ドリルは通常、OSGのEX-SUS-GDRを使用し、センタードリルも突いています。鋳造時の巣や組織のばらつきが原因かと考えていますがはっきりしたことはわかりません。 現在、その対策として頻繁に使用する径のみ超硬・ダブルマージンのものに置き換えたのですが、今のところ不良はでていません。 ただ、超硬ドリルは高価なのでなかなかすべてを置き換えることは難しく、ほかの解決方法はないかと模索しております。 例えばハイスドリルでダブルマージンというのはどうでしょうか?いろいろな工具メーカーを探しても見つかりませんでしたが安価に解決できそうな気がします。ご存知のかたいらっしゃいましたらご教授ください。 ほかにもなにかいい方法がありましたら教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 超硬4刃とハイス2刃どっちがいいか

    現在MCについている底刃付きハイス φ14の2刃フラットエンドミルで M8六角穴付きボルトの座繰り加工をG83のステップ加工で 9ミリあける加工をしています。 この工具の波長は35です。 プレス金型作製において、スクリュープラグの M16 18 20 22  P1.5 の下穴 と タップは ボール盤とか手でやっていたのですが、 タップはプラネットタップを使って一本で対応し 下穴もφ14のエンドミルを 使ってコンタリング加工をしてエンドミル一本で対応しMCでできるように しようかと考えているのです。 今のエンドミルは刃長が35なので、 板厚みが35以上のプレートには 下穴をあけれないので、 波長がもう少し長いφ14の工具に変えて、 スクリュープラグの下穴を作る為のコンタリング加工 とM8ボルトの座繰りどちらも一本で対応したいと考えているのです。   スクリュープラグのタップを開けるプレートの厚みを40ミリまでと想定し エンドミルのカタログを見ていたところ、 OSGではEX TIN EDL ハイス2刃 刃長55 φ14 シャンク16 とミスミTSコート超硬スクエアエンドミル φ14 刃長さ42 四枚刃がありました。  座ぐり加工や下穴あけ加工につかうので切り子のはけから2刃の方がいいよう に思いましたが、超硬は4刃しかありませんでした。値段は2000円ほどしか かわりませんでした。 このような加工で使うとしたらどちらの工具がいいでしょうか? 加工材はSKS3 生 SS400  です。 超硬って4枚刃で そのようなざぐり加工をすると切り子つまったり 刃が長いことからの振動などからかけると考えてハイスドリルに するでしょうか?  訂正 >などからかけると考えてハイスドリルに >するでしょうか? ハイスのエンドミルにするでしょうか?  

  • ワイヤー放電加工機・ワイヤーカットのフィルター寿命

    ファナックワイヤー放電加工機ロボカットα-C400iAを使用してるのですがフィルターの寿命が早くて困っております。 加工材質は主にSS400・S50C・SKS3・SKD11などでたまにステンレス・アルミも加工します。 フィルターは純正外で100時間程しか持ちません。 同じか近い機種での使用状況おすすめのフィルターなどあれば教えていただきたいです。 宜しくお願いします。

  • 2.5mmドリルの折損について

    現在、NCフライスにてφ2.5mm深さ38mmの穴あけ加工を行っておりますが、加工中にドリルが折れ仕事になりません、材質はSKD-11相当(DC-53)で、穴あけ数は300ヶ所程度です、 現在の使用工具は、ハイスドリルや、ハイスコーティングなどです(これだと30ヶ位で折損) 固定サイクルを使用し、1200r F20 P1.0程度が条件です。 なにぶん古い機械なので、多くは望めませんが、 よろしくご指導の程お願いします。